眠っている赤ちゃん

記念日が増えている!?赤ちゃんのお祝い行事・最新事情

2017年6月6日

赤ちゃんが誕生し、すくすくと成長する様子はずっと見ていたいし、思い出としてしっかり残しておきたいもの。最近では、SNSにアップしている人も多くなりました。特に赤ちゃんの誕生から1歳までは、日々の成長記録はもちろん、きちんと残しておきたい行事が盛りだくさん!さらに昔よりもお祝いの数が増えているのをご存知でしょうか?1年の間にどんな行事があるのかを見ていきましょう。

どんなイベントがあるの?

お宮参り

まずは、代表的な行事をご紹介します。誕生から7日目に行う「お七夜(おしちや)」をはじめ、直前の準備では慌ただしくなるものも。事前に確認しておくと安心です。

お七夜
誕生から7日目の夜に、命名書を飾り赤ちゃんの健やかな成長を願って行うお祝い。
お宮参り
氏神さまに誕生から1か月目の奉告とお礼、そして今後の健やかな成長を祈願。「初宮詣(はつみやもうで)」「産土参り(うぶすなまいり)」とも呼びます。
お食い初め(おくいぞめ)
生後100日目に“食べ物に一生困らないように”との願いからお膳を用意し、赤ちゃんに食べ物を食べる真似をさせる儀式を行います。「百日(ももか)の祝い」や、乳歯が生え始める時期なので「歯固め」、初めてお箸を使うことから「箸揃え」「箸始め」とも呼びます。
初節句
最初に迎える節句。男の子ならば端午の節句(5月5日・こどもの日)、女の子ならば桃の節句(3月3日・ひな祭り)にお祝いをします。
初誕生日
初めての誕生日を祝うとともに、元気で強い子に育つようにとの願いから“一生餅(いっしょうもち)”を赤ちゃんに背負わせたり、踏ませたりします。地域によってその方法はさまざまです。

これらの恒例行事に加えて、最近では以下のようなお祝いや記念撮影を行う人も増えています。いずれも赤ちゃんの思い出に彩りを添えてくれるものばかりです。

ニューボーンフォト
お母さんのおなかにいたときの状態がまだ色濃く残る生後3週間以内に撮影します。赤ちゃんの体を丸めた愛らしくも無垢な姿はとても神秘的です。欧米ではポピュラーなニューボーンフォトですが、近年は日本でも浸透してきています。生まれたままの姿で、またはふわふわの布に包んで、かわいらしいコスチュームを着せて…などこの貴重な時間を撮影する人が増えています。
ニューボーンフォト
ハーフバースデー
生後6か月目をお祝いする記念日です。6か月を迎えると、赤ちゃんは表情が豊かになるだけでなく、はいはいやお座りなどができるようになります。そんな赤ちゃんの成長と、“元気に育ってくれてありがとう”の気持ちを込めて記念撮影を。SNSではバルーンやペーパーアートなどで飾り付けた部屋でお祝いの撮影をして投稿する方も増えています。
ハーフバースデー
○か月・○日記念日
生後100日や1か月、2か月など、節目の日に成長記録を残します。中でも話題を呼んでいるのがオムツアート。「〇か月」の数字と文字をオムツを並べて形作り、赤ちゃんと撮影すると可愛らしいアート写真の完成です。ほかにもフィンランド人女性がSNSにアップしたことで広まった寝相アートをはじめ、同じポーズでお母さんが抱っこ、同じ椅子やソファで、など毎月撮影することで赤ちゃんの成長の変化を記録することできます。
オムツアート

さらに、初めて笑った、寝返りをした、立った、歩いたといった記念の瞬間や、赤ちゃんらしい仕草や、お昼寝の様子、なんでもない日常の様子も大切な思い出になります。また、写真だけでなく、ぜひ動画も残しておきましょう。赤ちゃんらしい動きや泣き声が残せるのは動画ならではの魅力。写真では難しい“はじめて”の瞬間も、動画ならば慌てません。思いもよらない感動の瞬間に出会えるかもしれませんよ。

成長を残すなら、ビデオカメラがおすすめ!

ビデオカメラ

こうした記念の数々をキレイに残したいならば、スマートフォンよりも断然ビデオカメラがおすすめ。パナソニックのビデオカメラには、大切な思い出をキレイに残せる機能が盛りだくさんです。

大画面のテレビに映しても美しい4Kの高画質は、肌の質感まで細やかに撮影できます。もちろん4K動画からその瞬間を切り出して写真に残すこともできる1台2役。手ブレも傾きも抑えてくれる補正機能があるので、くるくると瞬時に変わる赤ちゃんの表情も動きも、動画からならばその瞬間を逃しません。また、パナソニックならではの機能が「ワイプ撮り」。赤ちゃんだけでなく、その姿を見守る自身の表情も一緒に撮れるので思い出も2倍になりそうです。

さらに、ブルーレイディスクレコーダー「DIGA」と連携すれば、撮影動画が保存されたSDカードを挿すだけでどんどんストック可能。スマホやタブレットからもDIGAにアクセスできるので、外出先で親戚や友人、同僚とも一緒に動画を楽しむことができます。

これらの動画撮影から編集までが簡単操作でできるビデオカメラ。家族の思い出を残していくことがもっともっと楽しくなりそうですね。

子どもの成長はあっという間。楽しい思い出をたくさん残そう

子どもの成長はあっという間

赤ちゃんの時期だけでなく、子どもの成長はあっという間。だからこそ、ちょっとした日常生活から記念日、行事に至るまでたくさんの成長記録を残してあげましょう。大きくなったら一緒に思い出の動画を楽しむのも素敵ですよね。子どもが大きくなった頃には、4Kはもちろん、さらに高画質の8Kが当たり前の時代になっていきます。せっかく残した思い出が、画質が悪くて残念な思い出とならないように、できるだけ今一番キレイな4Kで大切な時間を撮影しておきませんか。