220℃ 高温スチーム

メインビジュアルです。220℃高温スチームのイメージです。パナソニック独自技術 220℃高温スチーム。 高温加熱でお米の旨みを引き出し、閉じ込める。メインビジュアルです。220℃高温スチームのイメージです。パナソニック独自技術 220℃高温スチーム。 高温加熱でお米の旨みを引き出し、閉じ込める。

●このページでは、SR-VSX0シリーズの機能を中心に説明しています。(写真、イラストはすべてイメージです)

220℃高温スチーム搭載機種
VSX0シリーズ
VSX0シリーズの品番ページにリンクする画像です。
VSA0シリーズ
VSA0シリーズの品番ページにリンクする画像です。
STS0シリーズ
STS0シリーズの品番ページにリンクする画像です。
POINT:美味しく炊くためには、高温で加熱して旨(うま)みを閉じ込めることが大切です。

お米を美味しく炊くためには、炊き上げの段階から仕上げの段階まで、絶え間なく熱を加え続け、お米の旨(うま)みを閉じ込めることがポイント。220℃高温スチームなら高温で加熱して旨(うま)みを逃しません。

お米を美味しく炊く秘訣は、最後までしっかり加熱し続けること。

前炊き、炊き上げ、沸騰維持だけではなく、最後の追い炊き・蒸らしまで加熱し続けることがお米を美味しく炊く秘訣です。そこで、パナソニック炊飯器は、独自の220℃高温スチームを噴射し、最後までしっかりと加熱することを実現しました。

スチーム非搭載炊飯器(当社製品)では追い炊き・蒸らしの工程で水分が不足し、加熱するとお米が焦げやすく、満足に加熱できない。スチーム搭載炊飯器(当社機種 VSX0、VSA0シリーズでは、高温スチームを噴射することで、最後までじっくり加熱します。スチーム非搭載炊飯器(当社製品)では追い炊き・蒸らしの工程で水分が不足し、加熱するとお米が焦げやすく、満足に加熱できない。スチーム搭載炊飯器(当社機種 VSX0、VSA0シリーズでは、高温スチームを噴射することで、最後までじっくり加熱します。

高温スチームで表面をコーティングして、旨(うま)みを閉じ込める。220℃ 高温スチーム

追い炊き・蒸らしの工程で220℃の高温スチーム(過熱水蒸気)を釜の中に噴射して加熱。お米の芯まで熱を浸透させて、旨(うま)みを閉じ込めます。
220℃ 高温スチームのイメージ画像です。100℃スチームを生成し、IHヒーターによって加熱します。加熱された最高220℃のスチームを3つの穴から高速噴射し、お米の旨みをコーティングします。220℃ 高温スチームのイメージ画像です。100℃スチームを生成し、IHヒーターによって加熱します。加熱された最高220℃のスチームを3つの穴から高速噴射し、お米の旨みをコーティングします。

220℃高温スチームを動画でチェック!

高温スチーム加熱の仕上げ効果

お米の芯まで糊化。旨(うま)みを増やす。

還元糖量
ごはんの還元糖量を比較したグラフです。スチーム有で炊いたごはんは還元糖量が約6%アップします。

旨(うま)みでコート。ハリとツヤを出す。

炊き上がりのごはん表面拡大写真※2
炊き上がりのごはん表面拡大写真の比較画像です。スチーム無では余分な水分がごはんの表面に残っている状態に対して、スチーム有ではごはんの表面がきれいにおねばでコーティングされ、旨みが閉じ込められています。

水分を逃さず、冷めても美味しい。

24時間後の硬さ変化率
24時間後の硬さ変化率の比較グラフです。スチーム有で炊いたごはんは約10%硬くなりにくくなっています。
メニューに合わせて美味しく炊き分け。
スチームをベストな温度に自動でコントロールします。

炊込みごはんの風味を生かして炊き上げる

130℃。炊き込みご飯の画像です。

硬い雑穀や発芽玄米も柔らかく

150℃。雑穀米の画像です。

ごはんの甘みと弾力を引き出す

200℃*。白米の画像です。

ごはんにハリとツヤを与える。
硬い玄米もふっくら

220℃。玄米の画像です。

*SR-VSA0シリーズは、130℃・150℃・220℃の3段階。SR-STS0シリーズは130℃・220℃の2段階。

スチーム高速コース

*炊飯時間:24分~(VSX0/VSA0)、27分~(STS0))

蒸らし工程で220℃の高温スチームを噴射することで、粘りのあるもっちりとしたごはんを実現します。

もっちりとしたご飯のイメージ画像です。
炊飯時間そのままに、220℃高温スチーム噴射で、おいしさアップを実現
VS8シリーズとVSX0シリーズの炊飯工程における圧力変化を比較したグラフです。VSX0シリーズでは追い炊き・蒸らし工程で220℃スチームを噴射します。
一粒法によるごはんの弾力測定(J/㎥)
一粒法によるごはんの弾力測定の比較グラフです。VSX0シリーズは従来品のVSX8シリーズより、お米の中心の粘りが約15%アップします。

*STS0シリーズは圧力変化がございません。

スチーム保温[自動]

*スチーム保温は220℃高温スチームではありません。

保温開始後(約6・12時間後)にスチームを自動投入。ごはんのパサつきを抑え、保温ごはんのイヤなにおいも追い出します。

スチーム保温のイメージです。保温中のごはんにスチームを加えている様子を表しています。
保温時の水分量減少度(イメージ図)
保温時の水分量減少度を示したグラフです。約6・12時間後にスチームを自動投入することで、ごはんの水分量減少度が抑制されます。

スチーム再加熱[手動]

*スチーム再加熱は220℃高温スチームではありません。
*写真はVSX0シリーズです。

保温するごはんの量に合わせてスチームの中に投入。保温ごはんをアツアツにします。

スチーム再加熱を設定している様子を表した画像です。

その他の特長

うまさの違いは、パナソニック独自の炊飯工程

お米の味わいを引き出す独自技術が、真似できない美味しさをつくり出します。

パナソニック独自の炊飯工程のイメージ画像です。クリックすると、商品特長「うまさの違いは、パナソニック独自の炊飯工程」にリンクします。
鮮度センシング

鮮度に合わせて炊き分けて、一年中新米のようなおいしさに。

※ハリ・甘みのこと。

鮮度センシングのイメージ画像です。クリックすると、商品特長「鮮度センシング」ページにリンクします。
Wおどり炊き

お米を激しくおどらせて、ハリ・甘み・旨みのあるふっくらご飯に。

Wおどり炊きのイメージ画像です。クリックすると、商品特長「Wおどり炊き」ページにリンクします。
銘柄炊き分けコンシェルジュ

お好みのお米の銘柄に合わせて、自在に炊き分け。

銘柄炊き分けコンシェルジュのイメージ画像です。クリックすると、商品特長「銘柄炊き分けコンシェルジュ」ページにリンクします。
食感自在炊き分け

好みに合わせて炊き分けられます。

食感自在炊き分けのイメージ画像です。クリックすると、商品特長「食感自在炊き分け」ページにリンクします。
全面発熱6段IH&ダイヤモンド竈(かまど)釜

大火力IHと熱効率に優れた釜でお米の美味しさを最大限に引き出します。

全面発熱6段IH&ダイヤモンド竈釜のイメージ画像です。クリックすると、商品特長「全面発熱6段IH&ダイヤモンド竈釜」ページにリンクします。
使いやすさ

毎日の暮らしにうれしい工夫。

使いやすさのイメージ画像です。クリックすると、商品特長「使いやすさ」ページにリンクします。

●医療用ペースメーカー等をお使いの方は、医師とご相談ください。
●圧力式炊飯器は内部が高圧になるため、取り扱いを誤ると危険です。取扱説明書をお読みのうえ、正しくお使いください。

※1:(当社調べ)※同一仕様筐体スチーム有と無で還元糖量を比較(VSX0 1.0L 3合炊飯時)
※2:(当社調べ)※同一仕様筐体スチーム有と無で比較 (VSX0  1.0L 3合炊飯時)
※3:当社従来品SR-VSX108(2018年発売)とSR-VSX109(2019年発売 新製品SR-VSX100と同等製品)で比較。2018年度産コシヒカリ使用。株式会社山電製クリープメータによる一粒法によるごはん中心の付着性を測定。SR-VSX108:11130J/m3に対して、SR-VSX109:12853J/m3