ビジネスパーソンの肩コリ事情

ビジネスパーソンの肩コリ事情 ビジネスパーソンの肩コリ事情

PCやスマホの長時間利用で、肩や腰のコリに悩んでいる…そんなビジネスパーソンの方も多いのではないでしょうか。今回は、日常的に肩や腰の「コリ」を感じていると回答した20~40代ビジネスパーソン男女500名を対象に意識・実態調査を実施しました。

イラスト:小迎 裕美子

調査概要

  • 調査対象:事前調査で日常的に「コリ」を感じていると回答したビジネスパーソン 20~40代男女 500名
    ※性年代別均等割付
  • 調査期間:2018年2月13日(火)~2018年2月15日(木)
  • 調査方法:インターネット調査

ビジネスパーソンが悩む「コリ」、最も悩む「コリ曜日」は金曜、 時間帯は15~16時!?

日常的に「コリ」を感じるのはどの部位ですか?(複数回答)

はじめに、日常的に「コリ」を感じる体の部位についてきくと、1位は「肩」(89%)、2位は「首」(72%)、3位は「腰」(46%)と「コリ」の定番部位が挙げられました。

肩 89%、首 72%、腰 46%、背中 35%、その他 1%

続けて「コリ」をよく感じる「コリ曜日」や「コリ時間」もききました。その結果、「コリ曜日」は「金曜日」(78%)、「コリ時間」は「15時~16時台」(27%)が最多という結果に。
一週間の疲れが出る金曜日、午前中からの作業が終わって一息…そんなタイミングで「コリ」を感じるビジネスパーソンが多いようです。
また、平日(月曜日~金曜日)に「コリ」を感じる人の割合が平均67%であるのに対し、週末(土曜日~日曜日)の平均は44%となり、約20ポイントも差が開いています。長時間デスクワークを行っていたり、気を張っていたりとストレスのかかる平日の仕事中は、ビジネスパーソンが「コリ」を感じやすいことがうかがえます。

金曜日 78%、木曜日 69%、月曜日 68%、水曜日 61%、火曜日 57%、土曜日 47%、日曜日 41%

「コリ」を感じることが多いのはどの曜日ですか?(複数回答)

15時~16時台 27%、17時~18時台 23%、19時~20時台 15%、21時~22時台 10%、13時~14時台 8%、7時~8時台 6%、9時~10時台 3%、11時~12時台 3%

「コリ」を感じることが多いのはどの時間帯からですか?(複数回答・上位8位)

平日・休日、コリを感じる「コリポーズ」は? 「スマホ」「PC」 …長時間の閲覧が原因に

続いて、平日・休日でそれぞれどんな体勢の時に「コリ」を感じるか、コリを感じるポーズ=「コリポーズ」についてたずねました。

PC・スマホを長時間猫背で見る・作業するポーズ
  • PCを長時間猫背で見る・作業する
  • スマホを長時間猫背で見る・作業する
重いカバンを肩にかけるポーズ
  • 重いカバンを肩にかける

「コリ」を感じる「コリポーズ」平日1位は「PCを長時間猫背で見る・作業する」(66%)、2位は「スマホを長時間猫背で見る・作業する」(39%)、3位は「重いカバンを肩にかける」(35%)となりました。休日は1位「スマホを長時間猫背で見る・作業する」(40%)、2位「PCを長時間猫背で見る・作業する」(32%)、3位に「TVを長時間猫背で見る」(25%)となりました。平日・休日ともにPCやスマホの前で長時間作業する「PC地蔵」「スマホ地蔵」状態はビジネスパーソンの2大「コリポーズ」といえそうです。

PCを長時間猫背で見る・作業する 66%、スマホを長時間猫背で見る・作業する 39%、重いカバンを肩にかける 35%、長時間立ち仕事をする 23%、長時間運転する 20%、苦手な人と一緒にいる・話す 18%、無理な姿勢・体勢を続ける 16%、TVを長時間猫背で見る 15%

平日に「コリ」を感じるのはどのポーズですか?(複数回答・上位8位)

スマホを長時間猫背で見る・作業する 40%、PCを長時間猫背で見る・作業する 32%、TVを長時間猫背で見る 25%、長時間運転する 23%、重いカバンを肩にかける 18%、無理な姿勢・体勢を続ける 14%、子どもを抱っこする 13%、かたい床で寝る 13%

休日に「コリ」を感じるのはどのポーズですか?(複数回答・上位8位)

そんな「コリ」によって仕事に支障を感じている人も少なくありません。「平日、仕事をしている時に『コリ』を感じて困った経験がある」人は約8割(79%)。具体的な悩みとしては、「パソコン作業など同じ姿勢で作業を続け、肩のコリが気になり集中できない」(39歳女性)「腕も上がりにくく疲れやすいため、仕事の効率も悪くなっている気がするし、気分的にも落ち込みやすい」(製造業・27歳女性)などの声がきかれ、集中力・気分への影響もうかがえます。

9割がコリを蓄積=「コリ負債」化…負債歴は平均 8.53年!

仕事の能率や気分にも関わる「コリ」ですが、忙しいビジネスパーソンの中にはすぐに治療ができず、コリ悩みを長期化させた結果、「コリ負債」化させてしまっている人もいるようです。
現在「コリ」の治療を行っているかきいたところ、「行っている」と回答した人はわずか2割程度(22%)。9割もの人が「『コリ』を感じてもすぐ対処できず、体に『コリ』が蓄積されていると思う」(90%)=コリ負債化していることが明らかになりました。
そこで、「コリが蓄積されている」と回答した人に「コリ負債」を何年程度抱えていると思うかきいたところ、平均「8.53年」という結果に。かなり長期化していることがわかります。「平日、仕事をしている時に『肩コリ』がひどくなり頭痛を感じた経験がある」(63%)という人も6割超と、別の症状を引き起こしている人も見受けられます。

*コリ負債:肩や腰のコリを放置しており、長期的にコリを感じている状態のこと。

はい 90%、いいえ 10%

「コリ」を感じてもすぐ対処できず、体に「コリ」が蓄積=コリ負債化していると思いますか?

ビジネスパーソンの「コリ負債」歴 平均8.53年

ビジネスパーソンの「コリ負債」歴

その一方で、「解消に何が効くかわからない」(製造業・37歳男性)などの意見がきかれ、根本的な解決策を見つけられていない人もいる様子。「コリ負債」をため込まないためにも、ビジネスパーソンの「コリ対策」が望まれているといえそうです。

仕事時間が「コリ」の治療時間に。高周波治療器「コリコラン」 

高周波治療器 コリコラン
EW-RA518(4個入り)
EW-RA500(2個入り)

コリ※1の改善を目的とした医療機器として認証された業界唯一※2の家庭用高周波治療器です。肩や腰の患部に装着するだけで、高周波パルスが血管を広げて血行を促進、肩や腰のコリを治療します。時間がないビジネスパーソンでも手軽に「ながらコリ」※1治療が可能に。「コリ負債」を仕事中にためこまないよう、「ながらコリ」治療を行ってみてはいかがでしょうか。
> 詳しく見る

※1肩・腰の部位
※2家庭用医療機器として2018年9月19日時点 当社調べ

おすすめコンテンツ

高周波治療器 コリコラン~伝統への誘い~

肩コリの辛さを伝統芸能の風雅な所作で表現しつつ、高周波治療器 コリコランの特長を紹介します。

高周波治療器 コリコラン~伝統への誘い~

セラピストも「高周波治療器 コリコランで肩・腰コラン」

ボディケアのプロRe.Ra.Kuのセラピスト120人が高周波治療器コリコランを体験。その感想を語っていただきました。

セラピストも「高周波治療器 コリコランで肩・腰コラン」

肩コリストの高周波治療器 コリコラン体験談

総勢100人のモニターさんを代表して、4人の“肩コリスト”さんにお話を伺いました。

肩コリストの高周波治療器 コリコラン体験談

高周波治療器 コリコラン お悩み別!ピタッとポイント

あなたを悩ますコリに効果的な高周波治療器コリコランの貼付位置をご紹介。

高周波治療器 コリコラン お悩み別!ピタッとポイント