服についたニオイを脱臭

服についたニオイを脱臭 服についたニオイを脱臭

頻繁にお洗濯できない衣類についた気になるニオイ。パナソニックの衣類スチーマーなら汗や飲食、タバコのニオイはもちろん、加齢臭までしっかりとります。

衣類スチーマーで服のニオイとり

スチームで脱臭できるメカニズムとは

高温で微細なスチームの粒子と、スチームが噴射される勢いで、ニオイの粒子を除去します。

脱臭のイメージ
服のニオイをとる、必須アイテム
スチームで脱臭!

特に、スーツやジャケットなど、なかなか洗う機会が少ないアイテムのニオイの脱臭に、衣類スチーマーが役立ちます。

衣類ニオイのワースト3は、汗臭・タバコ臭・加齢臭

他人の衣類のニオイで気になるのは?

汗は夏だけでなく春先もニオイやすいので要注意。また、ストレスによる脂汗もニオイが強くなりやすいと言われています。

 

[調査概要]
調査目的: ビジネスシーンにおける身だしなみに関する意識調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2018.2.21~2018.2.23
調査人数:男女100人

衣類スチーマーなら、そんなニオイをまとめてケア!
加齢臭・汗・タバコ・生乾き臭・ペット臭・飲食臭・防虫剤臭 加齢臭・汗・タバコ・生乾き臭・ペット臭・飲食臭・防虫剤臭

Pick up! 汗臭

汗臭の正体 汗臭の正体

汗の成分がニオイ菌に分解されたり、皮脂が酸化することでニオイ発生。男性の方が女性に比べて、汗の量、皮脂量とも多い。

[ 注意すべきパーツ ]
ワキ

男性の方がワキのニオイ菌の割合が高い!

汗をかいたら自分でも気づくので、ボディペーパーでふき取ったり、制汗剤をつけたりしますよね。
でも、体のケアをした後に、服に残っている汗のニオイが気になったことはありませんか?

汗臭対策のPOINT 汗臭対策のPOINT

汗のニオイとりは、ニオイ菌の割合が高いワキに衣類スチーマーをあてよう!

 

Pick up! 加齢臭

加齢臭の正体 加齢臭の正体

加齢にともなって発生するニオイの原因物質「ノネナール」が加齢臭の正体。男女問わず、40歳を過ぎたころから増加します。

[ 注意すべきパーツ ]
頭部や首の後ろ、耳のまわり、胸もと、脇、背中など、皮脂の分泌量が多いところ

加齢臭の注意すべきパーツ「おなか側」のイメージ図です。
加齢臭の注意すべきパーツ「背中側」のイメージ図です。

加齢とともに強くなる加齢臭。実は自分よりも他の人の方が気になりがち。また、「専用のボディソープで体を洗っていれば大丈夫! 」と思った人はいませんか?加齢臭は着ていた服にも残るので、衣類のケアも怠ってはいけません。

グラフ

Q.自分や人の「加齢臭」が気になる衣類はどれですか(複数回答)

スーツ・ジャケット44.7%、ポロシャツ・シャツ38.1%、下着27.1%、パジャマ21.6%、コート16.1%、セーター15.0%、帽子14.1%、マフラー・スカーフ11.6%、ズボン・スカート7.4%、その他5.2% 当社調べ スーツ・ジャケット44.7%、ポロシャツ・シャツ38.1%、下着27.1%、パジャマ21.6%、コート16.1%、セーター15.0%、帽子14.1%、マフラー・スカーフ11.6%、ズボン・スカート7.4%、その他5.2% 当社調べ

スーツやジャケットのニオイが気になっている人が約45%!

加齢臭対策のPOINT 加齢臭対策のPOINT

加齢臭のニオイとりは、皮脂の分泌量が多い首まわり、胸もと、ワキ、背中に衣類スチーマーをあてよう!

商品ラインアップ

ライフスタイルに合わせて選べる2タイプ

たっぷり使えてサッとシワとり
NI-FS750

*タンク2倍はNI-FS550との比較。

タンク2倍モデル、NI-FS750

手軽にサッとシワとり
NI-FS550

ベーシックモデル、NI-FS550

おすすめコンテンツ

シーン別・こんなに嫌われるシワ×ニオイ

シワとニオイに対する「本音」をアンケート調査しました。

シーン別・こんなに嫌われるシワ×ニオイバナーです。クリックするとページに移動します。

※1 脱臭効果について(当社調べ)【試験対象】衣類に付着したタバコ臭・飲食臭(焼肉・焼き魚)・汗のニオイ・防虫剤臭・加齢臭【試験方法】ニオイをつけたウールの生地に約10秒間スチームをあて、脱臭効果を6段階臭気強度法にて評価。付着させたニオイは以下のとおり。タバコ臭:約30 L の試験容器内で約16分間煙に曝露。飲食臭(牛肉・さんまを焼いたニオイ):約90 L の試験容器内で、煙に約16分間曝露。汗のニオイ:汗臭薬品(ヘキサン酸+マカデミアナッツオイル)を注射器で0.05 mL 滴下。加齢臭:加齢臭薬品(ノネナール)を注射器で0.05 mL 滴下。防虫剤臭:約10 L の試験容器内に防虫剤(ナフタリン系、しょうのう、パラジクロロベンゼン)と布を入れ12日間放置。【試験結果】対象の臭気それぞれにおいて、有意な臭気抑制効果を確認。●脱臭効果の感じ方には、個人差があります。

●写真・イラストはイメージです。
●写真のスチームは見えやすい環境で撮影しています。

 

■調査について
「男性の身だしなみに関する意識調査」
調査方法:インターネット調査
調査期間:2018年2月21日(水)~2018年2月23日(金)
調査人数:20代~30代女性 100人

「加齢臭に関する調査」
調査方法:インターネット調査
調査期間:2018年2月27日(火)~2月28日(水)
調査対象:全国の20~59歳の男女
有効回答:5,000サンプル