ほうれい線の原因と専門家が教えるほうれい線ケアマッサージ&トレーニング術

ほうれい線ができる原因や対策についての監修:石川 時子
ライター:UP LIFE編集部
2024年1月11日 美容

年齢を重ねると目立ってくるシワのひとつとして気になるのが、ほうれい線ではないでしょうか。本記事ではほうれい線ができる原因を解説。マッサージやトレーニングなど、すぐに実践できる、ほうれい線のケア方法について専門家の石川 時子先生に教えていただきました。

ほうれい線ができる原因とは

写真:女性がほうれい線を気にしている様子

ほうれい線とは、鼻の両端から口元にかけてハの字のびる線のことです。ほうれい線ができる原因となるものは、いくつかあります。ここでは、主な5つの原因を解説します。

原因1:加齢

肌は20代を過ぎると徐々に老化が進み、皮膚のハリに必要なコラーゲン、エラスチンといった成分を作る線維芽細胞の働きが衰えると言われています。それによってたるみが生じ、ほうれい線が目立つようになります。また、加齢により顔の筋力が衰えたり、ホルモンバランスが乱れたりすることも、肌のハリに影響を与え、ほうれい線がより目立つようになります。

原因2:乾燥

乾燥もシワやたるみの原因のひとつです。寒さやエアコンの風による乾燥によりシワが目立ちやすくなるほか、乾燥によって肌のバリア機能が低下し、外の刺激から受けるダメージが大きくなると、よりほうれい線が深くなりやすいです。

原因3:間違ったスキンケア

洗顔の際など、しっかり汚れや水分を落としたいからと、タオルなどで顔をゴシゴシこするのはNGです。強い刺激は肌のバリア機能にダメージを与えます。また、ほうれい線を伸ばすためのマッサージも、強く引っ張りすぎたり、繰り返しやりすぎたりすると肌に負担をかけてしまい、逆効果になる場合がありますので、正しい方法で行うことが大切です。

原因4:生活習慣

生活習慣もほうれい線に影響を与える要因のひとつです。睡眠不足は肌のターンオーバーを滞らせます。また姿勢の偏りや、どちらか片方を向いて寝る、口の片方で咀嚼するなどのクセは骨格を歪ませ、ほうれい線が目立つ原因にもなります。

さらにスマホ操作やデスクワークなどでずっと下を向いて作業するのも重力で顔全体が落ちてくるので画面を見る角度を上げるなどの工夫が大切です。また、同じ姿勢や同じ表情を続けていると表情筋が凝り固まり、老廃物が溜まりやすくなることにより、たるみやむくみが生じてほうれい線ができやすくなります。

原因5:表情筋の衰え

頬や口の周りには、頬骨筋や口角挙筋などの表情筋があります。表情筋が衰えると、頬全体が下がり、たるみを引き起こしてほうれい線が目立つようになります。

【対策1】ほうれい線のケア方法:スキンケア

写真:スキンケア用品のイメージ

まずは、乾燥しないようにスキンケアをしっかり行うことが大切です。また、基礎化粧品はレチノール、ビタミンC誘導体、ナイアシンといった肌のハリを意識した成分を含んだ、エイジングケア用の化粧品を加えるのもよいでしょう。

ただし、これらの成分が働きかけられるのは皮膚の表面となり、ほうれい線を根本からなくすのは難しいため、以下でご紹介するマッサージやトレーニング方法も合わせて対策しましょう。

【対策2】ほうれい線のケア方法:マッサージ

マッサージで、凝り固まった筋肉の緊張を緩めていきましょう。老廃物が滞るとたるみやすくなるため、マッサージでリンパの流れや血行を促進することが大切です。

おすすめは、こめかみから側頭部にかけての「側頭筋」のマッサージです。これは、次に紹介するトレーニングを行う際にも、筋肉が緩んだ状態からスタートできるように必ず最初に行うようにしましょう。

側頭筋マッサージ

側頭筋を緩めるマッサージを行います。側頭部を両方の手のひらで、3回に分けて押し上げます。
痛気持ち良いくらいの力加減で圧をかけるのがポイントです。

写真:耳の上の側頭部を両方の手のひらで押し上げるイメージ
  1. 耳の上の側頭部を両方の手のひらで押し上げる
写真:額の横の側頭部を両方の手のひらで押し上げるイメージ
  1. 額の横の側頭部を両方の手のひらで押し上げる
写真:頭頂部に近い側頭部を両方の手のひらで押し上げるイメージ
  1. 頭頂部に近い側頭部を両方の手のひらで押し上げる

※同じ動作をあと2セット繰り返す(合計3回)

【対策3】ほうれい線のケア方法:トレーニング

ここからは、ほうれい線をケアするトレーニング方法を3つご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。頬のたるみの予防と改善を目指しましょう。

ほうれい線トレーニング1

舌で口のまわりや目から口につながる筋肉を鍛えるトレーニングです。

写真:口を閉じるて舌先を鼻の下にある歯と唇の間におき、ほうれい線を舌で口の中からなぞるように、右回りで円を描きながらゆっくりと動かすイメージ
  1. 口を閉じる。舌先を鼻の下にある歯と唇の間におく。ほうれい線を舌で口の中からなぞるように、右回りで円を描きながらゆっくりと動かす(1周3秒間)

※同じ動作をあと9周繰り返す(合計10周)

写真:左回りも同様に行うイメージ
  1. 左回りも同様に行う(1周3秒間)

※同じ動作をあと9周繰り返す(合計10周)

※1と2の動作をあと1セット繰り返す(合計2回)

ほうれい線トレーニング2

頬の内側全体に空気を入れ、目から口につながる筋肉を鍛えるトレーニングです。

写真:口の中をゆっくりふくらませるイメージ
  1. 口の中をゆっくりふくらませる(5秒)
  2. そのままキープする(5秒)
写真:ゆっくりアルファベットの「O」の口にするイメージ
  1. ゆっくりアルファベットの「O」の口にする(5秒)
  2. そのままキープする(5秒)
写真:口をゆっくり閉じて元の顔に戻すイメージ
  1. 口をゆっくり閉じて元の顔に戻す(5秒)

※同じ動作をあと1セット繰り返す(合計2回)

ほうれい線トレーニング3

鼻の下のみに空気を入れ、目から口につながる筋肉を鍛えるトレーニングです。

写真:鼻の下をゆっくりふくらませるイメージ
  1. 鼻の下をゆっくりふくらませる(5秒)
  2. そのままキープする(5秒)
写真:ゆっくりアルファベットの「O」の口にするイメージ
  1. ゆっくりアルファベットの「O」の口にする(5秒)
  2. そのままキープする(5秒)
写真:口をゆっくり閉じて元の顔に戻すイメージ
  1. 口をゆっくり閉じて元の顔に戻す(5秒)

※同じ動作をあと1セット繰り返す(合計2回)

トレーニングはここまでです。ほうれい線ケアのマッサージやトレーニングは習慣化が大切。お風呂に入りながら行うなど、トレーニングが続く仕掛けを作り、ほうれい線の予防と改善を目指しましょう。

以上、石川 時子先生に表情筋やトレーニング方法について教えていただきました。
ここからは、ほうれい線ケアにおすすめの、リフトケア※2美顔器をご紹介します。

表情筋をトレーニング※1してほうれい線ケア!リフトケア※2美顔器 バイタリフト かっさ

ほうれい線ケアにおすすめの美容家電が、「リフトケア※2美顔器 バイタリフト かっさ EH-SP85」です。独自の技術デュアルダイナミックEMSにより、表情筋をトレーニング※1します。

頬を支える大・小頬骨筋、口角を引き上げている口角拳筋、フェイスラインにつながる胸鎖乳突筋

デュアルダイナミックEMSとは

1秒間で筋肉の収縮と弛緩を繰り返す5Hzと、収縮が持続する25Hz、2種類の波形を組みあわせて、引き上げながら動かす独自プログラムです。頬を支える大・小頬骨筋や、口角を引き上げている口角挙筋、フェイスラインとつながる胸鎖乳突筋といった、自分では鍛えづらい複雑な筋肉にアプローチします。

1秒間 収縮と弛緩をくりかえす5Hz 収縮が持続25Hz

ほうれい線などの顔周りから二の腕やボディまでこれ1台

部位に応じてEMS電極を当てやすいかっさ形状になっているので、頰やフェイスライン、ほうれい線などの顔周りから二の腕、ボディまで全身のケアに活用できます。

気になる部分を狙いやすく、引き上げるように使えるかっさ形状です。目元や額、ほうれい線にはAのカーブを使って指先ですべらせるような軽いタッチで、首すじやデコルテにはなだらかなBのカーブでゆったりと肌表面をやさしくなでるようなタッチでさすり流します。

フェイスラインにはCのカーブでフェイスラインをはさみ込み引き上げるようなタッチで、頬やボディなど広い面にはDのカーブでお肌をぐいっと引き上げるようなタッチですくい上げます。

A 目もとや額ほうれい線に B 首すじやデコルテに
C フェイスラインに D 頬やボディなど広い面に

また、かっさ美容の効果により、1回使うだけで「ハリ感」「フェイスラインの肌の引き締まり感」「化粧ノリのよさ」を実感。

【モデル試験方法】単回 温感:高(EMSお好みのレベル)
洗顔後に化粧品を顔全体に塗布し、
温感かっさトリートメントの使い方で、半顔のみに4分間使用。
機器を使用した肌と化粧品のみの肌状態の比較

【被験者】30~50代女性 21名

防水仕様※3(IPX7基準)なので、バスタイムや普段使う化粧品とあわせて使用できる※4のも便利です。

バイタリフト かっさ EH-SP85 パナソニック公式通販サイト 肌を引き上げながら複雑な表情筋をEMSでトレーニング※ ※電気刺激を筋肉に伝え、筋肉を収縮させること。 公式サイトなら送料無料+1年間保証 詳しくはこちら

EMSと表情筋トレーニング※1を習慣に!独自EMS技術でワンランク上のほうれい線のケアができる美顔器

「リフトケア※2美顔器 バイタリフト かっさ EH-SP85」以外にも、パナソニックではデュアルダイナミックEMSの技術を活用した、様々な美容家電があります。以下におすすめの美容家電をご紹介します。

リフトケア美顔器 バイタリフト RF EH-SR85

【リフトケア※2美顔器 バイタリフト RF EH-SR85】
パナソニック初高出力RF×EMS×LED×イオン搭載「マルチアクティベートテクノロジー」でデイリーもスペシャルも。美容クリニックに学んだ技術で、頬や目元のハリケア、角質のくすみケアや頬の毛穴ケアなど、ミドル世代の肌悩みにアプローチする1台9役の本格エイジングケア※5美顔器です。

イオン美顔器 イオンブースト マルチ EX EH-SS85

【イオン美顔器 イオンブースト マルチ EX EH-SS85】
新開発の「パワーブーストテクノロジー」を搭載し、角層への高浸透ケアを実現。デュアルダイナミックEMS搭載で、表情筋のトレーニング※1まで1台で可能な、毎日のスキンケアが、本格エイジングケア※5に変わる美顔器です。

リフトケア美顔器 バイタリフト ブラシ EH-SP60

【リフトケア※2美顔器 バイタリフト ブラシ EH-SP60】
頭筋、表情筋それぞれに適した「EMS」×「形状」を開発。アタッチメントを付けるだけで、これ1台で、頭筋・表情筋に効率的にアプローチできます。頭筋と表情筋それぞれに働きかける2種類のEMSで、頭筋からのリフトケア※2も、角質浸透ケアも行えます。

「デュアルダイナミックEMS」について、くわしくはこちらもご覧ください。

まとめ

写真:笑顔の女性のイメージ

ほうれい線は加齢や乾燥、表情筋の衰えによるたるみなどが原因で起こります。正しいマッサージやトレーニングで、対策をしていくことが大切です。また、自分では鍛えにくい筋肉を効率的にトレーニングする美容家電を活用するのもひとつの方法です。顔周りの筋肉を鍛えて、ほうれい線ケアを習慣にしていきましょう。

この記事で紹介した商品

写真:石川 時子(いしかわ ときこ)さん

ほうれい線ができる原因や対策についての監修:石川 時子(いしかわ ときこ)

表情筋トレーナー。美容コンサルタント。株式会社クレア代表取締役。Beautiful Smile協会理事。2011年に表情筋トレーニングに出会い、アシスタントなどを経て2015年よりプロ講師として活動を開始。見た目も中身も生まれ変わる塾として、オーダーメイドのグループレッスンやマンツーマンレッスンを行う。ビューティキャンプ、一般向けのレッスンのほか、芸能コースに通う10代男女向け表情筋トレーニング、大手コスメメーカー、保険会社の企業内研修、40代ママ向けレッスン、TV、雑誌、Webの監修など活動は多岐にわたる。著書に「顔が上がる↑1分×表情筋トレ」(大和書房)、監修に「30秒であなたの印象が変わる! めざましテレビ「スマイル・チャージ!」顔トレBOOK」(宝島社)がある。

※1 電気刺激を筋肉に伝え、筋肉を収縮させること。
※2 引き上げるように機器を動かすこと
※3 入浴中、水に浸かっている部分には使用しないでください
※4 次の化粧品は使用しないでください。・オイル ・スクラブ系 ・ボディソープ ・温感効果のあるローション/マッサージジェル ・脂肪燃焼成分を含むローション/マッサージジェル
※5 年齢に応じた、機器を使った肌ケアのこと

2024年1月11日 美容

記事の内容や商品の情報は掲載当時のものです。掲載時のものから情報が異なることがありますのであらかじめご了承ください。

「クリスマスプレゼントどうしよう…」と考えている方必見!プレゼントにおすすめの美容家電をご紹介

2023年11月13日

「クリスマスプレゼントどうしよう…」と考えている方必見!プレゼントにおすすめの美容家電をご紹介

【スキンケアのやり方】正しい美肌ケアと間違いやすいポイントを解説!

2023年10月23日

【スキンケアのやり方】正しい美肌ケアと間違いやすいポイントを解説!

おうち美容でキレイを格上げ!自宅でエステ気分を味わえるおすすめの美容家電をご紹介

2023年3月1日

おこもり美容でキレイを格上げ!「ながら美容」出来るおすすめ家電をご紹介

表情を豊かにすると好印象に!表情筋を鍛えるトレーニング方法を解説

2022年11月17日

表情を豊かにすると好印象に!表情筋を鍛えるトレーニング方法を解説

おすすめ記事

【引越し】家電はどうするのが正解?準備のコツと新たに購入する際のポイント

2024年4月2日

【引越し】家電はどうするのが正解?準備のコツと新たに購入する際のポイント

どうしても室内に入れたくない! 花粉に悩まされない室内環境にするコツ

2024年4月1日

どうしても室内に入れたくない! 花粉に悩まされない室内環境にするコツ

よく読まれている記事

しっかり食べて健康的な食事も、自分や家族との時間も大事にしたい!朝ごはんのススメ

2024年3月6日

しっかり食べて健康的な食事も、自分や家族との時間も大事にしたい!朝ごはんのススメ

デリケートゾーンの黒ずみが気になる!黒ずむ原因と自宅でできる6つのケア方法を紹介

2024年3月6日

デリケートゾーンの黒ずみが気になる!黒ずむ原因と自宅でできる6つのケア方法を紹介