秋のエアコンはカビの温床に…秋にやっておきたいエアコン掃除法  

「秋のエアコンはカビの温床に…秋にやっておきたいエアコン掃除法」のメインビジュアルのイラストです。 「秋のエアコンはカビの温床に…秋にやっておきたいエアコン掃除法」のメインビジュアルのイラストです。 

夏も過ぎ去り、エアコンを稼働しない人も多いのではないでしょうか。夏に酷使したエアコンには、ホコリやダニなどの汚れがたまり、カビ菌の繁殖やニオイの原因になる可能性も。そこで今回は、秋にやっておきたい、エアコンのお手入れ方法をご紹介します。

エアコンの掃除って正直面倒なのよね…

夏が過ぎて、すっかりエアコンを使わなくなったわね
冬まで使わないし、掃除をしなきゃいけないのはわかっているんだけど、
ついついさぼってしまう…
みんなはエアコンの掃除、ちゃんとやっているものなのかしら
悩ましい表情をしている女性のイラストです。

約半数が、夏使用後のエアコンのお手入れを全くしていない

コロナ禍のおうち時間の増加やリモートワークにより、夏にエアコンをフル稼働したご家庭も多いのではないでしょうか。パナソニックは、20代~60代の男女551名にエアコンのお掃除について、消費者調査を行いました。

「夏のエアコン稼働が終わった秋頃(9~11月)に 自宅のエアコンのお手入れをしたことがあるか」を表しているグラフです。約半数の人がエアコンのお手入れをしていません。

しかし、夏に稼働し続けたエアコンを掃除しないまま放置させておくことは、カビの増殖につながってしまうのです。

そりゃあエアコンのお手入れをしないまま
冬に稼働させるのは、何となく悪いことだとは思うけど、、、
そもそも、なぜ掃除していないとエアコンにカビが発生してしまうのかしら
悩ましい表情をしている女性のイラストです。

専門家に聞きました!秋カビ発生の原因とそのメカニズムとは?

カビは気温20〜30℃、湿度70%以上で最も繁殖しやすく、多くの胞子を作ります。真夏より湿気が多く気温が下がる秋は、カビの繁殖条件と合致しており梅雨どきと似ているのです。

ではなぜエアコン内でカビが発生してしまうのでしょうか。
その原因とメカニズムをカビの専門家、矢口貴志先生に教えていただきました。

ホコリやダニ・カビ菌が侵入

フィルターでブロックできないホコリやダニ、カビ菌がエアコン内部に侵入します。

エアコン内部にホコリやダニ・カビ菌が侵入しているイラストです。
原因①:ホコリがカビのエサに

エアコンは室内の空気を取り込み冷やしているため、空中に浮遊しているホコリもエアコン内に取り込んでしまいます。結果、エアコン内にたまったホコリは、カビが繁殖する原因に。

空中に浮遊しているホコリのイラストです。
原因②:エアコン内部の湿気

エアコンを使った後には、冷房使用中に結露した水分がエアコン内部にたまっており、湿気がたっぷりな状況で、カビの成長に適した環境になってしまいます。

エアコン内部の湿気がたまっているイラストです。

暖房稼働時にカビが吹き出してしまうことも…

夏のエアコン稼働時間が長ければ長いほど、エアコン内部に湿気がたまり、カビのエサであるホコリもたくさん付着してしまいます。
フィルター部分は掃除機で吸えばケアができますが、エアコンの内部はそういうわけにはいきません。
エアコンを掃除せずに放置をしておくと、使用していない秋の間にエアコン内で繁殖したカビが冬の暖房稼働時に吹き出してしまうことになるのです。 

冬の暖房稼働時にエアコン内に繁殖したカビが吹き出してしまうことを表すイラストです。
矢口貴志(やぐちたかし)先生プロフィール 

千葉大学真菌医学研究センター 准教授

早稲田大学理工学部応用化学科卒業。明治製菓(株)(現在、明治ホールディングス(株))を経て現千葉大学真菌医学研究センター准教授に就任。生活環境のカビ、特に病原性のカビを専門に研究。「おはよう日本」「あさイチ」「世界一受けたい授業」「林修の今でしょ講座」などテレビ出演多数。

秋カビを発生させないためには?秋の正しいエアコンのお手入れ方法

パナソニックが行った20代~60代の男女551名にエアコンのお掃除についての消費者調査において、さらに以下のような結果が。
具体的にどのようなお手入れをしたのかという質問に、「自分で洗浄剤やスプレーを使ってエアコン内部のお手入れをした」という、間違ったお手入れをしている人が約3割いることが判りました。

どのようにエアコンのお手入れをしたのか?
どんなお手入れをしたのかロ表す棒グラフです。約3割の人が間違ったエアコン掃除をしています。どんなお手入れをしたのかロ表す棒グラフです。約3割の人が間違ったエアコン掃除をしています。

では、秋カビをどのようにケアすればよいのでしょうか?夏に酷使したエアコンの秋の正しいお手入れ方法を伝授します。

ポイント①:フィルターのお手入れ

エアコンフィルターのお掃除が大切です。エアコンの汚れは、能力の低下、消費電力の増加につながります。掃除機でホコリを吸い、それでも汚れが落ちない時は薄めた中性洗剤で洗い、陰干しをしてしっかり乾燥させてください。

エアコンのフィルターをお掃除しているイラストです。

ポイント②:内部クリーン機能や送風運転を活用

冷房中の結露により水分がたまったエアコン内部を乾燥させることが、実はカビ対策に効果的です。内部クリーン機能がエアコンに搭載されていれば使用しましょう。

また、内部クリーン機能が搭載されていないエアコンの場合は、冷房運転の後に「送風運転」を3〜4時間行い、エアコン内部を乾燥させましょう。

エアコンの送風運転をしているイラストです。

ポイント③:拭き掃除でカビ菌を防止

エアコンに汚れがたまるとカビ菌のエサになるため、汚れている場所(通風路、フラップ等)を拭き掃除してください。このときのポイントは、見える部分のみです。

※お⼿⼊れはそれぞれのエアコンの取扱説明書に従って⾏ってください。
※ご⾃⾝での掃除が⼼配な⽅、掃除がしづらい箇所の汚れが気になる場合やすでにカビが生えている場合は、専⾨業者にご依頼ください。

これはやっちゃダメ!NGなお掃除とは

エアコンのクリーニングは高い専門知識が必要です。ご自身でエアコン内部の洗浄をしないでください。
誤ったクリーニング方法(除菌剤やお掃除スプレーをするなど)を行うと、内部に残った洗浄剤で故障の原因につながる恐れがあります。専門業者に依頼しましょう。

夏に使ったままで、掃除しないとカビが繁殖してしまうなんて気にしたことなかったわ…

内部クリーン機能もちゃんと使うようにしなくちゃ!
フィルターの掃除も、冬が来る前にお手入れした方がいいわね
 
スッキリとした表情の女性のイラストです。

パナソニックのエオリアシリーズより、ルームエアコン「エオリア」LXシリーズが発売。換気・加湿・新除湿の3つの機能を持った室外機と、有害物質の抑制スピードがアップ※1した新「ナノイーX」を搭載し、冷暖房だけでなく空気の清潔性や快適性にこだわった、お部屋の空気を整えるエアコンです。

関連機能はこちら

NEW 新「ナノイーX」

新「ナノイーX」が、お部屋の空気も、エアコン内部も清潔にします。

クリックすると「新ナノイーX」ページに遷移します。
NEW 「換気・除加湿」ユニット

冷暖房しながら、お部屋の空気を入れ替え。

クリックすると「換気・除加湿」ユニットページに遷移します。
清潔・空気清浄

空気やエアコン本体をキレイに保ちます。

クリックすると「清潔・空気清浄」に遷移します。

関連商品はこちら

NEW LXシリーズ

「換気・加湿・除湿」までできるプレミアムモデル

エオリア商品一覧のアイコンです。クリックすると詳細ページへ移動します。
Eolia<エオリア>
コンセプト

健康で快適な空気と暮らそう。空気のすこやかさをめざすエオリアのこだわりをご紹介します。

エオリアコンセプトの画像です。クリックすると商品ページへ移動します。

※1: 約6畳試験空間での「ナノイーX 9.6兆」と「ナノイーX 48兆」の抑制効果の比較です。【カビ菌】「ナノイーX 9.6兆」:約6時間後。「ナノイーX 48兆」:約2時間後。【花粉】「ナノイーX 9.6兆」:約12時間後。「ナノイーX 48兆」:約3時間後。【ニオイ】「ナノイーX 9.6兆」:約60分後。「ナノイーX 48兆」:約15分後。 【アレル物質】「ナノイーX 9.6兆」:約12時間後。「ナノイーX 48兆」:約6時間後。