【スキンケアのやり方】正しい美肌ケアと間違いやすいポイントを解説!

スキンケアの間違いや正しいスキンケア方法についての監修:貴子先生
ライター:UP LIFE編集部
2023年10月23日 美容

スキンケアは、肌を健やかに保ち、美肌に導くためには欠かせません。ところが、良かれと思ってやっていたことが実は勘違いだったということも…。この記事では、スキンケアの思い込みや勘違い、理想の肌へ近づく正しいスキンケア方法について解説します。

【スキンケアのやり方】間違いやすいポイントも解説

まずはスキンケアの基本的なやり方ができているか、確認しましょう。間違いやすいポイントについても解説します。

クレンジング

写真:明るい洗面所に置かれたクレンジング材

朝のスキンケアにクレンジングは必要ありませんが、夜のスキンケアはクレンジングから始めます。

まずは手をきれいに洗います。手にクレンジング剤を適量取り出し、肌をこすらずにやさしい力でメイクになじませます。オイルタイプのクレンジング剤などはぬれた手や顔に使うと十分な効果が得られないので、クレンジング剤は商品の記載に従って使いましょう。

また、量が少なすぎるとメイクの落ちが悪くなるだけでなく、肌に負担もかかりやすくなるので、商品に記載している適量を守りましょう。クレンジング剤がなじんだらぬるま湯で丁寧にすすぎ、清潔なタオルをやさしく顔に当てるようにして水分をふき取ります。

【間違いやすいポイント:長い時間肌にのせておいても良い】
クレンジング剤は油性の汚れを落とすもの。長時間肌にのせていると、自分の肌の皮脂もとりすぎてしまいます。マッサージ用と明記されているもの以外は、クレンジングを長時間肌にのせないようにしましょう。

洗顔

写真:洗顔する女性

洗顔は、夜のクレンジング後または朝の最初のスキンケアとして行います。

清潔な手に洗顔料を適量取り出し、ぬるま湯を加えながらキメの細かい泡を作ります。手で泡立てるのが難しい場合は、泡立てネットなどを使用しましょう。できあがった泡を額、両頬、鼻、あごの5カ所にのせて、皮脂の多い額、鼻、あごの順になじませ、最後に乾燥しやすい目元や両頬、口元にさっとなじませます。

洗い流すときは肌をこすらず、手で泡を転がすように洗いましょう。泡が残らないようにぬるま湯で丁寧にすすぎ、洗い終わったら清潔なタオルを顔にやさしく当てるようにして水分をふき取ります。

【間違いやすいポイント:熱いシャワーですすぐ】
洗顔では基本30℃~36℃くらいのぬるま湯を使用してやさしく洗いましょう。熱すぎると毛穴が開き乾燥を招く原因になります。入浴時に洗顔をして熱いシャワーを直接顔に当ててすすぐのは、肌に負担がかかるのでやめましょう。

反対に、水の温度が冷たすぎると毛穴が閉じてしまい古い角質や汚れが落としにくくなりますので、「夏は冷たい水で洗顔をする」というのもNGです。

化粧水

写真:化粧水を手に取る女性

洗顔後すぐに行いたいのが化粧水の塗布。化粧水には肌にうるおいを与え、次に使うスキンケアを浸透しやすくする目的があります。

化粧水を使用するときは、商品に記載している適量を清潔な手のひらにのせ、人肌に温めてから両手で顔全体になじませます。このとき化粧水が手からこぼれそうなら2~3回に分けて使いましょう。最後に両手で軽くハンドプレスして化粧水を角層まで浸透させます。

【間違いやすいポイント:ハンドプレスやパッティングは強くしたほうが良い】
化粧水を肌に浸透させようとするあまり、ハンドプレスの圧力のかけすぎやパッティングのしすぎに注意しましょう。肌表面が刺激によりダメージを受ける可能性があります。やさしい力で軽く行うことが大切です。

美容液

写真:美容液を手に取る女性

美容液は、美白やしわ予防、うるおい補給など自分が目指す肌になるために使います。一般的に美容液は化粧水と乳液の間に塗布しますが、商品によっては化粧水の前に使用するものもあります。使用するときは商品に記載している適量を清潔な手のひらに広げ、肌をこすらないようにやさしく顔全体になじませます。

【間違いやすいポイント:1回のスキンケアで使う美容液は1種類までに限定する】
「1回のスキンケアで使う美容液は1種類まで」というのは勘違いです。美容液は効果の異なるものを重ね使いしても問題ありません。ただし、2種類を使うときは商品に記載している使用量を変えずにテクスチャーの軽いものから使うと良いでしょう。また、3種類以上使う場合は美容液ごとの効果が十分に発揮できない可能性があるため、朝と夜に分けて使うのがおすすめです。

乳液、クリーム

写真:頬に乳液を塗る女性

油分の多い乳液やクリームは、肌のうるおいを閉じ込め、水分の蒸発を防止するために使用します。化粧水と美容液がしっかり浸透した後に適量を顔全体に塗布しましょう。なお、乳液とクリームは乾燥対策のために両方使ってもいいですが、肌の状態や好みに応じて、朝と夜に分けて使うなどもおすすめです。

【間違いやすいポイント:クリームの重ね塗りは意味がない】
元々厚みがありしっかりと肌に残っている形状のものなら重ね塗りの必要はありませんが、なじみの良いものや軽いものなら重ねたほうがいいでしょう。乾燥しやすいところに重ね塗りをすると乾燥対策になります。

知っているつもりで実は間違っている!?5つのスキンケアの勘違い

ここまで、基本のスキンケアのやり方と間違いやすいポイントについて解説しましたが、ここからは、スキンケアの知識に自信がある方でも勘違いしがちな5つのスキンケア方法について解説していきます。

1.化粧水はたっぷりとバシャバシャつけるのが良い

写真:化粧水を手にとる人

「化粧水はたっぷりの量をバシャバシャ使ったり、重ね付けしたりするとさらに保湿効果が期待できる」と思っている方もいるかもしれませんがこれは間違いです。角層が吸収できる水分の量は決まっています。重ね付けによる効果は期待できず、それ以上つけても肌への摩擦が増えるだけですので、商品に記載されている適量を守りましょう。

保湿効果を高めるなら、水分よりも、成分の浸透力を高めることが大切です。美容成分を効果的に角層まで浸透することができる美容家電を使用するのもひとつの方法です。

2.話題の成分が入っていればスキンケアは万全

写真:机に並んだコスメ用品

新たな美容成分が発見、開発されるなどして、特定の美容成分がトレンドになることもあります。しかし、話題の成分が入っているからと、その後のスキンケアをあまり考えていなかったとしたら、もったいないかもしれません。

気になる成分が、叶えたい肌に合った美容成分であれば取り入れると良いですが、美容成分を効率的に角層までしっかり浸透させることも重要です。例えば、美容成分の浸透を促す美顔器を使うなどして、成分の浸透力を高めていくようにするとさらに良いでしょう。

3.「諭吉コスメ」などと呼ばれる高価格のスキンケア商品は少量でも効果がある

写真:鏡の前でスキンケアをする女性

高価格のスキンケア商品は価格相応の美容成分量が入っているので少量ずつ大事に使っていても問題ないと思いがちかもしれませんが、その使い方では十分な効果は期待できないかもしれません。スキンケアは、商品に記載している適量を使うことが大切です。

また、スキンケアは継続することも重要です。もし高価格のスキンケア商品を使い続けるのが難しい場合は、継続可能なスキンケア商品に切り替えるなどして、高分子美容成分の浸透効果を高める美顔器を活用する方法もあります。

4.クレンジングはマッサージも同時にすると良い

クレンジング剤の中にはマッサージ料として使えるものもありますが、クレンジング目的のみの商品でマッサージを行うのは、肌に負担がかかるためやめましょう。クレンジング剤には洗浄効果のある成分が含有されており、マッサージで肌に強い力がかかるのは肌の負担となります。

もし、表情筋を鍛えることが目的のマッサージであれば、たるみケアのできるEMS搭載の美容家電を使用するのもおすすめです。マッサージと異なり、摩擦によるリスクが少なくなります。

5.サロンに通っているので忙しい普段は手抜きでも大丈夫

写真:フェイシャルエステを受ける女性

プロの施術を受けているからと普段のお手入れをおろそかにするのはおすすめできません。美肌を保つには日々のスキンケアが大切です。せっかくの施術をキープする意味でも、普段のケアを手抜きしないようにしましょう。

サロンへ通う間のケアとして、日々のスキンケアの質を高めるには、高浸透ケアやEMSなどのリフトケアを目的とした美容家電などで効率的にお手入れしておくのも良いでしょう。

正しいスキンケアの方法と美肌へ導く3カ条

写真:スキンケアをする女性

ここまで、スキンケアの勘違いについて解説してきました。ここでは、改めて覚えておきたい正しいスキンケアの方法と注意点を3つご紹介します。

1.肌をこすらない

クレンジングや洗顔をするとき、化粧水や美容液、乳液やクリームを塗布する際は、基本的に肌をこすってはいけません。肌をこすると摩擦により、シミやしわ、たるみ、乾燥の原因につながります。特にクレンジング剤には洗浄効果のある成分が含まれているため、肌の負担になってしまいます。洗顔後にタオルを使うときもゴシゴシと拭くのではなく、やさしく顔に押し当てて水分をふき取ることを忘れないようにしましょう。

クレンジングでの摩擦が気になる場合は、温スチームでメイクを浮き上がらせてからケアするのがおすすめです。

写真:温スチームを顔にあてる女性

2.角層まで成分をしっかり届ける

スキンケアアイテムは使う量が多ければ多いほど成分が肌に浸透するわけではなく、使用量が少なすぎても浸透しません。角層まで成分を効率よくしっかり届けるには、各商品に記載している適量を守りましょう。さらに、浸透を高める美容家電を活用するのもひとつの方法です。

3.たるみケアは筋肉にアプローチする

たるみ肌をケアするには、リフトアップ効果が期待できる美容成分配合のスキンケアアイテムを使用したり、表情筋を鍛えたりすることが大切です。特に表情筋を鍛えるには筋膜ではなく筋肉までアプローチすることが重要です。

しかし、一般的にマッサージで表情筋をほぐして鍛えるのは力加減が難しく、場合によっては力が強すぎて肌に負担がかかってしまう場合もあります。肌への負担を減らして効率よく表情筋を鍛えるには、プロに任せることや、力加減の設定が簡単にできる美容家電を活用することなどがおすすめです。

「高浸透ケア※1」×「EMSによるリフトケア※2」を1台で叶える!イオンブースト マルチ EX

パナソニックの「イオンブースト マルチ EX」は、高浸透ケア※1とEMSによるリフトケア※2が1台でできるので、美容成分を角層により浸透させて美肌を目指したい、同時にたるみケアをしたい方におすすめです。ここでは2つの主な特長を紹介します。

【高浸透ケア※1】乾燥小じわも目立たない肌へ!

新開発の「パワーブーストテクノロジー」を搭載。手塗りに比べてヒアルロン酸12倍※3、コラーゲン6.3倍※4の浸透が可能で、乾燥小じわが目立たない肌へと導きます。また、ビタミンCも手塗りに比べて1.6倍※5浸透するので明るい肌になりたい方にもおすすめです。レチノール、ナイアシンアミドなどの美容成分とも使え、デイリーケアをスペシャルケアに代わります。

【EMSによるリフトケア※2】「デュアルダイナミックEMS」搭載!

独自の「デュアルダイナミックEMS」を搭載。この機能により、自分では鍛えにくい顔の表情を作る複雑な筋肉にアプローチし、表情筋を効率的にトレーニング※6します。

まとめ

スキンケアは、毎日行うものですが、間違ったやり方をしていると、逆効果になってしまいます。この記事を参考に、勘違いしているところは、正しい方法で行うようにしていきましょう。もし、自宅で簡単に本格的なスキンケアを行いたい場合は、美容家電を活用するのもひとつの方法です。特に「高浸透ケア※1」と「EMSによるリフトケア※2」が同時に行える、イオンブースト マルチ EXはおすすめです。毎日の本格ケアでなりたい肌を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介した商品

写真:貴子先生

スキンケアの間違いや正しいスキンケア方法についての監修:貴子先生

松倉クリニック代官山 院長
日本形成外科学会認定専門医 帝京大学医学部卒業
京都大学付属病院など大学病院を経て、都内美容外科クリニック院長など歴任。
日本形成外科学会認定専門医の知識を活かして正しい美容医療を行う。

※1 角層まで
※2 引き上げるように機器を動かすこと
※3 ヒアルロン酸水溶液で浸透試験を実施。BOOSTモード使用後にMOISTモードで塗布した場合と、手で塗布した場合の比較(当社調べ)
※4 コラーゲン水溶液で浸透試験を実施。BOOSTモード使用後にMOISTモードで塗布した場合と、手で塗布した場合の比較(当社調べ)
※5 ビタミンC水溶液で浸透試験を実施。BRIGHT UPモードで塗布した場合と、手で塗布した場合の比較(当社調べ)
※6 電気刺激を筋肉に伝え、筋肉を収縮させること

2023年10月23日 美容

記事の内容や商品の情報は掲載当時のものです。掲載時のものから情報が異なることがありますのであらかじめご了承ください。

おうち美容でキレイを格上げ!自宅でエステ気分を味わえるおすすめの美容家電をご紹介

2023年3月1日

おこもり美容でキレイを格上げ!「ながら美容」出来るおすすめ家電をご紹介

毎日の正しいスキンケアルーティンを解説!手軽に試せる美容家電も紹介

2022年11月1日

毎日の正しいスキンケアルーティンを解説!手軽に試せる美容家電も紹介

【専門家監修】肌のくすみの原因を解説!くすみ対策やケア方法も紹介

2022年11月17日

【専門家監修】肌のくすみの原因を解説!くすみ対策やケア方法も紹介

「クリスマスプレゼントどうしよう…」と考えている方必見!プレゼントにおすすめの美容家電をご紹介

2023年11月13日

「クリスマスプレゼントどうしよう…」と考えている方必見!プレゼントにおすすめの美容家電をご紹介

おすすめ記事

【引越し】家電はどうするのが正解?準備のコツと新たに購入する際のポイント

2024年4月2日

【引越し】家電はどうするのが正解?準備のコツと新たに購入する際のポイント

どうしても室内に入れたくない! 花粉に悩まされない室内環境にするコツ

2024年4月1日

どうしても室内に入れたくない! 花粉に悩まされない室内環境にするコツ

よく読まれている記事

しっかり食べて健康的な食事も、自分や家族との時間も大事にしたい!朝ごはんのススメ

2024年3月6日

しっかり食べて健康的な食事も、自分や家族との時間も大事にしたい!朝ごはんのススメ

デリケートゾーンの黒ずみが気になる!黒ずむ原因と自宅でできる6つのケア方法を紹介

2024年3月6日

デリケートゾーンの黒ずみが気になる!黒ずむ原因と自宅でできる6つのケア方法を紹介