NEW 新ナノイーX搭載エアコン「エオリア」の特長

ナノイーX搭載「エオリア」のここがスゴイ―ナノイーX搭載「エオリア」のここがスゴイ―

ナノイー史上、最大量のOHラジカルを含む新ナノイーXで、お部屋の空気の有害物質を抑制*1し、エアコン内部も清潔にキープします。

*1:約6畳密閉試験空間での〈浮遊菌〉約4時間後〈付着菌〉約8時間後、※1〈浮遊ウイルス〉約6時間後〈付着ウイルス〉約2時間後※2 の抑制効果です。約8畳試験空間での〈カビ菌〉約2時間後※3の抑制効果です。約6畳試験空間での〈花粉〉約3時間後、※4〈ニオイ〉約15分後、※5〈PM2.5〉約12時間後、※6〈アレル物質〉約6時間後※7の抑制効果です。数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。

ナノイーXで、様々な有害物質を抑制*1

効果ボールの画像です効果ボールの画像です

ナノイーX搭載エアコンは、冷暖房・換気しながら、菌・ウイルス、花粉、カビなどの有害物質を抑制*1します。

新ナノイーXなら、花粉、ニオイの抑制スピードがアップ!*2(当社比)

花粉(スギ)を約3時間で抑制。従来と比べて抑制時間が1/4倍※4になりました(99%抑制するまでの時間)。(当社比)

ニオイ(加齢臭)を約15分で脱臭。従来と比べて脱臭時間が1/4倍※5になりました(臭気強度差1以上で臭気強度2.5以下に脱臭するまでの時間)。(当社比)

OHラジカルが菌の水素を奪って除菌*3します

除菌プロセスの画像です除菌プロセスの画像です

*1:約6畳密閉試験空間での〈浮遊菌〉約4時間後〈付着菌〉約8時間後、※1〈浮遊ウイルス〉約6時間後〈付着ウイルス〉約2時間後※2 の抑制効果です。約8畳試験空間での〈カビ菌〉約2時間後※3の抑制効果です。約6畳試験空間での〈花粉〉約3時間後、※4〈ニオイ〉約15分後、※5〈PM2.5〉約12時間後、※6〈アレル物質〉約6時間後※7の抑制効果です。数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。
*2:約6畳試験空間での抑制効果の比較です。〈花粉〉ナノイーX(9.6兆):約12時間後、ナノイーX(48兆):約3時間後、※4〈ニオイ〉ナノイーX(9.6兆):約60分後、ナノイーX(48兆):約15分後。※5 数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。
*3:約6畳密閉試験空間での〈浮遊菌〉約4時間後〈付着菌〉約8時間後の抑制効果です。※1実際の使用空間での試験結果ではありません。

ナノイーXによる「エオリア」の清潔機能

新ナノイーXが冷房・暖房時に、お部屋の空気中の有害物質を抑制*1

NEW 新ナノイーX クリーン冷暖

ナノイーXの抑制スピードがアップ!*2(当社比)冷房・暖房しながらナノイーXを同時に放出。お部屋に潜む菌・ウイルス※1※2やカビ菌※3、そして花粉※4などの、目に見えないさまざまな有害物質を抑制*1します。

赤ちゃんが冷房の風を浴びている画像です
家族がリビングで暖房をかけている画像です
NEW 換気送風(LXシリーズのみ)

冷暖房が不要な時期も、運転停止中に「換気」ボタンを押せば、換気しながらナノイーXが大量に放出されます。

※「給気量(強)」の場合。消費電力量60Wh、1回あたりの電気代1.62円。新電力料金めやす単価27円/kWh(税込)で計算。ご使用条件等により変わることがあります。 
 

リモコンの画像です。ワンボタンで「換気」も「ナノイーX」も。1時間の電気代最大約1.6円。

新ナノイーXがエアコン室内機内部のカビ菌を除菌※8*4

NEW 新ナノイーX 内部クリーン

運転後は自動*5でスタート、効果の決め手OHラジカル量がたっぷり増えた、新ナノイーXをすみずみまで充満させ、自動で清潔をキープします。

*4:生えてしまったカビを除去する機能ではありません。設定を「送風自動」に変更した時は、カビの成長を抑制※10する効果となります。

新ナノイー内部クリーンのイメージ画像です新ナノイー内部クリーンのイメージ画像です

熱交換器の写真で比較! ナノイーX 内部クリーンの効果

ナノイーX 内部クリーンありの場合は、付着した油汚れを低減し、ホコリの付着を抑えます。

ナノイーXは花粉抑制まで約24時間。高濃度のナノイーXは約12時間で抑制できることを表しているグラフです。

【ナノイーX 内部クリーンなし】熱交換器

ホコリがビッシリ

内部クリーンなしの場合のエアコン内の汚れ具合。

ナノイーX 内部クリーンあり】熱交換器

ホコリが付着しにくい

内部クリーンありの場合のエアコン内の汚れ具合。

*1:約6畳密閉試験空間での〈浮遊菌〉約4時間後〈付着菌〉約8時間後、※1〈浮遊ウイルス〉約6時間後〈付着ウイルス〉約2時間後※2 の抑制効果です。約8畳試験空間での〈カビ菌〉約2時間後※3の抑制効果です。約6畳試験空間での〈花粉〉約3時間後、※4〈ニオイ〉約15分後、※5〈PM2.5〉約12時間後、※6〈アレル物質〉約6時間後※7の抑制効果です。数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。
*2:約6畳試験空間での抑制効果の比較です。〈花粉〉ナノイーX(9.6兆):約12時間後、ナノイーX(48兆):約3時間後、※4〈ニオイ〉ナノイーX(9.6兆):約60分後、ナノイーX(48兆):約15分後。※5 数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。
*5:暖房、冷房、除湿のいずれかの運転を30分以上行い、停止した時。長時間連続運転中は内部クリーンを行いません。連続運転中に、内部クリーン運転をさせたいときは、リモコンのメニューからお客様ご自身で「連続時あり」に設定していただく必要があります。

「日本アトピー協会推薦品」マークを取得

ナノイーX搭載エオリアはエアコンで初めて、「日本アトピー協会推薦品」マークを取得。(ナノイーX搭載2018年以降モデル対象)

「日本アトピー協会推薦品」マーク

ナノイーX技術について

このエリアは、ナノイーデバイスについての解説です。 検証結果の数値は、エアコン実機によるものではありません。

空気の汚れとたたかうイオン、ナノイーX

一般的な空気イオンに比べ、1000倍以上★1の水分量があります。

水分が豊富

一般的な空気イオンに比べ、水に包まれているから消滅しにくく、OHラジカルを長く保てるため、広範囲に届きます。

寿命が約6倍★2長持ち

ナノイーは、OHラジカルを含んだ水のカプセル。ナノイーX(4.8兆)ではOHラジカルの発生メカニズムを革新し、発生量が10倍、ナノイーX(9.6兆)では20倍、ナノイーX(48兆)では100倍に。

除菌の決め手OHラジカルが豊富

★1:一般的な空気イオン(代表的な粒子径:1.3nm)とナノイー(代表的な粒子径:13nm)との比較(当社調べ)。
★2:空気イオンとの比較。一般的な空気イオンの寿命:数10秒~100秒。ナノイーの寿命:約600秒(当社調べ)。

ナノイー技術進化の歩み

ナノイー(4,800億/秒)から、ナノイーX 9.6兆(9兆6千億個/秒)で、OHラジカル量が20倍になりました。ナノイー(4,800億/秒)から、ナノイーX 9.6兆(9兆6千億個/秒)で、OHラジカル量が20倍になりました。

●イラストはイメージです。
★3:ESR法による測定(発生装置直後のOHラジカル量)(当社調べ)。

発生装置は交換不要

電極が磨耗しない工夫とぺルチェ素子を活用したイオン生成技術。

ナノイー(48兆)デバイスは交換不要です。

ナノイーXの7つの効果

菌、ウイルスを抑制※11※12

空気中に浮遊・付着する菌やウイルスを包み込んで、活動を抑制※11※12します。

除菌プロセスの画像です除菌プロセスの画像です

カビ菌を抑制※13※14

ナノイーXは付着したカビ菌を抑制※13※14できることを確認。

除菌プロセスの画像です除菌プロセスの画像です

一見キレイなお部屋にも…

清潔そうに見えるお部屋のイメージ画像です。

カビ菌の発生しやすい場所がこんなに!

カビの発生しやすい場所を示したイメージ画像です。

花粉を抑制※15

ナノイーXは、地域や季節によって飛散する様々な花粉(下記13種)を抑制※15します。衣類や髪に付着してお部屋に入り込んでしまう花粉を抑制し、お部屋の空気をクリーンに保ちます。

花粉*2にツヨイー花粉*2にツヨイー
日本の主要な花粉の分布と飛散カレンダー
日本全国の花粉の分布図です。日本全国の花粉の分布図です。

(花粉の飛散については、地域・年度によって異なります。複数の地域で飛散する花粉の時期は関東地方を代表で記載しております。)

ニオイを脱臭※16※17※18※19※20

スチームより微細なナノイーXは繊維の奥まで入り込むので、脱臭※16※17※18※19※20に高い効果を発揮。

ニオイ*3にツヨイーニオイ*3にツヨイー

主要なアレル物質を抑制※21

ナノイーXは、イヌ・ネコなどペットや、ダニ・昆虫、真菌など、主要なアレル物質の抑制に効果があることを検証しております。※21

アレル物質*7にツヨイーアレル物質*7にツヨイー
実証済みアレル物質
ダニ

コナヒョウヒダニ・ヤケヒョウヒダニ

真菌

アルテルナリア(ススカビ)・アスペルギルス(コウジカビ)・カンジダ・マラセチア

動物

イヌ(フケ)・ネコ(フケ)

昆虫

ゴキブリ・ガ

PM2.5に含まれるとされる有害物質を抑制※22

ナノイーXは、PM2.5に付着する大気汚染物質の芳香族カルボン酸・アルカンを抑制します※22。PM2.5を抑制して、お部屋の空気をキレイに保ちます。

除菌プロセスの画像です除菌プロセスの画像です

美肌効果★4、美髪効果★5

湿度20%アップと同等のうるおいをお肌にもたらします。★4 髪の水分量を均一にすることで、髪のうねりを抑えます。★5

★4:約8畳空間での約4週間後の効果です。加湿するわけではありません。※23
★5:約12畳空間での約4週間後の効果です。※24

除菌プロセスの画像です除菌プロセスの画像です

●美肌効果/美髪効果は、季節・周囲環境(温度・湿度)、使用時間、個人によって異なります。

●実使用空間での実証効果ではありません(設置環境、使用状況により効果は異なります)
●写真、イラストはすべてイメージです。

※1:〈浮遊菌〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳)において菌を浮遊させ空気中の菌数を測定【除菌の方法】ナノイーを放出【対象】浮遊した菌【試験結果】約4時間で99%以上抑制(北生発2016_0279号)。〈付着菌〉【試験機関】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させた菌数を測定【除菌の方法】ナノイーを放出【対象】付着した菌【試験結果】約8時間で99%以上抑制(2013年6月14日、第13044083003-01号)。(試験はそれぞれ1種類のみの菌で実施)
※2:〈浮遊ウイルス〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳密閉空間)においてウイルスを浮遊させ空気中のウイルス感染価を測定【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】浮遊したウイルス【試験結果】約6時間で99%以上抑制(北生発2016_0375号)。〈付着ウイルス〉【試験機関】ホーチミンパスツール研究所【試験方法】試験室(約6畳密閉空間)においてウイルスを布に付着させウイルス感染価を測定【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】付着したウイルス【試験結果】約2時間で99%以上抑制(2017年7月24日、Accreditation No. VILAS Med 014)。(試験は1種類のみのウイルスで実施)
※3:【試験機関】(一財)カケンテストセンター【試験方法】試験室(約8畳)において布に付着させたカビ菌の発育を確認【除菌の方法】ナノイーを放出【対象】付着したカビ菌【試験結果】約2時間で抑制効果を確認(KT-21-003341-4、2021年6月8日)。
※4:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)内でELISA法で測定【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】花粉(スギ)【試験結果】ナノイーX(9.6兆)約12時間で99%の低減効果を確認(L19YA009)ナノイーX(48兆)約3時間で99%の低減効果を確認(H21YA017-1)。
※5:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)において6段階臭気強度表示法により検証【脱臭の方法】ナノイーを放出【対象】疑似体臭(ノネナール)【試験結果】ナノイーX(9.6兆)約60分で臭気強度1.7低減(Y18HM059)ナノイーX(48兆)約15分で臭気強度1.9低減(H21HM005)。
※6:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)で付着した有機物量を測定【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】アルカン:ヘキサデカン【試験結果】約12時間で99%以上分解(Y20NF091)。
※7:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)内で電気泳動法またはELISA法による検証【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】アレル物質(ヤケヒョウヒダニ)【試験結果】約6時間で低減効果を確認(H21YA046-1)。
※8:【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】27.7㎥(約6畳)、室温25℃、湿度70%の試験室にて、エアコン内部にカビ菌を滴下した試験片を設置、1日3時間の冷房運転後に「内部クリーン」運転を動作させ、試験前と4日後のカビ菌の数を比較【試験結果】試験片のカビ菌(1種類)が「内部クリーン」運転なし(自然減衰後)から99%除去されたことを確認(北生発2021_1202号)。
※9:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】油成分を、フィルター、熱交換器、送風路に設置、冷房および暖房時の内部クリーンに曝露したものと曝露していないものの残留物を抽出し、定量分析を実施【試験結果】送風路内位置で10~41%の低減効果を確認(〈冷房時の内部クリーン〉Y19HM008/2019年5月10日、Y19HM016/2019年6月12日〈暖房時の内部クリーン〉Y19HM017/2019年6月12日)
※10:【試験機関】(一社)カビ予報研究室【試験方法】27.7㎥(約6畳)、室温25℃、湿度70%の試験室にて、エアコン内部にカビセンサーを設置、1日3時間の冷房運転後に内部クリーン運転ありとなしの条件において、4日後のカビの菌糸長を比較【試験結果】カビセンサー内のすべてのカビ(3種類)で、カビの成長が抑制されることを確認(210701)。
※11:<浮遊菌>【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳)において菌を浮遊させ空気中の菌数を測定【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】浮遊した菌【試験結果】4時間で99%以上抑制(北生発24_0301_1号)(試験は1種類のみの菌で実施)<付着菌>【試験機関】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させた菌数を測定【抑制の方法】ナノイーを放出 【対象】付着した菌【試験結果】8時間で99%以上抑制(第13044083003-01号)試験報告書発行日:2013年6月14日(試験は1種類のみの菌で実施)
※12:<浮遊ウイルス>【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳)においてウイルスを浮遊させ空気中のウイルス感染価を測定【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】浮遊したウイルス 【試験結果】6時間で99%以上抑制(北生発24_0300_1号)(試験は1種類のみのウイルスで実施)<付着ウイルス>【試験機関】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させたウイルス感染価を測定【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】付着したウイルス【試験結果】8時間で99%以上抑制(第13001265005-01号)試験報告書発行日:2013年2月11日(試験は1種類のみのウイルスで実施)
※13:【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター【試験方法】約6畳の実験室においてカビ菌数の変化を測定【除菌の方法】ナノイーを放出【対象】浮遊したカビ菌【試験結果】60分で99%以上抑制(第205061541-001号)試験報告書発行日:2005年7月6日
※14:【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着カビ菌の発育を確認【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】付着したカビ菌(クロカビ、コウジカビ、アオカビ、ススカビ、アカカビ、カワキコウジカビ、ケカビ、黒色カビ)【試験結果】8時間で抑制効果を確認(クロカビ:第17145307001-0201号、コウジカビ:第17145307001-0101号、アオカビ:第17145307001-0601号、ススカビ:第13044083002-01号、アカカビ:第17145307001-0401号、カワキコウジカビ:第17145307001-0301号、ケカビ:第17145307001-0501号、黒色カビ:第17145307001-0701号)試験報告書発行日:2013年6月14日(ススカビ)、2018年1月30日(その他)
※15:<スギ花粉>【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳の試験室内で、布に付着させたアレル物質をELISA法で測定【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】花粉(スギ)【試験結果】8時間で97%以上抑制、24時間で99%以上抑制(4AA33-151001-F01)。<スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ススキ・シラカンバ・ヨモギ・オリーブ・ビャクシン・モクマオウ・ハンノキ・オオアワガエリ・カナムグラ花粉>【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳の試験室内で電気泳動法による検証【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】花粉(スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ススキ・シラカンバ・ヨモギ・オリーブ・ビャクシン・モクマオウ・ハンノキ・オオアワガエリ・カナムグラ)【試験結果】24時間で低減効果を確認(4AA33-151015-F01、4AA33-151028-F01、4AA33-160601-F01、4AA33-160601-F02、4AA33-160701-F01、1V332-180301-F01)。
※16:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)において6段階臭気強度表示法により検証【脱臭の方法】ナノイーを放出【対象】付着したタバコ臭【試験結果】12分で臭気強度2.4低減(4AA33-160615-N04)。
※17:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)において6段階臭気強度表示法により検証【脱臭の方法】ナノイーを放出【対象】付着したペット臭【試験結果】1時間で臭気強度1.5低減(4AA33-160315-A34)。
※18:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)において6段階臭気強度表示法により検証【脱臭の方法】ナノイーを放出【対象】付着した生乾き臭【試験結果】30分で臭気強度1.7低減(Y16RA002)。
※19:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)において6段階臭気強度表示法により検証【脱臭の方法】ナノイーを放出【対象】付着した焼肉臭【試験結果】2時間で臭気強度1.2低減(4AA33-151221-N01)。
※20:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)において6段階臭気強度表示法により検証【脱臭の方法】ナノイーを放出【対象】付着した汗臭【試験結果】1時間で臭気強度1.1低減(4AA33-160315-A35、Y16HM016)。
※21:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳の試験室内で電気泳動法による検証(コナヒョウヒダニのみ:布に付着させたアレル物質をELISA法で測定)【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】アレル物質(コナヒョウヒダニ・ヤケヒョウヒダニ・アルテルナリア・アスペルギルス・カンジダ・マラセチア・イヌ・ネコ・ゴキブリ・ガ)【試験結果】24時間で低減効果を確認(4AA33-170301-F15、4AA33-160615-F01、4AA33-160615-F02、4AA33-160620-F01、4AA33-160615-F03)。
※22:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳の試験室内で付着した有機物量を測定【抑制の方法】ナノイーを放出【試験結果】〈芳香族カルボン酸:安息香酸〉約8時間で99%以上分解(Y17NF096)〈アルカン:ヘキサデカン〉約16時間で99%以上分解。(Y17NF089)。
※23:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】30~49歳の普通~乾燥肌の女性8名、安静:約90分、ナノイー曝露:約60分、保持:約60分【試験結果】環境湿度:30%→50%(20%アップ)と同等の肌の水分変化量。
※24:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】室温25℃、湿度40%の試験室(12畳)において、ナノイー発生装置から2mの場所に毛束(6束)を吊り下げ、ナノイー発生装置運転8時間、停止16時間を繰り返し【美髪の方法】ナノイーを放出【対象】毛髪。