快適暖房

冷え込む冬も暖かさをキープ、
凍える足元も、ぽかぽかに。

約43℃※1で足元をしっかりと暖める。 足元暖房

[頭寒足熱]
足元が、足湯のようにぽかぽか。

パワフルな温風によって、足元の温度は約43℃※1とまるで足湯の暖かさ。
くつろぎの時間に寒さを感じることなく、しっかりと足元から暖まります。

最高吹き出し温約60℃ 足元の温度約43℃ EXシリーズは約35℃

●使用環境(お部屋の断熱・気密性能)、運転条件、温度条件によって異なります。
*1:CS-WX407C2において。もっとモード時。※3
*2:CS-SX407C2において。もっとモード時。※3
*3:CS-EX407C2において。パワフル設定時。
●WXシリーズで機能説明しています。(写真、イラストはすべてイメージです。)

足元暖房 対応機種
17年度モデル
WXシリーズ Xシリーズ
SXシリーズ EXシリーズ
GXシリーズ Jシリーズ
Fシリーズ
寒冷地向け 17年度モデル
UXシリーズ

NEW ダブル温度気流

[STEP1. 見る]
世界初!★1「温冷感センサー」が寒い・暑いの感覚を見分ける

★1:家庭用エアコン、からだからの放熱量を見て、独自のアルゴリズムで人の「暑い」「寒い」を見分ける技術。2016年10月21日発売。(当社調べ)

❶からだ表面の温度と❷周囲の温度との温度差から、一人ひとりの温冷感を解析して見分けることができます。

世界初!「温冷感センサー」が寒い・暑いの感覚を見分ける

独自★1のアルゴリズムで解析

温度差(放熱量)から「暑い」「寒い」の温冷感を解析。

温冷感の判定イメージ

動画でチェック!

[STEP2. 作る]
NEW 世界初!★2「ダブル温度熱交換器」で温度の異なる2つの温風を作る。

★2:家庭用エアコンにおいて、2種類の異なる凝縮温度(もしくは蒸発温度)を有する熱交換器で2つの異なる温度の気流を同時に送る技術。2016年10月21日発売。(当社調べ)

熱交換器に可変圧力弁を搭載。高温風と中温風を同時に作ることができます。

パナソニック独自技術★2 熱交換器の温度差最大約10℃※1

[STEP3. 届ける]
「寒い」人にはしっかり暖房、「ちょうどいい」人にはやさしく暖房。一人ひとりを快適に。

NEW ◆ダブル温度気流

一人ひとりの温冷感に応じて、温度の異なる温風を同時に吹き分け快適に。

寒いと感じている人には高温風しっかり暖房 ちょうどいいと感じている人には中温風やさしく暖房
お部屋全体は中温風やさしく暖房 寒いと感じている人には高温風しっかり暖房

NEW ◆マルチ・ビッグフラップ

舞い上がりやすい温風を、大きなフラップがしっかり押さえ込んで足元へ。さらに中段のフラップは左右独立して動き、気流を制御。計4枚のフラップで温風を届けます。

マルチ・ビッグフラップ

NEW ◆マルチ・ルーバー

上下2段の吹き出し口に、左右独立して動くルーバーを配置。風向をキメ細かく制御します。

マルチ・ルーバー

◆面倒な操作は不要!

ボタンひとつでそれぞれ快適に(センサーオン時)

面倒な操作は不要!

●使用環境(お部屋の断熱・気密性能)、運転条件、温度条件によって異なります。
●WXシリーズで機能説明しています。(写真、イラストはすべてイメージです。)

ダブル温度気流 対応機種
17年度モデル
WXシリーズ Xシリーズ
SXシリーズ EXシリーズ
GXシリーズ Jシリーズ
Fシリーズ
寒冷地向け 17年度モデル
UXシリーズ

すぐでる暖房(おはようチャージ)

●午前3時~10時の暖房オン時。予熱運転により約350Wの電力を消費します。※6

パナソニック独自技術★3で寒い日の朝でもすぐに暖かく

★3:国内家庭用エアコンにおいて。午前3時~10時の暖房オン時間を学習するしくみ。2017年3月1日現在。(当社調べ)
設置環境、使用状況により効果は異なります。

運転オンする時間帯をエアコンが学習。高速で立ち上げすぐに温風を吹き出せるので、寒い日でもスピーディーに暖かくなります。

●使用環境(お部屋の断熱・気密性能)、運転条件、温度条件によって異なります。
●WXシリーズで機能説明しています。(写真、イラストはすべてイメージです。)

寒い朝でもすぐに身仕度できる
すぐでる暖房(おはようチャージ) 対応機種
17年度モデル
WXシリーズ Xシリーズ
SXシリーズ EXシリーズ
GXシリーズ Jシリーズ
Fシリーズ
寒冷地向け 17年度モデル
UXシリーズ

NEW 新・エネチャージシステム

[ノンストップ]
霜取り運転中も暖房が止まらないからお部屋がずっと暖かい。

一般的なエアコンは、暖房中に霜取り運転が始まると温風が停止してしまいます。
パナソニックなら、今まで捨てられていた熱を蓄熱槽にチャージ(蓄熱)して、霜取り運転に有効活用する「新・エネチャージシステム」を搭載。パナソニックの独自技術★4で霜取り運転中も暖房を継続するので、寒い冬もゆっくりくつろげます。

★4:国内家庭用エアコンにおいて。コンプレッサーからの排熱を顕熱蓄熱してノンストップ暖房をするシステム。2017年3月1日現在。(当社調べ)

*:●霜取り運転中は吹き出し温度が下がります。その間の室温の低下度合いは、使用環境(お部屋の断熱・気密性能)、運転条件、温度条件によって異なります。
●霜の付着量が多くなる環境では、暖房を止めて霜取り運転を行う場合があります。
●24時間以上の連続運転中、一定時間おきにフィルターお掃除運転が働き、その間、暖房運転を停止します。

ENECHARGE
パナソニックなら暖かさをキープできる!

ご存知ですか?

暖房中、条件によっては室外機に霜が。一般のエアコンはこの霜を溶かすため、一時的に暖房を止める必要があります。

●使用環境(お部屋の断熱・気密性能)、運転条件、温度条件によって異なります。
●WXシリーズで機能説明しています。(写真、イラストはすべてイメージです。)

新・エネチャージシステム 対応機種
17年度モデル
WXシリーズ Xシリーズ
SXシリーズ EXシリーズ
GXシリーズ Jシリーズ
Fシリーズ
寒冷地向け 17年度モデル
UXシリーズ(ハイブリッドエネチャージ)

しずかモード

いつでもかんたん操作で静音運転。※8

テレビ鑑賞やおやすみ時にうれしい機能です。

(設定温度になるまでに時間がかかることがあります。)

テレビ鑑賞 音が気になるおやすみ時

●使用環境(お部屋の断熱・気密性能)、運転条件、温度条件によって異なります。
●WXシリーズで機能説明しています。(写真、イラストはすべてイメージです。)

しずかモード 対応機種
17年度モデル
WXシリーズ Xシリーズ
SXシリーズ EXシリーズ
GXシリーズ Jシリーズ
Fシリーズ
寒冷地向け 17年度モデル
UXシリーズ

もっとモード※3

着替えや帰宅時は、暖房を強力に。

「暖房」ボタンで運転中、「もっと」ボタンのひと押しで、暖房をもっと強力に。一定時間で元に戻るから便利です。

●使用環境(お部屋の断熱・気密性能)、運転条件、温度条件によって異なります。
●WXシリーズで機能説明しています。(写真、イラストはすべてイメージです。)

お子さんも暖かく着替えられる 凍えた帰宅時にうれしい
もっとモード 対応機種
17年度モデル
WXシリーズ Xシリーズ
SXシリーズ EXシリーズ
GXシリーズ Jシリーズ
Fシリーズ
寒冷地向け 17年度モデル
UXシリーズ

※1:CS-WX407C2、当社環境試験室(14畳)、外気温2℃、「センサー」、「もっと」モード設定時。室温安定時、エアコンから約3m離れた地点の床上50mmの最高温度。お部屋全体が約43℃になるわけではありません。
※2:CS-WX407C2、当社環境試験室(14畳)、外気温2℃、設定温度20℃、「パワフル」設定時。室温20℃時、約10分間、吹き出し口付近の最高温度を確認。風量は暖房定格に対して約40%低下。「もっと」モードは、室温安定後に「もっと」設定にて確認。
※3:「もっと」モードは、暖房時:約45分間 / 冷房時:約30分間、強力に暖める/冷やすモードです。足元の温度や吹き出し温度、最長吹き出し時間は、設置環境、使用状況により異なります。快適おまかせ設定時は選択できません。
※4:当社測定基準による。CS-WX407C2、当社環境試験室(14畳)、外気温2℃、暖房運転時。設定温度25℃、「センサー」設定時。室温安定時のエアコン熱交換器の可変圧力弁上流側(2相域)と下流側(2相域)の温度差を比較。
※5:当社測定基準による。CS-WX407C2、当社環境試験室(14畳)、外気温2℃、暖房運転時。設定温度25℃、「センサー」設定時。室温安定時エアコンから約3m(中距離エリア)の左右に温度の感じ方が異なる2人(着衣量約0.5clo/約1clo)がいる場合。人位置床上15cmの平均温度を比較。
※6:当社測定基準による。CS-WX407C2、当社環境試験室(14畳)、外気温2℃、室内温度11℃時、風量自動、おはようチャージ入設定にて暖房運転が開始されるまでの、予熱運転時の消費電力約350W。お客様ご自身でリモコン設定していただく必要があります。予熱運転の時間や消費電力は設置環境、使用状況、学習結果によって異なります。(予熱運転を2回行う場合もあります。) 
※7:CS-WX407C2、当社環境試験室(14畳)、外気温2℃、設定温度23℃、風量・風向自動、室温安定時。
※8:CS-WX407C2、しずかモード48dB(音圧レベルは35dB)未満で運転。最小で33dB(音圧レベル20dB)。