低速ジューサー(ビタミンサーバー) MJ-L500

低速ジューサー(ビタミンサーバー) MJ-L500 低速ジューサー(ビタミンサーバー) MJ-L500 低速ジューサー(ビタミンサーバー) MJ-L500

栄養たっぷりのフレッシュジュースも、フローズンスイーツもできて一台二役!

低速回転で、ビタミンC豊富なフレッシュジュースを作る*「低速 圧縮絞り方式」

*品種・季節・鮮度により異なります。

スクリューをゆっくり回転させて、食材を圧縮しながらすりつぶすことでジュースをしぼり出します。空気を含みにくいため、なめらかな仕上がりで、ビタミンCたっぷりのジュースが作れます。

MJ-L500の回転の様子

(イメージ図)45回転/分の低速回転

※定格負荷時。投入する材料や、電源電圧の変動などにより変わります。

ジュースの写真

ビタミンCがしっかり残るさらっとなめらかな口当たり。

スクリュー底部をステンレス化し、かたい食材もしっかりしぼりきる「ステンレスパーツ一体スクリュー」

スクリュー底部をステンレス化した独自の「ステンレスパーツ一体スクリュー」で、やわらかい食材だけでなく、葉菜類や豆類などのかたい食材でも最後までしぼりきることができます。

ステンレスパーツ一体スクリュー フィルター:ジュースとかすを分離する ワイパー:フィルターの目詰まりを防ぎ、ジュースを効率的にしぼる

ジュースをしっかりしぼるための仕組み

(イメージ図)

広範囲な圧縮部で食材をしっかり絞る スムーズにかすを排出し、ジューへの混入を抑える ステンレス部分で最後のひと絞り

「ステンレスパーツ一体スクリュー」

かたい食材でも最後までしっかりしぼりきる。また、スムーズにかすを押し出す仕組みで、ジュースへのかすの混入を防ぐ。 (イメージ図)

ジュースに含まれる栄養素比較(同じ食材を絞った場合)

ビタミンC総量 オレンジ200g+にんじん100g:約15%アップ グレープフルーツ200g+セロリ100g:約1.5倍

①ビタミンC総量グラフ ※1 ※2

カルシウム総量 ほうれんそう300g:約2.4倍 鉄総量 小松菜290g+パセリ10g:約1.7倍

②カルシウム総量グラフ ※3 ③鉄総量グラフ ※3

測定:(株)テクノサイエンス

*当社調べ。品種・季節・鮮度により異なります。

※1: 当社高速ジューサー(MJ-H600)89mgに対し低速ジューサー(MJ-L500)103mg
【 試験方法】オレンジ200gとにんじん100gを一緒に絞った場合のジュース中の総ビタミンCの総量を測定
【 試験成績書番号】15020877-001~15020877-006
※2: 当社高速ジューサー(MJ-H600)60mgに対し低速ジューサー(MJ-L500)92mg
【 試験方法】グレープフルーツ200gとセロリ100gを一緒に絞った場合のジュース中の総ビタミンCの総量を測定
【 試験成績書番号】15020878-001~15020878-006
※3: <カルシウム>当社高速ジューサー(MJ-H600)20mgに対し低速ジューサー(MJ-L500)49mg
【 試験方法】ほうれんそう300gを絞った場合のカルシウムの総量を測定
【 試験成績書番号】15020829-001~15020829-006
<鉄>当社高速ジューサー(MJ-H600)0.52mgに対し低速ジューサー(MJ-L500)0.91mg
【 試験方法】小松菜290gとパセリ10gを一緒に絞った場合の鉄の総量を測定
【 試験成績書番号】15020828-001~15020828-006

凍った食材からシャーベットのようなフローズンスイーツが作れる 「フローズンアタッチメント」

さまざまな食材を組み合わせたり、ヨーグルトを加えたり、アレンジいろいろ。デザートにおすすめです。

フローズンアタッチメント

フローズンアタッチメント

圧縮しながら押しつぶしてしっかり抽出!

少し粒感が残った仕上がり 食材本来のおいしさ

盛り付け例

試してみたくなるメニューが満載!別冊「レシピブック」付き

コーンスープの写真

スープメニュー

冷奴の写真

豆乳応用メニュー

炒飯の写真

しぼりかす応用メニュー

低速ジューサー(ビタミンサーバー)

MJ-L500

詳細(スペック)を見る
取扱説明書を見る