LZ2000 77v/65v/55vLZ2000 77v/65v/55v

映画館のような臨場感、360度音が広がる立体音響サウンドシステム

高音質高音質

[LZ2000が目指す音響体験]

ラインアレイ&イネーブルド&ワイドスピーカー搭載の立体音響

多数のスピーカーユニットを線上に並べることで、解像感の高いクリアな音と、大口径のスピーカーユニットを搭載したオーディオ機器のような厚みのある音を実現する「ラインアレイスピーカー」、音を天井に反射させることで高さ方向の音表現を可能にする「イネーブルドスピーカー」と横方向の音の広がりを実現する「ワイドスピーカー」を搭載。映画館でも採用されている立体音響技術「ドルビーアトモス」の音場を再現。LZ2000のスピーカーシステムで奏でることにより、部屋中が音に包み込まれるような臨場感を体感できます。

LZ2000が目指す立体音響LZ2000が目指す立体音響

ビエラの立体音響を今すぐ疑似体験

NetflixのDolby Atmos作品で疑似体験
4Kビエラ(LZ2000)360立体音響

ディズニープラスのDolby Atmos作品で疑似体験
4Kビエラ(LZ2000)360立体音響

立体音響

[ドルビーアトモス対応]

テレビのスピーカーだけで立体音響を楽しめる

[ドルビーアトモス対応] テレビのスピーカーだけで立体音響を楽しめる

従来、立体音響を楽しむには天井も含めてリビングの様々な場所にスピーカーを設置する必要がありました。最新の音声処理システムを搭載することにより、テレビ本体のスピーカーでかんたんに立体音響をお楽しみいただけます。

映画館で採用の最新音声フォーマット

高さ方向の音表現も可能にする、立体音響技術「ドルビーアトモス」に対応しています。

映画館で採用の最新音声フォーマット

さらに、従来のステレオ音声なども立体音響に変換して再生することが可能です。

ドルビーアトモス対応コンテンツ、地デジや新4K衛星放送の番組を臨場感のある立体音響で再生ドルビーアトモス対応コンテンツ、地デジや新4K衛星放送の番組を臨場感のある立体音響で再生

• Dolby、ドルビー、Dolby Vision、ドルビービジョン、Dolby Vision IQ、ドルビービジョンIQ、Dolby Atmos、ドルビーアトモス、Dolby Audio、ドルビーオーディオ及びダブルD 記号はドルビーラボラトリーズライセンシングコーポレーションの商標です。

スピーカーシステム

[360立体音響サウンドシステム+]

テレビの常識を打ち破る音響体験を実現

新搭載のラインアレイスピーカーにより空間上の音の定位感がより明確に、イネーブルドスピーカーとワイドスピーカーにより音が上下左右に広がり、部屋中が音に包まれる圧倒的な臨場感を実現します。さらに、中央に配置したウーハーユニットは、迫力の低音を奏で、臨場感を高めます。

360立体音響サウンドシステム+360立体音響サウンドシステム+

*77LZ2000の場合。65LZ2000は160W、55LZ2000は150W。イメージは65LZ2000です。

イネーブルドスピーカー

音を天井に反射させることで高さ方向の音表現を可能にします。

イネーブルドスピーカー
ウーハー+
パッシブラジエーター

大口径ウーハーは迫力ある低音を再生。低音を増幅するパッシブラジエーターは、前後対向配置で不要な振動を抑え、クリアな低音に。

ウーハー+パッシブラジエーター
ラインアレイスピーカー(前向き)

前向き配置により、セリフやボーカルの音声を聞き取りやすいクリアな音で再生します。

ラインアレイスピーカー(前向き)
ワイドスピーカー

フルレンジスピーカーを横向きに配置することで、左右の音場を拡張し、スタジアムやライブ会場の歓声などをリアルに再現。臨場感を高めます。

ワイドスピーカー

こだわりの音声処理回路

低ノイズ・低歪みを実現するため、映像と音声で回路を分離。さらにハイエンドオーディオにも採用される独立した音声処理回路により、パワフルな音声を響かせます。

こだわりの音声処理回路

[ラインアレイスピーカー]

音の干渉を抑えてクリアなサウンドを実現

従来のスピーカーでは、どうしても音が干渉しあうスポットが生まれ音が不明瞭になることがありました。ラインアレイスピーカーは画面下部に多数のスピーカーユニットを線上に並べることで音の干渉が少なく「解像感の高いクリアな音」と「大口径のスピーカーユニットを搭載したオーディオ機器のような厚みのある音」を実現しました。

[ラインアレイスピーカー]  音の干渉を抑えてクリアなサウンドを実現

生活シーンにあわせた音を実現する「サウンドフォーカス」機能

音波の向きを制御する独自の技術などを用いて、生活シーンの中で普段とは違う状況に合わせた音の聞こえ方にしたい場合につかうワンポイント機能。

ピンポイントモード

夜中に自分だけ聴こえるようにしたい時に

ピンポイントモード
スポットモード

きこえに不安がある方と一緒で、一人だけ音を大きくしたい時に

スポットモード
エリアモード

近くに音を気にする人がいる時や周囲に気兼ねなく音を大きくしたい時に

エリアモード
アンビエントモード

カフェのように部屋中を音で満たした空間を演出したい時に

アンビエントモード

[イネーブルドスピーカー&ワイドスピーカー]

映画館のような立体音響を再現できる

イネーブルドスピーカー

イネーブルドスピーカーの音のイメージ

上向きのスピーカー「イネーブルドスピーカー」を搭載。天井からの音の反射を利用し、まるで映画館のように天井にスピーカーがあるかのような迫力の立体音響を再現できます。

イネーブルドスピーカーイネーブルドスピーカー

映画館には、上下左右にスピーカーがあり迫力ある立体音響を実現しています。

映画館のイメージ

イネーブルドスピーカーが、家のリビングでも映画館のような迫力ある立体音響を実現します。

立体音響が楽しめる

ワイドスピーカー

ワイドスピーカー

イネーブルドスピーカーに加え横向きのワイドスピーカーを追加し、音の臨場感をさらに高めました。横方向の音場の広がりを実現し、テレビの外にも音が広がります。

[Tuned by Technics]

テクニクスの音響思想を取り入れたサウンドチューニング

  [Tuned by Technics]  テクニクスの音響思想を取り入れたサウンドチューニング

テクニクス製品開発陣の官能評価、そして独自開発の音響解析システムをもとにしたチューニングにより、まるで目の前で演奏が繰り広げられるかのような、楽器一つひとつの音色が聞こえる理想的なテレビサウンドを追求しました。

[Space Tune Auto]

設置環境・視聴ポジションに合わせて自動で音質補正できる

[Space Tune Auto]  設置環境・視聴ポジションに合わせて自動で音質補正できる

テレビでテストトーンを再生し、リモコンに内蔵したマイクで測定。天井や壁の距離や反射の影響などを解析し、自動的にお部屋に合わせた最適な音質調整を行います。

自動音質調整

[オートAI音質]

学習用データベースからシーンに合わせて、自動で最適化

[オートAI音質]  学習用データベースからシーンに合わせて、自動で最適化

AI技術を活用し、シーンに応じて理想的な音場と音質に自動的に調整します。例えば、ニュースのシーンは音を画面中央に定位させて声をハッキリと聞き取りやすくし、スポーツのシーンではスタジアムのように音が広がって臨場感あふれる音場に調整します。

ニュースやトーク番組の声がハッキリと聞き取りやすい

ニュースやトーク番組の声がハッキリと聞き取りやすい

スポーツ中継は歓声が広がり、実況の声もクリアに聞こえます

スポーツ中継は歓声が広がり、実況の声もクリアに聞こえます

その他機能

[Bluetoothオーディオ連携]

スマホやテレビの音をワイヤレスで送受信できる

[Bluetoothオーディオ連携]  スマホやテレビの音をワイヤレスで送受信できる

スマートフォンや携帯音楽プレイヤーの音楽をビエラで流せるBluetooth受信と、ビエラの音声をお持ちのBluetooth対応イヤホンやスピーカーから流せるBluetooth送信に対応。Bluetooth送信はビエラの音声を同時に2台へ転送できます。

• 無線技術の特性により映像と音声再生において遅延が発生します。

[サウンドモード]

お好みに合わせた音を選べる

見る番組や映像によって、それぞれに適した音やお好みに合わせた音を設定できます。

スタンダード

全体的なバランスを重視

スタンダード 全体的なバランスを重視
ミュージック

歌などに最適

ミュージック 歌などに最適
快聴

人の声を聞き取りやすい

快聴 人の声を聞き取りやすい
スポーツ

スポーツ会場の臨場感をアップ

スポーツ スポーツ会場の臨場感をアップ
ユーザー

低音をアップするなど、お好みに調整可能

ユーザー 低音をアップするなど、お好みに調整可能

• 画面はハメコミ合成のイメージです。
• シーン写真、機能説明写真はイメージです。
• 図は効果を説明するためのイメージです。
• 製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。

<LZ2000シリーズ 機能詳細>