商品選びに迷っている方へ アイロン・衣類スチーマーの違い

「アイロン・衣類スチーマーの違い」のメイン画像です。 「アイロン・衣類スチーマーの違い」のメイン画像です。

家事の重鎮・スチームアイロン、手軽さが人気の新アイテム・衣類スチーマー。シワの伸ばし方が違うため、実は得意なアイテムも異なります。商品の違いを知って、あなたに合った使い方を見つけてください。

使い方の違い

スチームアイロン 衣類スチーマー
アイロン台を使用 ハンガーを使用
上からプレス! 立ててスチーム
衣類をアイロン台に広げて、上からプレス。 衣類をハンガーにかけたまま、スチームをあてる。

◆こんな使い方も!

スチームアイロン 衣類スチーマー
スチームアイロン:立てたり浮かせたりしている様子 衣類スチーマー:アイロン面を押しあてている様子
立てたり、浮かせたりして、スチームをあてる。 アイロン面を押しあてて、プレスする。

●機種により異なります。

シワが伸びるしくみ

スチームアイロン 衣類スチーマー
スチームアイロン イメージ図 衣類スチーマー イメージ図
熱と圧力でシワを伸ばす。
衣類にスチームの水分を与えることで、よりシワが伸びやすく。
スチームの熱と水分で、シワを伸ばす。
パリッとした仕上がりに。
ブラウス 仕上がりイメージ
立体的な仕上がり、きちんと仕上げに。
ふんわりしたブラウス、ジャケットの仕上がりイメージ

◆ パナソニックのスチームアイロン・WLシリーズなら!

「Wヘッドベース」で、アイロンを持ち替えずに前後左右スイスイかけられます。

【今までのベース面は…】先端の方向に進む、後ろに動かすと布地にシワがつきやすい
【Wヘッドベースは…】全方向に動かせる、後ろに動かしてもシワがつきにくい

WLシリーズ

Wヘッドベースでアイロンかけをラクに、キレイに。

WLシリーズ商品写真

◆ パナソニックの衣類スチーマーなら!

パナソニックなら立ち上がり約24秒

スピード立ち上がりなので、お出かけ前にサッと使えます。

すぐに着られる

仕上がりに配慮したこだわりのスチーム量で、スチーム残りが少なく、かけた後サラッと着られます。

イメージ画像

衣類スチーマー

ハンガーにかけたまま、サッとシワ・ニオイとり

衣類スチーマー商品写真

スチームの違い

スチームアイロン 衣類スチーマー
タンク容量が多く、スチームの持続力がある。 サッとかけるのに適したタンク容量。
たくさんの衣類を一度にケアできる。
たくさんの衣類 イメージイラスト
軽いので、垂直に持ち上げても、動かしやすい。
垂直に持ち上げて使用するイメージイラスト

◆ パナソニックのスチームアイロン・WLシリーズなら!

多彩なスチーム・スプレー機能で衣類をすばやくケアできます。

「ハイパワースチーム」

スカートのプリーツに

通常スチームの約4倍

「ハイパワーショット」

ニットをふんわり

通常スチームの約20倍

「ハンガーショット」

ハンガーにかけたまま、衣類の脱臭に

タバコ・飲食臭をスチームで脱臭

「マイクロスプレー」

麻・綿などのシワのばしに(NI-WL704のみ)

マイクロスプレー使用イメージ写真

◆ パナソニックの衣類スチーマーなら!

パナソニックだけスチーム噴射360°

衣類に対して平行に向け、360°どの方向からでも安定したスチームが出るので、利き手や、手の角度を気にせずにスチームをあてられます。

袖口にもあてやすい

右手でも左手でも気にせず使えて、安定したスチームが出続けます。

シャツ

得意なアイテム

スチームアイロンスチームアイロン

形状記憶ではないシャツの、パリッと仕上げ

Yシャツ

しっかり折り目をつけたいスラックス

スラックス

がんこなシワがついた麻や綿の衣類

麻ジャケット
衣類スチーマー衣類スチーマー

フリルシャツの立体仕上げ

フリルシャツ

ジャケットの立体仕上げ

ジャケット

ドレープのふんわり仕上げ

ワンピース

衣類の収納シワをとる

ポロシャツ

2台の使い分けもおすすめ!

シーンにあわせて、使い分け

【スチームアイロン】週末、まとめてケア【衣類スチーマー】出かける前にさっとケア

【お出かけ前、急いでいるとき】

気になったシワを、衣類スチーマーでパっとケア。忙しくても、身だしなみはばっちり。

【休日、時間のあるとき】

複数の衣類をまとめてアイロンがけ。量が多いときも、素早くしっかりプレス。

衣類にあわせて、使い分け

【スチームアイロン】ワイシャツをパリッと仕上げる【衣類スチーマー】おしゃれ着をふんわり仕上げる

【仕事のワイシャツ】

アイロンでパリッと仕上げ。

【プライベートのおしゃれ着】

衣類スチーマーでこなれたシルエットに。

商品ラインアップ

WLシリーズ

Wヘッドベースでアイロンかけをラクに、キレイに。

WLシリーズ商品写真

衣類スチーマー

ハンガーにかけたまま、サッとシワ・ニオイとり

衣類スチーマー商品写真

おすすめコンテンツ

アイロンかけのコツ

着こなしアップできるアイロンかけのポイントは?

アイロンかけのコツのバナーです。クリックするとサイトに遷移します

衣類スチーマーの上手な使い方

使い方のコツや、衣類スチーマーを使える素材を紹介

衣類スチーマーの上手な使い方のバナーです。クリックするとサイトに遷移します

※1 衣類スチーマーとして使用する場合。衣類アイロンとして使用する場合は通電ランプが赤点灯して約20秒後に使用可能。
※2 当社2017年発売NI-WL704・WL604・WL504の通常スチーム約3 g/分、ハイパワースチーム最大約13 g/分(11~13 g/分)。
※3 当社2017年発売NI-WL704・WL604・WL504の1ショットのスチーム量(0.5秒:0.53 g)と通常スチームのスチーム量(0.5秒:0.025 g)の比較。
※4 タバコ臭・飲食臭ついて(当社調べ)【試験方法】ニオイをつけた(タバコ臭:約30 Lの試験容器内で、タバコ臭を約16分間付着。飲食臭:約90 Lの試験容器内で、魚、肉を焼いたニオイを約10分間付着。)綿の生地に約10秒間スチームをあて、脱臭効果を6段階臭気強度法にて評価。【試験対象】衣類に付着したタバコ臭・調理臭【試験結果】タバコ臭:臭気強度1.2以上低下。飲食臭:臭気強度1.5以上低下。●脱臭はショット使用時のみ。●脱臭効果の感じ方には個人差があります。●臭気効果は、周囲環境(温度・湿度)、スチームをあてる時間、臭気・繊維の種類によって異なります。

●写真・イラストはイメージです。