「どこでもディーガ」の“iPhoneでテレビ”で、「無駄時間」を無くす

ライター:GetNavi webプロデューサー・松井 謙介
2022年11月22日 エンタメ

さてこんにちは、「モノ・コト・暮らし」の総合サイト「GetNavi web」でプロデューサーをしている、松井謙介です。

私、先日UP LIFEで、iPhoneなどスマホでどこでも快適にテレビを見られる「どこでもディーガ」アプリへの溢れんばかりの愛と共に、「テレビ視聴の困りごと」を解決する記事を寄稿させていただいた。

「ディーガ+どこでもディーガ」を活用することで、どれだけ毎日テレビ三昧で充実できていることか!というお話をみっちりしたワケだが、まだまだ足りない!後編である本記事では、「テレビコンテンツを消化する」というだけでは収まらない、日常を豊かにする使いこなし術を伝授したい。

【日常活用法その1】移動時間をリッチなエンタメ充実時間にする

※本記事はパナソニックから、GetNavi webプロデューサー・松井 謙介さんに「ディーガ」を提供した上、本記事の作成を依頼し、内容を編集して掲載しております。

スマホで録画したサッカーのゴールシーンを見るイメージ

ということで、「どこでもディーガ」に惚れた男、GetNavi webプロデューサー松井によるレコメンド記事2本目をお届けしよう。こちらの記事では、「マジでこんなシーンで役立つよ」というのを、具体例とともにお伝えする。

1本目とかぶり気味なところもある。正直あるが、いいものは何度読んだっていい。サッカーワールドカップの日本代表のゴールとか、何度だって見ちゃうでしょ。それと同じだ!それくらい私は本機能を推したいと思う。

もし「ディーガ」ユーザーで、まだ「どこでもディーガ」をスマホにインストールされていない読者がいるのならば、今すぐ入れていただきたい。日常を豊かにする「テレビ+ディーガ」持ち歩き生活が、そこから始まるのである!そもそも「どこでもディーガって何よ?」という方は、あらためて前編記事をご覧いただこう。仕組みから何から何までたっぷりと書いてあるので。

通勤時が楽しみになってしまう、「ディーガ+どこでもディーガ」スタイル

通勤での電車移動中にテレビの番組を見る。これは、おそらく皆さん「出来たらいいなー」と考えつつも、世の中的にはまだ一般化しきっていないソリューションじゃないだろうか。やり方はまあいくつかあって、「TVer」のような番組配信サービスを利用したり、ネットワークレコーダーを利用したり。リアルタイムで視聴したいなら、モバイルの外付けチューナーを利用したり。そんなところだろう。

電車の待ち時間も、録画番組視聴のチャンスだ!

待ち時間にスマホで録画番組を見るイメージ

で、私は、くどいですが、「ディーガ+どこでもディーガ」、これだ。なぜか。理由はいくつかあるんだけど、これだ。

①設定が簡単。ネットワークをあまり意識せず使える
②ストリーミングと「番組持ち出し」の2パターン選べる
③リアルタイムで放送番組も見られちゃう

最初に家庭のディーガと同じWi-Fi環境下で、どこでもディーガに機器登録をすれば、もうそれで基本設定は完了。同時に「Club Panasonic」への登録も必須なので、こちらも済ましておこう。

で、私の通勤時の楽しみ方をお伝えしよう。

持っているのは、①Wi-Fiルーター ②「どこでもディーガ」入りのiPhone XS、それだけ。ルーターはまあ、任意。なければ4Gで見ればいいんだけど、私は「番組持ち出し」しきれていないケースも多い。ストリーミングで見るケースも結構あるので、パケットを考えるに、ルーターでWi-Fi接続してみたほうが安心、というわけだ。

もうひとつ理由はある。実は、ディーガのほうで「おまかせ番組録画」という機能があり、キーワード設定で、実はバンバン自動で番組が録画されている。中には、「こんな番組もあったのか!」という。意図せぬ出会いもあるため、それを楽しむためには、すべて「番組持ち出し」はできないのだ。

電車の中で「へー、こんなのも」という偶然の邂逅を楽しむ。これが松井流(もちろん用意周到に「持ち出し」して楽しむケースもある)だ。年末年始でいうと、自動で録画されていたお笑い特番が望外に面白かった。特に「T!」を連呼するコンビによるコントは秀逸で、このネタだったらお笑いの賞レースで優勝できちゃうのでは?というクオリティ。「どこでもディーガ」なので、3回見てしまった(本当)。

このように、積み録画の解消というか、思わぬ「出会い」が楽しめるのも「ディーガ+どこでもディーガ」コンボの利点。ちなみに音声は出先ではBluetoothのワイヤレスイヤホンで聴いているので、なんとも快適。Wi-FiにBluetoothにいやはや便利になったものである!

ちなみに!有料サービス「ディモーラ プレミアム会員」を活用すれば「シーン選択」も可能。これまた腰が抜けるほど便利で、このお笑い特番の場合は、芸人がインデックス表示されるので、好きなネタだけ見ることができる。まさに積み録画解消のショートカットテクだ。大量に番組消費したい人は、有料サービス「ディモーラ プレミアム会員」に入るのが正解だろう。

「ディモーラ」は、テレビ番組から録画予約までできるテレビ番組ウェブサービス

ディモーラのイメージ

【日常活用法その2】待ち時間を徹底的に解消!

上板橋にあるラーメン店「魂の中華そば」の行列の待ち時間にスマホで録画番組を見るイメージ

もう1つ別の使い道をお伝えしよう。「待ち時間」解消である。私事であるが、わたくし昨年くらいより一気に体調が悪くなっており、呼吸器やら血管やら肝臓やら皮膚などが悪く、病名を覚えられないくらいであり、総称として「老衰」でいいんじゃね?ってくらいのボディである。すなわち、病院に行くと、思わず「第二の故郷です」と言ってしまうくらいの頻度での病院通い人間なのだ。

で、病院といえばあなた、待つのである。30分、1時間、ひどいときにはそれ以上。待ちに待つ。その間に何をするか。この文脈で「スマホゲームです!」とカミングアウトしたら、やっぱり老衰の進行が派手に進んでいるのだろう。違う。当然「どこでもディーガ」である。
※電波環境協議会では、「1メートル程度」を目安に、医用電気機器から一定の離隔距離を離れている場合に、携帯電話の使用を禁止しない方針をとっている。安全に十分な配慮をした上での使用が鉄則だ。

こうした「病院待ち」ケースでは、通信をバンバンするのも気が引けるので、「機内モード」にiPhoneを切り替え、「番組持ち出し」でローカル保存した番組を視聴する。で、その場合に見ることが多いのが「映画」だ。ちょっとした待ち時間に映画!?と思われるかもしれないが、私ぐらいの1.5流ビジネスパーソンとなれば、家庭の大画面4Kテレビで映画を見ても、時間が足りなくて見切れないパターンが多い(酔って寝てしまうだけ)。そんなときは、「続きは『どこでもディーガ』で見る」ってわけだ。

毎夜のごとく酔って寝てしまうリビングでは、「ビエラ」を愛用中。もちろんディーガ2台も!

松井さんの家のリビングにあるビエラTH-55DX70とディーガのイメージ

年末にWOWOWで録画した映画を正月3が日に少しずつ見ていたわけだが、フィナーレは1月4日の「脳外科での検診待ち」に迎えた。正月中、見る自信がなかったので、「番組持ち出し」しておいたのである。

また、待ち時間は「ラーメン店」にも存在する。そう、行列だ。旨いものを食べたければ、少しの行列は我慢しなければならない。お気に入りは、上板橋の「魂の中華そば」。魚介系のスープに太めのストレート麺が絡む「中華そば」は、味、ボリュームともに満足度大。はっきりいって、全部食べれば半日は食欲が出てこないほどの1杯である。

ここ、良い店なのだが、昼時は5~10人程度の行列が。店内はカウンターのみで8席程度なので仕方がないが、そのちょっとした時間がじれったい。まあ待っても30分だが、これが上板橋の青空の下、やることがないのだ。そう、そんなときは言うまでもなく「どこでもディーガ」の出番だ。

もちろん何か、録画番組やリアルタイムの放送を見てもいいわけだが、意外な楽しみ方として「番組ニュース」というのがある。テレビ番組に関する、とにかく濃厚な、「魂中」の中華そばくらい濃厚なニュースが配信されている。その下には、主演者情報があり、そこから録画予約も可能。来年度以降の大河ドラマのニュースを読んで、人気脚本家の名前をクリックすれば、その脚本家が手がけた過去作品の放送予定がすぐに表示、そこから予約が完了するわけだ。いつ店内に入れるかわからないこんな行列では、こうしたニュースザッピングからの録画予約大会というのも気が利いている。

【日常活用法その3】「オフライン」の場を無駄にしない

機内でスマホで録画番組を見るイメージ

さて最後の活用法、「オフライン活用」である。まあ今どき、どんな場所でも完全なオフラインというのはなかなかない。4Gが届かない環境は激減しており、地下鉄でもなんでも大体つながる。

ただ、飛行機だけはまだ完備とはいえない。大手航空会社はWi-Fi完備が進んでいるが、一部の航空会社ではあったりなかったり。さらには、前の座席にモニターもないケースも多く、いまだに機内のレジャーは「読書or睡眠」だったりするわけだ。

まあ私くらいの1.5流ビジネスパーソンになれば、国内外問わず飛行機出張もある。さらにいえば実家は北海道で、飛行機は年に何度も乗る。常に「機内で何してようか」問題が付きまとうわけである。

そんなときはそう!くどいですが、「どこでもディーガ」の「番組持ち出し」がエクセレントなわけだ。当然Wi-Fiなし、スマホ「機内モード」環境でも録画番組が再生できるわけなので、これは助かる。寝る前に、ディーガに録画しておいた映画でも2、3本「持ち出し」作業をしておけば、もう旅にでる前には準備完了。即席スマホ映画館の完成である。

もちろん各種動画配信サービスでも同じようなことはできるが、基本的に有料だったりするわけで、自宅で録画した番組をスマホに持ち出せるメリットは特大だろう。映画じゃなくて、なんてことのないバラエティなんかもバンバン持ち出せるのは、「どこでもディーガ」だからこその大メリット。

そして、着いた先が例えば外国のホテルであったとしても、Wi-Fiにつなげば、日本の録画番組をストリーミングでも、もっといえば日本の放送をリアルタイムで見ることもできる(※ネットワーク環境によっては視聴できない地域があります)。

まとめ

いやいや、2回にわたってお伝えしてきた私の「どこでもディーガ」愛、伝わっただろうか?正直、この便利さは、一度使ったら手放せない。というか、「ハマる」っていうイメージ。もし対応ディーガを持っていて、「どこでもディーガ」使ってない人がいたら、説教ね。対応ディーガを持ってない場合は、買おう。昨今は、ブルーレイレコーダーがテラバイトモデルでも、ものすごく買いやすい価格になっている。

「ディーガ+どこでもディーガ」生活、始めるなら、今しかない!

まずは試してみたいという方に、「定額利用サービス」がおすすめ!

パナソニック公式通販サイト まるごと「ぜんぶ自動録画」で、見たい番組をもう見逃さない! ブルーレイ/DVDレコーダー 全自動DIGA 定額利用サービス 月額1,480円(税込) ※選択する機種によって金額が異なります DWR-2X202 詳しくはこちら

「ライター/GetNavi web編集部」
プロフィール:「モノ・コト・暮らし」の総合サイト。テレビや家電、文房具、日用品など幅広い最新アイテムの紹介から、アイテムの使い勝手とその先にある「人の生活をどう変えるか」をテーマに、深掘りレビュー記事を日々配信している。

  • iPhoneはApple Inc.の商標です。

この記事で紹介した商品

2022年11月22日 エンタメ

記事の内容や商品の情報は掲載当時のものです。掲載時のものから情報が異なることがありますのであらかじめご了承ください。

“iPhoneでテレビ”快適すぎ!「どこでもディーガ」で捗るテレビ生活

2022年11月15日

“iPhoneでテレビ”快適すぎ!「どこでもディーガ」で捗るテレビ生活

スマホの容量不足の解決法!写真の整理術と意外と知らない「おうちクラウドディーガ」とは?

2022年11月22日

スマホの容量不足の解決法!写真の整理術と意外と知らない「おうちクラウドディーガ」とは?

人生を損する「無名の待ち時間」を有意義にする方法

2022年11月15日

人生を損する「無名の待ち時間」を有意義にする方法

【2023年最新版】スマホでテレビを見る4つの方法!無料のものから高品質なものまで紹介

2023年9月25日

【2022年最新版】スマートフォンでテレビを見る4つの方法!無料のものから高品質なものまで紹介

おすすめ記事

父の日のギフトに何あげる?プレゼントにおすすめの家電商品10選

2024年5月15日

父の日のギフトに何あげる?プレゼントにおすすめの家電商品10選

もち麦の食べ方を大解剖!絶品レシピで食物繊維をプラス

2024年5月13日

もち麦の食べ方を大解剖!絶品レシピで食物繊維をプラス

よく読まれている記事

買ってよかった!一人暮らしに便利なキッチン家電~トースター・電子レンジ・炊飯器~

2023年11月9日

買ってよかった!一人暮らしに便利なキッチン家電~トースター・電子レンジ・炊飯器~

「災害の準備は、できることから始めよう。きちんと知れば、怖くない」レスキューナース辻直美先生が解説!

2020年9月1日

「災害の準備は、できることから始めよう。きちんと知れば、怖くない。」レスキューナース辻直美先生が解説!