お米の正しい保存方法を解説!オススメは冷蔵庫!?

ライター:UP LIFE編集部
2019年11月18日 食・レシピ

お米をおいしく食べるには、鮮度を維持する保存方法が大切だ、という記事を前回掲載しました。間違った保存方法を続けていると、鮮度を失い味が落ちるだけではなく、虫やカビがついてしまうなんてことも……。
そこで今回は、どのような保存方法が適しているのかをより具体的に見ていきましょう。

お米は生鮮食品!野菜室での保管が最適です

写真:冷蔵庫の野菜室に野菜を保管しているイメージ

お米の保管で、まず何よりも避けるべきは、高温多湿です。22℃以上の環境に置いておくと、お米に虫がわいてしまう可能性が高くなります。高温になりやすい冷蔵庫や電子レンジの近く、湿気がたまりやすいシンクやコンロの下に置いているなら、すみやかに移動させましょう。

移動先のオススメは、冷蔵庫の野菜室。お米は生鮮食品なので、温度・湿度が一定の野菜室が最適な居場所になります。

乾燥を避ける保存には、これがオススメ

写真:米をペットボトルに入れて保管しているイメージ

では、冷蔵庫にはどのようなかたちで保存するといいでしょう。よくやってしまいがちなのが、米袋のままでの保存。これは絶対NGです。お米は空気に触れた瞬間から乾燥していきます。米袋には通気性をよくするために小さな穴がたくさん開いているため、開封しなくても乾燥が進んでしまうケースもあります。

そのため、購入したらまずは米袋から密封容器に入れ替え、空気に触れさせないことが第一です。

容器では、専用の米びつも販売されていますが、身近なものとしてよく乾かしたペットボトルに入れるほか、ジップ付の保存袋もおすすめです。空気を抜くようにしっかり閉じて、野菜室へ保存しましょう。

最後に、もしうっかりお米を乾燥させてしまった場合ですが、Wおどり炊きVSX9シリーズに搭載されている「鮮度センシング」という機能を使えば、まるで新米のような“ハリ”のある炊き上がりを実現できます。

とはいえ、基本となるのは、良い保存。身の回りのものを使った簡単な工夫で、新鮮でおいしいお米を長く楽しんでください。

この記事で紹介した商品

2019年11月18日 食・レシピ

記事の内容や商品の情報は掲載当時のものです。

春だって、新米のようなおいしさが味わえる!お米の保存方法や炊き方の工夫をご紹介

2021年2月24日

春だって、新米のようなおいしさが味わえる!お米の保存方法や炊き方の工夫をご紹介

ごはんが進む食欲の秋。今こそ、自分好みの銘柄米を見つけよう!

2020年11月11日

ごはんが進む食欲の秋。今こそ、自分好みの銘柄米を見つけよう!

【対談】今すぐ読みたい、炊飯器のおいしい解説書。

2019年11月7日

【対談】今すぐ読みたい、炊飯器のおいしい解説書。

ごはんの食べ方にひと工夫!糖質との上手な付き合い方。

2019年10月17日

ごはんの食べ方にひと工夫!糖質との上手な付き合い方。

おすすめ記事

料理研究家 島本 美由紀さんに聞く「フードロスを防ぐ冷凍保存術」

2021年6月18日

料理研究家 島本 美由紀さんに聞く「フードロスを防ぐ冷凍保存術」

ダニに刺されてかゆいは勘違い!? 家にひそむダニの正体とは…

2021年6月18日

ダニに刺されてかゆいは勘違い!? 家にひそむダニの正体とは…

よく読まれている記事

トーストをさらに美味しく楽しめる!オーブントースター ビストロを使ったアレンジレシピを高級「生」食パン専門店 乃が美と開発

2021年5月12日

トーストをさらに美味しく楽しめる!オーブントースター ビストロを使ったアレンジレシピを高級「生」食パン専門店 乃が美と開発

在宅勤務と育児の両立は大変!子育てしながら家で働く8つのポイント

2021年3月15日

在宅勤務と育児の両立は大変!子育てしながら家で働く8つのポイント