洗濯機のタテ型とドラム式はどっちがいい?それぞれの特徴と賢い選び方を徹底追求!洗濯機のタテ型とドラム式はどっちがいい?それぞれの特徴と賢い選び方を徹底追求!

洗濯機の縦型とドラム式を徹底比較!それぞれの違いと選び方

ライター:UP LIFE編集部
2020年12月21日 家事・暮らし

洗濯機には縦型やドラム式がありますが、買い替えるにあたり、どちらを選べばよいでしょうか。
ここでは、縦型とドラム式の違いを比較し、選び方のポイントをご紹介します。それぞれの特徴を把握して、自分に合った洗濯機を購入しましょう。

洗濯機の縦型とドラム式の違いを徹底比較!

タオルを持った女性と女の子

縦型とドラム式の洗濯機はそれぞれ、洗浄方法やお手入れ方法などさまざまな部分で違いがあります。そのため、どちらが良いか悪いかではなく、求める性能が備わっているか、搬入や設置できるサイズか、予算にマッチしているかなどを基準にして選ばなくてはなりません。ここからは、それぞれの違いを解説していきます。

縦型とドラム式の洗浄力を比較!

洗浄力を比較するには、それぞれのタイプにおける洗い方を知っておく必要があります。以下にタイプごとの洗い方についてまとめました。

【縦型は「もみ洗い」で汚れを落とす】
縦型はパルセーター(洗濯機の底の回転羽根)の回転による「かくはん水流」のもみ洗いが基本で、洗濯槽の回転により洗濯している衣類同士をこすりあわせて汚れを落とします。衣類の傷みやからみがドラム式よりもやや多く、固形汚れに対して大きな力を発揮するのが特徴です。
洗濯槽を高速回転させ、生じた遠心力で洗剤液を繊維に通過させながらやさしくしっかり洗う「おうちクリーニング」コース搭載タイプもあります。このコースはドラム式にも搭載されており、クリーニングに出しに行きづらい昨今、とても人気が高まっているコースです。エマールなどの中性洗剤を使用し、汚れやニオイなどをスッキリ落とすだけでなく、セーターなどは洗った方がエリ・袖口・すそなどの伸び・ヨレを整えてくれます。

【ドラム式は「たたき洗い」と「もみ洗い」の組み合わせで汚れを落とす】
ドラム式の場合、ななめに設置されたドラムを回転させ、それによって衣服を持ち上げて上から下に落とす「たたき洗い」と、ドラムを急速に反転させ、小刻みに衣類を動かす「もみ洗い」の組み合わせで汚れを落とします。使用する水の量が縦型よりも大幅に少ないのが特徴で、それにより洗剤の濃度を濃くできるため、特に皮脂汚れに対して力を発揮してくれます。洗濯している衣類のからみが少ないので、生地が傷みにくいのも特徴です。

上記の通り、それぞれ洗い方が異なりますが、気になるのは洗浄力です。結論からお話しすると、最新式の洗濯機では、縦型もドラム式も洗浄力という点ではどちらも大差ありません。製品やメーカーによって多少は異なるものの、縦型とドラム式で著しく洗浄力が変わることはありません。

縦型とドラム式の乾燥機能を比較!

どちらのタイプも、乾燥機能を備えた製品がたくさんリリースされています。ただ、乾燥方法がそれぞれ異なるので覚えておきましょう。

【縦型は電気代がかかる「ヒーター乾燥」方式】
縦型はヒーター乾燥が基本で、空気中に湿気を排出して乾かすタイプと冷却水で湿気を含んだ温風を除湿し、乾燥の際に発生する水蒸気を水に戻して機外に排出する水冷除湿タイプの2種類があります。どちらもドライヤーを使って乾かすことをイメージすると分かりやすいでしょう。衣類の傷みや縮みが起きやすく、電気代がかかるというデメリットも。

【ドラム式は電気代を抑えて乾燥できる「ヒートポンプ」方式が代表的】
ドラム式は、ヒートポンプ方式や低温風パワフル乾燥(排気タイプ)、ヒーター乾燥方式(水冷・除湿タイプ)があります。ヒーター乾燥は、縦型と同じ特徴が見られます。
ヒートポンプ方式は除湿機で乾燥させるイメージで、湿気を含んだ空気を除湿し機外に排水、乾いた温風で乾燥させます。低い温度で乾燥するので衣類の傷みや縮みが少なく、ヒートポンプで効率よく熱交換するのでヒーター式よりも大幅な省エネ効果も期待できます。排気タイプの低温風パワフル乾燥は、ヒーターで加熱した室温プラス約15℃の低温風で乾燥し、衣類の傷みや縮みが少ないメリットがあります。ただし、ヒーターで温度を上げるため、ヒートポンプ方式よりも電気代がかかってしまいます。

水道代はドラム式の方が経済的

水をたくさん使用すれば、当然水道代は高くなります。ドラム式は縦型に比べて圧倒的に使用する水量が少ないため、水道代に関してはドラム式の方が安いです。
例えば、パナソニックのドラム式「NA-VG2500L/R(洗濯・乾燥容量10kg)」だと、標準の使用水量は約78Lとなっています。一方、縦型の「NA-FW100K8(洗濯・脱水容量 10kg)」だと約110Lで、約1.4倍近くの水を使用することになります。節水重視の方には、ドラム式をおすすめします。

製品価格はドラム式の方が高価なモデルが多い

製品価格は、購入時の大きな決め手となる部分ですが、基本的にドラム式のほうが高価なモデルが多い傾向にあります。もちろん、メーカーや製品によっては比較的安価なものもありますが、ドラム式はヒートポンプ乾燥やIoTなど高機能搭載のモデルが多いため、どうしても価格帯は高くなりがちです。

洗濯機の選び方に迷ったら、4つのポイントを確認しよう!

現在では、さまざまなメーカーからたくさんの洗濯機がリリースされているため、選ぶのにも一苦労です。ただ、いくつか大事なポイントを押さえておけば、スムーズに製品を選ぶことができます。ここでは4つのポイントをご紹介します。

【ポイント1】1日の洗濯回数

家族の人数やライフスタイルによって、1日の洗濯回数は異なります。洗濯物をためておいて、週末で一気に洗濯するという方も少なくないでしょう。一度の洗濯でできるだけ多くの衣類を洗いたいのなら、なるべく洗濯容量の大きな製品を選ぶのが基本です。
具体的には、11kg以上の容量を持つ製品がおすすめです。これくらいの容量なら、たくさんの衣類もまとめて洗濯できます。また、衣類を種類ごとに分けて洗濯したいのなら、できるだけ洗濯時間が短いタイプを選ぶとよいでしょう。ヒートポンプ方式の乾燥機能を持つドラム式洗濯乾燥機なら、短時間で洗濯と乾燥が可能になります。

【ポイント2】乾燥方法

まずは乾燥機能が必要かどうかで考えます。もし、浴室乾燥機能や衣類乾燥除湿機などがあるのなら、わざわざ乾燥機能つきの洗濯機を購入する必要はないかもしれません。また、衣服は絶対に太陽の下で乾かしたい、という方にも無用な機能といえるでしょう。
ただ、天日干しするにしても、乾燥機能があると短時間で完全に乾かせるため便利です。日照時間が短くて寒い時期、梅雨や台風シーズンなどの悪天候や湿気の多い時期には、その力をいかんなく発揮してくれます。ヒーター乾燥の場合は、ヒートポンプ方式に比べて電気代が高くなるので、頻繁に乾燥機能を使うのであればヒートポンプ方式のドラム式洗濯乾燥機がおすすめです。

【ポイント3】家族の人数や構成

小さなお子さんやスポーツの部活動をされているご家庭では、泥汚れなどの固形汚れに強い縦型がおすすめです。逆に、大人ばかりのご家庭だと、皮脂汚れをしっかりと洗浄できる温水機能が充実したドラム式がおすすめといえるでしょう。

【ポイント4】設置スペースと搬入経路の幅・高さの確認も忘れずに

念願のドラム式を買ったはいいけれど、サニタリー入り口から入らなかったり、廊下のコーナーを曲がりきれなかったり……なんていうことにならないために、建物の入り口の幅と高さが十分にあるか、エレベーターの高さや奥行きや幅は十分にあるか、玄関ドアの幅と高さは十分にあるか、蛇口やコンセントの位置が低く、本体にあたらないか、排水口が本体の下に隠れていないか、上部の棚の有無や防水フロアーのサイズに商品が置けるかどうか、ドラム式の場合は扉の開閉を左開きにするか、右開きにするかなど、必ずチェックするのを忘れずに。
ドラム式が欲しいけど、設置場所の入り口から入らない、防水フロアーのサイズにドラム式が置けないとなると縦型から自分の好みに合った商品を選ぶことになりますが、「別売品」で解決できることもあるため、お店で相談することも可能です。
縦型の洗濯機にも、液体洗剤・柔軟剤 自動投入や本格的な温水洗浄できるタイプ、また洗濯槽のお手入れが充実しているタイプもあるのでご自身のニーズに合った洗濯機はどのタイプかでしっかり選んでみてください。

測れば置ける!ドラム式

そのためにも縦型とドラム式、それぞれに特徴があるので、購入前にポイントをしっかりチェックしておきましょう。どちらのタイプにしても安い買い物ではないため、買ってから後悔することのないようにしてください。

こんな便利機能も!液体洗剤や柔軟剤を自動で投入してくれる洗濯機!

縦型、ドラム式それぞれのタイプで、液体洗剤や柔軟剤を洗濯のたび最適な量を自動で計量して投入してくれる機能がついた洗濯機もあります。洗剤や柔軟剤を入れる際に手が汚れたり、こぼしたりしがちな計量の手間を省いてくれるので便利。さらにドラム式は、汚れ移りを避けるため分け洗いしていた手間をなくすため、本洗いの前にサッと予洗いができる「2度洗い」モードを搭載している商品もあり、とても便利です。機能重視で洗濯機を選びたい方は、このような便利な機能が搭載された洗濯機を軸に、探してみてはいかがでしょうか。

タイプと機能からぴったりの一台を探せる!

ドラム式か縦型か、または容量や興味のある機能をチェックするだけで、条件に一致する洗濯機がわかるラインアップ比較表をぜひチェックしてみてください。

2020年12月21日 家事・暮らし

記事の内容や商品の情報は掲載当時のものです。

洗濯機の槽や糸くずフィルター、お手入れしていますか?毎日使用する家電を快適に使うためのメンテナンス方法を紹介!

2020年12月8日

洗濯機の槽や糸くずフィルター、お手入れしていますか?毎日使用する家電を快適に使うためのメンテナンス方法を紹介!

洗っても服が臭い原因とニオイを消す方法!すぐに洗えない服の対策も

2020年11月17日

洗っても服が臭い原因とニオイを消す方法!すぐに洗えない服の対策も

洗濯の量&回数が増える今、高機能な洗濯機に注目が。在宅時間中の“ながら洗濯”でも、洗濯の「質」がアップ!

2020年11月3日

洗濯の量&回数が増える今、高機能な洗濯機に注目が。在宅時間中の“ながら洗濯”でも、洗濯の「質」がアップ!

コロナ禍で家事負担がアップ!それでも変わらない夫婦の家事分担比率。「しない家事」へのニーズは過去3年で最高に。

2020年10月7日

コロナ禍で家事負担がアップ!それでも変わらない夫婦の家事分担比率。「しない家事」へのニーズは過去3年で最高に。

おすすめ記事

子どもの防犯対策できてる?留守番対策や防犯ブザーの使い方

2021年4月28日

子どもの防犯対策できてる?留守番対策や防犯ブザーの使い方

胃腸症状企画 第4回「水溶性食物繊維が腸内環境を整える!自分の身体に合う食習慣とは?〈その2〉

2021年4月28日

胃腸症状企画 第4回「水溶性食物繊維が腸内環境を整える!自分の身体に合う食習慣とは?〈その2〉

よく読まれている記事

鍋ごと寝かせたままはダメ!余ったカレーは冷蔵庫で保存すべき理由

2021年3月24日

鍋ごと寝かせたままはダメ!余ったカレーは冷蔵庫で保存すべき理由

レンジで時短!お弁当のおかずを作り置きで簡単に!

2021年3月25日

レンジで時短!お弁当のおかずを作り置きで簡単に!