付属ソフト PHOTOfunSTUDIO

PHOTOfunSTUDIO PHOTOfunSTUDIO PHOTOfunSTUDIO

付属ソフトウェア 

PHOTOfunSTUDIO 10.0 XE GH5 / GH5S
PHOTOfunSTUDIO 10.0 PE G9 PRO
PHOTOfunSTUDIO 10.0 AE GX7MK3 / TX2
PHOTOfunSTUDIO 9.9 XE FZH1
PHOTOfunSTUDIO 9.9 PE GX7MK2 / G8 / GF10 / GF90 / GF9 / TZ90 / LX9 / FZ85
PHOTOfunSTUDIO 9.8 PE TZ85 / TX1
PHOTOfunSTUDIO 9.7 PE GX8 / FZ300

※本ページの情報は、発売時の提供バージョンでの情報です。

主要機能紹介

動画の高度編集機能 動画の高度編集機能 動画の高度編集機能

NEW 4K/60pや4:2:2 10bitなどの高ビットレート動画の再生・保存・部分削除機能

GH5で撮影した4K/60pや4:2:2 10bitの高ビットレート記録した動画を含む、全ての動画の再生・保存・部分削除に対応。これまで業務用のソフトウェアでしか再生や保存ができなかった、4K/60pや4:2:2 10bit等の高精細・高画質な動画の管理を一元化して行えることで、撮影後の作業スピードが大幅に向上します。
【対応バージョン:10.0 XE】

●高ビットレート動画の再生・保存・編集をご利用時の推奨環境
Intel® Core™ i7(7000番台) 4.0GHz 以上を推奨 (詳しくは後述の推奨環境をご覧ください)
●HEVC動画、4:2:2 10bit動画の部分削除は、0.5秒単位でカット/削除が可能です。
●推奨環境を満たしていても、編集や表示に時間がかかったり、スムーズに再生できない可能性があります。

LPCMのMP4やMOVの編集機能

ルミックスで撮影したLPCMのMP4やMOVの再生や編集、部分削除等が可能になりました。本格的な映像制作のクオリティに応える動画編集が可能になり、映像制作のさらなる可能性を広げます。
【対応バージョン:10.0 XE / 9.9 XE / 9.7 PE】

4K動画のFHD画質での切り出し機能

撮影した4K動画から、好きな画角で動画を切り出し、それをFHD画質で残すことができる機能です。パンやズームイン/アウトの効果を使えば、簡単に映画のような効果を出すことができ、映像の中の思い出をより一層印象的にすることができます。
【対応バージョン:10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE / 9.9 XE / 9.9 PE】

●HEVC動画、4:2:2 10bit動画の切り出しには対応していません。

フォーマット変換機能

撮影した4K動画をそのまま、FHD(2K)に変換することができます。今まで撮りためたFHDの動画と組み合わせて編集することが可能になったり、より小さなデータ容量で保管することが可能になりました。
【対応バージョン:10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE / 9.9 XE / 9.9 PE / 9.8 PE / 9.7 PE】

●HEVC動画、4:2:2 10bit動画の切り出しには対応していません。

動画の高度編集機能 動画の高度編集機能 動画の高度編集機能

NEW 4Kフォトのオートマーキング機能に対応

秒間30コマ連写で撮影している間、被写体の「動き」や「人物の顔」をカメラが自動で検出・マーキングし、画像選択時に最大10箇所までマーキング位置を表示できる「オートマーキング」機能。PC上でもカメラ内と同じようにオートマーキングされたマーキング位置を表示できるので、PCに保存したあとでも決定的瞬間がより見つけやすく、これまで時間を要していた写真選択をよりスピーディにします。
【対応バージョン:10.0 AE】

6Kフォト/4Kフォトの一括保存

6Kフォトモードや4Kフォトモードで撮影した画像データの最大約120秒を一括でJPEGファイルに保存することが可能に。これまでのように1点1点を選択・保存する手間が省けます。
【対応バージョン:10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE】

6Kフォト/4Kフォトでマーキングした画像が一目でわかる

6Kフォト/4Kフォト撮影時に本体でマーキングした箇所が一目でわかる機能を追加。マーキング箇所の前後カットを確認しながら、お気に入りの一枚を選ぶことができます。
【対応バージョン:10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE / 9.9 XE / 9.9 PE / 9.8 PE / 9.7 PE】

●6Kフォトのマーキング機能は、PHOTOfunSTUDIO 10.0 XE / 10.0 PEに搭載されています。

フォーカスセレクト位置を変えられる

フォーカスセレクトモードで撮影したファイルを、パソコンでもあとからフォーカスを選べるようになりました。マウスホイール操作により、かんたんにフォーカスを選ぶことができます。
【対応バージョン:10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE / 9.9 XE / 9.9 PE / 9.8 PE 】

動画の高度編集機能 動画の高度編集機能 動画の高度編集機能

4K動画の結合

4K動画の結合機能をつかって、4GBを超えるデータサイズの4K動画を作成することができます。また、マウスホイール操作によるコマ送り/ コマ戻しも可能になり、よりスムーズな編集が可能になりました。
【対応バージョン:10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE / 9.9 XE / 9.9 PE / 9.8 PE / 9.7 PE】

●HEVC動画、4:2:2 10bit動画の結合には対応していません。

4K動画の基本編集・管理機能

ルミックスで撮影した4K動画をPCに保存して再生したり、SDカードに保存するというような基本機能から、4K動画から静止画を切り出したり、4K動画を2K動画に変換する編集機能も充実しています。
【対応バージョン:10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE / 9.9 XE / 9.9 PE / 9.8 PE / 9.7 PE】

●HEVC動画、4:2:2 10bit動画の編集には対応していません。

撮影した写真や動画からショートムービー作成

撮影した写真や動画を、ストーリーやBGMに合わせて簡単にショートムービーが作成できます。また、タイトルやエフェクトを加えられるので、オリジナリティのあふれる作品に仕上がります。
【対応バージョン:10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE / 9.9 XE / 9.9 PE / 9.8 PE / 9.7 PE】

●ショートムービー機能ご利用時の推奨環境 Intel(R) Core(TM)2 Quad 2.6GHz以上

ハイスピード動画で撮った映像をスロー再生

ハイスピード動画で撮った映像をスロー再生できます。
【対応バージョン:10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE / 9.9 XE / 9.9 PE / 9.8 PE / 9.7 PE】

動画の高度編集機能 動画の高度編集機能 動画の高度編集機能

NEW ハイレゾモードで撮影した高解像画像(約80M画素)の管理

G9 PROのハイレゾモードで撮影された、通常撮影時の4倍の画素数を持つ約8000万画素の高解像画像の管理に対応。これまでの写真と同じようにシーンモード別に分類したり、スライドショーで閲覧することができます。
【対応バージョン:10.0 PE】

● 64bit OSのみ対応。32bit OSでは、約80M画素(XL)の画像は約20M画素(L)にリサイズして管理・保存することができます。

フォーカスブラケットで撮影した画像のグループ化

フォーカスブラケットモードで撮影した、フォーカス位置の異なる画像をまとめて表示し、管理することができます。フォーカスの順序に自動的に並び替えられるので、お気に入りの一枚も探しやすく、管理も簡単です。
【対応バージョン:10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE / 9.9 XE / 9.9 PE】

Wi-Fi®で送信した画像を管理・共有

無線LANスポットなどを活用し、Wi-Fi®搭載のルミックスからパソコンへ画像を転送できます。また、転送した画像をPHOTOfunSTUDIOで管理できます。
【対応バージョン:10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE / 9.9 XE / 9.9 PE / 9.8 PE / 9.7 PE】

アルバムのようにかんたんに分類できる

マイフォトアルバム機能が搭載されたルミックスで記録した画像を取り込むと、写真の分類をアルバムのように管理できます。分類した写真を見る時に表示するタイトルや説明文などを、簡単に設定できます。
【対応バージョン:10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE / 9.9 XE / 9.9 PE / 9.8 PE / 9.7 PE】

高速連写画像をまとめて表示

高速連写モードで撮影した画像を、1つのサムネイルにまとめて表示。別ウィンドウで一連の連写画像を再生することができます。
【対応バージョン:10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE / 9.9 XE / 9.9 PE / 9.8 PE / 9.7 PE】

位置情報をもとに画像の自動分類ができる

ルミックスのGPS機能で捕捉した位置情報やスマホから付与した位置情報を読み取って、画像の自動分類ができます。撮影した国別、地域別に自動で分類します。
【対応バージョン:10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE / 9.9 XE / 9.9 PE / 9.8 PE / 9.7 PE】

●中国および中国と隣接する周辺国の国境付近でGPSが働かない場合があります(2017年1月現在)。使用条件により、GPS衛星を捕捉できず正確なGPS情報が記録されない場合があります。GPS衛星の位置は刻々と変化していますので、撮影する場所や状況により、正しく測位できなかったり、誤差が生じる場合があります。次のような場所では、GPS衛星からの電波が正しく受信できないため、測位できなかったり、大きな誤差が発生する場合があります。屋内、地下や水中(マリンケース使用時)、森の中、高層ビルの近く、高圧電線の近く、トンネルの中、1.5GHz帯の携帯電話などの近く。

個人認識機能に対応

カメラ本体で撮影した画像に加え、パソコンのハードディスク内の画像も写っている人ごとに分類できます。
【対応バージョン:10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE / 9.9 XE / 9.9 PE / 9.8 PE / 9.7 PE】

●個人認識機能は全ての環境下での動作を保証するものではありません。登録した顔に近い顔を見つけますので、表情や環境によっては正しく認識されない場合があります。特に親子や兄弟姉妹で顔の特徴が似ている場合は正しく認識されない場合があります。また、画面に対して顔が小さい時、認識されない場合があります。 

お気に入りのBGMでスライドショーを楽しめる

パン、ズームなど多彩な演出ができるスライドショー機能を搭載。お気に入りの音楽をBGMに設定することができます。
【対応バージョン:10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE / 9.9 XE / 9.9 PE / 9.8 PE / 9.7 PE】

●LUMIX CLUB PicMateはパナソニック株式会社の登録商標です。
●AVCHD / AVCHD ProgressiveおよびAVCHD / AVCHD Progressiveロゴはパナソニック株式会社とソニー株式会社の商標です。
●Wi-Fi®、Wi-Fi Alliance®、Wi-Fi CERTIFIED™、Wi-Fi Direct™、Wi-Fi Multimedia™、WMM®®, Wi-Fi Protected Access®(WPA)、Wi-Fi Protected Setup™、Wi-Fi ロゴ、Wi-Fi Alliance ロゴ、Wi-Fi CERTIFIED ロゴ、Wi-Fi Protected Setup ロゴ、Wi-Fi ZONE ロゴ はWi-Fi Allianceの登録商標です。

付属ソフト PHOTOfunSTUDIOの推奨環境

■対応パソコン:PHOTOfunSTUDIO 10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE の場合:Intel® Pentium® 4 2.8GHz以上のCPU(互換CPUを含む)を搭載したIBM®PC/AT互換機
PHOTOfunSTUDIO 9.9 XE / 9.9 PE / 9.8 PE / 9.7 PE の場合:Intel® Pentium® III 1GHz以上のCPU(互換CPUを含む)を搭載したIBM® PC/AT互換機
※PHOTOfunSTUDIOの各バージョンにおける対応OSは、後項の「■対応OS」をご確認ください。

■AVCHD Progressive/AVCHD/AVCHD Lite/MP4動画機能ご利用時の推奨環境:Intel® Core™2 Duo 2.16GHz/PentiumD 3.2GHz以上(動画再生時)、Intel® Core™2 Quad 2.6GHz以上(動画編集時)

■ショートムービー機能をご利用時の推奨環境:Intel®Core™2 Quad 2.6GHz以上

■AVCHD Progressive/AVCHD/AVCHD Lite/MP4動画機能ご利用時の最低環境(2枚/秒の再生ができる環境):Intel®Pentium® III 1GHz以上

■4K動画の再生、編集機能ご利用時の推奨環境:Intel® Core™ i7 3.5GHz以上

■HEVC動画、4:2:2 10bit 動画の再生、編集機能や、6Kフォトの表示および写真切り出し機能をご利用時の推奨環境:Intel®Core™ i7(7000番台)4.0GHz 以上

■対応OS(PHOTOfunSTUDIO 10.0 XE / 10.0 PE / 10.0 AE): プリインストールされた各日本語版 Microsoft® Windows® 10 Home / Pro(32bit/64bit)、 Microsoft® Windows® 8.1 / Microsoft® Windows® 8.1 Pro(32bit/64bit)、 Microsoft® Windows® 7 Starter(32bit)/ Home Basic(32bit/64bit)/ Home Premium(32bit/64bit)/ Professional(32bit/64bit)/ Ultimate(32bit/64bit)
※4K動画、6Kフォト/4Kフォト、HEVC動画、4:2:2 10bit動画をご利用の場合、Windows® 7 / 8.1 / 10 の64bit版OSが必要

■対応OS(PHOTOfunSTUDIO 9.8 PE / 9.9 PE / 9.9 XE ): プリインストールされた各日本語版 Microsoft® Windows® 10 Home / Pro(32bit/64bit)、 Microsoft® Windows® 8.1 / Microsoft® Windows® 8.1 Pro(32bit/64bit)、 Microsoft® Windows® 8 / Microsoft® Windows® 8 Pro(32bit/64bit)、 Microsoft® Windows® 7 Starter(32bit)/ Home Basic(32bit/64bit)/ Home Premium(32bit/64bit)/ Professional(32bit/64bit)/ Ultimate(32bit/64bit)
※4K動画の編集機能をご利用の場合、Windows® 7 / 8 / 8.1 / 10 の64bit版OSが必要

■対応OS(PHOTOfunSTUDIO 9.7 PE): プリインストールされた各日本語版 Microsoft® Windows® 8.1 / Microsoft® Windows® 8.1 Pro(32bit/64bit)、 Microsoft® Windows® 8 / Microsoft® Windows® 8 Pro(32bit/64bit)、 Microsoft® Windows® 7 Starter(32bit)/ Home Basic(32bit/64bit)/ Home Premium(32bit/64bit)/ Professional(32bit/64bit)/ Ultimate(32bit/64bit)、 Microsoft® Windows Vista®(32bit) Home BasicおよびSP1/SP2、Home PremiumおよびSP1/SP2、UltimateおよびSP1/SP2、BusinessおよびSP1/SP2
※4K動画の編集機能をご利用の場合、Windows® 7 / 8 / 8.1 の64bit版OSが必要

■メモリ: Windows® 7 / Windows® 8 / Windows® 8.1 / Windows® 10 (64bit):2GB以上、 Windows® 7 / Windows® 8 / Windows® 8.1 / Windows® 10 (32bit):1GB以上、 Windows Vista®:512MB以上 ※AVCHD Progressive/AVCHD/AVCHD Lite/MP4動画機能ご利用時:1GB以上
※ショートムービーストーリー作成機能・動画レタッチ機能ご利用時:2GB以上
※4K動画の再生・編集機能ご利用時:8GB以上
※HEVC動画、4:2:2 10bit動画の再生、編集機能や、6Kフォトの表示および写真切り出し機能をご利用時:16GB以上

■ディスプレイ:High Color(16bit) 以上(32bit以上を推奨)、デスクトップ領域1920×1080以上、ビデオメモリ256MB以上、Direct 3Dアクセラレータ使用可能
※4K動画の再生機能や6Kフォトの保存をご利用の場合、4K動画のハードウェアデコードに対応したビデオカードが必要
※4K動画の再生・編集には2GB以上のビデオメモリーが必要
※4Kの解像度で再生するには、4K対応のモニターとビデオカードが必要
※HEVC動画、4:2:2 10bit動画の再生や6Kフォト(HEVC)の表示および写真切り出し機能をご利用の場合、各動画のハードウェアデコードに対応したビデオカードが必要(デスクトップ向けの Intel HD Graphics 630 以上、NVIDIA GeForce 1050シリーズ以上)

■ハードディスク:450MB 以上の空き容量

●PHOTOfunSTUDIOで、AVCHD規格の映像を取り扱う場合は、処理能力の高いパソコンでのご利用をおすすめいたします。また、当社製デジタルカメラ(LUMIX)で撮影したAVCHDデータをパソコンで扱う場合は、PHOTOfunSTUDIOをご使用ください。他社製ソフトなどで編集等を行うと、当社製デジタルカメラ(LUMIX)での再生が行えない場合があります。

●4K動画、6Kフォト/4Kフォト、HEVC動画、4:2:2 10bit 動画を利用する場合は、推奨環境を満たしていても、編集や表示に時間がかかったり、スムーズに再生できない可能性があります。

●推奨環境のすべてのパソコンについて動作を保証するものではありません。Windows Vista Enterprise、Windows 7 Enterprise、Windows 8 Enterprise、Windows 8.1 Enterprise、Windows 10 Enterprise / Education / Pro Education / Pro for Workstations / S、Windows RT での動作は保証しません。Windows 3.1/95/98/98SE/Me/NT/2000/XP での動作には対応しておりません。1台のパソコンに2台以上のUSB機器を接続した場合や、USBハブやUSB延長ケーブルで接続した場合は、動作を保証しません。マルチブート環境には対応していません。マルチモニター環境には対応していません。OSのアップグレード環境での動作は保証しません。