たとえば、猛暑や厳寒でも
ためらわずに使える省エネ性能。
お手入れの負担を減らす
内部の清潔性能。
そして、厳しい使用環境にも
負けない耐久性。
長く安心して使うための性能に
こだわりました。

NEW エオリア 2024年 
ハイグレードモデル
Xシリーズ

※エネチャージシステムとサーキュレーションモードによる省エネ。
CS-X404D2において当社独自の条件により評価。当社環境試験室(約14畳)

パナソニック独自の
快適を損なわない省エネ

エネチャージシステム

コンプレッサーの排熱を蓄えて冷暖房に有効活用。
  エネルギーのムダを省きます。

★家庭用エアコンにおいて。コンプレッサーの排熱を顕熱蓄熱し、暖房および冷房に再利用する技術。2020年11月21日発売。(当社調べ)

NEW エコインバーター制御

新制御の開発で、さらに省エネ*1な冷房運転を実現。

*1:CS-X404D2において、当社独自の条件により評価。運転安定時約1時間の積算消費電力量が、エコインバーター制御あり時=242Wh、エコインバーター制御なし時=287Wh。※1実際の消費電力量は条件により異なります。

NEW AI快適おまかせ

ワンボタンで運転モードと最適な温度を自動設定。
快適性を高めながら、自動で消費電力のムダを省きます。

お部屋の空気も
エアコン内部も清潔

エオリアは清潔イオン ナノイーX を搭載。
さまざまな有害物質に対する抑制効果*2により
お部屋の空気もエアコン内部も清潔に保ちます。

ナノイーXの抑制効果

*2:約8畳試験空間での〈カビ菌〉約2時間後※2 の抑制効果。約6畳試験空間での〈花粉〉約3時間後、※3 〈ニオイ〉約15分後、※4〈PM2.5〉約12時間後、※5〈アレル物質〉約6時間後※6の抑制効果。 約6畳密閉試験空間での〈浮遊菌〉約4時間後〈付着菌〉約8時間後、※7〈浮遊ウイルス〉約3.5時間後〈付着ウイルス〉約2時間後※8 の抑制効果。数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。

ナノイーX 内部クリーン

運転後にナノイーXをエアコン内部に充満させて、
カビ菌を除菌します。※9*3

ナノイーXが充満したエアコン内部のイメージ画像です。ナノイーXが充満したエアコン内部のイメージ画像です。

*3:生えてしまったカビを除去する機能ではありません。内部クリーン運転の動作内容を「送風自動」に変更した時は、カビの成長を抑制※10する効果となります。

フィルターお掃除ロボット

エアコン運転後に、自動で*4フィルターをお掃除。
さらにお掃除が完了したら、ホコリは外へ「自動排出」で手間いらず。

フィルターお掃除ロボットのイメージ画像です。フィルターお掃除ロボットのイメージ画像です。

*4:累積24時間以上運転後に自動で掃除。ホコリや油汚れが多い環境等でご使用になる時は、取り外して水洗いをする等をおすすめします。

1000を超える
厳しい品質試験をクリア

10 年使うものだから、信頼性の高いエアコンを。

実使用より厳しい環境で1000を超える試験を実施しています。

特長一覧

省エネエオリア独自の省エネテクノロジー

清潔・空気清浄お部屋の空気も エアコン内部も清潔

冷房速く冷える 快適が続く

暖房速く暖める 暖かさが続く

除湿季節や使い方に合わせた3つの除湿モード

エオリアAIムダ無く自動で快適運転

リモコン・便利こだわりの見やすさ 使いやすさ

Panasonic Quality1000を超える厳しい品質試験をクリア

ナノイーX空気中の有害物質を抑制

エオリア アプリ指先ひとつで快適に

本体を詳しく見る

室内機

室外機

リモコン

品番・仕様

畳数で選ぶ

冷房時おもに6畳用
CS-X224D

冷房時おもに8畳用
CS-X254D

冷房時おもに10畳用
CS-X284D

冷房時おもに12畳用
CS-X364D

冷房時おもに14畳用
CS-X404D

冷房時おもに14畳用
CS-X404D2

冷房時おもに18畳用
CS-X564D2

冷房時おもに20畳用
CS-X634D2

冷房時おもに23畳用
CS-X714D2

冷房時おもに26畳用
CS-X804D2

冷房時おもに29畳用
CS-X904D2

室外機品番 CU-X224D CU-X254D CU-X284D CU-X364D CU-X404D CU-X404D2 CU-X564D2 CU-X634D2 CU-X714D2 CU-X804D2 CU-X904D2
価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格
電源 単相 100V 単相 100V 単相 100V 単相 100V 単相 100V 単相 200V 単相 200V 単相 200V 単相 200V 単相 200V 単相 200V
電源プラグ プラグ形状 単相100V20A プラグ形状 単相100V20A プラグ形状 単相100V20A プラグ形状 単相100V20A プラグ形状 単相100V20A プラグ形状 単相200V20A プラグ形状 単相200V20A プラグ形状 単相200V20A プラグ形状 単相200V20A プラグ形状 単相200V20A プラグ形状 単相200V20A
【冷房】
畳数のめやす
6~9畳
(10~15 m²)
7~10畳
(11~17 m²)
8~12畳
(13~19 m²)
10~15畳
(16~25 m²)
11~17畳
(18~28 m²)
11~17畳
(18~28 m²)
15~23畳
(25~39 m²)
17~26畳
(29~43 m²)
20~30畳
(32~49 m²)
22~33畳
(36~55 m²)
25~38畳
(41~62 m²)
【冷房】
能力(kW)
2.2
(0.4~3.6)
2.5
(0.4~3.7)
2.8
(0.4~4.5)
3.6
(0.4~4.8)
4.0
(0.4~5.4)
4.0
(0.5~5.8)
5.6
(0.5~6.2)
6.3
(0.5~6.8)
7.1
(0.5~7.4)
8.0
(0.5~8.2)
9.0
(0.6~9.1)
【冷房】
消費電力(W)
425
(110~920)
500
(110~1,030)
515
(110~1,150)
825
(110~1,250)
960
(110~1,460)
830
(120~1,800)
1,580
(120~2,020)
1,880
(120~2,550)
2,340
(120~2,760)
2,850
(120~3,090)
3,000
(145~3,150)
【暖房】
畳数のめやす
6~7畳
(9~11 m²)
6~8畳
(10~13 m²)
8~10畳
(13~16 m²)
9~12畳
(15~19 m²)
11~14畳
(18~23 m²)
11~14畳
(18~23 m²)
15~18畳
(24~30 m²)
16~20畳
(26~32 m²)
19~23畳
(31~39 m²)
21~26畳
(35~43 m²)
23~29畳
(39~48 m²)
【暖房】
能力(kW)
2.5
(0.3~6.0)
2.8
(0.3~6.2)
3.6
(0.3~7.1)
4.2
(0.3~7.1)
5.0
(0.3~7.1)
5.0
(0.4~11.5)
6.7
(0.4~11.5)
7.1
(0.4~11.5)
8.5
(0.4~11.5)
9.5
(0.4~11.5)
10.6
(0.5~11.8)
【暖房】
消費電力(W)
440
(105~1,930)
515
(105~1,980)
690
(105~1,980)
915
(105~1,980)
1,160
(105~1,980)
950
(110~4,000)
1,500
(110~4,000)
1,630
(110~4,000)
2,230
(110~4,000)
2,600
(110~4,000)
3,150
(135~4,000)
【暖房】
外気温2℃時の暖房低温能力(kW)
4.6 4.7 5.6 5.6 5.6 9.0 9.0 9.0 9.0 9.0 9.4
消費電力量の目安(kWh)
<JIS C 9612:2013に準拠>
冷房時 168 190 203 296 333 297 473 579 662 819 1,022
暖房時 426 486 543 736 849 769 1,182 1,343 1,654 1,932 2,316
期間合計 594 676 746 1,032 1,182 1,066 1,655 1,922 2,316 2,751 3,338
省エネ基準
目標年度
2027年 2027年 2027年 2027年 2027年 2027年 2027年 2027年 2027年 2027年 2027年
省エネ基準
達成率(%)
106 106 107 100 96 107 101 101 98 96 92
通年エネルギー消費効率
(APF)
<JIS C 9612:2013に準拠>
7.0 7.0 7.1 6.6 6.4 7.1 6.4 6.2 5.8 5.5 5.1
【冷媒】
種類
R32 R32 R32 R32 R32 R32 R32 R32 R32 R32 R32
【冷媒】
封入量(kg)
0.87 0.87 0.87 0.87 0.87 1.15 1.15 1.44 1.44 1.44 1.55
【冷媒】
地球温暖化係数
(GWP)
675 675 675 675 675 675 675 675 675 675 675

エオリア ラインアップ

※1:CS-X404D2、冷房運転での測定例。当社環境試験室(約14畳)、外気温35℃、設定温度27℃で運転した場合。
※2:【試験機関】(一財)カケンテストセンター【試験方法】試験室(約8畳)において布に付着させたカビ菌の発育を確認【除菌の方法】ナノイーXを放出【対象】付着したカビ菌【試験結果】約2時間で抑制効果を確認(KT-21-003341-4)。
※3:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)内でELISA法で測定【抑制の方法】ナノイーXを放出【対象】花粉(スギ)【試験結果】約3時間で99%の抑制効果を確認(H21YA017-1)。
※4:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)において6段階臭気強度表示法により検証【脱臭の方法】ナノイーXを放出【対象】疑似体臭(ノネナール)【試験結果】約15分で臭気強度1.9低減(-21HM005-1)。
※5:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)で付着した有機物量を測定【抑制の方法】ナノイーXを放出【対象】アルカン:ヘキサデカン【試験結果】約12時間で99%以上分解(H21NF016)。
※6:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)内で電気泳動法またはELISA法による検証【抑制の方法】ナノイーXを放出【対象】アレル物質(ヤケヒョウヒダニ)【試験結果】約6時間で低減効果を確認(H21YA046-1)。
※7:〈浮遊菌〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳)において菌を浮遊させ空気中の菌数を測定【除菌の方法】ナノイーXを放出【対象】浮遊した菌【試験結果】約4時間で99%以上抑制(北生発2016_0279号)。〈付着菌〉【試験機関】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させた菌数を測定【除菌の方法】ナノイーXを放出【対象】付着した菌【試験結果】約8時間で99%以上抑制(第13044083003-01号)。(試験はそれぞれ1種類のみの菌で実施)
※8:〈浮遊ウイルス〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳密閉空間)においてウイルスを浮遊させ空気中のウイルス感染価を測定【抑制の方法】ナノイーXを放出【対象】浮遊したウイルス【試験結果】約3.5時間で99%以上抑制(北生発2021_1659号)。〈付着ウイルス〉【試験機関】ホーチミンパスツール研究所【試験方法】試験室(約6畳密閉空間)においてウイルスを布に付着させウイルス感染価を測定【抑制の方法】ナノイーXを放出【対象】付着したウイルス【試験結果】約2時間で99%以上抑制(Accreditation No. VILAS Med 014)。(試験は1種類のみのウイルスで実施)
※9:【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】室温25℃、湿度70%の試験室(約6畳)にて、エアコン内部にカビ菌を滴下した試験片を設置、1日3時間の冷房運転後に「内部クリーン」運転を動作させ、試験前と4日後のカビ菌の数を比較【試験結果】試験片のカビ菌(1種類)が、「内部クリーン」運転なし(自然減衰後)から99%除去されたことを確認(北生発2021_1202号)。
※10:【試験機関】(一社)カビ予報研究室【試験方法】室温25℃、湿度70%の試験室(約6畳)にて、エアコン内部にカビセンサーを設置、1日3時間の冷房運転後に内部クリーン運転ありとなしの条件において、4日後のカビの菌糸長を比較【試験結果】カビセンサー内のすべてのカビ(3種類)で、カビの成長が抑制されることを確認(210701)。
※11:【試験機関】(一財)日本繊維製品品質技術センター、(一財)ボーケン品質評価機構【試験方法】ISO 21702【試験結果】24時間後に99%以上の低減率を確認(試験番号21KB030030-3、-4)(試験番号20222033394-1)(試験番号61022020092、61022020096)【抗ウイルス剤】有機無機混合剤【加工部位・方法】エアフィルターに塗装●抗ウイルス加工は、病気の治療や予防を目的とするものではありません。SIAAの安全性基準に適合しています。●SIAAマークはISO 21702法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。
※12:【試験機関】(一財)ボーケン品質評価機構【試験方法】JIS Z 2801【試験結果】24時間後に99%以上の低減率を確認(試験番号JNLA2022K0729)(試験番号JNLA2022K0832)(試験番号JNLA2022K0681)【抗菌剤】有機無機混合剤【加工部位・方法】エアフィルターに塗装●SIAAマークは ISO 22196法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。
※13:【試験機関】(一財)ボーケン品質評価機構【試験方法】JIS Z 2911【試験結果】かび抵抗性表示が、「コーティングなし」と比較して1段階以上、下回ったことを確認(試験番号20217071730-1)【防カビ剤ポジティブリスト】第JP0501054A0001R号、第JP0501003A0002M号、第JP0501055A0002T号を使用【加工部位・方法】送風ファンに塗装●防カビ試験は、SIAA指定方法にて実施しています。防カビ加工は、カビを死滅させるものではありません。使用条件によってはカビが発生する場合があります。SIAAの安全性基準に適合しています。
※14:JRA9002【空調機器の耐塩害試験基準】屋外に設置される空調機器の「外郭を構成する部品」の金属素地上に主として防食および装飾の目的で塗装する部品の「塗膜の試験方法」についての規定。