Digital FUN!

【4K疑問解決】

Q:2018年12月1日開始!
新4K衛星放送を視聴するには?

A:4Kチューナーの接続が必要です。

4K放送の受信には、いくつか準備が必要です。その方法や4Kに関連する情報についてご紹介します。

新4K衛星放送の特長
新4K衛星放送で視聴できるチャンネル
新4K衛星放送の受信方法

新4K衛星放送の特長

フルハイビジョンの約4倍きめ細かな映像を楽しめます。映像本来の明るさや色を再現し、映像全体の動きも滑らかになります。また、立体的な音響によるリアルで臨場感のある映像を体験できます。
現在放映されている4K放送は、124/128度CS放送による4K放送商用サービス「スカパー!4K 総合」「スカパー!4K 体験」、ケーブルテレビ(CATV)による4K専門チャンネル「ケーブル4K」、IP放送による「ひかりTV4K」です。

■高精細

「新4K衛星放送」は、フルハイビジョンの約4倍の解像度で視聴できます。

高精細
■色鮮やか

従来よりも色表現力が広がった「BT.2020」規格を採用。鮮やかな色彩が楽しめます。

色鮮やか
■細やかな色表現

階調表現が8bitから10bitに進化。きめ細やかで豊かな色彩を表現します。

細やかな色表現
■光の表現力

高輝度化技術「HDR(HLG)」※1に対応。従来のSDRに比べ、眩しい光や暗部のディテールまで表現します。

色鮮やか
■動きの情報量アップ

動きの情報量がさらに増え、スポーツやアクション映画など、動きの速い映像を滑らかに表示します。

動きの情報量アップ

新4K衛星放送で視聴できるチャンネル

現在のBS/110度CS受信環境(BS右旋)では、NHKおよび民放5局の合計6チャンネルが視聴できます。その他の4K放送については、設備の変更(BS左旋・110度CS左旋)が必要となります。

●放送局により放送開始日が異なります。有料放送は加入申し込みと契約が必要です。

新4K衛星放送の受信方法

【1】BSデジタル放送のアンテナで受信する(BS右旋)

現在、BSデジタル放送のすべてのチャンネルが正常に受信できていれば、4Kテレビ/4K対応テレビに4Kチューナーをつなぐことで、「BS右旋」のチャンネルを視聴できます。4Kビエラなら、すべてのモデルと接続ができます※2

●設置や交換が必要な機器等については、販売店にご相談ください。
●4Kチューナーでは、8K放送を受信することはできません。

<アンテナ端子からの接続例>
4Kチューナーをつなぐ
4Kチューナー TU-BUHD100

●「新4K衛星放送」に対応※3
●HDR(HLG)※4による広範囲な明暗表現
●4K放送のUSBハードディスク録画に対応※5
●4Kビエラのリモコン1つで、快適に操作※6
●Googleアシスタントなどによるスマート機能※7

4Kチューナー TU-BUHD100
おうちクラウドディーガ
4Kチューナー内蔵モデル DMR-SUZ2060

●「新4K衛星放送」に対応※3
●「新4K衛星放送」番組録画対応
●スマホで番組を録画予約・視聴する「おうちクラウド機能(番組)」
●番組ニュース記事から番組検索&録画予約
●Ultra HD ブルーレイ再生対応

4Kチューナー搭載ディーガ DMR-SUZ2060
【2】受信設備を改修する(BS右旋/BS左旋、110度CS左旋)

すべての新4K衛星放送「BS右旋/BS左旋、110度CS左旋」を受信するには、4Kチューナーの他、アンテナや壁面端子などの設備・機器の交換が必要です。

●設備工事、交換が必要な機器等については、販売店にご相談ください。
●4Kチューナーでは、8K放送を受信することはできません。

<アンテナ端子からの接続例>
受信設備を改修する

●すべての新4K衛星放送チャンネルを受信するにはSHマークのついたアンテナ設備(別売)や、新4K8K衛星放送対応のアンテナケーブル(別売)などが必要となります。
●SHマーク(スーパーハイビジョン受信マーク)は、BS/110度CS右左旋放送受信帯域に対し、スーパーハイビジョン衛星放送受信に適した機器の性能を証明するものです。

<設備改修について>

新4K8K衛星放送(左旋円偏波)では、新しく中間周波数帯が利用されます。各家庭で使われている受信設備の中には旧製品や不十分な施工などにより、中間周波数帯が漏洩することがあります。漏洩により、既存の無線LANなどへの干渉が起きかねません。電波漏洩による他の無線への干渉を防止するため、機器の交換など受信設備の改修を目的とした「中間周波数漏洩対策事業」が行われています。詳しくは下記をご覧ください。

ビエラなら…

4Kビエラは全シリーズ、4Kチューナー/4Kチューナー内蔵ディーガを接続するだけで※2、新4K衛星放送(右旋)を楽しめます。

4KチューナーBUHD100/4Kチューナー内蔵ディーガと4Kビエラは、HDMIで接続することで「ビエラリンク」に対応します。4Kビエラと連動して自動的に電源を入/切※8します。さらに、4Kビエラのリモコン1つで操作が可能。リモコンを持ちかえる手間がなく、快適に視聴ができます※6
また、4Kチューナー内蔵ディーガは「新4K衛星放送」の視聴だけでなく、放送画質そのままに内蔵ハードディスクへ録画可能※9※10です。

ビエラリンク
新4K衛星放送、4Kチューナーに関する「よくある質問」については、下記をご覧ください。

●BS4K/110度CS4KおよびBS/110度CSデジタル放送の受信には視聴する放送に対応した衛星アンテナおよび受信設備が必要です。
●詳しくは放送サービス高度化推進協会(A-PAB)のホームページやリーフレット等をご覧ください。

BS・110度CSによる4K・8K放送に関する一般的なお問い合わせ

※1 Hybrid Log-Gamma/ハイブリッド・ログ・ガンマの略。
※2 4KビエラTH-L65WT600との接続には、テレビ側がアップグレードサービスを実施いただいている必要があります。実施いただいていない場合はこちらからお問い合わせください。
※3 BS4K/110度CS4KおよびBS/110度CSデジタル放送の受信には視聴する放送に対応した衛星アンテナおよび受信設備が必要です。有料放送は加入申し込みと契約が必要です。8K放送、ワンセグ放送は受信できません。
※4 HDR(HLG)コンテンツをHDRで視聴するためには、HDCP2.2、4K/60p、HDR(HLG)に対応する機器や接続端子に接続してください。また、接続には別売の18Gbps対応HDMI®ケーブル(プレミアムハイスピードHDMI®ケーブルなど)をご使用ください。
※5 USBハードディスクは別売です。
※6 一部機能は本機のリモコンでの操作が必要です。
※7 OSにAndroid TV™を採用しています。一部機能のご利用には、インターネットの接続が必要です。FTTH(光)などのブロードバンド回線を推奨。プロパイダーや回線事業者との契約・使用料は別途必要です。
※8 事前に設定が必要です。
※9 「新4K衛星放送」およびBS/110度CSデジタル放送の受信には視聴する放送に対応した衛星アンテナおよび受信設備が必要です。有料放送は加入申し込みと契約が必要です。8K放送は受信できません。本製品は、株式会社ACCESSのNetFront Browser BE v2 DTV Profileを搭載しています。
※10 「新4K衛星放送」番組は、放送画質(4KDRモード)または従来のハイビジョン画質(1.5倍~15倍録モード)で録画可能です。従来のハイビジョン画質で録画する場合は、いったん放送画質(4KDRモード)で録画後に、指定した録画モードに変換します。 「新4K衛星放送」をハイビジョン画質(1.5倍~15倍録モード)に変換した録画番組は、字幕の入/切や、音声の切り換えはできません(字幕の入/切や音声種別は録画予約時に設定可能です)。  

●DMR-SUZ2060には、2018年から放送予定のBSによる8K放送の受信および録画機能は搭載されていません。
●Chromecast、Google、Android TV は Google LLC の商標です。
●画面はハメコミ合成のイメージです。
●シーン写真、機能説明写真はイメージです。
●製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。

記事カテゴリー一覧

おすすめコンテンツ

新4K衛星放送を見るには?