DC-FZ85

仕様表

おもな仕様
撮像素子 形式 1/2.3型 高感度MOS センサー
カメラ有効画素数 / 総画素数 1810万画素 / 1890万画素 
カラーフィルター方式 原色カラーフィルター
レンズ レンズ名称 LUMIX DC VARIO 1:2.8-5.9/3.58-215mm ASPH.
焦点距離 f=3.58-215mm(35mm 判換算: 20-1200mm)
光学ズーム倍率 光学60倍ズーム※1
レンズ構成 12群14枚(非球面9面6枚)
フィルター径 55.0mm径フィルターに対応(鏡筒先端に装着可)
合焦範囲 通常:30cm(W端) / 1.5m (T端) - ∞
AFマクロ / MF / インテリジェントオート / 動画:1cm(W端) / 1.5m(T端) - ∞
絞り 7枚羽根虹彩絞り
(W端)F2.8 - F8.0 (T端)F5.9 - F8.0
iAズーム※2 / EX光学ズーム※3 最大120倍 / 最大122倍 (4:3アスペクト、S時)
デジタルズーム※4 最大4倍 iAズーム・EX光学ズームと合わせて最大489倍
画像ファイル形式 静止画 JPEG(DCF/Exif2.3準拠)、RAW※5(Panasonic独自)
動画 AVCHD Progressive / AVCHD / MP4※6
画質モード(クオリティ) RAW※5 / RAW※5+ファイン / RAW※5+スタンダード / ファイン / スタンダード
記録画素数(静止画) ・[4:3] 設定時:4896x3672 (18M) (L) / 3456x2592 (9M) (M) / 2400x1800 (4.5M) (S)
・[3:2] 設定時:4896x3264 (16M) (L) / 3456x2304 (8M) (M) / 2400x1600 (4M) (S)
・[16:9] 設定時:4896x2752 (13.5M) (L) / 3840x2160 (8M) (M) / 1920x1080 (2M) (S)
・[1:1] 設定時:3664x3664 (13.5M) (L) / 2592x2592 (7M) (M) / 1824x1824 (3.5M) (S)
動画撮影 AVCHD Progressive FHD 60p:1920x1080(約28Mbps) センサー出力 60コマ/秒 (Dolby Audio)※7
AVCHD FHD 60i:1920x1080(約17Mbps) センサー出力 60コマ/秒 (Dolby Audio)※7
FHD 60i:1920x1080(約24Mbps) センサー出力 30コマ/秒 (Dolby Audio)
MP4※6 4K 30p:3840x2160(約100Mbps) センサー出力 30コマ/秒(AAC)
FHD 60p:1920x1080(約28Mbps) センサー出力 60コマ/秒(AAC)
FHD 30p:1920x1080(約20Mbps) センサー出力 30コマ/秒(AAC)
HD 30p:1280x720(約10Mbps) センサー出力 30コマ/秒(AAC)
4Kライブクロップ
ハイスピード動画※8 HD 30p: 1280x720 センサー出力 120コマ/秒
VGA 30p: 640x480 センサー出力 240コマ/秒
スナップムービー
ファインダー 方式 アスペクト比 4:3 / 約117万ドット カラー液晶 LVF
視野率 / 倍率 約100% / 約2.59倍(35mm判換算:約0.46倍)(-1m-1 50mm 無限遠時) 
アイポイント / 視度調整範囲 約17.5mm(-1m-1時) / -4.0〜+4.0(dpt)  
アイセンサー -
フォーカス オートフォーカス方式、フォーカスモード 映像検出によるTTL方式(コントラストAF)、[AFS(シングル) / AFF(フレキシブル) / AFC(コンティニュアス)] 、AF / AFマクロ / ズームマクロ / MF](メニュー切換え)
AF測距検出範囲、AFモード EV -2〜18(ISO100換算)、オートフォーカスモード:顔・瞳認識 / 追尾 / 49点 / 1点(エリア移動、エリアサイズ変更可) / ピンポイント(タッチフォーカスエリア選択可能) / カスタムマルチ(横/縦/中央/カスタム) / ローライトAF
AF補助光 / AFロック ○ / ○
その他のフォーカス機能 クイックAF、AFエリア選択、AF連続動作(動画時)、ワンショットAF(AF-ON)、シャッター半押しAF、シャッター半押しレリーズ、タッチAF、タッチパッドAF、AF+MF、MF枠移動、MFアシスト、MFガイド、フォーカスピーキング
フォーカスセレクト
フォーカス合成
フォーカスブラケット -
露出制御 測光方式、測光モード 1728分割測光、マルチ測光 / 中央重点測光 / スポット測光
撮影モード プログラムAE(P)※9 / 絞り優先AE(A) / シャッター優先AE(S) / マニュアル露出(M) / クリエイティブ動画 / カスタム(C) / パノラマモード / シーンガイド※10 / クリエイティブコントロール※11 / インテリジェントオート(iA) / インテリジェントオートプラス(iA+)
ISO感度(標準出力感度) オート/ インテリジェントISO / 80 / 100 / 200 / 400 / 800 / 1600 / 3200 / 6400※12 (1/3 EVステップに変更可能)
露出補正 1/3 EVステップ ±5EV
AEロック ○(AF/AEロックボタンで設定時[AE、AF/AEロック可能] またはAFSモード時シャッターボタン半押しで可能)
露出ブラケット 1/3、2/3または1EVステップ 最大±3EV 撮影枚数 3枚 / 5枚 / 7枚、単写/連写選択可
絞りブラケット -
手ブレ補正 静止画 POWER O.I.S.(ON/OFF可)
動画 アクティブモード(光学式)
手ブレ補正切換え 通常 / 流し撮り / OFF
色空間 sRGB / Adobe RGB
ホワイトバランス オート / 晴天 / 曇り / 日陰 / 白熱灯 / フラッシュ / ホワイトセット1・2・3・4 / 色温度指定(2500K-10000Kの間で100K単位) / ホワイトバランス微調整(2軸方式)、ホワイトバランスブラケット
シャッター 形式 電子シャッター連動メカニカルシャッター
シャッター速度 静止画:4-1/2000秒(メカシャッター)、1-1/16000秒(電子シャッター)
シーンガイド「夜景をアーティスティックに撮る」:最長60秒

動画:1/30-1/16000秒(クリエイティブ動画、MF選択時は1/2-1/16000秒)

サイレントモード / シャッター方式 ○ / ○(AUTO / メカ / 電子)
連写撮影※13 通常連写 メカシャッター時
高速(H):約10コマ/秒(AFS時) / 約6コマ/秒(AFC時)
中速(M):約6コマ/秒(ライブビュー時)
低速(L):約2コマ/秒(ライブビュー時)

電子シャッター時
高速(H):約10コマ/秒(AFS時) / 約6コマ/秒(AFC時)
中速(M):約6コマ/秒(ライブビュー時)
低速(L):約2コマ/秒(ライブビュー時)

最大撮影コマ数:
RAW/RAW+JPEG連写:13コマ以上(速度が遅くなるまで、当社測定条件による)
JPEG連写:41コマ以上(速度が遅くなるまで、当社測定条件による)
4Kフォトモード※14 4K連写※15 / 4K連写(S/S)※15 / 4Kプリ連写: 30コマ/秒
4Kフォト一括保存
最低被写体照度※16(iローライト時) 約9ルクス(シャッター速度1/30秒)
モニター 形式 / 視野率 アスペクト比3:2 / 3.0型 / 約104万ドットモニター / 静電容量方式タッチパネル / 視野率 約100%
フラッシュ 内蔵フラッシュ 内蔵ポップアップ式
フラッシュモード オート※17/ 赤目軽減オート※17 / 強制発光 / 赤目軽減強制発光 / スローシンクロ / 赤目軽減スローシンクロ / 発光禁止
発光タイミング 先幕、後幕シンクロ(設定可能)
フラッシュ発光量調整 1/3EVステップ 最大±2EV
フラッシュ撮影範囲 ISOオート設定時:約0.3m〜14.1m(W端時) / 約1.5m〜6.1m(T端時)
外部フラッシュ対応 ○(ホットシュー、TTL調光対応)※18
オートレビュー 時間: OFF / 1秒 / 2秒 / 3秒 / 4秒 / 5秒 / ホールド
クリエイティブコントロール 静止画 ポップ / レトロ / オールドデイズ / ハイキー / ローキー / セピア / モノクローム / ダイナミックモノクローム / ラフモノクローム※19 / シルキーモノクローム※19 / インプレッシブアート / ハイダイナミック / クロスプロセス / トイフォト※20 / ブリーチバイパス / ジオラマ※21 / ソフトフォーカス※22 / ファンタジー / クロスフィルター※22 / ワンポイントカラー / サンシャイン※23(パラメーター調整可、ボケ味コントロール、露出補正可)
動画 ポップ / レトロ / オールドデイズ / ハイキー / ローキー / セピア / モノクローム / ダイナミックモノクローム / インプレッシブアート/ ハイダイナミック / クロスプロセス / トイフォト / トイポップ / ブリーチバイパス / ジオラマ※24 / ファンタジー / ワンポイントカラー
フォトスタイル スタンダード / ヴィヴィッド / ナチュラル / モノクローム / 風景 / 人物 / カスタム
(画質調整:コントラスト / シャープネス / ノイズリダクション / 彩度※25 / 色相 / 色調※25 / フィルター効果※26
シーンガイド 人物をきれいに撮る / 人物の肌をきれいに撮る / 逆光でふんわり撮る / 逆光でしっかり撮る※27 / ほのぼのした雰囲気で撮る / 子どもをかわいく撮る / 風景をきれいに撮る / 青空をさわやかに撮る / 夕焼けを幻想的に撮る / 夕焼けを印象的に撮る / 水面をキラキラ撮る※28 / 夜景をきれいに撮る / 夜空をクールに撮る / 夜景を暖かく撮る / 夜景をアーティスティックに撮る※27 / イルミネーションをキラキラ撮る※28 / 夜景を手持ちで撮る※29 / 夜景をバックに人物をきれいに撮る※27 / 花をふんわり撮る※28 / 料理をおいしそうに撮る / スイーツをかわいく撮る / 動くペットをきちんと撮る / スポーツをきれいに撮る / モノクロで撮る
Fnボタン設定 撮影時 4Kフォトモード、フォーカスセレクト、Wi-Fi、Q.MENU、LVF/モニター表示スタイル、AF/AE LOCK、AF-ON、プレビュー、ワンプッシュAE、タッチAE、フォーカスエリア選択、カーソルボタンロック、フォトスタイル、フィルター効果、画像横縦比、記録画素数、クオリティ、AFS/AFF/AFC、測光モード、ブラケット、ハイライトシャドウ、iDレンジコントロール、超解像、HDR、シャッター方式、フラッシュモード、フラッシュ光量調整、ワイヤレスフラッシュ設定、iAズーム、デジタルズーム、手ブレ補正、ISO感度、ホワイトバランス、AFモード/MF、ドライブモード、デフォルトに戻す
再生時 Wi-Fi、お気に入り、プリント設定、プロテクト、1枚消去、OFF、デフォルトに戻す
その他の撮影機能 撮影モード時

撮影:ボケ味コントロール(インテリジェントオートプラス [iA+] / クリエイティブコントロール※30)、色合いコントロール(インテリジェントオートプラス[iA+])、明るさコントロール(インテリジェントオートプラス[iA+] / クリエイティブコントロール)、フィルター設定、ハイライトシャドウ、iDレンジコントロール、超解像、i手持ち夜景、iHDR※31、HDR※32、多重露出、インターバル撮影、コマ撮りアニメ、パノラマ設定、デジタル赤目補正、ISO感度上限設定、ISO感度ステップ、長秒ノイズ除去、回折補正、コンバージョン、ステップズーム、個人認証、プロフィール設定

動画:動画露出設定、写真撮影※33、AF連続動作、動画傾き補正、フリッカー軽減、タッチ静音操作、風音キャンセラー、ズームマイク

カスタム:カスタムセット登録、サイレントモード、AF/AEロック切換、AF/AEロック維持、シャッター半押しAF、シャッター半押しレリーズ、クイックAF、ピンポイントAF時間、ピンポイントAF表示、AF補助光、ダイレクトフォーカス移動、フォーカス/レリーズ優先、AF+MF、MFアシスト、MFアシスト表示、MFガイド、ピーキング、ヒストグラム表示、ガイドライン表示、センターマーカー表示、ハイライト表示、ゼブラパターン表示、モノクロライブビュー、常時プレビュー(Mモード)、露出メーター、ダイヤル操作ガイド、LVF表示スタイル、モニター表示スタイル、モニター撮影情報画面、記録枠表示、残枚数/残時間切換、オートレビュー、Fnボタン設定、ズームレバー、レンズ位置メモリー、レンズ収納、Q.MENU、動画ボタン、タッチ設定、タッチ再生送り速度、メニューガイド

再生モード時 撮影情報表示、ヒストグラム表示、マルチ再生、カレンダー再生、再生ズーム(最大16倍)、スライドショー、再生モード、位置情報記録、RAW現像、4Kフォト一括保存、比較明合成、クリアレタッチ、タイトル入力、文字焼き込み、動画分割、インターバル動画作成、コマ撮りアニメ作成、リサイズ(縮小)、トリミング(切抜き)、画像回転、縦位置自動回転、お気に入り、プリント設定、プロテクト、認証情報編集、画像表示順、テレビ接続設定
マイク ○(ステレオ)
スピーカー ○(モノラル) 
表示言語 日/英/中簡体/中繁体/ハングル
プリンター連携 PictBridge対応※34(プリントサイズ・レイアウト・日付印刷指定対応)
記録メディア SDXCメモリーカード / SDHCメモリーカード / SDメモリーカード(UHS-I スピードクラス3(U3)規格までのSDHC/SDXCメモリーカード対応)
インターフェース USB USB 2.0 High SPEED マルチ 
HDMI端子 micro HDMI TypeD
AV OUT -
REMOTE -
外部マイク -
ヘッドホン出力 -
ワイヤレス転送部 準拠規格 IEEE 802.11b/g/n(無線LAN標準プロトコル)
使用周波数範囲(中心周波数) 2,412MHz〜2,462MHz(1ch〜11ch)
暗号化形式 Wi-Fi準拠 WPA™ / WPA2™ 
アクセス方式 インフラストラクチャーモード 
電源 電源 バッテリーパック(付属、7.2V) / バッテリーチャージャー / (別売ACアダプター DMW-AC10 100〜240V対応)
※別売DCカプラーDMW-DCC6が必要です。
静止画撮影可能枚数※35 CIPA規格※36
[モニター時]
約330枚(付属バッテリーパック)
[ファインダー時]
約240枚(付属バッテリーパック)
連続撮影可能時間※37 [モニター時]
約100分(AVCHD(FHD/60p))
約80分(MP4(4K/30p))
[LVF時]
約100分(AVCHD(FHD/60p))
約80分(MP4(4K/30p))
実撮影可能時間※37 [モニター時]
約50分(AVCHD(FHD/60p))
約40分(MP4(4K/30p))
[LVF時]
約50分(AVCHD(FHD/60p))
約40分(MP4(4K/30p))
外形寸法・質量 外形寸法(突起部を除く) 幅 約130.2mm x 高さ 約94.3mm x 奥行 約119.2mm
質量 約616g(本体、バッテリー、メモリーカード含む)
約572g(本体)
動作環境(使用可能温度 / 湿度) 0〜40 ℃ / 10〜80 % 
付属ソフト(ダウンロード) PHOTOfunSTUDIO 9.9 PE※38※39、SILKYPIX® Developer Studio SE※38、LoiLoScope -体験版-※38
付属品 バッテリーパック、ACアダプター(USBタイプ)、USB接続ケーブル、ショルダーストラップ、レンズキャップ、レンズキャップひも、取扱説明書

フラッシュライト:DMW-FL200L

電池 DC 3.0 V
使用推奨電池 単3形アルカリ乾電池(LR6)2本/
単3形充電式ニッケル水素電池(Ni-MH)2本
充電時間
(フル発光してから[TEST/CHARGE]ランプ点灯まで)
約4.0秒:単3形アルカリ乾電池
約3.0秒:単3形充電式ニッケル水素電池
発光時間 約1/10000 秒〜1/250 秒
(発光量により変わる:FP発光時除く)
発光回数
(フル発光時)
約120回:単3形アルカリ乾電池
約200回:単3形充電式ニッケル水素電池(min. 2400 mAh タイプ)
(撮影条件により変わる)
AF補助光 有効距離の目安:1〜5m
(使用するデジタルカメラ、レンズの種類によって異なる)
フラッシュモード TTL AUTO/MANUAL/SL MANUAL/RC
ガイドナンバー 20(ISO100時)、14(ISO100、ワイドパネル使用時)
照射角度 12mmレンズの画角をカバー(35mmフィルムカメラ換算で24mm)
(ワイドパネル使用時:7mmレンズ(35mmフィルムカメラ換算で14mm))
LEDライト 照度 200Lux(1m時)
照射角 焦点距離12mm(35mmフィルムカメラ換算で24mm)以上のレンズに対応
制御 AUTO, MANUAL
寸法 約 幅61.0mm × 高さ52.5mm × 奥行き82.0mm(突起部除く)
質量 約230g(電池含む)
約180g(本体のみ)
付属品 フラッシュケース、ワイドパネル、フラッシュスタンド(電池は別売です)
推奨使用温度 0℃〜40℃
許容相対湿度 10%〜80%(結露しないこと)

フラッシュライト:DMW-FL360L

電源 DC 6.0 V
使用推奨電池 単3形アルカリ乾電池(LR6)4本/
単3形充電式ニッケル水素電池(Ni-MH)4本
充電時間
(フル発光してから[TEST/CHARGE]ランプ点灯まで)
約2.0秒:単3形アルカリ乾電池
約1.5秒:単3形充電式ニッケル水素電池
発光時間 約1/20000 秒〜1/500 秒
(発光量により変わる:FP発光時除く)
発光回数
(フル発光時)
約250回:単3形アルカリ乾電池
約350回:単3形充電式ニッケル水素電池(min. 1900 mAh タイプ)
(撮影条件により変わる)
AF補助光 有効距離の目安:1〜5m
(使用するデジタルカメラ、レンズの種類によって異なる)
フラッシュモード TTL AUTO/AUTO/MANUAL/FP TTL AUTO/FP MANUAL/SL AUTO/SL MANUAL/RC
ガイドナンバー 36(ISO100時)、12(ISO100、ワイドパネル使用時)
照射角度 12mmから42mmレンズの画角をカバー(35mmフィルムカメラ換算で24〜85mm)
(ワイドパネル使用時:8mmレンズ(35mmフィルムカメラ換算で16mm))
LEDライト 照度 100Lux(1m時)
照射角 焦点距離12mm(35mmフィルムカメラ換算で24mm)以上のレンズに対応
制御 AUTO, MANUAL
寸法 約 幅62.0mm × 高さ104.0mm × 奥行き98.0mm(突起部除く)
質量 約376g(電池含む)
約257g(本体のみ)
付属品 フラッシュケース、フラッシュスタンド(電池は別売です)
推奨使用温度 0℃〜40℃
許容相対湿度 10%RH〜80%RH(結露しないこと)

フラッシュライト:DMW-FL580L

電源 DC 6.0 V
使用推奨電池 単3形アルカリ乾電池(LR6)4本/
単3形充電式ニッケル水素電池(Ni-MH)4本
充電時間
(フル発光してから[TEST/CHARGE]ランプ点灯まで)
約2.7秒:単3形アルカリ乾電池
約1.7秒:単3形充電式ニッケル水素電池
発光時間 約1/20000 秒〜1/250 秒
(発光量により変わる:FP発光時除く)
発光回数
(フル発光時)
約125回:単3形アルカリ乾電池
約175回:単3形充電式ニッケル水素電池(min. 1900 mAh タイプ)
(撮影条件により変わる)
AF補助光 有効距離の目安:1〜5m
(使用するデジタルカメラ、レンズの種類によって異なる)
フラッシュモード TTL AUTO/AUTO/MANUAL/FP TTL AUTO/FP MANUAL/SL AUTO/SL MANUAL/RC/MULTI
ガイドナンバー 58(ISO100時)、26(ISO100、ワイドパネル使用時)
照射角度 12mmから100mmレンズの画角をカバー(35mmフィルムカメラ換算で24〜200mm)
(ワイドパネル使用時:7mmレンズ(35mmフィルムカメラ換算で14mm))
LEDライト 照度 100Lux(1m時)
照射角 焦点距離12mm(35mmフィルムカメラ換算で24mm)以上のレンズに対応
制御 AUTO, MANUAL
寸法 約 幅72.0mm × 高さ114.0mm × 奥行き113.0mm(突起部除く)
質量 約435g(電池含む)
約340g(本体のみ)
付属品 フラッシュケース、フラッシュスタンド、フィルター(3種類)
(電池は別売です)
推奨使用温度 0℃〜40℃
許容相対湿度 10%〜80%(結露しないこと)

ビデオライト:VW-LED1

電源 DC 6.0 V(単3形アルカリ乾電池(LR6)4本)
DC 4.8 V(単3形充電式ニッケル水素電池(Ni-MH)4本)
使用推奨電池 単3形アルカリ乾電池(LR6)4本
単3形充電式ニッケル水素電池(Ni-MH)4本
発光体 白色LED
LED数 36灯
最大照度 約1500lx(0.5m)
連続照射時間 単3形アルカリ乾電池(LR6)使用時:約200分
(新品、明るさ調整ダイヤルMAX、周囲温度25℃)
単3形充電式ニッケル水素電池(Ni-MH):約240分
(新品満充電、明るさ調整ダイヤルMAX、周囲温度25℃)
照射距離 1.0m:約375lx
1.5m:約166lx
2.0m:約93lx
3.0m:約41lx
色温度 約5000K
許容温度/湿度 保存:-10℃〜60℃ / 0%RH〜90%RH
動作:0℃〜40℃ / 10%RH〜80%RH
外形寸法 約 幅69.1mm × 高さ110mm × 奥行き52.5mm
質量 約238g(電池含む)
約130g(本体のみ)
付属品 クッション材

注意事項

  • *撮影枚数はバッテリーの保存状態や使用条件によって多少変わります。撮影枚数は撮影間隔によって変わります。撮影間隔が長くなると撮影枚数は減少します。推奨使用温度:0℃〜40℃、許容相対湿度:10%〜80%。スキー場などの低温下では、バッテリーの性能が一時的に低下し、使用時間が短くなる場合があります。
  • ※1 パノラマモード、ズームマクロ撮影時は使用できません。
  • ※2 光学ズーム(T端)から2倍のデジタルズーム時において、超解像技術により画質の劣化をおさえつつ拡大できるズームのこと。パノラマモード、ズームマクロ、インプレッシブアート、トイフォト、トイポップ、夜景を手持ちで撮る、HDR、iHDR、i手持ち夜景、多重露出、クオリティ[RAW+ファイン] [RAW+スタンダード] [RAW]、パノラマモード時は使用できません。
  • ※3 各アスペクトでの最大記録画素数以外の記録画素数を選ぶと、ズーム倍率が自動的にアップします。4Kフォトモード、フォーカスセレクトモード、トイフォト、トイポップ、夜景を手持ちで撮る、HDR、iHDR、i手持ち夜景、多重露出、クオリティ[RAW+ファイン] [RAW+スタンダード] [RAW]、ズームマクロ、動画撮影時は使用できません。
  • ※4 インテリジェントオート、インテリジェントオートプラス、パノラマモード、フォーカスセレクトモード、インプレッシブアート、トイフォト、トイポップ、ジオラマ、夜景を手持ちで撮る、HDR、多重露出、クオリティ[RAW+ファイン] [RAW+スタンダード] [RAW]時は使用できません。
  • ※5 RAWファイルの画像を加工・調整し、JPEG・TIFF形式などの画像に現像・変換するには、付属(ダウンロード)のソフトウェア「SILKYPIX® Developer Studio SE」をご使用ください。市川ソフトラボラトリー(SILKYPIX® Developer Studio SE)
    http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/p/
  • ※6 [画質設定]のサイズが[FHD/30p]、[HD]のMP4動画の場合:連続記録時間が30分を超える場合やファイルサイズが4GBを超える場合は、ファイルは分かれて保存・再生されます(撮影は一時中断することなく続けることができます)。[画質設定]のサイズが[FHD/60p]のMP4動画の場合:連続記録時間が29分59秒を超えると記録を停止します。ファイルサイズが4GBを超える場合は、ファイルは分かれて保存・再生されます(撮影は一時中断することなく続けることができます)。[画質設定]のサイズが[4K]のMP4動画の場合:連続記録時間が15分を超えると記録を停止します。SDHCメモリーカード使用時は、ファイルサイズが4GBを超える場合は、ファイルは分かれて保存・再生されます(撮影は一時中断することなく続けることができます)。SDXCメモリーカードを使用すると、ファイルサイズが4GBを超えても1つのファイルとして記録できます。4K動画撮影時はSDXC/SDHC メモリーカード UHS-I U3(UHS Speed Class 3)をご使用ください。撮影中に本機の温度が上昇すると、本機を保護するために自動で電源が切れる場合があります。本機の温度が下がるまでお待ちください。
  • ※7 連続記録時間が29分59秒を超えると記録を停止します。ファイルサイズが4GBを超える場合は、ファイルは分かれて保存・再生されます(撮影は一時中断することなく続けることができます)。
  • ※8 音声は記録されません。動画を連続で撮影できるのは、最大で7分29秒またはファイルサイズ4GBまでです。(再生時間に換算して29分56秒までの動画を記録できます)ピント、ズーム、露出、ホワイトバランスは撮影開始時に固定されます。蛍光灯下でちらつきや横しまが出る場合があります。
  • ※9 Pモード時プログラムシフト可能。
  • ※10 シーンガイドモード時は、カメラが自動で最適に調整するため、フォトスタイルの画質調整以外の項目、ISO感度、フィルター設定、測光モード、ハイライトシャドウ、HDR、多重露出の設定はできません。
  • ※11 「ラフモノクローム」「シルキーモノクローム」「ソフトフォーカス」「クロスフィルター」「サンシャイン」に設定して動画撮影はできません。
  • ※12 拡張ISO設定時。
  • ※13 連写撮影速度は、絞り、シャッター速度などの諸条件によって、低下することがあります。
  • ※14 シーンガイドモードの[逆光でしっかり撮る]/[水面をキラキラ撮る]/[夜景をアーティスティックに撮る]/[イルミネーションをキラキラ撮る]/[夜景を手持ちで撮る]/[夜景をバックに人物をきれいに撮る]/[花をふんわり撮る]、クリエイティブコントロールモードの[ラフモノクローム]/[シルキーモノクローム]/[ジオラマ]/[ソフトフォーカス]/[クロスフィルター]/[サンシャイン]、動画撮影時、多重露出設定時は無効になります。
  • ※15 連続記録時間が15分を超えると記録を停止します。SDHCメモリーカード使用時は、ファイルサイズが4GBを超える場合は、ファイルは分かれて保存・再生されます(撮影は一時中断することなく続けることができます)。SDXCメモリーカードを使用すると、ファイルサイズが4GBを超えても1つのファイルとして記録できます。
  • ※16 最低被写体照度は参考値です。
  • ※17 iA, iA+のみ
  • ※18 対応フラッシュライト:Panasonic DMW-FL200L / DMW-FL360L / DMW-FL580L。[ご注意] 市販の外部フラッシュはシンクロ端子が高圧のものがあり、本体を故障させる原因となります。必ず当社指定の外部フラッシュをお使いください。
  • ※19 連写、4Kフォトモード、フォーカスセレクト/フォーカス合成、ブラケット撮影、動画撮影、ハイスピード動画撮影時は使用できません。またパノラマモード時は、画像効果が写真撮影中に反映されません。
  • ※20 ズームマクロ、EX光学ズーム、iAズーム、デジタルズーム、パノラマモード、4Kライブクロップ撮影時は使用できません。
  • ※21 ボケ味コントロール機能、ズームマクロ、デジタルズーム、連写、4Kフォトモード、フォーカスセレクト/フォーカス合成、ブラケット撮影、個人認証、スナップムービー、4Kライブクロップ撮影、4K動画撮影時は使用できません。
  • ※22 連写、4Kフォトモード、フォーカスセレクト/フォーカス合成、ブラケット撮影、動画撮影、4Kライブクロップ撮影時は使用できません。またパノラマモード時は、画像効果が写真撮影中に反映されません。
  • ※23 連写、4Kフォトモード、フォーカスセレクト/フォーカス合成、ブラケット撮影、パノラマモード、動画撮影、4Kライブクロップ撮影時は使用できません。
  • ※24 動画に音声は録音されません。画質設定のサイズが[4K]の動画の場合は、画質設定の設定が自動的に[FHD]に切り換わります。「ジオラマ」で動画撮影すると、動画は約1/10の時間で記録されます(10分間撮影した場合、動画記録時間は約1分になります)。
  • ※25 モノクローム選択時のみ[色調]が表示されます。それ以外では[彩度]が表示されます。
  • ※26 モノクローム選択時のみ[フィルター効果]が表示されます。それ以外では[色相]が表示されます。
  • ※27 4Kフォトモード、フォーカスセレクト/フォーカス合成は使用できません。
  • ※28 ホワイトバランスブラケット、連写、4Kフォトモード、フォーカスセレクト/フォーカス合成、ブラケット撮影、動画撮影時は使用できません。
  • ※29 ズームマクロ、EX光学ズーム、iAズーム、デジタルズーム、クオリティ[RAW+ファイン] [RAW+スタンダード] [RAW]、ホワイトバランスブラケット、連写、4Kフォトモード、フォーカスセレクトモード、インターバル撮影、コマ撮りアニメ([自動撮影]設定時のみ)、ブラケット撮影、ISO感度上限設定時は使用できません。
  • ※30 「ジオラマ」で撮影する場合、ボケ味コントロール機能は使えません。
  • ※31 フラッシュ、連写、4Kフォトモード、フォーカスセレクトモード、ブラケット撮影、クオリティ[RAW+ファイン] [RAW+スタンダード] [RAW]、インターバル撮影、コマ撮りアニメ(自動撮影設定時)撮影時は使用できません。
  • ※32 連写、4Kフォトモード、フォーカスセレクトモード、ブラケット撮影、クオリティ[RAW+ファイン] [RAW+スタンダード] [RAW]、インターバル撮影、コマ撮りアニメ(自動撮影設定時)撮影時は使用できません。
  • ※33 動画撮影中に写真を記録すると、一時的に写真撮影用のオートフォーカス機能が働き、ピントを合わせる動作が動画に記録される場合があります。最大30枚まで撮影できます。写真の画像横縦比は[16:9]に固定されます。記録方式を[MP4]、画質設定を[4K/100M/30p][4K/100M/24p]に設定時、スナップムービーを[ON]に設定時は使用できません。
  • ※34 カメラ側ではできない設定もありますので、プリンターの取扱説明書もお読みください。
  • ※35 撮影枚数はバッテリーの保存状態や使用条件によって多少変わります。撮影枚数は撮影間隔によって変わります。撮影間隔が長くなると撮影枚数は減少します。推奨使用温度:0℃〜40℃、許容相対湿度:10%〜80%。スキー場などの低温下では、バッテリーの性能が一時的に低下し、使用時間が短くなる場合があります。
  • ※36 Panasonic製SDHCメモリーカード使用。
  • ※37 撮影可能時間は、周囲環境や撮影間隔、使用条件によって変わります。温度23度、湿度50%の場合の時間で、目安です。実撮影可能時間とは、電源の「ON」/「OFF」切り換え、撮影の開始/終了、ズーム操作などを繰り返した時に撮影できる時間です。
  • ※38 指定のURLからダウンロードができます。
  • ※39 「PHOTOfunSTUDIO 9.9 PE」はRAWファイルに対応していません。画像をJPEG形式の画像に変換、加工・調整してから現像する際には、DC-FZ85のRAWファイルに対応した付属(ダウンロード)のソフトウェア「SILKYPIX® Developer Studio SE」をご使用ください。
  • ●CIPA規格は、カメラ映像機器工業会(Camera&Imaging Products Association)が定める電池寿命測定方法についての統一規格です。
  • 詳しい測定方法については、カメラ映像機器工業会のホームページをご覧ください。http://www.cipa.jp
  • ●“AVCHD”、“AVCHD Progressive”、および“AVCHD Progressive”のロゴはパナソニック株式会社とソニー株式会社の商標です。
  • ●HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing, LLC の商標または登録商標です。
  • ●“Wi-Fi CERTIFIED™”ロゴは、“Wi-Fi Alliance®”の認証マークです。“Wi-Fi®”は“Wi-Fi Alliance®”の登録商標です。“Wi-Fi Protected Setup™”、“WPA™”、“WPA2™”は“Wi-Fi Alliance®”の商標です。
  • ●取扱説明書は基本編(冊子)を付属しています。機能詳細を説明した活用ガイドはWEBサイトからの提供となります。

PHOTOfunSTUDIO 9.9 PEの推奨環境

●対応パソコン
Windows® 7 / 8 / 8.1 / 10 の場合:Intel® Pentium® III 1GHz以上のCPU(互換CPUを含む)を搭載したIBM® PC/AT互換機

AVCHD Progressive/AVCHD/MP4動画機能ご利用時の推奨環境
Intel(R) Core(TM)2 Duo 2.16GHz/PentiumD 3.2GHz以上(動画再生時)
Intel(R) Core(TM)2 Quad 2.6GHz以上/(動画編集時)

ショートムービー機能をご利用時の推奨環境
Intel(R) Core(TM)2 Quad 2.6GHz以上

AVCHD Progressive動画機能ご利用時の最低環境(2枚/秒の再生ができる環境)
Intel(R) Pentium(R) III 1GHz以上

4K動画の再生、編集機能ご利用時の推奨環境
Intel(R) Core(TM) i7 3.5GHz以上

●対応OS
プリインストールされた各日本語版
Microsoft® Windows® 10 Home / Pro(32bit/64bit)、
Microsoft® Windows® 8.1 / Microsoft® Windows® 8.1 Pro(32bit/64bit)、
Microsoft® Windows® 8 / Microsoft® Windows® 8 Pro(32bit/64bit)、
Microsoft® Windows® 7 Starter(32bit)/ Home Basic(32bit/64bit)/ Home Premium(32bit/64bit)/ Professional(32bit/64bit)/ Ultimate(32bit/64bit)
※4K動画で編集機能をご利用の場合、Windows® 7 / 8 / 8.1 / 10 の64bit版OSが必要

●メモリ
Windows® 7 / Windows® 8 / Windows® 8.1 / Windows® 10 (64bit):2GB以上、
Windows® 7 / Windows® 8 / Windows® 8.1 / Windows® 10 (32bit):1GB以上

●ディスプレイ
High Color(16bit)以上(32bit 以上を推奨)
デスクトップ領域1024×768以上(1920 x 1080 以上を推奨)
ビデオメモリ256MB以上を推奨
Direct 3Dアクセラレータ使用可能
4K動画の再生機能をご利用の場合、4K動画のハードウェアデコードに対応したビデオカードが必要
4K動画の再生・編集には2GB以上のビデオメモリーが必要

●ハードディスク
450MB 以上の空き容量

  • ※PHOTOfunSTUDIO 9.9 PEで、動画を取り扱う場合は、処理能力の高いパソコンでのご利用をおすすめいたします。また、当社製デジタルカメラ(LUMIX)で撮影した動画をパソコンで扱う場合は、PHOTOfunSTUDIO 9.9 PEをご使用ください。他社製ソフトなどで編集等を行うと、当社製デジタルカメラ(LUMIX)での再生が行えない場合があります。

PictBridge

デジタルカメラとプリンターでのダイレクトプリントを可能にする標準規格「PictBridge(ピクトブリッジ)」に対応しています。対応プリンターに接続すれば、カメラの操作でダイレクトにプリントすることができます。

Print Image Matching II

セイコーエプソン株式会社製の対応プリンターを使用すれば、撮影した画像データの情報がプリンターに入力され、明るさや自然の色合いなどをより忠実に、美しくプリントできます。

Exif Print

撮影時に設定した条件やシーンの情報を、より忠実に反映できる業界標準規格・Exif2.3に対応。対応プリンターを利用すれば、特別な設定をしなくても美しいプリントが得られます。