「エアコンの臭いの原因はカビだけ? 季節に合わせた対策とは」のメインビジュアルです。「エアコンの臭いの原因はカビだけ? 季節に合わせた対策とは」のメインビジュアルです。

エアコンの臭いの原因はカビだけ? 季節に合わせた対策とは

監修:藤原 千秋
ライター:UP LIFE編集部
2020年2月14日 空気

エアコンの暖房や冷房をつけると、何だかイヤな臭い……。最初だけかと思っていてもなかなか消えなかったり、ある日突然、気になったりすることもありますよね。この臭い、どうにかしたい! そう思うなら、季節に合わせた対策法を実践してみては? 夏と冬ではエアコンの臭い対策は変わってくるもの。カビやホコリ、 その他さまざまなポイントを、掃除の専門家である藤原千秋さんに教えてもらいました。

エアコンの臭いが発生する要因は、その構造にあり

久しぶりにエアコンをつけて臭いが気になること、ありませんか? 藤原さんによると、この臭いにはエアコンの構造が大きく関わってくるそうです。

「以前の記事、『大掃除でも実践したい! 正しいエアコンフィルターのお掃除術』でもお話ししたように、エアコンは内部循環式。室内の空気を取り込んで熱交換をすることで、冷暖房運転を行っています。つまり、室内の空気に含まれる臭いも内部に取り込んでいるということ。

ホコリを含んだお部屋の空気は、フィルター、熱交換器、送風ファンを通って、ホコリが除去されたキレイな空気となり、お部屋に戻されることを示したイラストです。

室内の空気には、ホコリ、アロマやお線香のほか、キッチンに通じている部屋のエアコンなら油煙、喫煙者がいれば煙草の煙など、さまざまな臭いにあふれていて、これらもエアコンの臭いの元となります」

そして何よりもカビ。エアコン内部のカビは、室内の空気に含まれる汚れが取りこまれることによって発生しやすくなるそうです。

「この汚れの種類もさまざま。ホコリやカビ菌はもちろん、私たちの皮膚がはがれ落ちたものや、唾液が乾いて粉末状になったもの、ペットがいれば臭腺からの分泌物などもあります」

エアコン内部に付着したこれらの汚れは、カビにとって格好の栄養なのだとか。

「私たちが快適に感じる温度と湿度はカビの生育条件と合致するので、栄養も取れるエアコン内部はカビが生えやすい環境なんです。エアコンの内部は見えないので気付きにくいですが、少しでもカビ臭さがあるようならカビの発生が疑われますね」

夏と冬、季節でも変わるエアコンのカビ対策

梅雨の時期、しきりに雨が降り続きカビの増殖を連想させるイラストです。

梅雨時期でなければ、それほどカビに気を付けなくても良いように思いがちですが、「決してそうとは言えません」と、藤原さん。

「夏でも冬でもカビが好む環境は同じで、温度20〜30℃、湿度60%以上と言われてます。冬でも加湿器や結露による水分があるので、冬は乾燥しているからと思い込んで、対策を疎かにしないようにしたいですね。なお、湿度は50〜60%の範囲内に留めるのが理想。ただし、室内環境だけで無理に調整するのではなく、夏と冬のカビの原因を知り、適切な対策を施すことが大切ですね」

そう言って、藤原さんは「夏のカビ予防では、冷房運転後の結露に注意が必要」と続けます。

「エアコン内部に発生した結露は、カビの育成を助けてしまいます。自動乾燥がないエアコンの場合は、冷房運転をオフにするなら、その前に送風モードでしばらく運転を続けて内部を乾燥。自動で乾燥する機能がある場合は、そちらを利用しましょう」

一方、冬の場合は「部屋の加湿しすぎ」に気をつける必要があるのだとか。

「カビが好む湿度を考えれば、過度の加湿は避けたいところ。湿度が高いとカビと共にダニも増えてしまうので注意してください。もし、湿度が上がりすぎた場合は、換気をしましょう。また、鍋料理のようにキッチン以外の場所で調理した場合も、湿気がこもっているので食後に換気は必須です。このほか、窓周辺の結露をそのままにしておくのは、窓枠などにカビが発生しやすくなるのでNG。室内のカビ菌が増えると、当然ながらエアコンの内部に入る量も増加してしまいます」

エアコンのカビを防ぐには、本体や部屋の掃除が不可欠

お部屋の掃除と同じように、エアコンも日々のお手入れが大切だということを示すイメージ画像です。

エアコンのカビが生えづらい環境をつくるために、次にできること。それは栄養となる汚れを溜め込まないよう、掃除をすることです。まずはフィルター掃除をまめに行うことから始めましょう。具体的な手順は、『大掃除でも実践したい! 正しいエアコンフィルターのお掃除術』を参考にしてください。

「気になるようであれば、エアコンシーズンに入る前に、専門業者によるエアコン(室内機)クリーニングを依頼するのも良いでしょう。前面パネルの裏側やフィンなど、手の届くところは自分で掃除を。もし、こうした箇所にカビが生えていた場合は、消毒用エタノールで拭いて取り除きます。こすったり、乱暴に拭いたりすると、カビの胞子をまき散らすので注意してください」

そして、次は部屋の掃除。

「室内の空気中に浮遊するさまざまな汚れは、やがて床や家具の上に落ちてくるもの。掃除を少しサボっただけでも、テレビの上などに指でなぞれるくらいのホコリができますよね。これらの汚れをいつもの掃除で取り除くことは、エアコンに入り込む汚れを減らすことにも繋がります」

エアコン自身のおそうじ機能も使いこなして

最近のエアコンは、自動でおそうじしてくれる機能も充実しています。こうした機能も上手に活用すれば、カビ予防、臭い予防にも役立つことうけあい。

「手入れゼロにはならないにしろ、フィルターの自動おそうじ機能があるとやっぱり便利。電気代節約のためにオフにしている人もいますが、業者による内部クリーニング料金と比べれば、これくらい安いものです。エアコンに任せておけば面倒な掃除の労力も減らせるので、正しく使うようにしましょう」

また、自動の「内部クリーン運転」や、カビを抑制する「ナノイーX」も、カビ予防の心強い味方です。搭載モデルなら、運転を終了するたびにエアコン内部を加熱して乾燥。さらに、高濃度の「ナノイーX」を内部に充満させることで、入り込んだカビ菌をしっかり抑制してくれます。運転時間は約60分〜100分。

就寝前にエアコンをオフにする人の中には、「夜間に掃除が始まると、うるさそう」と思うかもしれませんが、ご心配なく。付属のリモコンの「おそうじタイマー」や『エオリア アプリ』を利用すれば、フィルター自動お掃除を行うタイミングを任意で設定できるんです。

「『エオリア』は、アプリでの操作を可能にしたエアコンの草分け的存在。長年にわたり、ノウハウを蓄積してきているので、使い勝手も良さそうです。手元にあるスマホをリモコンとして使えるほか、運転スケジュールの設定、部屋の空気質チェックなども行えるので、上手に使いこなしたいですね」

監修:藤原 千秋(ふじわら ちあき)

監修:藤原 千秋(ふじわら ちあき)

主に住まい・暮らしまわりの記事を専門に執筆して19年目。現在はライティングの傍ら監修、企画、広告、アドバイザリーなどの業務に携わる。プライベートでは三女の母。『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』(朝日新聞出版)など著書監修、マスコミ出演多数。総合情報サイト『All About』家事・掃除・子育てガイド。

2020年2月14日 空気

記事の内容や商品の情報は掲載当時のものです。

「つけっぱなし」以外にも! エアコンの電気代節約テクニック

2020年3月17日

「つけっぱなし」以外にも! エアコンの電気代節約テクニック

室内の花粉やPM2.5対策に、エアコンや空気清浄機の使い方

2020年3月10日

室内の花粉やPM2.5対策に、エアコンや空気清浄機の使い方

加湿器の種類の違いと加湿器の選び方を紹介!

2020年3月6日

加湿器の種類の違いと加湿器の選び方を紹介!

いや~な花粉の季節到来!みんなの花粉症対策や専門家のおすすめ対策を紹介

2020年3月5日

いや~な花粉の季節到来!みんなの花粉症対策や専門家のおすすめ対策を紹介

おすすめ記事

自分にあった「腸活」をみつけよう

2020年4月2日

自分にあった「腸活」をみつけよう

子育て中のパパママ必見!育児のお悩みを解決する助っ人家電はこれ!

2020年3月31日

子育て中のパパママ必見!育児のお悩みを解決する助っ人家電はこれ!

よく読まれている記事

服が臭い!?洗濯できない服のニオイはこうやって対策する

2020年3月13日

服が臭い!?洗濯できない服のニオイはこうやって対策する

空き巣対策で重要な点は?電気はつけたままにしておくべき?

2019年10月28日

空き巣対策で重要な点は?電気はつけたままにしておくべき?