パナソニック・ホーム 個人向けトップ > 補聴器 > 補聴器を選ぶ > かたちと価格から選ぶ

補聴器を価格から選ぶ

補聴器のかたちと価格(片耳)

価格マップ G4 R4 C1 R1 J2 A2

なぜ補聴器の値段は高いの?

補聴器は本体形状が小さく、使用している電池も小さいため、超小型/超低消費電力であることが要求されます。 また、使用しているパーツは温度や湿度など、使用環境に左右されることなく安定して高精度に動作することが求められ、 厳選された高価なパーツを使用しているため、高価なものとなっています。 併せて、補聴器の価格には個人ごとの聴力や生活環境に応じてカスタマイズするサービス費用も含んでいます。

補聴器の価格の違いはどこが違うの?

上級機種になるほど、お客様の聴力に合わせたよりきめ細やかな設定ができます。 また、家の内外のご使用環境に合わせて聞こえを自動調節する機能が優れています。 ハウリング抑制機能や風雑音抑制などにより、使用環境に合った設定に自動で切換えることで 屋内・屋外を問わずより快適にお使いいただけるプレステージモデルを筆頭に、主に屋内向きに 自動調節するハイスペックモデル、機能を絞ってシンプルなスタンダードモデルといった バリエーションで展開されています。

商品に関するお問い合わせ

  • パナソニック補聴器相談センター
  • 0120-045285
  • 受付9時〜17時30分(日、祝、年末年始、お盆を除く)

メールでのお問い合わせ

  • 商品ラインナップ 商品詳細についてはこちら
  • 直営店のご案内 パナソニック補聴器プラザのご案内

ページトップへ戻る