DMC-FZ300

全域F2.8/24倍ズーム

全域F2.8の大口径レンズが、遠くの被写体のすばやい動きを捉える

パナソニック独自の光学技術を結集した、広角25mm〜望遠600mmの光学24倍、全域F2.8 LEICA DC VARIO-ELMARIT(バリオ・エルマリート)レンズを採用。
EDレンズ3枚、非球面レンズ9面5枚による11群14枚レンズ構成と共に、ナノサーフェスコーティングによる高いゴースト・フレア耐性、歪曲・収差補正能力で、ライカの厳しい光学基準をクリアしながら、光学24倍全域で開放F2.8の優れたレンズ性能を実現しており、遠くの鳥の羽ばたきなど、望遠でもブレなく高速シャッターが切れます。

※35mm判換算。

光学24倍ズーム

光学24倍ズームレンズを搭載。広々とした風景を撮影できる広角25mmから、野鳥やスポーツ観戦など近づくことが難しい被写体に迫れる望遠600mmまで、幅広いシーンをこの1台で撮影できます。

1倍 広角25mmで広大な景色を撮る

24倍 600mmで遠くの被写体をとらえる

※35mm判換算。

EX光学ズーム 46.9倍

有効画素数1210万画素センサーの300万画素エリアだけを使い、画角を狭め300万画素の画像として出力。1倍時の画像に対して、46.9倍まで高画質のままズームできます。もちろんEX光学ズームを使用中も、全域F2.8が維持されます。さらにデジタルズームを使えば、最大187倍までズームできます。

EX光学ズームの効果

被写体にグッと寄れる光学ズーム。画質を落とさず、もう少しアップにするときは、EX光学ズーム。最大画像サイズで記録したものから、中心部を切り出す(記録画素数を下げる)ことでズームアップ効果が得られます。

●EX光学ズームでは、各アスペクトでの最大記録画素数以外の記録画素数を選ぶと、ズーム倍率が自動的にアップします。
●一部撮影モードとは併用できません。
●デジタルズームでは、倍率は伸びますが画質は劣化します。

超解像iAズーム 48倍

「超解像技術」の応用により実現した超解像iAズームを使えば、1210万画素のセンサーを活かした高い解像感で、48倍までズームアップすることができます。

超解像技術によって、高い解像感でズームできる

●超解像iAズームとは、光学ズーム(T端)から2倍のデジタルズーム時において、超解像技術により画質の劣化をおさえつつ拡大できるズームのこと。
●一部撮影モードとは併用できません。

マクロ撮影

被写体に1cmまで近づいたマクロ撮影が可能。細かな装飾や植物などのディテールまでしっかり写せます。さらに被写体を拡大して撮りたい時は、最大3倍までデジタルズームして撮影できるズームマクロが便利です。

POWER O.I.S. / レンズシフト式(光学式)手ブレ補正

望遠時に起こりやすいブレを抑えてキレイに撮れるレンズシフト式(光学式)手ブレ補正は、POWER O.I.S.に対応。
ルミックスのレンズシフト式(光学式)手ブレ補正は、手ブレを検出するセンサーが高い精度で揺れそのものを検出し、揺れを打ち消すようにレンズを動かし続けることで、手ブレを防止します。
手ブレしやすい望遠撮影でのフレーミングや、夕暮れ・室内での撮影、また、動画撮影時も手ブレをしっかり抑えます。

■レンズシフト式(光学式)手ブレ補正のしくみ

●全ての環境下での効果を保証するものではありません。

12M 1/2.3型 高感度MOSセンサー

ノイズを抑えた高感度撮影が楽しめる

高い描写力を誇る12M 1/2.3型 高感度MOSセンサーと、ノイズを抑えた高画質と高速での画像処理を実現するヴィーナスエンジンを搭載。
高感度撮影で生じやすいノイズを低減し、光量の少ない夜景や暗い室内でも、明るくキレイに撮れます。

ヴィーナスエンジン

高感度/解像度/色再現の進化

4CPUによる、高速演算処理・高度で緻密な画質チューニング・低消費電力化 を実現したヴィーナスエンジンにより、自然なノイズ感・立体的な解像感・滑らかな階調・自然な色再現を実現。より忠実な質感描写を求めるユーザーのために、夕焼け・青空のグラデーションから木々の葉など、被写体の持つ美しさを忠実に再現するべく、さらなる描画性能の向上を追求しました。

マルチプロセスNR

ノイズ適応型マルチプロセスノイズリダクションで、被写体のディテール部(細かい柄)/平坦部の分離性能を向上すると共に、ノイズの成分も細かく解析することにより、より的確に画像の特徴を見分けて効果的にノイズリダクションを行います。従来は画一的にノイズ抑制を行っていた為、画像の粒状感が損なわれがちでしたが、FZ300では低照度の輝度ノイズを自然な粒状感を残したままノイズ抑制を行います。 新マルチプロセスNR搭載により、従来よりも解像感・質感を維持しながらノイズを抑える事が可能になりました。

最高感度ISO6400

12M 1/2.3型 高感度MOSセンサー、画像処理性能が大きく向上したヴィーナスエンジンにより、ノイズを抑えながら解像感のある高画質を実現。最高ISO6400での撮影が可能です。

広帯域輪郭強調処理(広帯域アパーチャーフィルター)

広帯域輪郭強調処理技術・高感度イメージセンサーの組み合わせにより、限界解像性能が大幅に向上、ライカレンズの持つ高い光学(MTF)性能を最大限に引き出すことが可能となりました。
これにより、高周波成分である髪の毛などの艶やかな質感をそこなわずに、従来以上の緻密で自然な解像感を実現しています。

回折補正

風景などを大きい絞り値で撮影すると、光の原理による回折現象によって画像の解像度が低下し、画像全体がぼんやりしてしまうことがあります。FZ300ではヴィーナスエンジンに回折補正機能を新たに搭載してこれを改善。絞り込んだ際にもシャープで解像感の高い画質を実現します。

3次元色コントロール

色補正精度を向上させた3次元色コントロールにより、微妙な肌の色合い、新緑の緑、抜けのよい青空の色など、被写体が持つ微妙なグラデーションのニュアンスまで忠実に再現します。

3次元色コントロールによる緻密な色再現 (イメージ)

インテリジェントDレンジコントロール

豊かな階調表現で、見たままの自然な美しさを再現する

豊かな階調の写真を撮影できるインテリジェントDレンジコントロール機能を搭載しています。
逆光や夜景など明暗差の激しいシーンで発生する、被写体や背景の白トビ・黒つぶれをカメラが自動で分析。明るくなりすぎた部分、暗くなりすぎた部分を適切なコントラストになるよう、それぞれを同時に補正することで、なめらかな階調で撮影できます。

通常
インテリジェントDレンジコントロール

超解像技術

目でみたままの精細感を残せる

ヴィーナスエンジンに被写体に合わせた最適な画像処理を行う「超解像技術」を搭載しました。画像の輪郭部、ディテール部、グラデーション部をカメラが自動で分析。それぞれに最適な画像処理を行うことにより、被写体の細部まで描き出す高い解像感と、豊かな階調表現を実現しました。
さらに、「拡張モード」を使えば、写真全体のバランスを最適化した自然なエッジ強調と解像感を実現します。

●[拡張]モード使用時は、連写の速度が遅くなります。
●動画撮影時、4Kフォト撮影時は、[拡張]モードは[弱]に変わります。

ハイライトシャドウ

撮影中にシャドウとハイライトを調整できる

ハイライトシャドウは、ライブビューで画面を確認しながら、ハイライトとシャドウのディテールを保持したまま細かい調整を行う事ができます。 プリセットでコントラスト調整済みのモードも搭載しているので、選ぶだけで調整が可能。 また、自分好みの調整量を設定できるカスタムモードも搭載。画像調整ソフトを使うことなく、イメージに近い撮影を行うことができます。

フォトスタイル

自分好みに設定して、こだわりの写真を撮る

撮影前に、好みの色味や画質(コントラストや彩度など)の調整ができるフォトスタイルを搭載しました。色味は、鮮やかに色を表現するヴィヴィッドや、単色で表現できるモノクロームなど全7種類を用意。色味を設定したあとに、好みに合わせてコントラストや彩度なども調整できます。
さらに、モノクローム選択時、黄色、オレンジ、赤、緑のフィルター効果を加えることも可能。特定の色をモノトーンで強調し、印象深い写真を撮影することができます。

1.スタンダード
標準的な設定
2.ヴィヴィッド
彩度高め、コントラスト高めの鮮やかな効果
3.ナチュラル
コントラスト低めの柔らかな効果
4.モノクローム
色味を抜いた単色の効果
5.風景
青空や緑を鮮やかにし、風景撮影に適した効果
6.人物
健康的できれいな肌色にし、人物撮影に適した効果
7.カスタム
あらかじめ登録している設定を使用

RAW現像

カメラ本体でRAW形式データをJPEGに現像

FZ300は本体内で撮影したRAW形式データをJPEGに現像できます。
JPEGに現像する前にWBや露出・彩度など、さまざまな画質設定の調整が可能。サムネイルで仕上がりを段階的に比較・確認してから現像できます。

注意事項

  • ●画面表示は仕様変更により予告なく変更する場合があります。
  • ●画像・イラストは効果を説明するためのイメージです。