NEW ヘアードライヤー ナノケア EH-NA2J 9月上旬発売予定

ヘアードライヤー ナノケア EH-NA2J PN(ピンクゴールド) W(ホワイト)、ボディは小さくてもパワフルドライ、「ナノイー」、水分量3、コンパクト、風量1.3㎥/分(TURBO時)、速乾ノズル(取りはずし式)、イオンチャージ ヘアードライヤー ナノケア EH-NA2J PN(ピンクゴールド) W(ホワイト)、ボディは小さくてもパワフルドライ、「ナノイー」、水分量3、コンパクト、風量1.3㎥/分(TURBO時)、速乾ノズル(取りはずし式)、イオンチャージ

軽くて使いやすい、コンパクト&軽量タイプ。※2

ヘアードライヤー ナノケア EH-NA2Jの3つのおすすめポイント

  1. ナノイーが髪に浸透。髪にうるおい与える
  2. 軽くて使いやすいコンパクトサイズ※2
  3. 速乾ノズルで、毛束をほぐし、スピーディに乾燥。

1. ナノイーが髪に浸透。髪にうるおい与える

髪の水分バランスを整えうねりを抑制し、なめらかな指通りへ。

髪本来の美しいツヤや、なめらかな指通りを失わせる原因の一つが、髪のうねり。微細なナノイーが髪に水分を与え、髪の水分バランスを整えることでうねりを抑制するので、つややかでスタイリングのしやすい髪へ導きます。

【モデル試験方法】
毛束をブラシでとかしながら5秒間ドライヤーをあてた時の処理前後の毛束幅の変化率

  • 当社調べ

  • 効果には個人差があります

【グラフ】イオンなし、マイナスイオンと比べてナノイーの方がくせの伸び率が高い

2. 軽くて使いやすいコンパクトサイズ※2

乾かすときに手が疲れにくい

ヘアードライヤー ナノケアシリーズ最軽量モデル。
(重さ約475 g/速乾ノズル含まず)
乾かすときに手が疲れにくいので、重さが気になる方におすすめ。

【写真】EH-NA0G(幅21.6cm)とEH-NA2J(幅15.7cm)の幅比較
持ち運びにも

カバンの中でかさばりにくく軽量なので、出張や旅行、ジムなど外出先に持ち運びたい方にもおすすめ。

3. 速乾ノズルで、毛束をほぐし、スピーディに乾燥。

速く乾いて、きれいに仕上がる

速乾ノズルなら、バランスのよい風で毛束をほぐし、速く美しく髪を乾かします。

速乾ノズル部分の拡大写真

COLD(冷風)モード搭載

温風でセットした髪を冷風でキープする温冷テクニックで、旅先でもつやつやスタイリング。

サポート

取扱説明書

ヘアードライヤー ナノケア EH-NA2Jの取扱説明書をダウンロードすることができます

取扱説明書

FAQ

お客さまによくお問合せいただく「ドライヤー」についてのご質問をおまとめしました

FAQ

比較表

ヘアードライヤーナノケアEH-NA2JとEH-NA9Gの比較 ,EH-NA2J:「ナノイー」、水分量3、重さ約475g(速乾ノズル含まず)、風量1.3㎥/分(TURBO・ノズル装着なしの時) EH-NA9G:「ナノイー」、水分量3、重さ約575g(セットノズル含まず)、5つのモード搭載、風量1.3㎥/分(TURBO時)ヘアードライヤーナノケアEH-NA2JとEH-NA9Gの比較 ,EH-NA2J:「ナノイー」、水分量3、重さ約475g(速乾ノズル含まず)、風量1.3㎥/分(TURBO・ノズル装着なしの時) EH-NA9G:「ナノイー」、水分量3、重さ約575g(セットノズル含まず)、5つのモード搭載、風量1.3㎥/分(TURBO時)

お近くの販売店を探す

おすすめ商品

うるおい速乾を追求するナノケアの進化形態。高浸透ナノイー&ミネラル※3でツヤとまとまり感を実感。

ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0J

ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0J

摩擦ダメージを抑えながら1回すべらせるだけで仕上がり別格。ツヤめくストレートが夜までつづく。

ストレートアイロン ナノケア EH-HS0J

ストレートアイロン ナノケア EH-HS0J

ちょっとしたお出かけ前や忙しい時にもとかすだけで簡単、さらツヤストレート

ブラシストレートアイロン イオニティ EH-HS30

ブラシストレートアイロン イオニティ EH-HS30

いろいろなヘアアレンジが楽しめる。1台でカールもストレートも多彩にアレンジ

コンパクトブラシアイロン 26mm 2Way EH-HV41

コンパクトブラシアイロン 26mm 2Way EH-HV41

※1 ノズル装着なしの時
※2 当社ヘアードライヤー ナノケアにおいて
※3 ミネラルとは、亜鉛電極を含む放電ユニットから発生されるミネラルマイナスイオンです。

  • 使用環境(季節・湿度など)や個人差で、効果は異なります。
  • 商品使用シーン写真・イラストはイメージです。
  • 製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。
  • 試験条件は、特に記載のない場合は日本電機工業会自主基準HD-129に基づきます。