梅雨のジメジメを解消! 冷房と除湿の使い分け

雨が多い梅雨の時期は、それほど暑くないのに肌がべたつき、不快感を感じる事がよくあります。そんなジメジメする梅雨を乗り切り、快適に過ごしたいですよね。今回は、エアコン機能の使い分け方など、今すぐできる湿気対策をご紹介します。

室内の梅雨のジメジメを解消したい

梅雨の時期って、まだ暑くはないけど、湿度が高くてジメジメするなあ。
今年は、家の中で過ごすことが多くなりそうだし
例年より、しっかり湿気対策していきたいかも。

みんなはどれくらい梅雨の対策をしているのかな?

悩ましい表情をしている女性のイラストです。

エアコンを使って梅雨の湿気対策をしている人は6割以上

パナソニックにて、男女551名に「梅雨の湿気対策」の調査を実施!なんと6割以上の方がエアコンを使って湿気対策をしているという結果に。その中でも、7割近くの方が「冷房」と「除湿」のどちらを使うべきか迷ったことがある、と回答しました。

Q1:
梅雨の湿気には、どのように対策をしていますか?

n=551

エアコンを使う(冷房/除湿/ドライ)63.2%、窓を開けて風通しを良くする42.1%、扇風機を使う28.9%。6割以上がエアコンでジメジメ対策。
Q2:
エアコンの冷房と除湿、どちらを使うべきか迷ったことがありますか?

n=71

いつも悩んでいる17.3%、時々悩んでいる50.9%、あまり悩んだことはない25.4%、悩んだことはない6.4%。※2021年4月パナソニック調べ。7割近くの人が迷った経験あり。

調査結果から、梅雨対策にエアコンの需要がある一方で、その多くの人が、どの機能が湿気対策に適しているのか、悩んでいることがわかります。
ここからは、エアコンの「冷房」と「除湿」、どのように使い分けるべきか、わかりやすく解説していきます。

家事アドバイザーが教える!エアコン以外にも身近なものでできる湿気対策

エアコンの活用以外にも、身近にあるものが除湿対策グッズに。

新聞紙

クシャクシャっとしてから広げた新聞紙は、湿気や臭いを吸着する力が高く、優しい作用の吸湿グッズに変身!

新聞紙の画像です。
コーヒー豆の残りかす

炒った豆には、炭のような吸湿と脱臭の効果があり、ドリッパーごと乾燥させるとどこでも置ける便利な除湿剤の出来上がり!

コーヒー豆の残りかすの画像です。
重曹

重曹は臭いを取り除く除湿剤にもなり、ハーブや精油を混ぜて玄関や洗面所などに置くのがおすすめ!

霧吹きと重曹を手に持った女性の画像です。
家事アドバイザー 毎田 祥子(まいだ しょうこ)さんプロフィール

家事アドバイザー、ライター&コラムニスト。企業広報や生協で生活用品や全国の食品生産者へ取材を重ね、独立。ハウスクリーニングやハーブ、アロマ等の資格も生かしたmix家事を提案。著書『ラクしてちゃんとした暮らしができる“朝だけ家事”』、監修『おばあちゃんの歳時記暮らしの知恵』等。新聞雑誌等マスコミ出演多数。

毎田祥子さんのプロフィール画像です。

「冷房」と「除湿」の違い

そもそも、「冷房」と「除湿」にはいったいどんな違いがあるのでしょうか。

温度を優先的に下げるのが「冷房」、そして湿度を優先的に下げるのが「除湿」です。「冷房」は「除湿」よりも強い風を出し、部屋の温度を大幅に下げるのに向いています。室温を大幅に下げると、それに伴って湿度も下がるため、設定温度によってはエアコンの「冷房」の方が「除湿」よりも除湿量が多い場合があるのです。さらに「除湿」には、冷やされた空気がそのまま噴出される「冷房除湿」と、暖めなおした空気が吹き出される「再熱除湿」の2つの方式があります。

エアコンの「冷房」と「除湿」の3つのタイプ

この「冷房」「冷房除湿」「再熱除湿」、3つのタイプを解説します。

冷房

・空気を強く冷やし、温度を優先的に下げる
・素早く部屋を冷却したいとき、蒸し暑さを感じ、温度も湿度も大幅に下げたいときにおすすめ

温度も湿度も下がっているイメージのイラストです。
冷房除湿

・室温を下げすぎないよう風量を抑えながらの運転のため、弱い冷房としても使える
・長時間のエアコン運転でも省エネ

温度を少し下げ、湿度もちょっと下がっているイメージのイラストです。
再熱除湿

・冷えた空気を再び暖めてから吹き出すため室温が下がりすぎない

温度をちょっと下げ、湿度も少し下がっているイメージのイラストです。

エアコンが空気中の湿度を下げる仕組み

エアコンの「除湿」機能の仕組みをわかりやすく解説します。

エアコンの「除湿」機能は、まずお部屋の湿った空気を本体に取り込み、その空気を本体内部の熱交換器で急激に冷やします。
すると、空気中に含まれていた水分が結露して熱交換器に水滴が付着し、冷やされた空気が部屋に戻されます。

エアコンが空気中の湿度を下げる仕組みを解説したイラストです。水滴、熱交換器、水受け皿(ドレンパン)、送風ファン、ドレンホースそれぞれの働きと位置関係が分かります。

エアコン内部の湿度を下げる仕組みは、「冷たい飲み物を入れたグラスに水滴がつく現象」に例えることができます。
グラスに入った冷たい飲み物が、まわりの空気を冷やし、空気中の水分がグラスの表面に結露します。気温とグラス(=エアコンでは熱交換器にあたる)の温度差が大きいほど、グラスにつく水滴が増えやすく、周りの空気は除湿されます。
空気は急激に冷やすほど大幅に湿度も下がるため、じつは設定温度によってはエアコンの「冷房」の方が「除湿」よりも除湿量が多い場合があるのです。

通常の状態

・空気中には水蒸気が含まれている
・空気の温度が高いと、含むことのできる水分量が多く、温度が低いと少なくなる

グラス周囲の空気中に水蒸気が漂っているイラストです。
空気が冷やされた状態

・空気中に蓄えられる水分量が減る
・減った空気中の水分は水に変わり、グラス周辺に結露として付着する (=除湿)

空気中の水蒸気が減り、グラスに結露が現れているイラストです。
空気がさらに冷やされた状態

・空気中に蓄えられる水分量がさらに減る
・水が冷やされるほど、グラス周辺に多く結露する

空気中の水蒸気が更に減り、グラスの結露が多くなっているイラストです。

各方式のまとめ

外気温が30度に近づくと、人は暑さを感じるようになり、家の中の室温も下がりにくくなる傾向にあります。そのような場合には、部屋の湿度を優先的に取り除く「除湿」ではなく、「冷房」を使って部屋をしっかりと冷やさないと快適にはなりません。「冷房」を使って温度と湿度がある程度下がったら、「除湿」を使うことで省エネに。あまり部屋を冷やしたくない!という時は「除湿」を使用するのがおすすめです

冷房か除湿か迷ったときは、外気温の環境も考えて運転する「自動」モードを使うといいでしょう。

冷房、除湿量大・部屋の温度大幅に涼しく・省エネ〇。再熱除湿、除湿量中・部屋の温度涼しくなりすぎない・省エネ△。冷房除湿、除湿量小・部屋の温度少し涼しく・省エネ◎。冷房、除湿量大・部屋の温度大幅に涼しく・省エネ〇。再熱除湿、除湿量中・部屋の温度涼しくなりすぎない・省エネ△。冷房除湿、除湿量小・部屋の温度少し涼しく・省エネ◎。

冷房と除湿の使い分けがわかったから、
ジメジメした梅雨や、暑い夏の時期を快適に乗り切れそう!

エアコン以外にもできる湿気対策も一度試してみようかな。

スッキリとした表情の女性のイラストです。

関連機能はこちら

X/AXシリーズ 特長
[もっとモード]

夏のお風呂あがりや汗だくの帰宅時など、今だけもっと冷やしたいときに便利です。

もっとモードのイメージイラストです。クリックすると詳細ページへ移動します。
X/AXシリーズ 特長
[快適除湿モード]

室温と湿度をチェックしつつ設定湿度を保つよう除湿。室温をあまり下げることなく快適さをキープします。

快適除湿モードのイメージイラストです。クリックすると詳細ページへ移動します。

さらに、住宅や生活パターンに応じた運転ができる 『エオリア』の「AI快適おまかせ」機能搭載!

AIが日射の変化、人の周辺温度、人の居場所・活動量、建物の気密性を解析・学習AIが日射の変化、人の周辺温度、人の居場所・活動量、建物の気密性を解析・学習

パナソニックのエアコン『エオリア』シリーズは、人の居場所と活動量、日当たりの変化(晴れ・曇り)などをAIが検知・学習・記憶する「AI快適おまかせ」を搭載。ワンボタンで最適な運転モードを自動選択し、心地よい温度を優先する快適モードと、節電運転を優先するエコナビモードから選ぶことができます。

※ 当社測定基準による。CS-X401D2、当社環境試験室(約14畳)、外気温35℃、体感温度25℃が得られるように設定、冷房運転時。運転安定時約1時間の積算消費電力量が、「AI快適」「AI快適エコナビ」「風あて」設定時(191Wh)と、「AI快適」「AI快適エコナビ」設定なし(425Wh)との比較。エアコンの設置位置から対面上の1エリア(遠距離エリア)に人が存在し、着衣量(約0.3clo(夏季着衣量))で、日射が弱くなった場合。

Eolia<エオリア>
コンセプト

健康で快適な空気と暮らそう。空気のすこやかさをめざすエオリアのこだわりをご紹介します。

エアオリアコンセプトのイメージイラストです。クリックすると詳細ページへ移動します。