SOU・SOUの浴衣とカメラ

インスタ映えも完璧♪浴衣で花火大会に行くときの新しい”お作法”って?

2017年7月27日

夏の風物詩といえば花火大会!とはいえ、準備不足のせいでせっかくの花火や浴衣が台無しに…なんてことにならないための新しい“お作法”とは?楽しい花火大会の思い出をもっともっと素敵なものにするためのポイントをご紹介します!

「カメラ風呂敷」でカメラ×浴衣を和のコーディネートに!

カメラ風呂敷
浴衣とカメラ風呂敷

浴衣に巾着バッグに下駄に髪飾りに…せっかくコーディネートをしたけれど、カメラを持ち歩くとなるとちょっと全体的に違和感が。そこでオススメなのが浴衣にぴったりな「カメラ風呂敷」です。

クッション性のある中綿を入れたカメラ風呂敷はリバーシブルなので、その日の気分や浴衣の柄に合わせてコーディネートできるだけでなく、カメラをくるっと包んでゴムで留めるだけという簡単さも魅力です。おしゃれな浴衣と合わせて持つとさらに粋な印象になりますね。※写真のカメラ風呂敷と浴衣は、SOU・SOUの商品です。

このカメラ風呂敷が当たる「LUMIX GF9 & PHOTOレシピ 夏のクイズキャンペーン」も実施中です。クイズに答えて、カメラ風呂敷をゲットしちゃいましょう!

花火をキレイに撮るなら、断然デジタル一眼カメラがオススメ!

4Kフォトで撮影した花火

素敵な思い出をキレイに残すのはもちろん、InstagramなどのSNSにも美しい画像を撮ってアップしたいもの。そんな時にはデジカメでの撮影が一番!スマホでは難しい花火の撮影もデジタル一眼カメラならクオリティの高い画像が撮れます。

一般的に花火をキレイに撮影するには、以下のような設定が必要になります。
・三脚やカフェのテーブルなどにカメラを固定
・マニュアルモードに設定
・ISO感度は400〜800、シャッター速度は1〜2秒、F値は5.6〜8.0に設定

カメラ操作が苦手な人にとっては少し難易度が高いかもしれません。また、花火がキレイに開くタイミングに合わせてシャッターを切るのはなかなかうまくいかないもの…。そんな方でも、パナソニックの「LUMIX GF9」なら、1秒に30枚の写真を撮影した中からベストショットが選べる4Kフォトモードで簡単にキレイな花火の撮影が実現します!

撮影の手順は簡単!

iAモードに設定

(1)モードダイヤルを「iAモード」に設定します。

4Kフォトモードに設定

(2)[4Kフォト]ボタンを押して4Kフォトモードの撮影方法を選びます。

4K連写を選択

(3)メニュー内の[4K連写]を押し、決定します。

(4)花火のタイミングにあわせてシャッターを押し続けます。

(5)再生した画面でスライドフォトセレクトを使って、連続写真の中からベストショットを選びます。選び終えたら[MENU/SET]ボタンを押して保存します。

1秒間に30枚撮影した写真の中からベストショットを選べる!

1秒間に30枚撮影した写真の中からベストショットを選べる!

LUMIX GF9

タッチパネルモニターは上方向に約180度傾けられるので、花火鑑賞中の自分撮りや友達との記念撮影などさまざまなシーンに対応できます。さらに、カメラ本体には22種類のフィルターが搭載されているので、自分好みの画像に仕上げて楽しむなんてことも。画像は専用アプリ「Panasonic Image App」を使ってワイヤレスで簡単にスマホに転送できるので、外出先でもInstagramなどのSNSにすぐにアップできます。

スマホの電池切れは命取り!モバイルバッテリーはマストアイテム

AC充電機能つきモバイルバッテリー

花火大会では、友人と連絡を取ったり、撮影した花火の映像や画像をSNSにアップするなどスマホの出番がとても増えます。バッテリー切れなんてピンチを招かないために持ち歩きたいのがモバイルバッテリーです。

パナソニックの「モバイルバッテリー」は手のひらサイズなのにAC充電も出来る優れもの。浴衣姿に欠かせないカゴバッグや巾着袋は小ぶりなものが多いので、手のひらサイズの充電器はうれしいですね。ふだんの持ち歩き用にもおすすめです。

浴衣の気になるニオイをとる“ひと手間”とは?

スチーマーで浴衣のにおいと皺をとる

花火大会や夏祭りで浴衣を着る機会が重なると、その都度洗濯するのは少し面倒。とはいえ、汗や食べ物などのニオイが気になってしまいますよね。そんなときには、パナソニックの「衣類スチーマー」が便利!スチーム脱臭で汗やニオイもとってくれるんです。タンスから出したばかりの防虫剤のニオイにも効果を発揮。ハンガーにかけたままサッと浴衣にかけられるのも嬉しいですね。

シワもとれるので、浴衣姿がグッとキレイに。浴衣だけではなく日常でも重宝すること間違いなしです。※必ず衣類の絵表示を確認の上、ご使用ください。

いかがでしたか?花火大会だけでなく、夏は楽しいイベントが盛りだくさん!いざというときにあわてないように準備をしっかりとして思う存分楽しんでください!

この記事を見た方におすすめの動画