進化し続けるパナソニックの乾電池

パナソニックは、1931年に乾電池の自社生産を開始しました。それ以降、長もちで安心して使っていただける乾電池の実現を目指し進化し続けてきました。
そして、2020年9月末、ついに日本企業で初めて乾電池のグローバル累計出荷数量2000億個を突破しました。
パナソニックの乾電池の歴史をご紹介します。

パナソニック乾電池グローバル出荷数2000億個突破(※1) 進化し続けるパナソニックの乾電池パナソニック乾電池グローバル出荷数2000億個突破(※1) 進化し続けるパナソニックの乾電池
パナソニック乾電池グローバル出荷数2000億個突破* 第1弾 豪華賞品が当たるフォロー&リツイートキャンペーン キャンペーンについて詳しくはこちらパナソニック乾電池グローバル出荷数2000億個突破* 第1弾 豪華賞品が当たるフォロー&リツイートキャンペーン キャンペーンについて詳しくはこちら

グローバルで乾電池2000億個を突破を記念して豪華景品や、エボルタNEOくんLINEスタンプがもらえるキャンペーンを実施中。
期間:第1弾 Twitterフォロー&リツイートキャンペーン【2月1日(月)〜2月28日(日)まで】

*当社乾電池のグローバル累計出荷数量。(1931年~2020年9月末)

時代とともに進化し続けるパナソニックの乾電池

1923年、砲弾型ランプ用マンガン乾電池「エキセル乾電池」の生産開始。

1923

1931年、「ナショナル」ブランドを初めて採用した「角型電池式ランプ」の本格的な普及を図るため、乾電池の自社生産を開始。角型ランプ用マンガン乾電池「ナショナル乾電池」発売。

1931 自社生産スタート

1939年、パナソニックで初の海外生産拠点となる上海工場を開設。

1939
1953 テレビ放送開始

1954年、国産初の完全金属外装の「ナショナル ハイパー」を発売。「ナショナル ハイパー」は、主に懐中電灯やランプに使用されました。

1954

1963年、「ナショナル ハイパー」と比べて2倍長もちする「ナショナル ハイトップ」が発売。

1963

1969年、「ナショナル ハイパー」の3倍長もちする「ナショナル ネオハイトップ」が発売。

1969
1970年代 テープレコーダーやラジカセ 普及、1980年代 携帯型ゲーム機 登場 携帯音楽プレーヤー 登場

1983年、アルカリ乾電池「ナショナル ウルトラネオ」を発売。

1983

1992年、水銀ゼロ使用のアルカリ乾電池「パナソニック アルカリ」を発売。乾電池累計出荷数量が500億個を突破。

1992 500億個突破

1995年、大電流パワーアルカリ乾電池を発売。

1995
2000年代 携帯電話 普及

2001年、乾電池累計出荷数量が1000億個を突破。

2001 1000億個突破

2004年、「オキシライド乾電池」を発売。

2004

2008年、アルカリ乾電池「エボルタ」を発売し、日本国内では業界初の使用推奨期限10年を実現。また、同年アルカリ乾電池「エボルタ」グッドデザイン・アワードを受賞。
エボルタチャレンジ スタート

2008 スマートフォン 登場

2009年、マンガン乾電池「ネオ」がグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞。

2009

2010年、乾電池累計出荷数量が1500億個を突破。

2010 1500億個突破

2017年、アルカリ乾電池「エボルタNEO」を発売。さらに長もちで安心・安全な乾電池を実現。

2017

2020年、乾電池累計出荷数量が2000億個を突破。

2020 2000億個突破

エボルタチャレンジ

さまざまなチャレンジ時の写真6選さまざまなチャレンジ時の写真6選

アルカリ乾電池「エボルタ」「エボルタNEO」の長もち性能の実証のため、2008年からさまざまな挑戦をする「エボルタチャレンジ」を実施しています。

ギネス世界記録™認定

乾電池エボルタネオ EVOLTA NEO ギネス世界記録認定。単3形アルカリ乾電池で世界No.1!長もち乾電池エボルタネオ EVOLTA NEO ギネス世界記録認定。単3形アルカリ乾電池で世界No.1!長もち

2008年「エボルタ」発売以来、2017年以降は「エボルタNEO」が「世界一長もちする単3形アルカリ乾電池*」としてギネス世界記録™に認定されており、9月2日には13年連続となる2020年度の認定を受けました。

* 世界一長もちする単3形アルカリ乾電池(LR6)として。ギネス世界記録™に2017年10月2日認定。2020年9月2日再認定。IEC基準における全放電モードの平均値より。250mA 1日1時間放電 終止電圧0.9Vなど(温度:20±2℃、相対湿度:(55+20,55-40)%)

○ 写真・イラストはイメージです。ご使用の環境により、色味や雰囲気は異なります。
※1 当社乾電池のグローバル累計出荷数量。(1931年~2020年9月末)