衣類スチーマー よくあるご質問

衣類スチーマーよくあるご質問 衣類スチーマーよくあるご質問
衣類スチーマーの使い方や、本体の不調など、ユーザーの方から寄せられる、よくあるご質問にお答えします。

使い方について

Q.1
Yシャツのシワがのびにくい。キレイにのばすコツは?

A.
●ハンガーが動かない安定した場所で使用してください。
●衣類の端を軽くひっぱりながら、本体をゆっくり滑らせるように繰り返し動かしてください。

【ここもポイント!】

Yシャツやブラウスの襟元の一番上のボタンや袖口のボタンを閉めると、引っ張りやすくなるので、よりシワが伸びやすくなります。

●衣類スチーマーはきっちり仕上げには向いていないので、綿100%で形状記憶タイプでないシャツを仕上げる場合は、衣類アイロンのご使用をおすすめします。

Q.2
シャツの袖や襟をキレイに仕上げる方法は?

A.
●袖口や襟部分を仕上げるときには、アイロン台やミトンを使って、衣類スチーマーのアイロン面でプレスしてください。

*プレスするときは、スチームを使用しないでください

Q.3
厚手の服のシワがのびにくい。しっかりのばすポイントは?

A.
●衣類の端を軽くひっぱりながら、本体をゆっくり滑らせるように繰り返し動かし、スチームをたっぷりあててください。

Q.4
どんな衣類にも使えるの?

A.
●衣類についている絵表示のアイロン記号をみて、衣類スチーマーを使えるか確認しましょう。下記表示の記号がついている衣類は衣類スチーマーをお使いいただけます。絵表示がない場合は、素材名に従い使用してください。

○衣類スチーマーを使えます

・混紡素材の場合は、低いほうの素材に合わせてください。
・「低温記号/中温記号」などの熱に弱い布地や色の濃い素材に使用する場合は、衣類を傷めるおそれがあるため目立たない所でためしがけをしてからご使用ください。

×衣類スチーマーを使えません

衣類スチーマーを使える衣類も、素材によってあて方にコツがあります

\衣類スチーマーのよくある失敗と正しい使い方を落語で紹介/

故障かな?

Q.5
スチームが少なかったり、出なかったりする

A.
●スチームボタンを押し続けてください。
●アイロン面の温度を一定に保つため、内部の温度調整器がはたらきます。その時スチーム量が変化します。また、室温や部屋の明るさによってスチームが見えないことがあります。

Q.6
スチームを利用しているときに、白い粉がでる

A.
●親水剤や水に含まれるミネラルなどが出たものです。それらは体に害がなく衣類から払うと取れます。

Q.7
使用中に、「ブッブッブッ」音や振動を感じる

A.
●タンクの水をポンプが引き込んでいる時に出る音や振動です。異常ではありません。

Q.8
本体を揺らすと「コツコツ」音がする

A.
●パイプがタンクにあたっている音です。異常ではありません。

Q.9
衣類が汚れる、茶色い水が出る

A.
●ジュースなどが残っている容器に入れた水を使用すると、衣類を汚す原因になります。専用カップのご使用をおすすめします。専用カップ以外の容器を使う場合は、きれいな容器を使用してください。

衣類スチーマー ラインアップ

NI-FS750

たっぷり使えてサッとシワとり タンク2倍モデル

*NI-FS550との比較。

ni-fs750商品写真

NI-FS550

手軽にサッとシワとり ベーシックモデル

ni-fs550商品写真

おすすめコンテンツ

衣類スチーマーの上手な使い方

使い方のコツや、衣類スチーマーを使える素材を紹介

衣類スチーマーの上手な使い方のバナーです。クリックするとサイトに遷移します