Panasonic ヘルスケア

Panasonic ヘルスケア
肥満・内臓脂肪を解消する Part.1 Part.2
肥満・内臓脂肪を解消する。食生活の改善と、毎日の運動が効果的

最近よく耳にする「内臓脂肪」。ぽっこりお腹を放っておくと、高血圧や糖尿病など生活習慣病の原因になると聞きます。内臓脂肪とは、どのような人が蓄積しやすいのか?また、そもそも肥満とは何か?健康的な生活を続けるために欠かせない肥満の予防と解消法について、先生、教えてください!

今月の先生 徳永勝人先生
1974年、大阪大学医学部卒業。南カリフォルニア大学研究員、大阪大学医学部講師などを経て、市立伊丹病院内科部長、兵庫医科大学実習教授などを歴任。2005年より高槻社会保険健康管理センター長に。日本肥満学会評議員、肥満症診断基準検討委員会委員。

内臓脂肪型肥満の発見者として知られ、また「標準体重」=身長×身長×22の計算式の考案者としても有名。

先生の著書
「肥満Q&A」
「食事で防ぐ肥満症」
先生の著書(新しいウィンドウで表示)
インタビュアーの写真
コピーライター。肥満ではないものの、不規則な生活や運動不足により肥満予備軍であることを反省。まずは早食いを改め、よく噛んでゆっくり食事することを目指します。
過食と運動不足で蓄積される内臓脂肪
インタビュアー
まず基本的な質問ですが、肥満はどのようにして起こるのでしょうか。
  先生
肥満は、消費するエネルギーよりも摂取するエネルギーの方が多いことによって起こり、余ったエネルギーが脂肪になって体内に蓄えられる状態です。過食と運動不足が主な原因です。
インタビュアー
やはり食生活と運動不足が原因ですね。それ以外に原因はありますか。
  先生
全体の2〜3%ですが、「二次性肥満」といって、脳の食欲中枢に腫瘍があるものや遺伝によるレプチン欠損症、甲状腺機能低下症などホルモン異常によるものがあります。
インタビュアー
私の周囲を見回しても、肥満の人が増えているように思いますが、実際はどうなのでしょうか。
  先生
日本人男性の約3割が肥満と診断されています。この20〜30年、肥満の人は増え続けています。年代別では男性は40歳代以上に肥満が多く、各年代とも年々増加してきています。女性は閉経後にホルモンバランスが変わり肥満する人が増加します。日本では、身長からみた体重の割合を示す体格指数「BMI」という基準で、25以上を肥満と定義しています。それによると2003年の時点で日本人男性の29.5%が肥満と診断されています。1997年には24.3%だったので、5ポイント以上も上昇してしまいました。女性は25%が肥満で、97年からほぼ横ばいです。
チェックしてみましょう
体格指数「BMI」の求め方 体重(kg)÷身長(m)2=□  <例>身長168cm、体重69kgの場合 69(kg)÷1.68(m)÷1.68(m)=24.4
●BMIの判定基準
・18.5未満…やせ
・18.5〜25未満…標準
・25〜30未満…肥満
・30以上…高度肥満
BMIの標準値は22.0で、統計的に病気にかかりにくい体型と言われています。
  インタビュアー
最近、内臓脂肪が注目されていますね。
  先生
肥満には「内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪型肥満」の2つのタイプがあります。CTスキャンでお腹の断面を撮影すると一目瞭然です。腹筋の外側に脂肪が蓄積している人は「皮下脂肪型肥満」です。一方、腹筋の内側にたまっているのが「内臓脂肪型肥満」で、糖尿病や高脂血症、冠動脈疾患、脂肪肝など、さまざまな生活習慣病を引き起こす原因になります。
おなか回りのCT画像
  インタビュアー
内臓脂肪の方が怖いんですね。では、内臓脂肪をためやすい人とは、どのような人でしょうか。
  先生
次のチェックにあてはまる人が要注意です。逆に言えば、このような生活習慣をしないことが内臓脂肪をためないコツですね。
要チェック!内臓脂肪をためやすいのは、こんな人
内蔵脂肪をためやすい人□ 満腹になるまで食べる
□ 緑黄食野菜が嫌い
□ 間食や夜食が多い
□ アイスクリームや甘い飲み物などが好き
□ 車をよく利用する
□ タバコをよく吸う
  インタビュアー
「タバコを吸うと、やせる」というイメージがありますが、逆に太ってしまうんですか。
  先生
タバコを1箱吸うと、ご飯1杯分ぐらいの熱エネルギーを消費し、体重は減りますが、内臓脂肪がつきやすく、お腹が出っ張ってきます。
  インタビュアー
では、ストレスと肥満は因果関係がありますか。
  先生
ストレスが脳の視床下部に刺激を与えると、肥満の原因となります。ストレスがあると太りやすくなります。ストレスが加わると胃を壊して食がすすまない人もいますが、逆によく食べて太る人も多いんです。ネズミのシッポに洗濯バサミを挟んでストレスを与えると、よく食べて太ることが分かっています。
そのメカニズムは、ストレスが脳の視床下部を刺激し、脳下垂体から副腎に伝わり、内臓脂肪がつきやすくなる副腎皮質ホルモンが分泌されるためです。
  インタビュアー
内臓脂肪が蓄積されているかを、自分でチェックする方法はありますか。
  先生
内臓脂肪の量は、CTスキャンによる計測が最も正確です。しかし、CTは気軽に利用できませんので、まずはウエスト周りを測ることがチェックの第一歩です。
手軽な内臓脂肪のチェック法
用意するもの…巻き尺(しなやかに曲がるもの)
測定する場所

「へその真上」のお腹周りに巻き尺を巻いて測定します(腸管があり、内臓脂肪がたまっています)。
測定する場所その1
肥満によりへそが垂れ下がっている人は、肋骨(ろっこつ)と腸骨のまんなかで測ります。
測定する場所その2

測定方法…空腹時に立った姿勢で呼吸をして、息を吐き終わった時に測ります。
巻き尺がくい込まないように注意。
測定結果…「男性85cm以上」「女性90cm以上」の人は内臓脂肪型肥満の疑いがあります。
内臓脂肪から起こる7つの合併症
  インタビュアー
先ほど、内臓脂肪型肥満は合併症を起こしやすいとお聞きしましたが、そのメカニズムを教えてください。
  先生
脂肪細胞が「質的異常」を起こす場合と、「量的異常」を起こす場合があります。まず「質的異常」の場合、合併症を引き起こすルートは2つあります。1つめは、脂肪が門脈(※)から肝臓に入り、高脂血症を起こして脂肪肝になるルートです。2つめは、脂肪から分泌する物質の量が変わるルートです。脂肪は「人体最大の内分泌臓器」と言われ、さまざまな物質を分泌しています。例えば、PAI-1(パイワン)と呼ばれる動脈硬化になりやすい物質を増やしたり、動脈硬化を防ぐアディポネクチンという分泌物の量を減らしてしまいます。

※門脈(もんみゃく)…胃、小腸、大腸、脾臓(ひぞう)、膵臓(すいぞう)からの血液を集めて肝臓に流入する血管のこと

脂肪細胞の質的異常による7つの病気
1. 2型糖尿病・耐糖能障害
2. 脂質代謝異常
3. 高血圧
4. 高尿酸血症・痛風
5. 冠動脈疾患:心筋梗塞(こうそく)・狭心症
6. 脳梗塞:脳血栓症・一過性脳虚血(きょけつ)発作
7. 脂肪肝
  先生
「量的異常」の方は、体重が増えて膝や腰に負担がかかって関節に異常をきたしたり、脂肪がノドなどを圧迫して睡眠時無呼吸症候群などを起こしやすくなります。
1 2 次へ