東京2020パラリンピックに向けて頑張るパラアスリートたちの姿をLUMIXが撮り続けた!CP+2018 パナソニックブースにて、パラリンピック応援ギャラリーを展示!

  • Facebook
  • Twitter

2018年02月27日



CP+2018(シーピープラス)LUMIXの新たなステージ ~すべては「生命力・生命美」を表現するために~

パナソニックは、2018年3月1日(木)よりパシフィコ横浜にて開催される、カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)2018」に出展し、パラアスリートの熱い思いと、パラスポーツの興奮を記録した、パラリンピック応援ギャラリーを展示します。

▼パナソニック LUMIX CP+2018 特設サイト
http://panasonic.jp/dc/cpplus2018/

パナソニックブースでは「G9 PRO」「GX7 Mark III」「GF10/GF90」「TX2」といった最新機種のタッチ&トライはもちろんのこと、著名写真家が参加した「LUMIXギャラリー」や写真家によるセミナーステージなど様々なコンテンツをご用意しています。また、本ブースでは二人の写真家、ハービー・山口氏、鳥飼祥惠氏が、女子パラ・パワーリフティングのマクドナルド山本恵理選手、パラ女子陸上競技、リオデジャネイロパラリンピック日本代表の重本沙絵選手の姿を撮り続けてきた作品を展示しており、2人のパラアスリートの「笑み・日常」と「挑む・記録」を追ったフォトドキュメントとなっています。東京パラリンピックが開催される2020年まで、LUMIXは輝けるパラアスリート達が夢に向かって進む姿を追い続けます。



「挑む」 マクドナルド山本恵理選手   撮影:鳥飼祥惠氏





「挑む」 重本沙絵選手   撮影:鳥飼祥惠氏





「笑み」 マクドナルド山本恵理選手 撮影:ハービー・山口氏



「笑み」 重本沙絵選手   撮影:ハービー・山口氏



▼CP+2018 開催概要
会期:2018年3月1日(木)2日(金)3日(土)4日(日)
開催時間:10時00分~18時00分(最終日のみ17時00分)3月1日午前はプレスタイム
会場:パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)/大さん橋ホール
入場料:1,500円(税込)。公式WEBサイトから入場事前登録をすると無料になります。
※障がいがある事を証明する手帳を持参の方、小学生以下の方は無料
CP+2018 公式サイト:http://www.cpplus.jp/

▼パナソニック LUMIXブース展示内容
LUMIXミラーレス一眼の最新機種を体験できる「タッチ&トライコーナー」をご用意しています。ハイエンド機である、機動力と操作性を備えた「G9PRO」、同じくLUMIX史上最高の高感度を実現した「GH5S」、さらに高品位な写真画質と4K/60P動画記録が可能な「GH5」、3月中旬に発売予定の、フィルムライクなモノクロ機能を備えた「GX7 MarkIII」、進化した4Kセルフィー機能とフォーカスセレクト・フォーカス合成機能を備えた「GF10 / GF90」等、最新機種を手に取り試すことができます。
その他、人気の一部のレンズを装着して試すことができる、“レンズバー”や、ライカ望遠レンズの体験コーナー、無料点検クリーニングサービスコーナーなども設けております。またセミナーステージでは、ハービー・山口氏をはじめとした様々なジャンルの写真家(総勢15名)が登壇予定。


【マクドナルド山本恵理さん プロフィール】
1983年生まれ、兵庫県神戸市出身。女子パラ・パワーリフティング選手。先天性の「二分脊椎症」で歩行が難しく、9歳のときに始めた水泳で後にコーチとなる恩師に「パラリンピックを目指したら」と言われトレーニングするが、高校3年生のときにけがをして断念。その後、大学、大学院で心理学を学びパラリンピック選手のメンタルトレーナーや通訳などのサポート役に従事。2020年東京パラリンピックが決まったのを機に、留学先のカナダから日本に帰国後、仕事で行った体験会にて、パラ・パワーリフティングと出会い、スカウトを受ける。そこから、支える側と選手と両立しての挑戦を決意。「私の人生はパラリンピックが主なのです。人生の柱です。」と語るように、今も日本財団パラリンピックサポートセンターの常勤職員として教育事業を担当している。

【重本沙絵さん(※旧姓 辻沙絵さん) プロフィール】
1994年生まれ、北海道函館市出身。日本体育大学大学院博士前期課程陸上競技部パラアスリートブロック。生まれつき右ひじから先を欠損しながらも、ハンドボール選手として健常者に交じってプレーし、高校総体にも出場。スポーツ推薦にて日本体育大学に入学し、ハンドボール部に所属。大学2年生の夏にパラリンピック種目の転向打診があり、適性検査にて瞬発力が高く評価され、陸上競技を選択。2015年12月に本格的にパラリンピックでのメダルを目指すためにハンドボール部から陸上競技部(パラアスリートブロック)に転向。パラ陸上競技の日本記録を樹立。2016年リオデジャネイロパラリンピック代表。400mで銅メダルを獲得。2017年に世界パラ陸上競技選手権大会ロンドン大会代表。200mでは自身の日本記録を更新。400mでは銅メダルを獲得。日本記録保持者(T47) 100m(12秒86) 200m(26秒84) 400m(59秒72)

【ハービー・山口氏)
1950年生まれ、東京都出身。1973年より10年間イギリス在住。劇団の役者を経て写真家になる。希望をテーマとしたポートレイトを撮影し続けている。写真の他、エッセイ執筆、ラジオDJ、ギタリスト布袋寅泰のアルバムには作詞家として参加。2011年日本写真協会賞作家賞。

【鳥飼祥恵氏】
1982年生まれ、富山県出身。スポーツ・ドキュメンタリーを撮影している女流写真家。1982年生まれ、富山県出身。2011年母親と祖母を撮影した「DNA」がワンダー!アンダーサーティー!フォトコンテスト大賞受賞。2012年フリーランスとして活動開始。都内の写真学校で勉強した後、2014年スポーツ写真塾「水谷塾」修了。2015年「amputee boy~けんちゃん~」が第11回名取洋之助写真賞受賞。

▼LUMIXサイト
http://panasonic.jp/dc/

▼パナソニック LUMIX CP+2018 特設サイト
http://panasonic.jp/dc/cpplus2018/

【LUMIX パラリンピック応援ギャラリーについて】
東京2020パラリンピックが開催される2020年に向けて頑張るパラアスリート達の姿を、二人の写真家、ハービー・山口氏、鳥飼祥惠氏が撮り続けてきた作品を展示しております。
■パラパワーリフティング マクドナルド山本恵理さん
■パラ陸上競技 重本沙絵さん ※旧姓 辻 沙絵さん

キーワード