パナソニック・ホーム 個人向けトップ > 生活家電 > 掃除機 > 掃除機 徹底比較 紙パック式 VS サイクロン式

掃除機 徹底比較
紙パック式 VS サイクロン式

「紙パック式」「サイクロン式」の違いは?

サイクロン式 ゴミ捨てのたびに吸引力が復活。紙パック式紙パックの交換のたびに吸引力が復活。※ 吸引力のイメージは掃除機の機種、ゴミの種類・量によって異なります

サイクロン式

ゴミ捨てのたびに吸引力が復活。

紙パック式

紙パックの交換のたびに吸引力が復活。

※吸引力のイメージは掃除機の機種、ゴミの種類・量によって異なります。

吸引力の持続イメージ グラフ

紙パック式

紙パック式 写真

吸い込んだゴミを、そのまま紙パックに集じん。

サイクロン式

サイクロン式 写真

吸い込んだゴミは紙パックではなく、ダストボックス内に。くり返し使用可能。

ゴミ捨て

2〜3ヶ月に一度、紙パックを捨てる。ゴミ捨てがラクで衛生的。

↓
  • 紙パックがフィルターの役割を兼ねているので、お手入れは不要。
  • 紙パック購入費用と買い置きの手間がかかる。

1週間〜2週間ぐらいに一度、ボックスのゴミを捨てる。

↓
  • 紙パック購入費用も、買い置きの手間も不要。掃除の都度、こまめにゴミを捨てられる。
  • ダストカップやフィルターのお手入れが必要。

吸引力の持続

  • ゴミがたまる場所と空気の通り道が一緒なので、紙パックにゴミがたまると、吸引力が弱くなる。
  • フィルター自動クリーニングタイプはパワーが持続

排気のニオイ

  • 吸ったゴミの中を通って廃棄されるので、どうしてもニオイが出やすい。

パナソニックの掃除機の対策は?

パナソニックなら、「ハウスダストを約99.9%逃がさない※1 AMC-HC11/AMC-HC12」などの紙パックを使用しています。

  • こまめにゴミ捨てをすることで、排気のニオイを抑えられる。

こんな方におすすめ

  • 若干吸引力が落ちても、お手入れをラクに済ませたい方
  • 吸ったゴミを目にしたくない方
  • ゴミ捨て、お手入れをラクに清潔に済ませたい方
  • ゴミ捨てのカンタンさよりも、吸引力の強さを重視する方
  • 紙パック購入の費用と手間を省きたい方
  • こまめにゴミを捨てたい方
  • ペットを室内で飼っておられる方

おすすめ商品は?

紙パック式 ※写真は、MC-JP510G

紙パック式
強力パワー長持ちの紙パック

サイクロン式 ※写真は、MC-HS700G

サイクロン式
お手入れ、
ゴミ捨てラクラクのサイクロン

紙パック式 吸い込んだゴミを、そのまま紙パックに集じん。

サイクロン式 吸い込んだゴミは紙パックではなくダストボックス内に。くり返し使用可能。


ゴミ捨て

紙パック式の場合、2〜3ヶ月に一度、紙パックを捨てる。ゴミ捨てがラクで衛生的。紙パックがフィルターの役割を兼ねているので、お手入れは不要。紙パック購入費用と買い置きの手間がかかる。

サイクロン式の場合、1週間〜2週間ぐらいに一度ボックスのゴミを捨てる。紙パック購入費用も、買い置きの手間も不要。掃除のつど、こまめにゴミを捨てられる。ダストカップやフィルターのお手入れが必要。


吸引力の持続

紙パック式の場合、ゴミがたまる場所と空気の通り道が一緒なので、紙パックにゴミがたまると、吸引力が弱くなる。

サイクロン式の場合、フィルター自動クリーニングタイプはパワーが持続。


こんな方におすすめ

紙パック式の場合、若干吸引力が落ちても、お手入れをラクに済ませたい方 吸ったゴミを目にしたくない方 ゴミすて・お手入れをラクに清潔に済ませたい方 アレルギーなどをお持ちの方

サイクロン式の場合、ゴミ捨てのカンタンさよりも、吸引力の強さを重視する方 紙パック購入の費用と手間を省きたい方 こまめにゴミを捨てたい方 ペットを室内で飼っておられる方


おすすめ商品は?

紙パック式 ※ 写真は、MC-JP510G

紙パック式
強力パワー長持ちの紙パック

サイクロン式 ※ 写真は、MC-SR530G

サイクロン式
お手入れ、
ゴミ捨てラクラクのサイクロン


※1
粒子径0.5μm以上の微細じんを約99.9%捕じん。当社試験ゴミ(ポルトランドセメント)による。
※2
代表的なゴミ臭の成分であるアセトアルデヒド、二酸化メチル、アンモニア、イソ吉草酸で実験。測定方法:密閉容器内における臭気ガス吸着性能測定法(当社独自試験方法)脱臭効果は、集じんしたゴミの種類によって異なります。また臭いの感じ方には個人差があります。
※1
粒子径0.5μm以上の微細じんを約99.9%捕じん。当社試験ゴミ(ポルトランドセメント)による。
※2
代表的なゴミ臭の成分であるアセトアルデヒド、二酸化メチル、アンモニア、イソ吉草酸で実験。測定方法:密閉容器内における臭気ガス吸着性能測定法(当社独自試験方法)脱臭効果は、集じんしたゴミの種類によって異なります。また臭いの感じ方には個人差があります。