大雪が降ってもエアコン暖房であたたかく過ごすには?

雪が降り積もる厳しい日には、室外機の周りをしっかり対策とすることで、大雪が降っても快適に過ごすことができます。今回は、いざというとき困らないエアコンの大雪対策と寒い冬によくあるエアコンQ&Aをご紹介します!

寒い時期のエアコンってどんな対策をすべき?

毎年雪が積もる時期には、エアコンをしっかり動かして部屋をあたたかくして過ごしたいなあ

冬には、室外機の対策が重要とは聞いたことはあるんだけど…
具体的にどんな対策したらいいのかな?

悩ましい表情をしている男性のイラストです。

寒い冬をどう乗り切ればよい?室外機まわりの対策を徹底解説!

具体的な室外機の周りの対策を、大雪が降る前と降ったあとに分けて解説します。

大雪が降る前にできること

室外機の周りは常にキレイに。室外機の前を30cmは空けるようにしましょう

大雪の予報が出ているときは、室外機の周りが物でふさがれていないか、雪が降る前に確認しておきましょう。
一般的な室外機には、前面に吹き出し口、側面と背面に吸い込み口がついています。
空気の通り道がふさがれていると、特に寒い日にはエアコンの運転が止まったり、普段の暖房効率も落ちてしまいます。日頃から室外機の周りは片付けておくことが大事です。

30cm以内に自転車や植木鉢などが置いてある室外機と、前方に物がない室外機のイラストです。

室外機は、大雪に埋もれないために設置時にしっかり対策を

室外機が雪に埋もれると、外気を吸い込むことができなくなり運転できなくなります。特に雪が多く降る地方では、しっかりとした対策が必要です。
置台などを利用して雪で埋もれない高さまで上げたり、吸い込み口と吹き出し口に防雪部材を設置するなどして、いざというときに備えましょう。

防雪部材を取り付けた室外機の例の画像です。

もし大雪が降った場合は?

室外機の周りに雪が積もらないように注意しましょう

室外機が雪に覆われてしまうと、内部に雪が吸い込まれファンに付着します。空気が通りにくくなるので、運転効率が低下してしまうことも。

大雪に見舞われた際には、下記のようなことを試してみましょう。

●吸い込んで吹き出す空気の通り道を確保するため、側面や背面含め30cmほど室外機の周りの雪を取り除く。

●落下や崩れることで、吸い込み口や吹き出し口をふさいでしまう可能性があるので、室外機の上に積もった雪も取り除く。

雪が降った時に、積もった雪を室外機の周りから遠ざける様子のイラストです。

※お掃除の際は、安全のため、エアコンの電源をオフにし、掃除完了後、再度電源を入れるようにしてください。

エアコンに関するよくあるQ&A

冬にお客様相談センターへ多く寄せられる、エアコンに関するお問い合わせにお答えします。

なんだか部屋が暖まるのが遅い気がする……

CHECK: まずは設定温度をあげて暖かい風が出ているか確認しましょう。

冬場の暖房運転時は、設定温度と外気温との差が大きいため、冷房運転と比較すると時間がかかりやすいです。

故障かどうかの判断として、設定温度を3~5℃程度上げて、15分~30分間運転し、暖かい風が出ているか確認してみてください。

エアコンからあたたかい風があまり出ておらず、寒そうにしている男性のイラストです。

CHECK: 効きが悪い場合は、フィルターや室外機の周りを確認しましょう。

フィルター:エアフィルターを取り外し、お手入れをしてください。

フィルターが汚れていると、風の通り道がふさがれ、運転効率ダウンや電気代アップにつながります。
汚れがひどい場合は、薄めた中性洗剤でつけ置き洗いし、柔らかい布で水分を取り陰干しで充分乾燥させてから取り付けてください。
自動お掃除機能がないエアコンの場合、使用中は2週間に1度をめどに掃除できると効果的です。

 

室外機:室外機の周りの環境には注意が必要です。

周りを囲んだり、近くに物が置いてあったりすると、空気の循環がうまくいかず、お部屋を十分に暖められない原因に。
外気を取り込みにくくなったり、室外機から吹き出された冷たい空気を再び吸い込んでしまうことで運転効率の低下につながります。

暖房中に温風が急に止まる……

CHECK: 室外機が「霜取り運転」をしていないか確認しましょう。

冷え込みが厳しいときに暖房運転をしていると、次第に室外機が凍結し霜がつく場合があります。暖房が室外機の霜を溶かすのに使われている「霜取り運転」の間は、室内への送風が止まるため、暖房が入っていないように見えてしまうのです。

パナソニックのエアコンの場合、霜取り運転中はルーバーが開いたまま運転ランプが点滅して暖房が止まります。

室外機の霜取り運転の影響で、エアコンの温風が急に止まってしまう様子のイラストです。

以下のような症状も、霜取り運転の影響が考えられます。

●運転開始から5分くらいで止まるが、しばらくするとまた動き出す。
●室外機から湯気が出ている。
●室外機から異音がする。

霜取り運転について、もっと詳しく知りたい方はこちら

「冬、従来のエアコンの暖房が止まる理由」にリンクします。
「エネチャージシステムのしくみ」にリンクします。

これで室外機の周りをしっかりと対策できそう!

エアコン暖房を正しく使えれば、寒い冬も乗り切れそうだね。

すっきりとした表情の男性のイラストです。

厳しい寒さには対策を!エアコンを活用して暖かく過ごしましょう

最新のエアコンは、暖房力が格段にアップし、寒さが厳しい日でも暖かく快適に過ごせます。さらに室外機や霜取り機能の改良など、より暖房力の強化が施された寒さが厳しい地域向けのエアコンも。

しかしその暖かさも、ちゃんと対策をしてこそ、十分な力を発揮します。ご紹介した各対策をしっかりとおこなって、大雪や極寒の日でも暖かく乗り切りましょう。

関連商品はこちら
NEW UXシリーズ

ハイブリッドエネチャージ搭載 プレミアムモデル

「2021年モデル フル暖エアコン UXシリーズ」にリンクしています。
「フル暖 エオリア」をおすすめする理由

寒さが厳しい地域でも暖かい。フル暖エオリアの特長や導入するメリットなどをご紹介します。

「「フル暖 エオリア」をおすすめする理由」の詳細にリンクしています。