パナソニック・ホーム 個人向けトップ > 補聴器 > 補聴器について知る > デジタル補聴器とアナログ補聴器

デジタル補聴器とアナログ補聴器

デジタル補聴器とアナログ補聴器の違い

補聴器は、音を拾って電気信号に変えるマイクロホン、音の信号を処理し増幅する信号処理回路、その出力の電気信号を音に変えるスピーカ(レシーバ)によって主に構成されています。
信号処理回路の違いによって、アナログ補聴器とデジタル補聴器の2種類に区別されます。

アナログ補聴器

マイクが拾った音をアナログ信号のまま増幅して、スピーカ(レシーバ)から聞くので、デジタル補聴器に比べてパワフルな音が出る一方で、大きな音が耳障りになったり、雑音も一緒に増幅してしまうという弱点があります。以前はアナログ補聴器しかありませんでしたが、現在はテクノロジーの進化により登場したデジタル補聴器が主流になっています。

デジタル補聴器

マイクが拾った音をアナログ信号からデジタル信号に変換し、DSP(デジタル シグナル プロセッサ)で処理するので、アナログ補聴器に比べて音の加工がしやすく、雑音が入りにくいという特長があります。また、難聴の傾向に合わせて、聞き取りにくい周波数・音程を重点的に増幅したり、聞き取れない小さな音は大きくし、大きな音は耳障りでない程度に小さくするなど、一人ひとりの聴力にきめ細かく合わせることができます。
最近では補聴器が使われているシーンに応じて、自動で設定を切換える機能などもあり、使い勝手が飛躍的に良くなっています。

デジタル補聴器のしくみと特長

デジタル補聴器は、マイクが拾った音をDSP(デジタル シグナル プロセッサ)で処理するので、きめ細かく聴力に合わせたり、雑音と会話を区別して会話を中心に増幅するので、雑音が入りにくく、騒音下でも会話がしやすいなどの特長があります。
最近では、補聴器が使われているシーンに応じて、自動で設定を切換える機能なども搭載されており、従来の補聴器に比べて使い勝手が飛躍的に良くなっています。

ページトップへ戻る

  • 商品ラインナップ 商品詳細についてはこちら
  • 直営店のご案内 パナソニック補聴器プラザのご案内

ページトップへ戻る