パナソニック・ホーム 個人向けトップ > デジタル・AVC > テレビ ビエラ > テレビの楽しみ方 > テレビやレコーダーの設置や設定、引越しの時はどうすればいいの!?

テレビやレコーダーの設置や設定、引越しの時はどうすればいいの!?

投稿日:2016年1月 8日 |
| |

テレビやレコーダーなどを買った時はお店の人に設定してもらったけど、引越し先でテレビを繋げたらうまくできない...こんなことありませんか?
引越し先でも困らないように、引越し前後の接続・設定方法を知っておきましょう。

まずは、引越し前の整理が大事

テレビにレコーダーやシアター、アンプ、スピーカー、ゲーム機と色々繋いでいた場合は、元の接続に戻すのも一苦労。 でも、ちょっとした工夫で引越し後も簡単に接続ができますよ!

ケーブルを抜く前にタグをつけよう

まずは、テレビ本体の主電源を切ります。
次にセロハンテープか、今流行のマスキングテープなどを用意。
ガムテープは、はがす時に跡が残ったりするので避けましょう。

端を折り曲げておくとはがすときに便利

テープを2枚、長めに切ってそれぞれに同じ番号を書きます。
マスキングテープなら同じ柄同士でもOK!はがしやすい様に両端を少し折り曲げておくと便利です。

1枚をケーブルに巻きます。
もう1枚を端子部に貼ります。

この作業をケーブルの左右それぞれにすれば作業は完了。接続するときは番号に合わせて繋いでいくだけです。
B-CASカードは抜けないように軽くテープで止めるか、抜いて取扱説明書と同じ場所に保管しましょう。

ケーブルや取扱説明書などは、まとめて同じ袋などに

はずしたケーブル類は丸くなるように束ねます。ただし、束ねる際に輪ゴムを使うと変形したり、無理な力がかかって断線する場合があります。結束用の針金でまとめたり、100円ショップなどで売っているチャックパックの袋に入れましょう。まとめたものはテレビの背面に貼り付けておくと、失う可能性が低くなります。

≪豆知識≫

購入時にテレビが入っていた箱一式、捨てずに残していますか?
テレビの箱は緩衝材を含め、輸送に適したものになっています。置き場所に余裕があれば残しておきましょう。特に転勤族の方、学生さんにはオススメします。
テレビを入れる元の箱を捨てた場合は、引越し業者に梱包してもらう、または毛布などでしっかりとくるみます。運ぶ際にテレビを横にすると、画面に負荷がかかります。テレビは縦にして運びましょう。

手軽に設定!ビエラなら画面の指示に従うだけ!

引越し後、テレビも設置できたら受信やインターネット設定をしましょう。ビエラなら「かんたん設置設定」で、手軽に再設定ができます。リモコンのメニューボタンを押して、機器設定の中から「かんたん設置設定」を選びます。

地域、チャンネル設定

テレビを受信するには、まずこの項目から。
設定に必要なものは「郵便番号」「都道府県名」「電話の市外局番」です。入力後は画面に従って進んでください。

郵便番号
地域
電話の市外局番

チャンネル設定は、地上デジタル放送(UHF)かケーブルテレビ(全帯域)かによって変わります。おうちの視聴環境にあわせて選んでください。

ネットワークの設定

インターネットを使う場合に、この項目から設定します。
基本的には「かんたん設定」を選ぶだけでビエラが自動接続します。

かんたん設定
接続完了

うまくいかない場合は、下記サポートをご覧ください。

B-CASカードのテスト

もし、テレビがうまく映らない場合は、ケーブル類の接続をよく確認し、それでも改善されない場合はB-CASカードをテストします。
異常があれば、新しいB-CASカードが必要です。

設置設定
B-CASカードテスト

ちょっと迷った時は電子説明書を使おう!

取扱説明書が行方不明、インターネットも繋がっていない...そんな場合は、テレビ本体に入っている電子説明書(ビエラ操作ガイド)を使うと便利です。
使い方はテレビの電源を入れてリモコンの内フタ内にあるガイドボタンを押して表示、あとは十字キーで操作するだけです。
検索ができるので知りたいことがすぐにわかりますよ。

これで、引越し先での設定は完了です。
難しそうに見えますが、順番どおりに進めていけば10分ほどで終わります。一度覚えてしまえば、新しいテレビを購入した時などに便利ですよ。他にも画質設定など細かい調整もできます。

引越しはお手入れのチャンス!テレビをキレイにしよう!

引越し直後はホコリが舞ったりして、設置した電化製品が汚れやすくなります。お部屋全体を掃除するなら、ついでにテレビもキレイにしてみませんか?
お手入れ方法を動画でご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

最後に大事なことをひとつ。設置の際は地震による転倒防止対策を忘れずに!

  • ●画面はCX800シリーズのものです。機種によって、画面や設定方法が異なる場合があります。
    詳しくはこちらをご覧ください。
  • ●画面はハメコミ合成のイメージです。
  • ●シーン写真、機能説明写真はイメージです。
  • ●製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。

最新の投稿

人気記事ランキング

Panasonic Japan
公式アカウント

  • Audio & Visual公式Facebook
  • PanasonicJapan(パナソニック公式)
  • パナソニックGoogle+ページ
  • 公式twitter
当サイトについて
「テレビの楽しみ方」は、テレビを中心としたデジタル家電に関して「やりたいこと」「わからないこと」の解決をお手伝いするサイトです。AV家電の疑問解決に、ぜひお役立てください!