加湿機の選び方 方式の違い・加湿量・電気代など

「加湿機の選び方」のメインビジュアルです。「加湿機の選び方」のメインビジュアルです。
「いざお店に行ってもどの加湿機を選べばいいのか分からない…」「何に気を付けて選べばいいのか分からない・・・」とお悩みのみなさんのために、選び方のポイントをご紹介。加湿方式の違いや、加湿量から、自分に合ったモデルを選びましょう。

CHECK1 「加湿方式」で選ぶ

同じ加湿機でも、部屋の広さや使い方に合わせてさまざまなタイプがあります。
水を加熱して蒸気で加湿するものや、水を気化して加湿するものもあり、方式によって加湿の仕方にはメリット・デメリットがあるので確認しましょう。
①超音波式

●メリット
ヒーターを使わないため、電気代が安い。

●デメリット
まわりの家具などを濡らしたり、白い粉がつく。

ミストの画像です。細かい霧状のミストを出すイメージ
②スチーム式(加熱式)

●メリット
雑菌を放出しない。

●デメリット
電気代がとてもかかる。

スチームのイラストです。お湯を沸かして蒸気を出すイメージ
③ハイブリッド式
(加熱気化式)

●メリット
雑菌を放出しない。

●デメリット
電気代がかかる。

ハイブリッドのイラストです。Tシャツを 温風で乾かすイメージ
④気化式

●メリット
電気代が安い。

●デメリット
大量の風で加湿するため、運転音、本体が大きい。

Tシャツを気化しているイラストです。濡れたTシャツに 速い風をあてて乾かすイメージ
【UP LIFE】
加湿機の種類は4タイプ。
それぞれの違いと正しい選び方を紹介!
加湿機の画像です。

CHECK2 安全性で選ぶ

ご家庭での使用なら安全に配慮された設計かどうか確認しましょう。

スチーム式は吹き出し口の熱さに注意!

加湿機の安全性を表すイラストです。スチーム式にのみ、×マークがついており、吹き出し口の熱さに注意が必要なことを表しています。加湿機の安全性を表すイラストです。スチーム式にのみ、×マークがついており、吹き出し口の熱さに注意が必要なことを表しています。

スチーム式は水を沸騰させるため、お子さまが吹き出し口からの湯気に興味を持って、手を出す危険性があります。

水中のカビや細菌にも注意!

水中のカビや細菌の小ささを表すイラストです。パナソニック気化式:約0.000µm、菌:約0.1~0.2µm、超音波式:約3~5µm、スチーム式:約6µm水中のカビや細菌の小ささを表すイラストです。パナソニック気化式:約0.000µm、菌:約0.1~0.2µm、超音波式:約3~5µm、スチーム式:約6µm

気化式なら、水蒸気の粒子がごく小さいので、菌は乗ることができません。

パナソニックの気化式なら

乾きやすい素材のTシャツに大量の風パワフルにあてて乾かすイメージで、たっぷりすばやく加湿!

・小さな水蒸気粒子として放出。
・雑菌を放出しない。
・電気代が安い。
・気化式の省エネ性はそのまま。ぐっと静かに、たっぷり加湿できる。
・ファンが小型で、本体サイズも小さい。

CHECK3「加湿量」で選ぶ

加湿機の用途、使い方に応じて、必要な加湿量が変わります。適切な加湿量を知って、あなたのライフスタイルやお部屋に合った加湿機を選びましょう。

加湿機を使うお部屋の「適用畳数」を目安に

適用畳数に合わせた加湿機の定格加湿能力を表すイラストです。適用畳数に合わせた加湿機の定格加湿能力を表すイラストです。

加湿能力は、方式を問わず「室温20℃、湿度30%時」に放出できる「1時間あたりの水分量」=「mL/h」で決まります。この数字が大きいほど加湿能力が高い、つまり、広いお部屋をうるおすことができるといえます。お部屋の広さにぴったりなものより、少し能力が高めのモデルを選ぶと、パワフルにすばやく加湿できます。

★(一社)日本電機工業会規格(JEM1426)

「タンク容量」が大きければ給水の手間も減らせる

加湿機に水を補給するタンクの大きさも、購入前にチェックしたいポイント。タンク容量が大きいほど、一回の給水で使える時間が長く、手間を減らすことができます。

左右どちら向きでもタンクを本体に入れられる事を表している画像です。

加湿能力/タンク容量の比較

加湿量/タンク容量 対応機種
LDKなど広いお部屋におすすめ。

ナノイー搭載モデル FE-KXU07
スタンダードモデル FE-KFU07
リビングやダイニングキッチンにおすすめ。

ナノイー搭載モデル FE-KXU05
スタンダードモデル FE-KFU05
一人暮らしの方や、コンパクトなお部屋におすすめ。

スタンダードモデル FE-KFU03

CHECK4「電気代」で選ぶ

長い時間使うものなので、電気代は気になるところ、省エネ性能のチェックポイントをご紹介します。

各方式による電気代の違い

スチーム式(加熱式)

加湿能力:約500mL/h
消費電力:433W
(FE-KHA05 2007年発売当社製品)

スチームのイラストです。一か月の電気代:約2,806円
ハイブリッド式(加熱気化式)

加湿能力:約500mL/h
消費電力:180W(50Hz)
(FE-KXF05 2010年発売当社製品)

ドライヤーで服を乾かしているイラストです。一か月の電気代:約1,116円
パナソニックの気化式

加湿能力:約500mL/h
消費電力:8W
(FE-KXU05 2021年発売当社製品)

Tシャツを風で乾かしているイラストです。一か月の電気代:約53円

パナソニックならハイエンドモデルでも電気代はたったの約0.38円!※6

ナノイー搭載モデル
FE-KXU07(700ml)
一か月の電気代:約92円、1時間当たり約0.38円のナノイー搭載モデルFE-KXU07の画像です。
スタンダードモデル
FE-KFU07(700ml)
一か月の電気代:約72円、1時間当たり約0.3円のスタンダードモデルFE-KFU07の画像です。

CHECK5「お手入れのしやすさ」で選ぶ

加湿機は水を使用するため、フィルターやタンクをお手入れしないとカビが発生してしまうことも。
毎日使うものなので、お手入れのしやすさも確認しましょう。

お手入れのポイント

方式によって異なりますが加湿機は「タンク」「トレー」「フィルター」のパーツで構成されています。それぞれのパーツをキチンと洗う事で加湿機は本来の性能を発揮します。なるべくパーツが取り外しやすい加湿機を選びましょう。

給水タンク

1週間に1回程度、スポンジ洗いをすることで雑菌の繁殖を抑えることができます。

給水タンクのイラストです。
トレー

トレーなど水分がたまる部品がある場合は定期的にふき取るなどのお手入れが必要です。

トレーのイラストです。
加湿フィルター

定期的な水洗いや交換が必要です。不織布フィルターの場合、型くずれを防ぐためにつけ置き洗いしかできず、汚れを落としきれません。

加湿フィルターのイラストです。
フィルターのお手入れが欠かせない理由

洗浄が不十分なまま使い続けると、白い汚れがフィルターの繊維につまり、菌が繁殖したり、加湿能力が低下します。

不織布フィルターを使用した加湿機の場合:使用前と使用後の繊維につまった汚れを表す画像です。不織布フィルターを使用した加湿機の場合:使用前と使用後の繊維につまった汚れを表す画像です。

パナソニックなら、お手入れカンタン!

給水からフィルターの除菌まで。
パナソニックの加湿機はお手入れしやすいアイデアがたくさん!

左が広口タンクの中に手を入れてスポンジで洗っている画像、右が約10年交換不要 「フュージョン」素材の加湿フィルターの画像です。

あなたにぴったりな加湿機を選んで快適な湿度環境に!

選び方のポイントをしっかり押さえて、あなたの生活にぴったりの加湿機で快適に過ごしましょう。
部屋に加湿機があり、笑顔の女性がいる画像です。部屋に加湿機があり、笑顔の女性がいる画像です。

商品ラインアップ

パナソニックの加湿機はすべて「気化式」

菌や白い粉などが飛散しない微細な粒子で、清潔なうるおいをしっかり、すばやく部屋中に届けます。ヒーターレスで、吹き出し口が熱くならず、お子様がいるご家庭にも安心。

加湿機の吹き出し口に手を置いて、安全性を表している画像です。

リビングや、寝室におすすめ中小容量タイプ

ナノイー搭載モデル

FE-KXU07

定格加湿能力※4
700mL/h

FE-KXU07の画像です。ナノイー搭載。プレハブ洋室19畳(32㎡)※4モデル。クリックすると商品ページにリンクします。

FE-KXU05

定格加湿能力※4
500mL/h

FE-KXU05の画像です。ナノイー搭載。プレハブ洋室14畳(23㎡)※1モデル。クリックすると商品ページにリンクします。

スタンダードモデル

FE-KFU07

定格加湿能力※4
700mL/h

FE-KFU07の画像です。プレハブ洋室19畳(32㎡)※1モデル。クリックすると商品ページにリンクします。

FE-KFU05

定格加湿能力※4
500mL/h

FE-KFU05の画像です。プレハブ洋室14畳(23㎡)※1モデル。クリックすると商品ページにリンクします。

FE-KFU03

定格加湿能力※4
300mL/h

FE-KFU03の画像です。プレハブ洋室8畳(14㎡)※1モデル。クリックすると商品ページにリンクします。

広いリビングや、オフィスに最適大容量タイプ

FE-KXP23 / 20

定格加湿能力※4
2,300mL/h(FE-KXP23)
2,000mL/h(FE-KXP20)

FE-KXP23/20の画像です。ナノイー搭載。プレハブ洋室64畳(106㎡)※1モデル。クリックすると商品ページにリンクします。

FE-KXF15

定格加湿能力※4
1,500mL/h

FE-KXF15の画像です。ナノイー搭載。プレハブ洋室42畳(69㎡)※1モデル。クリックすると商品ページにリンクします。

※1:当社調べ
※2:【出典】倉田浩・石関忠一・宇田川俊一 著『医薬品・化粧品の微生物試験法』講談社サイエンスブック
※3:適用面積の目安は、(一社)日本電機工業会規格(JEM1426)に基づき、プレハブ住宅洋室の場合を最大適用面積とし木造和室の場合を最小適用面積としたものです。ただし、壁・床の材質・部屋の構造・使用暖房器具等によって適用面積は異なります。
※4:加湿量は(一社)日本電機工業会規格(JEM1426)に基づく、室温20℃・湿度30%の場合。自己調湿機能がありますので高湿になると加湿量が減少します。
※5:1日8時間運転×30日。電気代は新電力料金目安単価27円/kWh(税込)[2014年4月改定]で計算したものです。
※6:FE-KXU07の場合。「強」モード時。消費電力14W。電力料金目安単価:27円/kWh(税込) [2014年4月改定]。1日8時間運転×30日で計算(当社調べ)。2022年3月31日現在。
※7:FE-KFU07の場合。「強」モード時。消費電力11W。電力料金目安単価:27円/kWh(税込) [2014年4月改定]。1日8時間運転×30日で計算(当社調べ)。2022年3月31日現在。