商品ラインアップ

19年度モデル

WXシリーズ

省エネ性に優れたプレミアムモデル

19年度 WXシリーズの画像です。クリックすると19年度 WXシリーズの品番ページにリンクします。

Xシリーズ

AI先読みができる空気清浄機能搭載モデル

19年度 Xシリーズの画像です。クリックすると19年度 Xシリーズの品番ページにリンクします。

AXシリーズ

省エネ性にこだわったシンプルな高性能モデル

19年度 AXシリーズの画像です。クリックすると19年度 AXシリーズの品番ページにリンクします。

EXシリーズ

フィルターお掃除搭載ながら奥行きコンパクトモデル

19年度 EXシリーズの画像です。クリックすると19年度 EXシリーズの品番ページにリンクします。

GXシリーズ

フィルターお掃除搭載ながら高さコンパクトモデル

19年度 GXシリーズの画像です。クリックすると19年度 GXシリーズの品番ページにリンクします。

Jシリーズ

「ナノイーX」搭載 スタンダードモデル

19年度 Jシリーズの画像です。クリックすると19年度 Jシリーズの品番ページにリンクします。

Fシリーズ

スタンダードモデル

19年度 Fシリーズの画像です。クリックすると19年度 Fシリーズの品番ページにリンクします。

20年度モデル フル暖エアコン

NEW UXシリーズ

ハイブリッドエネチャージ搭載 プレミアムモデル

NEW TXシリーズ

暖気チャージ搭載 奥行きコンパクトモデル

19年度モデル フル暖エアコン

UXシリーズ

フル暖エアコン、プレミアムモデル

TXシリーズ

進化したフル暖エアコン スタンダードモデル

エアコン関連商品

すっきりアクセサリー

多彩な部材バリエーションの別売アクセサリー

商品特長

ナノイーX

水から生まれた次世代健康イオン「ナノイーX」が、カビ菌や花粉など空気中のさまざまな汚染物質を抑制します。

ナノイーXならロイロツヨイ―。ナノイーXのイメージ画像です。
フル暖 エオリア

寒さが厳しい環境でも、暖かい。「フル暖 エオリア」の特長をお伝えします。

フル暖 エオリアのイメージ画像です。
19年度モデル 特長

「エオリア」のおすすめの機能をご紹介します。

19年度モデル 特長のイメージ画像です。

ピックアップ

エオリアアプリ

お手持ちのスマホにアプリをインストールすれば、外出先や別のお部屋から、エアコンの遠隔操作や運転状況の確認が可能になります!

エオリアアプリ
リモコン対応品番検索

かんたんリモコンに対応したエアコンを検索できます!

リモコン対応品番検索
HEMS住宅にお住まいの方へ

HEMSとエアコンを組み合わせてできることやパナソニックエアコンとの接続方法をご紹介します。

「HEMS住宅にお住まいの方へ」ページへリンクします。
住宅設備用エアコン

住宅設備用エアコンをご紹介。

住宅設備用エアコン
Air Letter

エオリアからあなたへお届けする、すこやかな空気と暮らしの提案。

エアレター
エアコンシェルジュ

エアコン選びのポイントや、最適な使い方、知って得するマメ知識などをご紹介します。

エアコンシェルジュ
Air for Performance Project

空気で人々のパフォーマンスが変わる?“健康な空気” ってなんだろう?空気の質に注目するAir for Performance Project 始めます。

Air for Performance Project
買ってみたら、こんなに変わった。

エオリアをご使用いただいているお客様の声をご紹介。

User's Voice 買ってみたら、こんなに変わった。
エオリアアプリでエアコン操作キャンペーン

期間中にエアコンの対象商品をお買い上げいただき、アンケートに回答をした方全員にCLUB Panasonicコインをプレゼント!

エオリアアプリでエアコン操作キャンペーン

新着情報

※1:別売品のゲートウェイとアダプターが必要となります。詳しくはこちら

 

≪ナノイーXならイロイロツヨイ―について≫

■カビ:8種類のカビ菌(クロカビ、コウジカビ、アオカビ、ススカビ、アカカビ、カワキコウジカビ、ケカビ、黒色カビ)を抑制※2
※2:【試験機関】(一社)カビ予報研究室 【試験方法】25㎥(約6畳)、室温25℃、湿度70%の試験室にて、エアコン内部にカビセンサーを設置、1日3時間の冷房運転後に「オートクリーンシステム」ありとなしの条件において、7日後のカビの菌糸長を比較 【抑制の方法】オートクリーンシステム(「Ag+除菌」フィルター、フィルターお掃除ロボット、ホコリレスコーティング(熱交換器)、防汚・防カビコーティング(送風ファン)、内部クリーン(「ナノイー X」放出)、カビみはり)【対象】エアコン内部に付着したカビ【試験結果】カビセンサーのカビ8種類の成長が抑制されることを確認(報告書No. 180301、180302)。

■ニオイ:生活5大臭(タバコ臭、ペット臭、焼肉臭、生乾き臭、汗臭)すべてに効果!タバコ臭もスピード脱臭*1
*1:約6畳空間での約12分後の効果です。※3 (脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。 タバコの有害物質(一酸化炭素など)は除去できません。常時発生し続けるニオイ成分(建材臭・ペット臭など)は、すべて除去できるわけではありません。)
※3: 【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)において6段階臭気強度表示法により検証【脱臭の方法】「ナノイー」を放出【対象】付着したタバコ臭【試験結果】約12分で臭気強度2.4低減。

■花粉:日本全国の花粉(スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブアクサ、ススキ、シラカンバ、ヨモギ、オリーブ、ビャクシン、モクマオウ、ハンノキ、オオアワガエリ、カナムグラ)を1年中、無力化*3
*3:約6畳空間での約24時間後の効果です。※4
※4:花粉の代表格であるスギ花粉において、花粉に含まれるアレル物質を無害な物質へ99%以上変性。【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター 【試験方法】試験室(約6畳)内で、布に付着させたアレル物質をELISA法で測定【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】花粉(スギ)【試験結果】約8時間で97%以上抑制、約24時間で99%以上抑制(4AA33-151001-F01)。【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)で電気泳動法による検証【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】花粉(スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ススキ・シラカンバ・ヨモギ・オリーブ・ビャクシン・モクマオウ・ハンノキ・オオアワガエリ)【試験結果】約24時間で低減効果を確認(No.4AA33-151015-F01、4AA33-151028-F01、No.4AA33-160601-F01、4AA33-160601-F02、4AA33-160701-F01)。

■PM2.5:芳香族カルボン酸(安息香酸)、アルカン(ヘキサデカン)に含まれるとされる有害物質を抑制*4
*4:約6畳空間での約24時間後の効果です。※5
※5:【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳の試験室内で付着した有機物量を測定【抑制の方法】「ナノイー」を放出【試験結果】〈芳香族カルボン酸:安息香酸〉約4時間で99%以上分解〈 アルカン:ヘキサデカン〉約24時間で99%以上分解(Y15MK125、Y15MK134)。

■アレル物質:ダニや真菌など主要なアレル物質*5の抑制を実証
ダニ(コナヒョウヒダニ・ヤケヒョウヒダニ)、樹木花粉(スギ・ヒノキ・ハンノキ・シラカンバ)、草木類花粉(カモガヤ・オオアワガエリ・ブタクサ・ヨモギ)、真菌   (アルテルナリア(ススカビ)・アスペルギルス(コウジカビ)・カンジダ・マラセチア)、動物(イヌ(フケ)・ネコ(フケ))、昆虫(ゴキブリ・ガ)
*5:約6畳空間での、約24時間後の効果です。※6
※6:【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)内で電気泳動法による検証【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】アレル物質(ヤケヒョウヒダニ・アルテルナリア・アスペルギルス・カンジダ・マラセチア・ゴキブリ・ガ・イヌ・ネコ)【試験結果】約24時間で低減効果を確認(4AA33-160615-F01、4AA33-160615-F02、4AA33-160615-F03、4AA33-160615-F04)。

■菌・ウイルス:菌*6やウイルス*7を除菌、抑制
*6:約6畳空間での、〈浮遊菌〉約4時間後〈付着菌〉約8時間後の効果です。※7
*7:約6畳密閉空間での、〈浮遊ウイルス〉約6時間後、〈付着ウイルス〉約2時間後の効果です。※8
※7:〈浮遊菌〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳)において菌を浮遊させ空気中の菌数を測定【除菌の方法】「ナノイー」を放出【対象】浮遊した菌【試験結果】約4時間で99%以上抑制(北生発24_0301_1号)。〈付着菌〉【試験機関】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させた菌数を測定【除菌の方法】「ナノイー」を放出【対象】付着した菌【試験結果】約8時間で99%以上抑制(2013年6月14日、第13044083003-01号)。(試験はそれぞれ1種類のみの菌で実施)
※8:〈浮遊ウイルス〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター 【試験方法】試験室(約6畳密閉空間)においてウイルスを浮遊させ空気中のウイルス感染価を測定 【抑制の方法】「ナノイー」を放出 【対象】浮遊したウイルス 【試験結果】約6時間で99%以上抑制(北生発24_0300_1号)。〈付着ウイルス〉【試験機関】ホーチミンパスツール研究所 【試験方法】試験室(約6畳密閉空間)においてウイルスを布に付着させウイルス感染価を測定【抑制方法】「ナノイー」を放出 【対象】付着したウイルス 【試験結果】約2時間で99%以上抑制。(2017年7月24日 Accreditation No.VILAS Med 014)。(試験は1種類のみのウイルスで実施)

■美肌効果*8・美髪効果*9
*8:約4週間後の効果です※9。 加湿するわけではありません。
*9:約12畳空間での約4週間後の効果です※10
※9:4週間後の効果です。【試験機関】(株)エフシージー総合研究所【試験方法】二重盲検法 40±2歳の女性10名 11月~12月の4週間、エアコンとナノイー発生装置を連動させて運転。
※10:約12畳空間での効果です。【試験機関】パナソニック(株)解析センター【試験方法】試験室(12畳)。室温25℃、湿度40%。毛束(6束)をナノイー発生装置から2 mの場所に吊り下げ。ナノイー発生装置運転8時間、停止16時間を繰り返し【美髪の方法】ナノイーを放出【対象】毛髪。