エアコンの臭い、気になっていませんか? 原因と対処法をご紹介

監修:藤原 千秋
ライター:UP LIFE編集部
2022年4月28日 空気

エアコンの暖房や冷房をつけると、何だかイヤな臭い……。最初だけかと思って我慢していても、運転させるたびに臭いが気になることもありがちです。これはカビ? それともホコリのせい? 判別しづらい臭いの原因と対処法を、掃除の専門家である藤原千秋さんに教えてもらいました。

エアコンの臭いが発生する要因は、その構造にあり

久しぶりにエアコンをつけて臭いが気になること、ありませんか? 藤原さんによると、この臭いにはエアコンの構造が大きく関わってくるそうです。

室内の空気を臭いごと取り込むエアコンの構造

イラスト:ホコリを含んだお部屋の空気は、フィルター、熱交換器、送風ファンを通って、ホコリが除去されたキレイな空気となり、お部屋に戻される

「以前の記事、『キレイな空気のお部屋で過ごしたい! 換気のコツや、エアコンのフィルターや内部の正しいお掃除方法』でもお話ししたように、通常、エアコンは内部循環式。室内の空気を取り込んで熱交換をすることで、冷暖房運転を行っています。つまり、室内の空気に含まれる臭いも内部に取り込んでいるということですね」

エアコンに影響する室内の臭いの正体は?

「室内の空気は、ホコリ、アロマやお線香のほか、キッチンに通じている部屋のエアコンなら油煙、喫煙者がいれば煙草の煙など、実はさまざまな臭いであふれています。エアコンの臭いの元となるのが、こうした臭い。ちなみに、洗濯で柔軟剤を使っている家庭なら、ホコリ自体が柔軟剤の臭いになりがちです。これは、ホコリには衣類から落ちた繊維が多く混じっているため。最近は在宅時間が長くなっている人も多いので、柔軟剤の臭いがする繊維由来のホコリも増えているでしょうね」

何より困るのは、内部に発生したカビの臭い!

室内の空気には、臭いだけでなくさまざまな種類の汚れも含まれています。こうした汚れがホコリと共にエアコン内部に入り込めばカビを発生させる要因となり、結果としてエアコンをカビ臭くしてしまうのだとか。

「ホコリにはカビ胞子はもちろん、私たちの皮膚がはがれ落ちたものや、唾液が乾いて粉末状になったもの、ペットがいれば臭腺からの分泌物なども含まれています。いずれも、カビにとっては格好の栄養。カビの生育条件は、私たちが快適に感じる温度と湿度に合致するので、栄養も摂れるエアコン内部はカビが生えやすい環境なんです。エアコンの内部は見えないので気付きにくいですが、少しでも臭ければカビが発生している可能性がありますね」

臭い=汚れと考えて、できるだけ早めに対処を

エアコンが臭うということは、すなわち内部が汚れているということ。藤原さんも、「エアコン内部は見えないけれど、嗅覚を頼りにすれば汚れがうかがえる」と語っています。

「カビの臭いといえばツンとした刺激があるものですが、それだけでなく雑巾の臭い、部屋干しのすえたような臭いが感じられることも多いのではないでしょうか。あれらは、繁殖した雑菌から発生しているもの。いずれにせよ、エアコンから違和感のある臭いがするなら対処が必要です。なお、人の嗅覚は時間が経つと慣れてくるので、エアコンを始動させてから5分〜10分くらいの間に感じ取れる臭いに注意すると良いでしょう」

発生させないことが重要! 季節ごとのカビ予防策

イラスト:カビ

さまざまなエアコンの臭いがある中でも、特に良い気分がしないのはカビの臭い。これを避けるには、とにかくカビを発生させないことが大切です。梅雨のように湿度が高い時期だけ警戒すればいいようにも思いますが、「決してそうとは言えません」と、藤原さん。

「夏でも冬でもカビが好む環境は同じで、温度20〜30℃、湿度60%以上と言われています。冬でも加湿機や結露による水分があるので、冬は乾燥しているからと思い込んで、対策を疎かにしないようにしたいですね。なお、湿度は50〜60%の範囲内に留めるのが理想。ただし、室内環境だけで無理に調整するのではなく、夏と冬のカビの原因を知り、適切な対策を施すことが大切ですね」

夏、冷房シーズンのカビ予防策

藤原さんによると、「夏のカビ予防では、冷房運転後の結露に注意が必要」なのだとか。

「冷房運転後はエアコン内部に結露が発生し、湿度が高くなりカビの育成を助けてしまいます。自動乾燥機能が搭載されたエアコンの場合、電気代がもったいないと電源を切らずに、運転するごとにしっかりと使うようにしましょう。また自動乾燥機能がないモデルの場合は冷房運転をオフした後に30分ほど暖房運転を行って、内部をしっかり乾燥させるのがオススメ。なお、送風モードでも乾かせますが、3時間ほどはかかるので状況に応じて使い分けましょう」

冬、暖房シーズンのカビ予防策

冬の場合は「部屋の加湿しすぎに気をつけましょう」と、藤原さん。

「カビが好む湿度を考えれば、過度の加湿は避けたいところ。湿度が高いと、カビと共にお部屋にダニも増えてしまうので注意してください。もし、湿度が上がりすぎた場合は、積極的に乾燥した外気を取り入れる換気をしましょう。また、鍋料理のようにキッチン以外の場所で調理した場合も、湿気がこもってしまいがちなので換気は必須です。このほか、窓周辺の結露をそのままにしておくのは、窓枠やカーテンなどにカビが発生しやすくなるのでNG。室内のカビが増えると、当然ながらエアコンの内部に胞子が入る量も増加してしまいます」

気を付けていても発生するイヤな臭い。どう対処すればいい?

写真:親子のイメージ

そもそもエアコンの臭いを発生させたくないなら、カビと同じように、エアコン内部に入り込む汚れをできるだけ減らす必要があります。

エアコンからの臭い発生をできるだけ抑えるには

「まず、ダイニングテーブルで焼肉をするなど、換気扇から離れた場所での調理は油煙の元になります、また、ルームフレグランスや柔軟剤など、強い香りを発生させるものも過度の使用を避けたほうが無難です。特にお香やお線香など煙の出るものは、気密性の高い住宅ではすぐに充満してしまうのでご注意を。煙やヤニを発生させる煙草も、せめて換気扇の近くで吸うようにしたいですね。

当然ながら、エアコンのフィルター掃除はこまめに。メーカーの推奨は2週間に1回ですが、なかなか手間をかけづらいのも事実。それであれば、エアコンを選ぶとき、フィルターの自動お掃除機能付きモデルにすれば、この手間がだいぶ省けるので便利ですね。また、部屋自体の掃除や、定期的な換気も大切。空気中に漂うホコリなども少なくなるので、エアコン内部に入り込む分を減らせますよ」

臭いが気になるときにできる応急処置は?

いくら汚れないように気を付けていても、完全にシャットアウトすることはできません。いずれは臭いが発生する可能性もありますが、そんなときの対処法はあるのでしょうか?

「自分でできる応急処置は、とにかくフィルターの掃除です。掃除機でホコリを吸い取るだけでなく、取り外して浴室などで水と中性洗剤とで洗い、油分までキレイしましょう。エアコンに取り付ける前に、しっかり乾燥させることもお忘れなく」

何をしても臭い! そんなときはお掃除業者の手を借りて

「フィルターを洗っても臭いが治まらない場合は、もはや内部を洗浄するしかありません。ただし、エアコンの内部構造は複雑なもの。自分でやろうとすると破損につながる可能性が高いので、エアコンクリーニングの業者に依頼するようにしてください。

意外と気付かない人もいますが、フィルターやフラップの奥などに黒い汚れが見えたら、それはカビ。そのままエアコンを使えばカビの胞子が室内に放出されることになりますし、内部にもカビが生えているだろうと考えられるので、できるだけ早くクリーニングを依頼しましょう。個人的には、本体価格が多少高くなっても良いので、エアコン購入時にエアコンクリーニングのサブスクリプションサービスがついてくるといいなと思っています(笑)」

臭いや汚れを抑制し、空気を整えるエアコン。『エオリア LXシリーズ』

画像:エオリア LXシリーズ

パナソニックのエアコン『エオリア LXシリーズ』は、臭いが気になる人にもオススメのモデルです。

新しくなったナノイーXで、室内の空気もエアコン内部も清潔に

『エオリア LXシリーズ』に搭載された「ナノイーX(48兆)」は、室内の空気に含まれる有害物質を抑制*1*2するほか、内部に入り込んだカビ菌の除菌*3も可能になりました。室内の空気を清潔にするのはもちろん、エアコン内部のすみずみまでナノイーXを行き渡らせるので、臭いのもとになるカビ対策にはうってつけ!

室内に漂う臭いと汚れを追い出す、新搭載の換気機能

これまで、多くのエアコンにはなかった換気機能を、『LXシリーズ』に新採用。室外機に「換気・除加湿ユニット」を搭載したことで、冷暖房しながら外気をたっぷり取り込んでの換気が可能となりました。今まで室内にこもる臭いが気になっていたという人も、これなら快適に過ごせるはず。

エアコンなのに加湿まで可能に! しかも給水の手間は不要

室外機の「換気・除加湿」ユニットに、吸湿・放湿力に優れた「高分子吸着材」を搭載。外気の水分を集めて室内に送り込むので、給水レスでの加湿を実現しています。暖房しながらの加湿も加湿単独での運転もできるので、乾燥が気になる人にも最適。

空気を総合的に整える、さまざまな機能を搭載した『LXシリーズ』。フィルターお掃除機能にいち早く取り組んできたのがパナソニック。LXシリーズでもそれ意外のモデルでも、フィルターお掃除ロボットを搭載し、藤原さんも「手間が省けて便利」と評しています。

「『LXシリーズ』は、エアフィルターに付着したホコリを取り除くフィルターお掃除ロボットも搭載しているので、まめなお手入れが苦手な人にもピッタリ。除去したホコリは屋外に自動で排出することもできるので、何かと面倒がありません。フィルターを通過してエアコン内部に入り込んだ汚れも、”ナノイーX”が抑制してくれると聞くと安心できますね」

この記事で紹介した商品

藤原 千秋(ふじわら ちあき)

監修:藤原 千秋(ふじわら ちあき)

主に住まい・暮らしまわりの記事を専門に執筆して22年目。現在はライティングの傍ら監修、企画、広告、アドバイザリーなどの業務に携わる。プライベートでは三女の母。『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』(朝日新聞出版)など著書監修、マスコミ出演多数。総合情報サイト『All About』家事・掃除・子育てガイド。

*1 約6畳試験空間での抑制効果の比較です。 〈カビ菌〉「ナノイーX 9.6兆」:約6時間後、「ナノイーX 48兆」:約2時間後。〈花粉〉「ナノイーX 9.6兆」:約12時間後、「ナノイーX 48兆」:約3時間後。〈ニオイ〉「ナノイーX 9.6兆」:約60分後、「ナノイーX 48兆」:約15分後。〈アレル物質〉「ナノイーX 9.6兆」:約12時間後、「ナノイーX 48兆」:約6時間後の抑制効果です。数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。
*2 約6畳密閉試験空間での〈浮遊菌〉約4時間後〈付着菌〉約8時間後、〈浮遊ウイルス〉約6時間後〈付着ウイルス〉約2時間後の抑制効果です。 約6畳試験空間での〈PM2.5〉約12時間後の抑制効果です。数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。
*3 生えてしまったカビを除去する機能ではありません。

2022年4月28日 空気

記事の内容や商品の情報は掲載当時のものです。

イヤ~な花粉対策に、空気清浄機をちゃんと活用できていますか?

2022年4月28日

イヤ~な花粉対策に、空気清浄機をちゃんと活用できていますか?

花粉のお悩み。地域や季節ごとの飛散時期と特徴、対策術は?

2022年3月16日

花粉のお悩み。地域や季節ごとの飛散時期と特徴、対策術は?

エアコン利用時の換気、どうしてる? 換気機能付きの最新モデルも要チェック

2022年1月25日

エアコン利用時の換気、どうしてる? 換気機能付きの最新モデルも要チェック

驚くほどQOLが上がる? エアコンのIoT化で実現できること

2022年1月25日

驚くほどQOLが上がる? エアコンのIoT化で実現できること

おすすめ記事

自宅でのムダ毛処理の正しい方法!ツール別に正しいやり方を解説

2022年6月17日

自宅でのムダ毛処理の正しい方法!ツール別に正しいやり方を解説

ワイシャツをきれいにアイロンがけする方法とは?!

2022年6月16日

ワイシャツをきれいにアイロンがけする方法とは?

よく読まれている記事

生姜は冷凍保存が便利!香りをキープして長持ちさせる保存方法

2022年4月13日

生姜は冷凍保存が便利!香りをキープして長持ちさせる保存方法

臭い靴のニオイは身近なモノで消せる!臭い原因と消臭対策とは

2022年3月17日

臭い靴のニオイは身近なモノで消せる!臭い原因と消臭対策とは