NEW 2023年モデル フル暖エオリア TXシリーズ

パナソニックエアコン「エオリア」 2023年モデル TXシリーズパナソニックエアコン「エオリア」 2023年モデル TXシリーズ

暖房強化コンパクトモデル
フィルターお掃除ロボット搭載

各種ロゴ1(ナノイーX、フィルターお掃除ロボットAuto、エコナビ、エネチャージ、エオリアアプリ〔無線LAN内蔵〕)
各種ロゴ2(SIAA防カビ加工※1、日本アトピー協会推奨品、日本製〔付属品の一部を除く〕、Jコンセプト,R32新冷媒採用)
各種ロゴ3(グリーン購入法適合<CS-UX251D2除く>,フロンラベルA,北海道電力推薦あったかエアコン,東北電力推薦暖房エアコン,ZEH対応 区分い)

フル暖エオリアのこだわりポイント

冬は 速暖
夏は 速冷×続く快適
厳寒・猛暑に負けない暖房・冷房性能を発揮します。
しかもナノイーX搭載。お部屋の空気もエアコン内部も清潔に保ちます。

厳寒の冬も、速く暖まる

暖房開始後すぐに*1温風が吹き出します。
すぐでる暖房(AIチャージ) NEW

自動で設定より高い温度まで強力に暖めます。
「立ち上げ時」温度シフト NEW

霜取り運転中の室温低下をやわらげます。
暖気チャージ

家族が団らんしている画像です

*1:予熱運転により約350Wの電力を消費します。(1日最大3回。各回最長2時間)※2。お客様ご自身でリモコン設定していただく必要があります。使用環境によりすぐに温風がでない場合があります。

厳冬でもパワフル暖房!

外気温-20℃という凍てつく寒さでも、最高吹き出し温度は約50℃※3で運転可能!(もっとモード時※4)。

猛暑の夏も、速く冷える。続く快適

冷房開始後すぐに冷風が吹き出します
すぐでる冷房

冷房開始後はまず、設定以下の温度まで冷やします
「立ち上げ時」温度シフト

冷たい風を体に直接あてません
天井シャワー気流

子ども達が涼んでいる画像です

フル暖エオリアは猛暑にも強い!

外気温50℃という暑さでも、安定運転※5ができます!

冷暖房しながら有害物質を抑制*2

フル暖エオリアはナノイーX(48兆)を搭載。冷房・暖房しながらナノイーXを同時に放出。お部屋の空気を清潔に。
「ナノイーX」クリーン冷暖 NEW

*2:約8畳試験空間での〈カビ菌〉約2時間後※6の抑制効果です。約6畳試験空間での〈花粉〉約3時間後※7、〈ニオイ〉約15分後※8、〈PM2.5〉約12時間後※9、〈アレル物質〉約6時間後※10の抑制効果です。約6畳密閉試験空間での〈浮遊菌〉約4時間後〈付着菌〉約8時間後※11、〈浮遊ウイルス〉約3.5時間後〈付着ウイルス〉約2時間後※12の抑制効果です。数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。

エアコンからナノイーが吹き出している画像です

エアコンをスマホで操作

お手持ちのスマホにエオリア アプリをインストールすれば、外出先や別のお部屋から、エアコンの遠隔操作や運転状況の確認ができます!快適なお部屋に帰宅することはもちろん、切り忘れの防止や、家族の見守りにも役立ちます。
エオリア アプリ

●エオリア アプリの対応OSはこちらからご覧ください。
●スマートフォンの設定や、通信環境によっては正しく画面表示されない場合や、機能の一部がご利用いただけない場合があります。

スマホを操作している女性の画像です

シリーズ特長

冷房・除湿
冷房・除湿のイメージ画像です
清潔・空気清浄
清潔・空気清浄のイメージ画像です
エオリアAI
エオリアAIのイメージ画像です
リモコン・便利
リモコン・便利のイメージ画像です

本体を詳しく見る

室内機

2023年モデル TXシリーズ 室内機2023年モデル TXシリーズ 室内機

※壁設置面の寸法

スクエア&フラットフォルム

空間に溶け込むノイズレスデザイン。フィルター自動お掃除を搭載しながら、奥行きコンパクト。

無駄を排したフォルム
無駄を排したフォルム
空間に調和するマットな質感
空間に調和するマットな質感

リモコン

2023年モデル TXシリーズ リモコン2023年モデル TXシリーズ リモコン
大きな文字表示/0.5℃刻みの温度設定

文字が大きくて読みやすい

2023年モデル TXシリーズ リモコン画面

バックライト液晶

液晶部分にバックライトを搭載。暗くても見やすくなっています。

※:何も操作しないと、バックライトは約5秒後に消えます。
(乾電池の消耗を抑えるため) 

リモコンホルダー同梱

壁掛けタイプで使いやすい!

室外機

2023年モデル TXシリーズ 室外機2023年モデル TXシリーズ 室外機
凍結防止ヒーター(室外機)

室外機の凍結を防ぐ、凍結防止ヒーター

室外機内でドレン水が凍結し、室外機が動かなくなる事態を、ヒーターを搭載することで防止。さらに室外機形状は、溶けたドレン水をすばやく排水する工夫を施して設計しています。

NEW 室外機の性能がさらにアップ!

室外機の構造を見直し、より過酷な環境でも安定して運転ができるようになりました!

※:室外機の吸い込み温度です。

室外機の画像です室外機の画像です

品番・仕様

畳数で選ぶ

冷房時おもに6畳用
CS-TX223D

冷房時おもに8畳用
CS-TX253D

冷房時おもに10畳用
CS-TX283D2

冷房時おもに14畳用
CS-TX403D2

冷房時おもに18畳用
CS-TX563D2

冷房時おもに20畳用
CS-TX633D2

室外機品番 CU-TX223D CU-TX253D CU-TX283D2 CU-TX403D2 CU-TX563D2 CU-TX633D2
仕様区分 寒冷地仕様(暖房強化型) 寒冷地仕様(暖房強化型) 寒冷地仕様(暖房強化型) 寒冷地仕様(暖房強化型) 寒冷地仕様(暖房強化型) 寒冷地仕様(暖房強化型)
価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格
電源 単相 100V 単相 100V 単相 200V 単相 200V 単相 200V 単相 200V
電源プラグ プラグ形状 単相100V20A プラグ形状 単相100V20A プラグ形状 単相200V20A プラグ形状 単相200V20A プラグ形状 単相200V20A プラグ形状 単相200V20A
【冷房】
畳数のめやす
6~9畳
(10~15 m²)
7~10畳
(11~17 m²)
8~12畳
(13~19 m²)
11~17畳
(18~28 m²)
15~23畳
(25~39 m²)
17~26畳
(29~43 m²)
【冷房】
能力(kW)
2.2
(0.4~3.0)
2.5
(0.4~3.2)
2.8
(0.4~3.2)
4.0
(0.5~4.3)
5.6
(0.5~5.7)
6.3
(0.5~6.4)
【冷房】
消費電力(W)
425
(110~770)
500
(110~830)
580
(110~830)
1,010
(120~1,600)
1,800
(160~2,390)
2,200
(160~2,500)
【暖房】
畳数のめやす
6~7畳
(9~11 m²)
6~8畳
(10~13 m²)
8~10畳
(13~16 m²)
11~14畳
(18~23 m²)
15~18畳
(24~30 m²)
16~20畳
(26~32 m²)
【暖房】
能力(kW)
2.5
(0.3~6.3)
2.8
(0.3~6.5)
3.6
(0.3~8.8)
5.0
(0.4~10.3)
6.7
(0.4~10.3)
7.1
(0.4~10.3)
【暖房】
消費電力(W)
470
(105~1,950)
525
(105~1,980)
705
(105~3,120)
1,170
(110~3,990)
1,940
(150~4,000)
2,320
(150~4,000)
【暖房】
外気温2℃時の暖房能力(kW)
5.0 5.2 6.4 8.0 8.0 8.0
【暖房】
外気温-7℃時/着霜あり時の暖房能力(kW)
4.7 4.9 5.9 7.4 7.4 7.4
【暖房】
外気温-15℃時の暖房能力(kW)
4.0 4.1 5.2 6.3 6.3 6.3
期間消費電力量
(kWh)
<JIS C 9612:2013>
640 751 828 1,401 2,077 2,383
省エネ基準
目標年度
2027年 2027年 2027年 2027年 2027年 2027年
省エネ基準
達成率(%)
104 101 103 87 86 87
通年エネルギー消費効率
(APF)
<新しい基準 JIS C 9612:2013に準拠>
6.5 6.3 6.4 5.4 5.1 5.0
APF区分
【冷媒】
種類
R32 R32 R32 R32 R32 R32
【冷媒】
封入量(kg)
0.99 1.16 1.18 1.20 1.17 1.20
【冷媒】
地球温暖化係数
(GWP)
675 675 675 675 675 675
定格冷房
エネルギー
消費効率
(冷房COP)
と区分
5.18
<区分い>
5.00
<区分い>
4.83
<区分い>
3.96
<区分ろ>
3.11
<区分ろ>
2.86
<区分い>
積雪・風雪に備える防雪部材

室外機に使用する防雪部材を設置の3つのポイントと共にご紹介します。

雪が積もっている室外機

ピックアップ

エアコンクリーニング

メーカーだからできるこだわりのクリーニング。室内機全ての部品を分解、見えない汚れも徹底的に洗浄。

「クリーニングサービス」ページへリンクします。
エアコンの選び方ガイド

あなたにピッタリのエアコンを選ぶためのチェックポイントを解説します。

選び方ガイドのバナー画像です。
リモコン対応品番検索

かんたんリモコンに対応したエアコンを検索できます!

「リモコン対応品番検索」ページへリンクします。

※オープン価格商品の価格は販売店にお問い合わせください。
●「畳数のめやす」は、お住まいの地域やお部屋の構造によって異なります。機種の選定にあたっては、これらの条件を考慮する必要がありますので、販売店にご相談ください。
●室内機の据え付け位置を決める際には、上下風向フラップの可動スペースが確保できているかをご確認ください。
●フィルターお掃除が自動排出の場合、配管が既に壁内に埋め込まれている場合は、排気ホース工事の確認が必要です。販売店にご相談ください。
●据付桟、アース棒は同梱されていません。
●室内機の寸法は実据付時の寸法とは異なります。

※1:【試験機関】(一財)ボーケン品質評価機構【試験方法】JIS Z 2911かび抵抗性試験方法(プラスチック製品の試験法B法)準拠【対象】JIS規定の菌株5種類【試験結果】かび抵抗性表示が2以下、「コーティングなし」と比較して1段階以上下回ったことを確認(試験番号20217071730-1)。【防カビ剤ポジティブリスト】第JP0501054A0001R号、第JP0501003A0002M号、第JP0501055A0002T号を使用【防カビ加工部位】送風ファン【防カビ加工方法】塗装【注意事項】防カビ試験は、SIAA指定方法にて実施しています。防カビ加工は、カビを死滅させるものではありません。使用条件によってはカビが発生する場合があります。SIAAの安全基準に適合しています。
※2:当社測定基準による。CS-TX403D2、当社環境試験室(14畳)、外気温2℃、室内温度11℃時、リモコン設定温度23℃、風量自動AIチャージ入設定にて暖房運転が開始されるまでの、予熱運転時の消費電力約350W、吹き出し温度約30℃。予熱運転の消費電力は設置環境、使用状況、学習結果によって異なります。(予熱運転は1日最大3回)暖房が押されなかった場合、予熱運転は最長約2時間で自動終了します。
※3:CS-TX403D2、当社環境試験室(約14畳)、外気温-20℃、設定温度25℃で安定運転後に、もっと設定にて吹き出し口付近の最高温度を確認。風量は暖房定格に対して約55%低下。
※4:もっとモードは、暖房時:約45分間/冷房時:約30分間、強力に暖める/冷やすモードです。足元の温度や吹き出し温度、最長吹き出し時間は、設置環境、使用状況により異なります。自動設定時は選択できません。
※5:外気温とは室外機の吸い込み温度です。使用環境・設置状況により能力の低下があります。所定の設置スペースを確保してください。冷房能力を保証するものではありません。
※6:【試験機関】(一財)カケンテストセンター【試験方法】試験室(約8畳)において布に付着させたカビ菌の発育を確認【除菌の方法】ナノイーXを放出【対象】付着したカビ菌【試験結果】約2時間で抑制効果を確認(KT-21-003341-4、2021年6月8日)。
※7:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】ナノイーX(9.6兆)24㎥ ナノイーX(48兆)23㎥の試験室(約6畳)内でELISA法で測定【抑制の方法】ナノイーXを放出【対象】花粉(スギ)【試験結果】ナノイーX(9.6兆)約12時間で99%の低減効果を確認(L19YA009) ナノイーX(48兆)約3時間で99%の低減効果を確認(H21YA017-1)。
※8:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】ナノイーX(9.6兆)24㎥ ナノイーX(48兆)23㎥の試験室(約6畳)において6段階臭気強度表示法により検証【脱臭の方法】ナノイーXを放出【対象】疑似体臭(ノネナール)【試験結果】ナノイーX(9.6兆)約30分で臭気強度1.1低減(Y18HM059)ナノイーX(48兆)約15分で臭気強度1.9低減(H21HM005-1)。
※9:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)で付着した有機物量を測定【抑制の方法】ナノイーXを放出【対象】アルカン:ヘキサデカン【試験結果】約12時間で99%以上分解(H21NF016)。
※10:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)内で電気泳動法またはELISA法による検証【抑制の方法】ナノイーXを放出【対象】アレル物質(ヤケヒョウヒダニ)【試験結果】約6時間で抑制効果を確認(H21YA046-1)。
※11:〈浮遊菌〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳)において菌を浮遊させ空気中の菌数を測定【除菌の方法】ナノイーXを放出【対象】浮遊した菌【試験結果】約4時間で99%以上抑制(北生発2016_0279号)。〈付着菌〉【試験機関】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させた菌数を測定【除菌の方法】ナノイーXを放出【対象】付着した菌【試験結果】約8時間で99%以上抑制(2013年6月14日、第13044083003-01号)。(試験はそれぞれ1種類のみの菌で実施)
※12:〈浮遊ウイルス〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳密閉空間)においてウイルスを浮遊させ空気中のウイルス感染価を測定【抑制の方法】ナノイーXを放出【対象】浮遊したウイルス【試験結果】約3.5時間で99%以上抑制(北生発2021_1659号)。〈付着ウイルス〉【試験機関】ホーチミンパスツール研究所【試験方法】試験室(約6畳密閉空間)においてウイルスを布に付着させウイルス感染価を測定【抑制の方法】ナノイーXを放出【対象】付着したウイルス【試験結果】約2時間で99%以上抑制(Accreditation No. VILAS Med 014)。(試験は1種類のみのウイルスで実施)