お米の正しい保存方法を解説!オススメは冷蔵庫!?

ライター:UP LIFE編集部
2023年3月28日 食・レシピ

お米をおいしく食べるには、鮮度を維持して保存することが大切ですが、間違った保存方法を続けていると、鮮度を失い、味が落ちるだけではなく、虫やカビがついてしまうなんてことも……。
ではどのような保存方法が適しているかをご紹介します。

お米は生鮮食品!野菜室での保管が最適です

写真:冷蔵庫の野菜室に野菜を保管しているイメージ

お米の保管で、まず何よりも避けるべきは、高温多湿です。22℃以上の環境に置いておくと、お米に虫がわいてしまう可能性が高くなります。高温になりやすい冷蔵庫や電子レンジの近く、湿気がたまりやすいシンクやコンロの下に置いているなら、すみやかに移動させましょう。

移動先のオススメは、冷蔵庫の野菜室。お米は生鮮食品なので、温度・湿度が一定の野菜室が最適な居場所になります。

乾燥を避ける保存には、これがオススメ

写真:米をペットボトルに入れて保管しているイメージ

では、冷蔵庫には何に入れて保存すると良いでしょうか。よくやってしまいがちなのが、米袋のままでの保存。これはおすすめしません。お米は空気に触れた瞬間から乾燥していきます。米袋には通気性をよくするために小さな穴がたくさん開いているため、開封しなくても乾燥が進んでしまうケースもあります。

そのため、購入したらまずは米袋から密封容器に入れ替え、空気に触れさせないことが第一です。

容器では、専用の米びつも販売されていますが、身近なものならペットボトルをよく乾かして入れるほか、ジップ付の保存袋もおすすめです。空気を抜くようにしっかり閉じて、野菜室へ保存しましょう。

最後に、もしうっかりお米を乾燥させてしまった場合ですが、パナソニックの炊飯器おどり炊きVSX1シリーズを使えば、お米の鮮度を見極める「鮮度炊き分け」で、ハリや甘み、みずみずしさのある、まるで新米のような炊き上がりを実現できます。

とはいえ、基本となるのは、良い保存。身の回りのものを使うなど保存方法を工夫して、新鮮でおいしいお米を長く楽しんでください。

この記事で紹介した商品

2023年3月28日 食・レシピ

記事の内容や商品の情報は掲載当時のものです。掲載時のものから情報が異なることがありますのであらかじめご了承ください。

春だって、新米のようなおいしさが味わえる!お米の保存方法や炊き方の工夫をご紹介

2023年3月28日

春だって、新米のようなおいしさが味わえる!お米の保存方法や炊き方の工夫をご紹介

お米の種類と特徴を知って、自分好みの銘柄米を見つけよう!

2023年12月14日

お米の種類と特徴を知って、自分好みの銘柄米を見つけよう!

【対談】今すぐ読みたい、炊飯器のおいしい解説書。

2023年4月11日

【対談】今すぐ読みたい、炊飯器のおいしい解説書。

ごはんの食べ方にひと工夫!糖質との上手な付き合い方。

2022年2月15日

ごはんの食べ方にひと工夫!糖質との上手な付き合い方。

おすすめ記事

冷蔵庫の収納におすすめの100均のアイテム!節電にもつながる賢い収納方法を解説

2024年4月5日

冷蔵庫の収納におすすめの100均のアイテム!節電にもつながる賢い収納方法を解説

【引越し】家電はどうするのが正解?準備のコツと新たに購入する際のポイント

2024年4月2日

【引越し】家電はどうするのが正解?準備のコツと新たに購入する際のポイント

よく読まれている記事

しっかり食べて健康的な食事も、自分や家族との時間も大事にしたい!朝ごはんのススメ

2024年3月6日

しっかり食べて健康的な食事も、自分や家族との時間も大事にしたい!朝ごはんのススメ

デリケートゾーンの黒ずみが気になる!黒ずむ原因と自宅でできる6つのケア方法を紹介

2024年3月6日

デリケートゾーンの黒ずみが気になる!黒ずむ原因と自宅でできる6つのケア方法を紹介