いちごのショートケーキ

パナソニックのスチームオーブンレンジでつくるいちごのショートケーキのレシピをご紹介します。

このレシピは、パナソニックのスチームオーブンレンジ ビストロ NE-UBS10A を使用して作成しています。

いちごのショートケーキ

材料(直径18cmの金属製丸型1個分)

  • 「角皿」を使用
  • M寸3個(正味150g)
  • 砂糖(ふるう)90g
  • 薄力粉(ふるう)90g
  • A
    • 牛乳小さじ2
    • 無塩バター(細かく切る)15g
    • バニラエッセンス(またはバニラオイル)少々
    • 生クリーム2カップ
  • B
    • 砂糖大さじ4~6
    • バニラエッセンス少々
  • C
    • 砂糖大さじ2
    • 大さじ4
    • ブランデー(Cと合わせる)大さじ2
    • いちご(縦半分に切る)適量

つくり方

  • 1

    耐熱容器にCを入れ、ふたをして庫内中央に置く。

    【毎日】→【レンジ:600W】→【約30~40秒】→【スタート】

    ブランデーはCと合わせる。

  • 2

    深めの耐熱容器にAを入れ、ふたをして、庫内中央に置く。

    【毎日】→【レンジ:500W】→【約20~30秒】→【スタート】

    ボウルに卵を溶きほぐして砂糖を加え、混ぜながら湯せんにかける。指先を入れてあたたかく感じたら(約35~40℃)、湯せんから外す。

  • 3

    予熱する。(庫内に何も入れない)
    ・予熱時間:約7分

    給水タンクに満水まで水を入れる。
    (手動加熱の場合は給水不要)

    「キッチンポケット」アプリの「いちごのショートケーキ」レシピより【Bistroへ送信】ボタンを押す。その後、ビストロ本体の【スタート】ボタンを押す。

  • 4

    湯せんした卵にバニラエッセンスを加え、あたたかいうちにハンドミキサーの高速でしっかり泡立てる。

    ボリュームが出て、生地をたらして文字が書けるぐらいになれば、低速にして熱が取れるまで泡立てる。

    ・泡立て器の場合は、湯せんであたためながら、ボリュームが出てくるまで泡立て、 湯せんから外して熱が取れるまでしっかり泡立てましょう。

  • 5

    きめ細かくつやのある状態になったら、へらに持ちかえ、薄力粉を全体にふり入れて底からすくい上げるようにして粉が見えなくなるまで混ぜる。

    溶かしておいた熱いAを全体に散らすように加え、手早く混ぜる。

  • 6

    生地を高い位置からゆっくりと型に流し入れる。(泡を均一にするため)

    型を軽くたたいて粗い気泡を抜く。
    型を角皿にのせ、予熱完了後すばやく下段に入れる。

    【あたため/スタート】ボタンを押す。(加熱開始)

  • 7

    きれいな焼き色が付き、中央を指先で触ってみて弾力があれば焼き上がり。
    (または竹ぐしを刺してみて、生地が付いてこなければよい)

  • 8

    型ごと約20cmの高さから落として焼き縮みを防ぐ。
    型から出して底を上にしてあみにのせ冷ます。
    (粗熱が取れたらビニール袋へ)

    生クリームにBを加え、冷やしながらツノが立つぐらいまで泡立ててホイップクリームを作る。

  • 9

    スポンジ生地は底から2cmの厚さで2枚に切る。
    1枚目の生地にCのシロップの半量を塗り、ホイップクリームを塗る。
    縦半分に切ったいちごを並べ、2枚目の生地をかぶせて残りのシロップを塗る。
    表面全体にホイップクリームを塗る。
    残りのホイップクリームといちごで飾る。

  • 硫酸紙(またはグラシン紙など)を準備する。
  • ケーキ型の内側に薄くバター(分量外)を塗り、硫酸紙(またはグラシン紙など)を敷きます。
  • 砂糖の量を減らしたりしてその分をはちみつ、メープルシロップなどに代えると、また違った風味が楽しめます。