HC-WXF1M/WZXF1M

マニュアル機能でこだわりの撮影が可能

NEW 直感的なマニュアル操作で、撮りたい映像表現で撮影。

オート/マニュアルボタンでマニュアルモードに設定して、直感的なマニュアル操作ができる「マニュアルリング」を搭載。カメラファンクションボタンを押して、ズーム/フォーカス/アイリス(絞り・ゲイン)からモードを選び、ファインダー越しに手動で「マニュアルリング」を回すことで、オートモードでは調節できないようなズーム・フォーカス・アイリス(絞り・ゲイン)の微妙な調整が可能です。自分の好みに合わせたオリジナルの映像表現で、こだわりの動画撮影が楽しめます。

マニュアルリングを操作して、 直感的な撮影を実現!

NEW ホワイトバランスの微調整も、マニュアルで可能。

マニュアルモードに設定して、タッチパネルの「WB」から「VAR」モードに設定すれば、ホワイトバランスを2000Kから15000Kの範囲で設定することが可能。複雑なライティングの場所でも、ホワイトバランスを微調整して自分が撮りたい色合いで撮影できます。

2000K から15000K の 範囲でホワイトバランスを 微調整!

NEW ピーキング色を、4色の色から選択。

マニュアルモードでフォーカスを合わせる際に、ピントが合っている部分に色を表示させる「MFアシスト」のピーキング色を、赤・青・黄・白の4色から選択することが可能。被写体や背景の色合いなどから、より見やすい色を選択して、マニュアルでの快適なフォーカス操作をサポートします。

セミプロモデルと同じくピーキング色を4 色から選択可能 セミプロモデルと同じくピーキング色を4 色から選択可能

NEW 頻繁に使う機能を、Fnボタンとして設定することが可能。

Wi-Fi®ボタン・HDRボタン・フォトショットボタン・撮影モード切り替えボタンを、4種類のFnボタン(ファンクションボタン)として別の機能を登録することが可能。23種類の機能から頻繁に使う機能などを、Fn1ボタンからFn4ボタンまでそれぞれ1機能ずつ4種類設定しておけば、自分の撮影スタイルに最適なボタンとしてカスタマイズできます。

撮影スタイルに合わせてFn ボタンを4 種類まで設定可能 撮影スタイルに合わせてFn ボタンを4 種類まで設定可能

●Wi-Fi®は、Wi-Fi Alliance®の登録商標です。

NEW オートフォーカス時の、ピント合わせ動作を設定可能。

「カスタムAF」を使えば、オートフォーカス時のピント合わせの動きを「標準」「追従」「安定」の3種類の中から選んで設定することが可能。デフォルトの「標準」は、さまざまな撮影シーンに対応できる一般的な設定です。「追従」は、フォーカスが追従しやすくなることで、距離の異なる被写体にピントを切り替えやすくなり、動きの速い被写体にフォーカスを合わせ続けたいときに最適。「安定」は、フォーカスが安定しやすくなり、障害物が横切ったときや被写体が外れたときでも狙った被写体にフォーカスを合わせ続けるので、フォーカスや被写体に合わせ続けたい撮影シーンで活躍します。撮影シーンに合わせてAFをカスタマイズでき、より上質な撮影を実現します。

カスタムAF
「標準」に最適なシーン例
カスタムAF
「追従」に最適なシーン例
カスタムAF
「安定」に最適なシーン例

ビューファインダーで、リアルな画角・色合いの確認が可能。

明るい晴天時でも見やすく、撮影している映像がそのまま投影される、約155万ドットの高精細なビューファインダーを搭載。ビューファインダーに設置された液晶画面で、ズーム・フォーカス・アイリス(絞り・ゲイン)をマニュアルリングを用いて調整でき、マニュアルでの撮影に適しています。また、ビューファインダーを約50°まで起こせるので、さまざまな撮影姿勢に柔軟に対応できるとともに、アイカップを外して左右逆に装着すれば、左目でビューファインダーを使用することもできます。

ビューファインダー搭載

●液晶モニター使用中は、ビューファインダーの点灯はできません。

シネマライク効果で、映画のようなこだわりの映像で表現。

こだわりのシーンを撮影したい時や、映像作品を制作する時などに役立つシネマライク効果。映画などに使われているようなプロ御用達の映像効果を、気軽に加えることができます。

ドラマチックな効果を生む「スロー&クイック撮影

スロー/クイックでスピード感を強調/スロー

スロー撮影中に、フレームレートを下げてクイックに変更。動きのあるシーンにスローとクイックが組み合わさることで、ドラマチックな効果を生み出します。

●音声記録はできません。

感動的なシーンを表現できる「スーパースロー

エモーショナルな描写をスローモーション再生で表現

2倍のハイスピードで撮影して、本体再生時にさらに2倍補間することで、1/4倍速の感動的なシーンを表現します。

●ハイスピード撮影した区間は音声記録されません。

心理的な動きを表現できる「スローズーム」

親密度が増していく感じをゆっくりとズームインさせることで表現

手動では困難なスローズームが可能。映画では頻繁に用いられる手法で、単調な映像に緊張感を持たせたり、被写体の心理的な動きを表現します。

被写体の感情を表現できる「ドリーズーム

画面内の人物のサイズを変えず背景だけをズームイン

被写体のサイズは変えずに、背景だけズームさせるテクニック。被写体の混乱・苦悩・驚きなどを表現する時に用いられる手法です。
撮影時は、2倍速のクイックモーション映像になります。

●音声記録はできません。

※記録方式が「MP4/iFrame」、記録モードが「1080/28M」になり、設定の変更はできません。

高性能マイクとシーン設定で、こだわりの高音質な音声を実現。

オーディオ向け高音質部品の採用と、効果的に風雑音の発生を抑圧する「ウインドシールドズームマイク」搭載により、高音質を実現。さらに、撮りたいシーンに適した音質を6種のメニュー設定(オート・音楽・スピーチ・自然・お祭り・お好み)から選べる「サウンドシーンセレクト」も搭載し、より臨場感あふれる音声での撮影が可能です。

オート 標準的な設定で録音
音楽 音楽コンサートなど幅広い音域・音量が必要な撮影時
スピーチ スピーチ・トークイベントなど本機前方からの音に重点を置いた撮影時
自然 森・川などの静かな環境での撮影時
お祭り お祭り・花火大会など大音量が出る場面での撮影時
お好み マイクゲイン(大音量録音時の調整)、周波数特性(高域・低域レベル)、指向性(サラウンド/ステレオ・モノラル)をお好みで調整可能
低音・中音・高音の すべてで、高音質を実現! 低音・中音・高音の すべてで、高音質を実現!

フィルム映画のような趣のある撮影ができる、24p記録に対応。

フィルム映画と同じ秒間24フレーム撮影(24p)に対応。4K(3840×2160/24p)またはフルハイビジョン(1920×1080/24p)で記録でき、フィルム映画のような味わい深い映像で動画作品を残せます。

赤外線のナイトモードで、真っ暗でも鮮やかな記録が可能。

真っ暗な0ルクス撮影シーンでも、赤外線を使って鮮明でなめらかに撮影できる「ナイトモード(赤外線)」を搭載。ナイトサファリや夜間のホタル撮影など、これまで写せなかったような映像も鮮やかに記録できます。

これまで映せなかった寝姿も、鮮やかに録画!

商品特長

さらに美しく鮮明に進化した4K高画質

マニュアル機能でこだわりの撮影が可能

アシスト機能で快適な撮影を実現

4K撮影したあとに好みで編集・補正

サブカメラで同時記録できる機能も搭載

便利に活用できるネットワーク機能

注意事項

●各機能は、すべての環境下での効果を保証するものではありません。
●画面はハメ込み合成写真です。
●写真・イラストの内容はイメージです。
●製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。