NEW デジタルコードレス電話機 VE-GD69DL/DW

温度・湿度アラーム

「温度・湿度アラーム※1」機能搭載

親機が設置されている室内の温度や湿度をセンサーが検知し、熱中症警戒※2や乾燥警戒※3を音声※4と液晶ディスプレイの表示、着信お知らせLED(赤色)の点灯・点滅でお知らせします。

警戒の温度・湿度を検知すると「ポーン」というお知らせ音と、「熱中症にご注意ください。適切な温度と湿度に調節してください。」または「乾燥にご注意ください。適切な湿度に調節してください。」の音声が1回流れます。液晶ディスプレイには「熱中症にご注意!」または「乾燥にご注意!」の文字を表示し、着信お知らせLEDは赤色で約30秒点灯後ゆっくり点滅しお知らせします。

温度・湿度センサー(内部)
熱中症警戒※2のお知らせ
熱中症警戒のお知らせ
乾燥警戒※3のお知らせ
乾燥警戒のお知らせ

熱中症警戒※2・乾燥警戒※3の温度・湿度について

熱中症警戒※2は日本生気象学会より公表されている熱中症予防に対する指針『「日常生活における熱中症予防指針」Ver.4』で区分されている4段階のうち、「危険」と「厳重警戒」のときにお知らせします。乾燥警戒※3については湿度が40%未満になったときにお知らせします。室内の温度や湿度の調節に役立てることができます。

WBGTと気温、湿度との関係

WBGTと気温、湿度との関係

●WBGT:Wet-bulb globe temperature(湿球黒球温度)
●出典:日本生気象学会のウェブサイトの『「日常生活における熱中症予防指針」Ver.4』より(2023年9月7日現在)

熱中症警戒※2を電話で通知※5

熱中症警戒※2については、あらかじめ登録した電話番号に自動的に電話をかけて通知※5することができます。

熱中症警戒になったときに、あらかじめ登録した家族の携帯電話などに自動的に電話をかけて通知することができます。

熱中症警戒を電話で通知する流れ

1.温度や湿度が高くなったとき
2.注意喚起

熱中症警戒の温度・湿度になると、注意喚起

3.熱中症警戒を電話で通知*

離れて暮らすご家族に通知*できます

*熱中症警戒の通知と通知先の操作

「こちらは熱中症警戒の通知です。・・・」が3回流れる間に、メッセージに従って操作します。

  • 今後も通知を継続するとき→[1]を押す、または電話を切る
    次の熱中症警戒の通知は約30分以降になります。
  • 通知を一時停止するとき(約3時間)→[2]を押す
  • 本日(通知があった日)の通知を停止するとき→[3]を押す
    明日(通知があった翌日)から通知を再開します。
  • 熱中症警戒の通知を解除するとき→[0]を押す

※1 設定が必要です。本機の温度・湿度表示と温度・湿度アラームの機能は、医療用、介護用、育児用、業務用などを目的としたものではありません。また、本機は熱中症発症、乾燥を防止できる製品ではありません。設置場所や使用環境によっては温度、湿度を正常に検知できないことがあります。日常生活でのめやすとしてご使用ください。本機能を使用することによる損害の発生などについて、当社の故意、過失により生じた場合を除き、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
※2 日本生気象学会より公表されている、『「日常生活における熱中症予防指針」Ver.4』では、「危険」、「厳重警戒」、「警戒」、「注意」の4段階の温度基準域に区分されています。 本機(親機)の熱中症警戒は『日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針」Ver.4』の「危険」と「厳重警戒」のときにお知らせします。
※3 湿度が40 %未満になったときにお知らせします。
※4 「温度・湿度アラーム」の音声設定が必要です。
※5 登録できる電話番号は1件です。また電話回線などを利用するため、通信環境や使用状況、ネットワーク障害などにより、適切に通知できないことがあります。本機能を使用することによる損害の発生などについて、当社の故意、過失により生じた場合を除き、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。通知先が着信に応答した時点で転送元(本機側)に電話料金が発生します。
● 液晶画面はハメコミ合成です。
● 写真・イラストの内容はイメージです。
● 製品の色は実際の色とは若干異なる場合があります。