安全に関するご注意・ご使用上のお知らせ

安全に関するご注意

●商品は国内一般家庭用です。

●照明器具には寿命があります。

・設置して10年経つと、外観に異常がなくても内部の劣化は進行しています。点検・交換してください。
※使用条件は周囲温度30℃、1日10時間点灯の場合。
・周囲温度が高い場合・点灯時間が長い場合などは寿命が短くなります。
・1年に1回は「安全チェックシート」に基づき自主点検してください。点検せずに長時間使い続けるとまれに火災、感電、落下などに至る場合があります。

[照明器具の寿命]
・ JISによる目安
JISでは標準条件で使用した場合、安定器の平均寿命は8~10年とされています。
《JIS C 8108蛍光灯安定器》
《JIS C 8110高圧水銀灯安定器及び低圧ナトリウム灯安定器》
《JIS C 8105-1照明器具-第1部:安全性要求事項通則》
・ 電気用品安全法〈旧電気用品取締法〉による目安
電気用品安全法〈旧電気用品取締法〉では絶縁物の確認を40,000時間の使用で行います。

●ご使用の前に、「取扱説明書」をよくお読みいただくか、お買い上げの販売店または専門施工店にご相談のうえ、正しくお使いください。

ご使用上のお知らせ

■エネルギー消費効率の定義について

(LED照明器具の場合)

一般社団法人 日本照明工業会規格に従い、周囲温度25℃に近い状態での固有エネルギー消費効率の数値を表記しています。

エネルギー消費効率の算出式が異なるため、蛍光灯照明器具のエネルギー消費効率とLED照明器具の固有エネルギー消費効率の値を、そのまま比較することのないように注意することが必要です。

LED照明器具の固有エネルギー消費効率(lm/W)=照明器具から放出される初光束(lm)/消費電力(W)
■LEDモジュールの寿命について

LED照明器具の光源の寿命はLEDモジュールの寿命のことです。
JIS C8105-3:2011 「照明器具-第3部:性能要求事項通則」の中で、一般照明用途に用いられる白色LEDモジュールの寿命の定義は“照明器具製造業者が規定する条件で点灯したとき、LEDジュールが点灯しなくなるまでの総点灯時間または、全光束が点灯初期に計測した値の70%に下がるまでの総点灯時間のいずれか短い時間を推定したもの”と規定されました。(ただし、この定義は表示または装飾の用途には適用しないため、カラーLEDは従来どおり「光束維持率50%」を寿命としている場合もあります。)

当社では、JIS C8105-3:2011「照明器具-第3部:性能要求事項通則」に従い、LEDモジュールの寿命を推定しています。なお、これらはあくまで設計寿命であり、この寿命を保証するものではありません。また、LEDモジュールとしての寿命であり、照明器具としての寿命は他の光源を使用した器具の場合と同様の考え方になります。

 

■LEDの色バラツキについて

白熱灯や蛍光灯などの一般光源と比較して、白色LEDは色バラツキが大きいのが実情です。
そのため、個々のLEDにより色味が異なる場合がありますのでご了承ください。