パナソニック・ホーム 個人向けトップ > 補聴器 > 難聴について知る > 聞こえのかんたんチェックと難聴のレベル

聞こえのかんたんチェックと難聴のレベル

聞こえのかんたんチェック

小さな声が聞き取りにくかったり、音はわかるが言葉がわからないといったことはありませんか。
もしかしたら「聞こえ」が低下しはじめてきたサインかもしれません。
普段の生活を振り返ってみて、あなたの「聞こえ」をチェックしてみましょう。

小声での会話

聞こえる 聞こえない

普通の声での会話

聞こえる 聞こえない

大きめの声での会話

聞こえる 聞こえない

耳元での大声

聞こえる 聞こえない



聴力図(オージオグラム)

グラフの横軸は、「ブーッ、ブーッ」という低い音から、「ピーッ、ピーッ」という甲高い音まで、音程の「高い・低い」を表しています。 グラフの縦軸は、音の大きさを表しています。数字が大きいほど大きな音を意味しており、グラフの線が下がる程、大きな音でないと聞こえない、難聴の程度が進んでいると言うことを意味しています。 聴力は一般的に40歳ぐらいから徐々に弱まってくると言われます。

聴力図
参考文献 : 「よくわかる難聴」 出版社 : 金原出版 著 者 : 立木 孝 先生





パナソニックの充電式補聴器シリーズ

ページトップへ戻る


ページトップへ戻る