ナノイーX搭載「エオリア」のここがスゴイー

ナノイーX搭載「エオリア」のここがスゴイ―ナノイーX搭載「エオリア」のここがスゴイ―

水から生まれた次世代健康イオン「ナノイーX」で
お部屋の空気をすこやかに。

パナソニックの「エオリア」がお部屋の空気をきれいにできるのは、「ナノイーX」を搭載しているから。
水から生まれた次世代健康イオン「ナノイーX」が、カビ菌や花粉など空気中のさまざまな汚染物質を抑制。さらに、美肌・美髪効果まで。
家族が触れる、呼吸する空気をすこやかにします。

*:約6畳空間での、〈浮遊菌〉約4時間後〈付着菌〉約8時間後の効果です。※G1

「ナノイーX」の特長

長寿命だから、
広範囲に届きやすい

一般的な空気イオン(マイナスイオン)の寿命は、数十秒~100秒ですが、「ナノイー」の寿命は約6倍の約600秒(当社調べ)。
水に包まれているため寿命が長く、しっかり広範囲に届きます。

約600秒

一般的な空気イオンより、
うるおいたっぷり

「ナノイー」は、ナノメートルサイズの微細なイオン。
一般的な空気イオン(マイナスイオン)の約1,000倍※G2(体積比)の水分に包まれています。

水分量約1000倍(体積比)

OHラジカルが
「ナノイー」の10倍※G3

「ナノイーX」はOHラジカルの量が「ナノイー」の10倍※G3に。
よりすばやくより強力に除菌し、きれいな空気を保ちます。

OHラジカル量10倍

■「ナノイーX」が空気の汚れを抑制するしくみ

①ナノイーXが的確に菌まで届く

②OHラジカルが菌のたんぱく質を変性

③菌を抑制

■CM動画をチェック!

■「ナノイーX」についてもっと詳しく知りたい方はこちら

ナノイー・ナノイーXの基礎知識のページにリンクしています。ナノイー・ナノイーXの基礎知識のページにリンクしています。

*:約6畳空間での、〈浮遊菌〉約4時間後〈付着菌〉約8時間後の効果です。※G1
※G1:〈浮遊菌〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳)において菌を浮遊させ空気中の菌数を測定【除菌の方法】「ナノイー」を放出【対象】浮遊した菌【試験結果】約4時間で99%以上抑制(北生発24_0301_1号)。〈付着菌〉【試験機関】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させた菌数を測定【除菌の方法】「ナノイー」を放出【対象】付着した菌【試験結果】約8時間で99%以上抑制(2013年6月14日、第13044083003-01号)。(試験はそれぞれ1種類のみの菌で実施)
※G2:一般的な空気イオン(代表的な粒子径:1.3nm)と「ナノイー」(代表的な粒子径:13nm)との比較。(当社調べ)
※G3:「ナノイー」:毎秒4,800億個と、「ナノイーX」:毎秒4兆8,000億個との比較。ESR法による測定。(当社調べ)

「エオリア」×「ナノイーX」はここにツヨイー

「カビにツヨイー」にアンカーリンクします
「ニオイにツヨイー」にアンカーリンクします
「花粉にツヨイー」にアンカーリンクします
「PM2.5にツヨイー」にアンカーリンクします ※芳香族カルボン酸(安息香酸)、アルカン(ヘキサデカン)
「アレル物質にツヨイー」にアンカーリンクします
「菌・ウィルスにツヨイー」にアンカーリンクします
「肌・髪にツヨイー」にアンカーリンクします
カビにツヨイーカビにツヨイー

家庭で発生するおもなカビ菌を抑制!※1

実証

ご家庭で発生するおもなカビ菌
(8大カビ)を抑制※1

エアコンの中やお部屋で発生すると言われる8大カビを抑制。※1
エアコンの中や住空間のカビ菌対策ができます。

お部屋の隅や窓際、カーテン・ラグなどの布製品類、水場のまわりから古いエアコンの中まで。専門家によると、住空間には8種類ものカビ菌が発生すると言われています。
カビ菌にも強い「ナノイーX」は、この8種類のカビ菌を抑制※1できることを確認。住空間のカビ菌対策ができます。

家庭で発生するおもなカビ8種の画像です。

一見キレイなお部屋にも…

清潔そうに見えるお部屋のイメージ画像です。

カビ菌の発生しやすい場所がこんなに!

カビの発生しやすい場所を示したイメージ画像です。

家庭で発生するおもなカビ菌に効果

この8種で、家庭内に発生するカビ菌(酵母を除く)の90%以上を占めています。この8種を検証すれば、家庭で発生するおもなカビ菌に効果があるといえるでしょう。 

病原微生物の専門家
大阪府立大学 獣医感染症学 向本 雅郁 教授

ニオイにツヨイーニオイにツヨイー

生活5大臭すべてに効果!タバコ臭もスピード脱臭*1

スチームより微細な「ナノイー」は繊維の奥まで入り込むので、脱臭*1に高い効果を発揮。OHラジカルが10倍※2になった「ナノイーX」は、脱臭スピード(タバコ臭)も10倍に*2。より高い脱臭効果を実感できます。

*1:約6畳空間での約12分後の効果です。※3 (脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。 タバコの有害物質(一酸化炭素など)は除去できません。常時発生し続けるニオイ成分(建材臭・ペット臭など)は、すべて除去できるわけではありません。)
*2:「ナノイー」:約120分で臭気強度1.2低減と、「ナノイーX」:約12分で臭気強度2.4低減との比較(当社調べ)。

生活5大臭

タバコ臭

ペット臭

焼肉臭

生乾き臭

汗臭

■タバコ臭は10倍*2速く脱臭できる*1

「ナノイーX」なら、約12分でタバコ臭の臭気強度を2.4低減。

(臭気強度が「1」下がるとは、90%の低減に相当。臭気強度「1」は、「やっと感知できる非常に弱いニオイ」のレベルです。)

花粉にツヨイー花粉にツヨイー

日本全国の花粉を1年中、無力化*3

「ナノイーX」は、地域や季節に関係なく日本中、一年中飛散する花粉(下記12種)を無力化*3します。
衣類や髪に付着してお部屋に入り込んでしまう花粉を無力化し、お部屋の空気をクリーンに保ちます。

*3:約6畳空間での約24時間後の効果です。※4

日本全国のおもな花粉

スギ

ヒノキ

カモガヤ

ブタクサ

ススキ

シラカンバ

ヨモギ

オリーブ

ビャクシン

モクマオウ

ハンノキ

オオアワガエリ

カナムグラ
日本全国の花粉の分布図です。日本全国の花粉の分布図です。

■おもな花粉の飛散カレンダー

月ごとの花粉飛散を示したグラフです。月ごとの花粉飛散を示したグラフです。

(花粉の飛散については、地域・年度によって異なります。複数の地域で飛散する花粉の時期は関東地方を代表で記載しております。)

PM2.5にツヨイー ※芳香族カルボン酸(安息香酸)、アルカン(ヘキサデカン)PM2.5にツヨイー ※芳香族カルボン酸(安息香酸)、アルカン(ヘキサデカン)

PM2.5に含まれるとされる有害物質を抑制*4

大気汚染物質PM2.5の含有成分とされる、芳香族カルボン酸(安息香酸)、アルカン(ヘキサデカン)の分解に効果があることを検証しました。*4
ぜんそくや気管支炎などのリスクを上昇させると考えられているPM2.5を抑制して、お部屋の空気をキレイに保ちます。

*4:約6畳空間での約24時間後の効果です。※5

アレル物質にツヨイーアレル物質にツヨイー

ダニや真菌など主要なアレル物質*5の抑制を実証

OHラジカルが10倍※2になった「ナノイーX」は、主要なアレル物質を抑制*5できるようになりました。

●実使用空間での実証結果ではありません。実際の効果は、お部屋の状況やご使用方法によって異なります。
*5:約6畳空間での、約24時間後の効果です。※6

■実証済みアレル物質

ダニ

コナヒョウヒダニ・ヤケヒョウヒダニ

樹木花粉

スギ・ヒノキ・ハンノキ・シラカンバ

草木類花粉

カモガヤ・オオアワガエリ・ブタクサ・ヨモギ

真菌

アルテルナリア(ススカビ)・アスペルギルス(コウジカビ)・カンジダ・マラセチア

動物

イヌ(フケ)・ネコ(フケ)

昆虫

ゴキブリ・ガ

菌・ウイルスにツヨイー菌・ウイルスにツヨイー

*6やウイルス*7を除菌、抑制

空気中に浮遊・付着する菌*6やウイルス*7を包み込んで、活動を抑制します。

*6:約6畳空間での、〈浮遊菌〉約4時間後〈付着菌〉約8時間後の効果です。※7
*7:約6畳密閉空間での、〈浮遊ウイルス〉約6時間後、〈付着ウイルス〉約2時間後の効果です。※8

肌・髪にツヨイー肌・髪にツヨイー

美肌効果*8

湿度20%アップと同等のうるおいをお肌にもたらします※9

*8:約4週間後の効果です※9。 加湿するわけではありません。

美肌のイメージ

美髪効果*9

髪の水分量を均一にすることで、髪のうねりを抑えます※10

*9:約12畳空間での約4週間後の効果です※10

美しい髪のイメージ

●美肌効果/美髪効果は、季節・周囲環境(温度・湿度)、使用時間、個人によって異なります。

さまざまな暮らしのシーンに広がる、「ナノイー」技術

電車や自動車に「ナノイー」技術が採用されています。車内の空気のさまざまな汚れを抑制し、清潔で快適な空間をつくっています。

■JRや私鉄の公共交通機関で採用中

JR東日本 山手線車両
E235系に搭載

京阪電車 有料特別車両
「プレミアムカー」に搭載

JR九州 「ななつ星 in 九州」の全室に導入

■トヨタ自動車36車種に拡大展開中(2019年1月現在)

エアコンで初めて「日本アトピー協会推薦品」マークを取得

アトピー・アレルギー患者さんにとって有益であろうさまざまな商品に対して発行される「日本アトピー協会推薦品」マークを取得。
「ナノイーX」によりカビなど空気中の汚染物質を抑制し、安心して過ごせる空間を目指します。

日本アトピー協会推奨品マーク

ナノイーX搭載 19年度モデルはこちら

NEW WXシリーズ

省エネ性に優れたプレミアムモデル

19年度 WXシリーズの画像です。クリックすると19年度 WXシリーズの品番ページにリンクします。
NEW Xシリーズ

AI先読みができる空気清浄機能搭載モデル

19年度 Xシリーズの画像です。クリックすると19年度 Xシリーズの品番ページにリンクします。
NEW AXシリーズ 

省エネ性にこだわったシンプルな高性能モデル

19年度 AXシリーズの画像です。クリックすると19年度 AXシリーズの品番ページにリンクします。
NEW EXシリーズ 

フィルターお掃除搭載ながら奥行きコンパクトモデル

19年度 EXシリーズの画像です。クリックすると19年度 EXシリーズの品番ページにリンクします。
NEW GXシリーズ 

フィルターお掃除搭載ながら高さコンパクトモデル

19年度 GXシリーズの画像です。クリックすると19年度 GXシリーズの品番ページにリンクします。
NEW Jシリーズ 

「ナノイー X」搭載 スタンダードモデル

19年度 Jシリーズの画像です。クリックすると19年度 Jシリーズの品番ページにリンクします。

●設置環境、使用状況により効果は異なります。
●写真、イラストはすべてイメージです。
※1:【試験機関】(一社)カビ予報研究室 【試験方法】25㎥(約6畳)、室温25℃、湿度70%の試験室にて、エアコン内部にカビセンサーを設置、1日3時間の冷房運転後に「オートクリーンシステム」ありとなしの条件において、7日後のカビの菌糸長を比較 【抑制の方法】オートクリーンシステム(「Ag+除菌」フィルター、フィルターお掃除ロボット、ホコリレスコーティング(熱交換器)、防汚・防カビコーティング(送風ファン)、内部クリーン(「ナノイー X」放出)、カビみはり)【対象】エアコン内部に付着したカビ【試験結果】カビセンサーのカビ8種類の成長が抑制されることを確認(報告書No. 180301、180302)。
※2:「ナノイー」:毎秒4,800億個と、「ナノイーX」:毎秒4兆8,000億個との比較。ESR法による測定。(当社調べ)
※3: 【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)において6段階臭気強度表示法により検証【脱臭の方法】「ナノイー」を放出【対象】付着したタバコ臭【試験結果】約12分で臭気強度2.4低減。
※4:花粉の代表格であるスギ花粉において、花粉に含まれるアレル物質を無害な物質へ99%以上変性。【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター 【試験方法】試験室(約6畳)内で、布に付着させたアレル物質をELISA法で測定【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】花粉(スギ)【試験結果】約8時間で97%以上抑制、約24時間で99%以上抑制(4AA33-151001-F01)。【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)で電気泳動法による検証【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】花粉(スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ススキ・シラカンバ・ヨモギ・オリーブ・ビャクシン・モクマオウ・ハンノキ・オオアワガエリ)【試験結果】約24時間で低減効果を確認(No.4AA33-151015-F01、4AA33-151028-F01、No.4AA33-160601-F01、4AA33-160601-F02、4AA33-160701-F01)。
※5:【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳の試験室内で付着した有機物量を測定【抑制の方法】「ナノイー」を放出【試験結果】〈芳香族カルボン酸:安息香酸〉約4時間で99%以上分解〈 アルカン:ヘキサデカン〉約24時間で99%以上分解(Y15MK125、Y15MK134)。
※6:【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)内で電気泳動法による検証【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】アレル物質(ヤケヒョウヒダニ・アルテルナリア・アスペルギルス・カンジダ・マラセチア・ゴキブリ・ガ・イヌ・ネコ)【試験結果】約24時間で低減効果を確認(4AA33-160615-F01、4AA33-160615-F02、4AA33-160615-F03、4AA33-160615-F04)。
※7:〈浮遊菌〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳)において菌を浮遊させ空気中の菌数を測定【除菌の方法】「ナノイー」を放出【対象】浮遊した菌【試験結果】約4時間で99%以上抑制(北生発24_0301_1号)。〈付着菌〉【試験機関】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させた菌数を測定【除菌の方法】「ナノイー」を放出【対象】付着した菌【試験結果】約8時間で99%以上抑制(2013年6月14日、第13044083003-01号)。(試験はそれぞれ1種類のみの菌で実施)
※8:〈浮遊ウイルス〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター 【試験方法】試験室(約6畳密閉空間)においてウイルスを浮遊させ空気中のウイルス感染価を測定 【抑制の方法】「ナノイー」を放出 【対象】浮遊したウイルス 【試験結果】約6時間で99%以上抑制(北生発24_0300_1号)。〈付着ウイルス〉【試験機関】ホーチミンパスツール研究所 【試験方法】試験室(約6畳密閉空間)においてウイルスを布に付着させウイルス感染価を測定【抑制方法】「ナノイー」を放出 【対象】付着したウイルス 【試験結果】約2時間で99%以上抑制。(2017年7月24日 Accreditation No.VILAS Med 014)。(試験は1種類のみのウイルスで実施)
※9:4週間後の効果です。【試験機関】(株)エフシージー総合研究所【試験方法】二重盲検法 40±2歳の女性10名 11月~12月の4週間、エアコンとナノイー発生装置を連動させて運転。
※10:約12畳空間での効果です。【試験機関】パナソニック(株)解析センター【試験方法】試験室(12畳)。室温25℃、湿度40%。毛束(6束)をナノイー発生装置から2 mの場所に吊り下げ。ナノイー発生装置運転8時間、停止16時間を繰り返し【美髪の方法】ナノイーを放出【対象】毛髪。