録画機能 | 新4K衛星放送3番組を同時録画 | 4T401 / 4T301 / 4T201

録画機能録画機能

4Kチューナーを3つ内蔵NEW 業界初「新4K衛星放送」の3番組同時録画に対応

新4K衛星放送対応チューナーを3基搭載し、新4K衛星放送の3番組同時録画に対応。見たい・録りたい番組が重なっても録り逃しを防げます。
もちろん、従来のハイビジョン放送にも対応。新4K衛星放送2番組に、ハイビジョン放送1番組を加えて、最大3番組を同時に録画することもできます。

同時録画の組み合わせ

業界初*「新4K衛星放送」の3番組同時録画に対応業界初*「新4K衛星放送」の3番組同時録画に対応

*国内市販のブルーレイディスクレコーダーとして。2020年10月16日発売予定。
●新4K衛星放送の3番組録画中およびLAN録画中は、再生や編集はできません。新4K衛星放送の3番組録画中は、録画モード変換はできません。

新4K衛星放送をたっぷり録画できる「新4K衛星放送」の4K長時間録画モード

新4K衛星放送を4K長時間録画モードで録画できます。放送画質のまま録画するだけでなく、1.5倍~8倍の長時間録画をすることができます。「4K解像度」「広色域規格BT.2020」「10bitの階調表現」「HDR」「60p表示」などの要素を残しながら映像圧縮を行うため、高精細かつ色彩豊かでダイナミックなコントラスト表現を長時間モードでもお楽しみいただけます。
さらに、おまかせ長時間「4K 8~12倍録モード」を搭載し、より多くの「新4K衛星放送」番組を残せます。

おまかせ長時間「4K 8~12倍録モード」とは?

映像に応じて、録画の倍率を8倍から12倍までの間で自動的に調整します。例えば「動きの激しいスポーツ」「動きの少ないドラマやアニメ」など、番組ごとに自動で画質をコントロール。映像の乱れを抑えながら、たくさん録画することができます。

おまかせ長時間「4K 8~12倍録モード」の説明図おまかせ長時間「4K 8~12倍録モード」の説明図
「新4K衛星放送」の4K長時間録画モード「新4K衛星放送」の4K長時間録画モード

●新4K衛星放送は、放送画質(4KDRモード)または4K長時間録画モード(「4K 1.5倍録」から「4K 8~12倍録」まで)で録画可能です。4K長時間録画モードで録画する場合は、一旦、放送画質(4KDRモード)で録画後に指定した録画モードに自動変換します。4K長時間録画モードの倍率表記は、新4K衛星放送を4KDRモード(約33Mbps)で録画した場合と、それぞれの4K長時間録画モードで録画した場合の録画時間の倍率です。
●複数の音声信号を含む番組を録画する場合、4K長時間録画モードで記録できる音声は最大2つまでです。初期設定「4K画質の音声ch数優先」が「切」(初期値)の場合、記録音声はAAC 5.1chまたはAAC 2chのいずれか一方のみです。初期設定「4K画質の音声ch数優先」が「入」の場合、AAC 22.2chまたはAAC 7.1chの音声も記録できます。4K長時間録画モードの倍率表記は、記録する音声がAAC 2chの場合の倍率です。
●記録音声がAACのマルチchまたは2つ以上の場合は、録画できる時間は短くなります。
●スマホ転送番組を記録した場合、録画できる時間は短くなります。
●4KDRモードの番組は、4KDRモードの番組とのみ番組結合可能です。4K長時間録画モードの番組は、4K長時間録画モードの番組とのみ番組結合可能です。

長時間の新4K衛星放送を保存「新4K衛星放送」をブルーレイディスクにダビング

新4K衛星放送をブルーレイディスクにダビング

新4K衛星放送を放送画質そのままにブルーレイディスクへダビングすることができます。さらに、4K長時間録画モードで録画した番組をブルーレイディスクにダビングすることもできます。
4K 8倍録モードなら50GBディスクに約24時間分ダビングできるので、残しておきたいお気に入りの番組をよりたくさんアーカイブしておくことができて便利です。
また、USBハードディスク(別売)への動画ダビングにも対応しています。

新4K衛星放送をブルーレイディスクにダビング新4K衛星放送をブルーレイディスクにダビング

2つの4K記録方式のダビング/再生に対応

他の4Kレコーダーでダビングしたディスクを再生する時、本機でダビングしたディスクを他の4Kレコーダー/プレーヤーで再生する時も安心して見られます。

新4K衛星放送をブルーレイディスクにダビング新4K衛星放送をブルーレイディスクにダビング

●4KDRモード/4K長時間録画モードでブルーレイディスクにダビングした番組は、他機器では再生できない場合があります。再生確認情報はサポートページをご覧ください。
●ダビング10やコピーワンスは、放送事業者によって番組単位で設定されたダビング回数に制限されます。
●4KDRモード/4K長時間録画モードの番組を、ディスクへ「4K 4.5倍録」から「4K 8~12倍録」に変換しながらダビングすることはできません。一旦、内蔵HDD上で目的の録画モードに「録画モード変換」した後、その番組をディスクへ高速ダビングしてください。

旬の番組に関する記事が読める、録画予約もかんたん番組ニュース記事から番組検索&録画予約

番組ニュース画面

番組ニュースで、ドラマ・アニメ・映画・バラエティなど旬の番組に関する記事をチェック。記事画面から録画予約もおこなえます。

記事画面から番組を検索して録画予約できる

記事画面で「番組表で番組を探す」を選ぶと検索結果を表示

記事画面で「番組表で番組を探す」を選ぶと検索結果を表示

ワンタッチで録画予約できます

ワンタッチで録画予約できます

興味に合わせて関連記事や番組をおしらせ

再生した番組に関連する「番組ニュース」記事をポップアップでおしらせします。
さらに、記事から検索した番組のタイトルを検索キーワードとして自動登録。番組表から定期的に自動で検索し、タイトルに合致した番組があればポップアップでおしらせするので、気になる番組の録り逃しを防げます。

再生した番組に関連する記事があれば、ポップアップでお知らせ

再生した番組に関連する記事があれば、ポップアップでお知らせ

検索キーワードに合致した番組があれば、ポップアップでおしらせ

検索キーワードに合致した番組があれば、ポップアップでおしらせ

見逃しやすい新番組や特番、初放送の映画を一覧できる新番組/特番おしらせ

新番組/特番おしらせ

全ジャンルの新番組、特番、映画の初放送番組の内容や出演者を一覧で表示。番組改編期に新ドラマや新アニメ、特番をまとめてチェックできるので便利です。
そのままワンタッチで録画予約も可能。「新4K衛星放送」やBS、110度CSにも対応しています。

●新番組おしらせ:番組名に[新]、〈新〉、〈新番組〉、〈新シリーズ〉が含まれる番組が対象。
●特番おしらせ:18時から23時59分までに放送開始される1時間45分以上の地上デジタルの番組が対象。
●初放送おしらせ:番組名および番組内容に“初放送”/“TV初”/“テレビ初”/“地上波初”/“BS初”/“CS初”を含む[映画]が対象。
●リモコンボタンで表示の切り換えも可能です。
[青]ボタン:放送波ごとの絞込み、[赤]ボタン:画面に表示するジャンルの変更([ドラマ][アニメ][バラエティ][映画][全ジャンル]に切り換え可能)、[緑]ボタン:新番組/特番/初放送番組ごとの表示。

番組表からすぐに録画予約できるワンタッチ予約/録画

番組表からワンタッチで予約/録画!

番組表から録りたい番組を選んだら、「ワンタッチ予約/録画」ボタンを押すだけで予約が完了します。ワンタッチ予約のあとで毎週予約への変更や録画モードの変更もできます。

ジャンルやキーワードで自動検索・録画おまかせ録画

複数のキーワードを掛け合わせて、お好みに合わせた録画ができる!

ジャンルや好きなタレント名など、キーワードを登録すれば、自動で検出・録画。独自のサポート機能で、さらに高精度な番組検索も可能です。

●アンテナを接続してから番組情報を取得するまでに、1日程度かかる場合があります。
●自動的に行う予約録画が重なった場合、以下の優先順位で予約します。
1.検索条件が「ジャンル」または「カテゴリー」のおまかせ録画 2.カテゴリーまとめて予約 3.新番組おまかせ録画 4.検索条件が「ディモーラおまかせ」のおまかせ録画 5.ニュース録画
●同じ種類の予約録画が重なった場合、複数の番組を録画できないときは、以下の優先順位で予約します。
1.開始時刻の早い番組を優先 2.開始時刻が同じときは、4K放送、地上デジタル、BSデジタル、CSデジタルの順で番組を優先 3.放送波が同じときは、チャンネル番号の小さい番組を優先
契約が必要なチャンネルの関連番組は、契約していない場合は自動登録されません。

再放送除外設定

一度録画した番組の重複録画はしっかり回避。再放送の除外設定も可能です。

●番組名に「第2話」や「#2」などの話数が含まれる番組が対象で、同名・同一話の番組を除外します。途中で録画を中断した番組の再放送は録画予約します。再放送を録画予約する設定に変更することもできます。

長く録ってキレイに残せるハイビジョン画質の15倍長時間録画

15倍長時間録画ロゴ

放送データを圧縮して、ハイビジョン画質で長時間録画。最長15倍(15倍録モード時)の長時間で、同時録画も可能です。さらに、「アドバンスドAVCエンコーダー」で、長時間録画の際も画質の低下を抑えて、高精細でノイズの少ない美しい映像を記録できます。

[15倍録モードに関する注意事項]
●「新4K衛星放送」番組は、ハイビジョン画質(1.5倍~15倍録)で録画することはできません。放送画質(4KDR)または4K長時間録画モードで記録が可能です。録画後に録画モード変換機能でハイビジョン画質に変更することは可能です。
●「新4K衛星放送」の録画番組をハイビジョン画質(1.5倍~15倍録モード)に変換した番組は、字幕の入/切や、音声の切り換えはできません。
●15倍長時間録画はHDD/USB-HDD、ブルーレイディスクに、BS/110度CSデジタル放送のハイビジョン映像(約24Mbps)をDRモードで録画した場合と、15倍録モード(約1.6Mbps)で録画した場合の比較。地上デジタル放送のハイビジョン映像(約17Mbps)を15倍録モード(約1.6Mbps)で録画する場合は約10.6倍。サラウンド音声やマルチ音声の場合、録画時間が短くなる場合があります。

容量をどんどん増やせるUSBハードディスク録画対応

予約した番組を直接USBハードディスク(別売)に録画。USB3.0対応のUSBハードディスクなら、最大3番組を同時録画、新4K衛星放送は最大2番組を同時に録画できます。ハイビジョン画質で15倍長時間録画にも対応。内蔵ハードディスクに録画番組がいっぱいのときに便利です。

対応一覧 USB3.0対応 USB2.0対応
容量 160GB以上、4TB以下
同時録画番組数 最大3番組 最大1番組
最大登録台数 8台(通常登録用)(同時接続は1台のみ)

ブルーレイディスクに直接ダビングすることもできる

USBハードディスクの録画番組は、直接ブルーレイディスク/DVDにダビングして残せます。

●ブルーレイディスク/DVDにダビングした録画番組などを再度USBハードディスクに戻すことはできません。
●「新4K衛星放送」番組をブルーレイディスクに直接予約録画できません。一旦、内蔵HDDに録画した後でダビングしてください。
●DVDに直接予約録画できません。一旦、内蔵HDDに録画した後でハイビジョン画質(1.5倍~15倍録モード)に録画モードを変換してダビングしてください。

●USBハブは、ご使用いただけません。
●当社にて動作確認をしているUSBハードディスクをお使いください。すべての製品の動作保証をするものではありませんので、あらかじめご了承ください。動作確認機器についてはサポートページをご覧ください。
●USBハードディスクに不具合が起きた場合は、お買い上げのメーカーにお問い合わせください。
●万一何らかの不具合により、録画・編集されなかった場合の内容の補償、録画・編集されたデータの損失、ならびにこれらに関するその他の直接・間接の損害につきましては、当社は責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

●USBハードディスクがUSB2.0対応の場合、「新4K衛星放送」の番組は直接予約録画できません。ダビングのみ可能です。いったん、内蔵ハードディスクに録画した後でダビングしてください。
●USB3.0対応のUSBハードディスクに「新4K衛星放送」2番組を含む3番組同時録画中は、USBハードディスク内の録画済み番組の再生はできません。
●15倍長時間録画はハードディスク/USBハードディスク、ブルーレイディスクに、BS/110度CSデジタル放送のハイビジョン映像(約24Mbps)をDRモードで録画した場合と、15倍録モード(約1.6Mbps)で録画した場合の比較。地上デジタル放送のハイビジョン映像(約17Mbps)を15倍録モード(約1.6Mbps)で録画する場合は約10.6倍。サラウンド音声やマルチ音声の場合、録画時間が短くなる場合があります。

もっと録画したい方に

外付けハードディスク(2TB) DY-HD2000-K

特長

  • 新4K衛星放送を最大約520時間録画可能(4倍録モード録画時)

  • USB3.0対応

※4Kチューナー内蔵モデルの場合。

仕様

  • HDD容量:2TB

  • 外形寸法(幅×高さ×奥行):196mm×43mm×124mm

  • 質量:約1.0kg

外付けハードディスク(2TB) DY-HD2000-K

USBハードディスクまるごとお引越しSeeQVault(シーキューボルト)対応

SeeQVault(シーキューボルト)対応

SeeQVault対応のUSBハードディスクなら接続機器が変わっても録画番組が引き継げるので、ディーガを買い替えた後も、そのまま使用できます

*SeeQVaultフォーマットで使用する必要があります。
●4KDRモード/4K長時間録画モードの録画番組は、SeeQVaultフォーマットのUSB-HDDにダビングできません。ハイビジョン画質(1.5倍~15倍録モード)に録画モード変換するとダビング可能です。
●「SeeQVault」(シーキューボルト)とは、【様々な対応機器での再生互換性】と【強固なセキュリティ】を同時に実現する新たなコンテンツ保護技術です。
●SeeQVault対応USBハードディスクをSeeQVaultフォーマットして使う場合、放送番組の予約録画を直接記録することはできませんが、内蔵ハードディスクに一旦録画した番組をダビングすることができます。
●SeeQVault対応USBハードディスクを通常用フォーマットして使う場合は、SeeQVault非対応のUSBハードディスクと同等の動作となります。(他のディーガで利用できません)
●USBハブは、ご使用いただけません。
●当社にて動作確認をしているUSBハードディスクをお使いください。すべての製品の動作保証をするものではありませんので、あらかじめご了承ください。動作確認機器についてはサポートページをご覧ください。

買い替え時も、残したいデータをラクラク移せるお引越しダビング

お引越しダビング

お持ちのレコーダーで録画した番組を、LAN経由で新しいディーガへ、かんたんにダビングできます。
また、業界初、新4K衛星放送番組の4K/HDRでのお引越しダビングに対応。高画質な映像をそのまま新しいディーガにお引越しダビングすることができます。

[お引越しダビング対応機種]
ディーガやプライベートビエラなど、2012年秋以降の当社製お引越しダビング搭載機器が対象です。動作確認済の他社製品については、サポートページを参照ください。

*国内市販のブルーレイディスクレコーダーとして。2020年10月16日発売予定。
●4KDRモード/4K画質モードの録画番組のお引越しダビングに対応しています。ダビング元、ダビング先の両方が4K衛星放送の録画番組のお引越しダビングに対応している必要があります。対応機種についてはサポートページをご覧ください。
●1回に複数選択できる番組は99番組までです。
●プロテクト設定されている「1回だけ録画可」の番組や、ダウンロードした番組など、ダビングできない場合があります。
●他社製レコーダーはLANケーブル直結はできません。ルーター経由の接続が必要です。
●ディーガ間のお引越しダビングの場合、LANケーブルはストレートとクロスのどちらを使用しても問題ありません。

ケーブルテレビもハイビジョン画質で録れるケーブルテレビのハイビジョン録画/ダビング対応

ケーブルテレビのハイビジョン録画/ダビング対応

ケーブルテレビセットトップボックスをLANケーブルでディーガにつなぐと、受信した放送のハイビジョン録画やダビングができます。

●LAN録画のみ対応。
●日本ケーブルラボの認証を取得しています。
●ケーブルテレビ会社のサービス内容により、すべての機能をご利用いただけない場合があります。
●「ダビング10」の番組であっても、「コピーワンス」の番組になります。セットトップボックスの機種によっては、機能がない場合があります。
当社のケーブルテレビセットトップボックスについて詳しくはこちらをご覧ください。
●ケーブルテレビデジタルセットトップボックスはケーブルテレビ事業者向け取り扱い製品となります。お取り扱いについては、地域のケーブルテレビ事業者にお問い合わせください。

「スカパー!」の番組をハイビジョン録画できるスカパー!プレミアムサービスLink(録画/ダビング)

スカパー!プレミアムサービスLink(録画)/(ダビング)

スカパー!プレミアムサービス(スカパー!HD)対応チューナーとディーガをLAN接続すれば、チューナーの番組表から連動してディーガのハードディスクに録画できます。録画した番組はブルーレイディスクにダビング(ムーブ)も可能です。

※コピーフリー番組はダビングとなります。またDVDからのムーブはできません。

●「スカパー!プレミアムサービスLink(録画)」に対応したチューナーと視聴契約が必要です。標準画質のチャンネルは、標準画質での録画となります。ディーガで録画モードを変更することはできません。
●本体チューナーでのデジタル放送番組と「スカパー!プレミアムサービス」の組み合わせで同時録画が可能です。詳しくは同時録画についての注意事項をご覧ください。

[BS4K/110度CS4K放送(新4K衛星放送)の視聴・録画に関する注意事項]

●「新4K衛星放送」の3番組同時録画中は、録画中番組以外の「新4K衛星放送」を視聴することはできません。
●「新4K衛星放送」の3番組録画中およびLAN 録画中は、再生や編集はできません。「新4K衛星放送」の3番組録画中は、録画モード変換はできません。
●地上デジタルやBS・CSデジタルの番組を「新4K衛星放送」対応チューナーで3番組同時録画中は、「新4K衛星放送」の視聴・録画はできません。
●新4K衛星放送は、放送画質(4KDRモード)または4K長時間録画モード(「4K 1.5倍録」から「4K 8~12倍録」まで)で録画可能です。4K長時間録画モードで録画する場合は、一旦、放送画質(4KDRモード)で録画後に指定した録画モードに自動変換します。4K長時間録画モードの倍率表記は、新4K衛星放送を4KDRモード(約33Mbps)で録画した場合と、それぞれの4K長時間録画モードで録画した場合の録画時間の倍率です。
●複数の音声信号を含む番組を録画する場合、4K長時間録画モードで記録できる音声は最大2つまでです。初期設定「4K画質の音声ch数優先」が「切」(初期値)の場合、記録音声はAAC 5.1chまたはAAC 2chのいずれか一方のみです。初期設定「4K画質の音声ch数優先」が「入」の場合、AAC 22.2chまたはAAC 7.1chの音声も記録できます。4K長時間録画モードの倍率表記は、記録する音声がAAC 2chの場合の倍率です。
●記録音声がAACのマルチchまたは2つ以上の場合は、録画できる時間は短くなります。
●スマホ転送番組を記録した場合、録画できる時間は短くなります。
●4K 8~12倍録モードは、8倍録から12倍録の間で「動きの激しいスポーツ」「動きの少ないドラマやアニメ」など映像に合わせて画質を自動でコントロールしながら、長時間録画します。
●「新4K衛星放送」の録画番組をハイビジョン画質(1.5倍~15倍録モード)に変換した番組は、字幕の入/切や、音声の切り換えはできません。
●現在放送中の「新4K衛星放送」番組は、スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)で視聴できません。
4KDRモード/4K長時間録画モードの録画番組の再生について、詳細はサポートページをご覧ください。
●現在放送中の「新4K衛星放送」番組の放送転送はできません。

【BSによる8K放送について】
2018年から放送が開始されたBSによる8K放送の受信および録画機能は搭載されていません。

●記載されている各種名称、会社名、商品名などは、各社の登録商標または商標です。
●機能説明写真、シーン写真、イラストはイメージです。

●4T401/4CT401の両品番において、商品スペックに差異はありません。
●4T301/4CT301の両品番において、商品スペックに差異はありません。
●4T201/4CT201の両品番において、商品スペックに差異はありません。
●本ページでは、4T401/4T301/4T201を例に機能を紹介しています。

新4K衛星放送3番組を同時録画

録画機能

スマートフォンで録画も視聴も

スマホ連携

動画や写真を保存できる

おうちクラウド

臨場感ある映像美を再現

高画質

いつもの音もより高音質で

高音質

録画した番組をすぐに楽しめる

再生機能

VODを楽しめる

ネット動画

様々な機器と連携できる

機器連携

その他の機能

すぐに使い始められる

らくらく設定

かんたんに使える

かんたん操作

録画を好きな部屋で見られる

お部屋ジャンプリンク
DMR-4T401
DMR-4CT401
DMR-4T401/DMR-4CT401
DMR-4T301
DMR-4CT301
DMR-4T301/DMR-4CT301
DMR-4T201
DMR-4CT201
DMR-4T201/DMR-4CT201
4TB

オープン価格

> 詳細
(スペック)

> よくあるご質問
3TB

オープン価格

> 詳細
(スペック)

> よくあるご質問
2TB

オープン価格

> 詳細
(スペック)

> よくあるご質問