SDメモリーカードの魅力
文字サイズ変更ボタン
標準フォントサイズ 拡大フォントサイズ 著作権保護機能“CPRM”
SDカードは著作権保護機能CPRM技術で、不正コピーを防いでいます。そのため、著作権保護のデータ(ここの場合SD-Audioデータ)を扱うには、著作権保護に対応した機器を使用する必要があります。
著作権保護機能“CPRM”図
PCのSDスロットが、著作権保護に対応していない場合は、対応のリーダーライター等を使用してください。

※CPRM(Content Protection for Recordable Media)技術は、DVDで培った強固なセキュリティー技術を拡張してSDに応用された技術のことで4C(IBM、インテル、東芝、パナソニック)によるライセンスのことです。
SDカードの構造と著作権保護の概念
SDカードの構造と著作権保護の概念図
SDカードは、通常のアプリケーションからはアクセスできない隠し領域(認証領域)を設け、そこで著作権情報を管理することによりコンテンツを保護しています。
著作権保護機能“CPRM”のしくみ
著作権保護機能“CPRM”のしくみ「記録」
ホスト機器は、機器のデバイス鍵を使い、SDカードの鍵束、メディアIDよりSDカードのメディア固有鍵を算出。相互認証後、コンテンツを暗号化する鍵を作成し、コンテンツを暗号化し、通常領域に格納します。コンテンツを暗号化する鍵はメディア固有鍵で暗号化され、認証領域に格納されます。
著作権保護機能“CPRM”のしくみ「再生」
ホスト機器は、機器のデバイス鍵を使い、SDカードの鍵束、メディアIDよりSDカードのメディア固有鍵を算出。相互認証後、メディア固有鍵で暗号キーを復号化します。復号されたコンテンツを暗号していた鍵は暗号化コンテンツを復号化します。
CPRMによるコンテンツ・コピー防御
CPRMによるコンテンツ・コピー防御図
仮にPCでコピーしようとしても、SDカードに記録されている、再生に必要な「鍵」が複製できないため、コピーしても、コピー先で再生ができない仕組みになっています。
閉じる