商品に関する注意事項

無線LANのご利用について

本機は2.4GHz帯の周波数帯を使用しています。電子レンジの周辺や無線LAN機器等、2.4GHzの周波数帯を使用する機器がある環境では、電波干渉を起こす場合があります。他の無線機器との電波干渉を防止するため、下記事項に注意してご使用ください。

周波数表示とその見かた 周波数表示とその見かた

●家庭内の無線LANでご使用される場合は、IEEE802.11n(5GHz 使用を推奨)の無線LANブロードバンドルーター(アクセスポイント)をお選びください。また暗号化方式は「AES」にしてください。また、無線電波状況により、接続できない場合もあります。
●5GHz帯は屋内使用限定です。
●無線LANでは、LANケーブルを使用する代わりに、電波を利用して無線LANアダプターと無線アクセスポイントの間で情報のやり取りを行うため、電波の届く範囲であれば自由にLAN接続が可能であるという利点があります。その反面、電波はある範囲内であれば障害物(壁等)を越えてすべての場所に届くためセキュリティに関する設定を行っていない場合、通信内容を盗み見られる/不正に侵入されるなどの可能性があります。説明書の手順に従って、セキュリティ設定を行った状態でお使いください。

無線LAN機器使用上の注意事項

本製品の周波数帯では、電子レンジなどの産業・科学・医療機器のほか、工場の製造ラインなどで使用される移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)および特定小電力無線局(免許を要しない無線局)、ならびにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。

1 使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局及び特定小電力無線局ならびにアマチュア無線局が運用されていないことを確認してください。
2 万一、本製品から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、すみやかに場所を変更するか、または電波の使用を停止したうえ、VIERA(ビエラ)ご相談窓口にご連絡いただき、混信回避のための処置など(たとえば、パーティションの設置など)についてご相談ください。
3 その他、移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きたときは、VIERA(ビエラ)ご相談窓口へお問い合わせください。

エアコン操作機能 ご利用時の注意事項とお願い

遠隔操作時は、エアコンやその周辺、在室する人などの状態を確認することができません。
また、通信環境や使用状況、ネットワーク障害などにより、遠隔操作がご利用できない場合があります。
場合によっては、人などが死亡・重傷を負ったり、財産の損害が発生したりするおそれがあります。事前に安全を十分確認してお使いください。

※遠隔操作は、エアコンが見えない場所からの操作のことを指します。以下の記載も同様の操作のことを指します。

【警告】 !必ず守る

■事前に、電源プラグが確実に差し込まれていること、またプラグにほこりがたまっていないことを定期的に確認してください。
(接触不良や絶縁不良によるプラグからの発熱や発火、火災の原因)
■事前に、他の人が設定したタイマー予約など、設定状況を十分把握しておいてください。
(思わぬ運転や停止により、体調をくずす原因。動植物に悪影響を及ぼす原因)
■エアコンは異常がないこと、部屋は風の変化があっても悪影響がでないこと(飛びやすいものがない等)を事前に確認しておいてください。
(風により物が落下し、火災やけが、家財汚損の原因)
■事前に、遠隔操作ができなくても、人や財産に悪影響がでないことを確認してください。
(運転や停止ができず、体調をくずす原因。動植物に悪影響を及ぼす原因)
・操作が必要な場合は、エアコンのリモコンで操作してください。
・乳幼児や身体の不自由な方・高齢者など、ご自身でリモコン操作ができない方が在室している場合は、ご利用にならないでください。
■エアコンの周辺に人がいることがわかっているときは、事前に遠隔で運転や停止することを知らせておいてください。
(台などに乗っていた場合、突然の運転(停止)に驚いて落下の原因。また、急激な外気温・室温の変化等により、体調をくずす原因)
・温度調節や停止は、エアコンのリモコンでも操作することができます。
■遠隔でのご利用時は、こまめに設定内容や運転状況を確認してください。
(急激な外気温・室温の変化などにより、体調をくずす原因。動植物に悪影響を及ぼす原因)
・操作後、メイン画面に操作が反映されていなかった場合は、エアコンのリモコンで操作してください。
・エラーコードが表示されたときは、運転を停止し、お買い上げの販売店にご相談ください。画面上で停止していることを再確認しておいてください。
■遠隔からエアコンを操作するときは、エアコン操作後に直接エアコンの状況を確認することが出来ないため、画面上で必ずご確認ください。
■エアコン複数台を操作される方は、特に設定間違いや設定漏れ等が無いことをご確認ください。

【お願い】

●通信状態が悪いと、ご利用できないことがあります。遠隔操作では、次のような事例が考えられます。
・運転できない、運転時間が反映されない。
・リモコンで運転したエアコンを、遠隔から停止しようとしても操作が反映されず停止できない。
そのため、遠隔操作後は、本機の画面上で操作結果を確認してください。当該操作が反映されていなかった場合は、エアコンのリモコンで操作してください。
●CLUB Panasonic のログインID、パスワードは大切に保管・管理し、第三者に開示しないでください。
●本機を第三者に譲渡したり廃棄する場合は、取扱説明書を参照いただき、登録した情報を必ず消去してください。
●本機を紛失した場合は、第三者による不正な使用を避けるため、直ちに当社に連絡してください。
●エアコン付属のリモコン、または当社指定の通信・操作機器以外は使用しないでください。 
●高温/低温通知サービスはくらしサービスの通知設定の内容で通知します。くらしサービスの通知設定をご確認の上ご利用ください。
●エオリアアプリの「サービス利用規約」は必ずご確認ください。 

高温/低温通知サービスに関するご利用上の注意事項

高温/低温通知サービスは、『エオリア アプリ』でご登録いただいたエアコンの温度センサーを通じて定期的に取得される室内温度を基準として、室内温度が、一定温度以上、または一定温度以下になったときに、案内をプライベート・ビエラに配信する以下の内容のサービスです。

高温/低温通知サービスをご利用いただくためには、 別途当社が定める「くらし」サービス利用規約および個人情報の取扱いに関する規定に加え、本注意事項にも同意いただく必要がございます。

1. 高温/低温通知サービスのご利用には、無線LAN対応エアコンの登録が必要です(本項に定めるエアコンを総称して以下「本エアコン」といいます)。
2. 本エアコンの電源が入っていない場合、ネットワーク機器の電源が入っていない場合、またはネットワークに障害が発生している場合には、高温/低温通知サービスはご利用できません。
3. 本サービスをご利用いただくためには、ご利用になるプライベート・ビエラでくらしサービスの設定の通知設定を有効にした上で、エアコン操作機能の通知設定を有効にする必要があります。
4. ご利用になるプライベート・ビエラの通知設定を有効にしているときでも、本サービスの提供に関するサーバの稼働状況や、ご利用中のプライベート・ビエラの状況によって、情報の配信が数十分以上遅れる場合、あるいは、情報を配信できない場合があります。
5. 自動でエアコンの運転が開始したり、停止したりすることはありません。
6. 取得される室内温度情報は目安であり、実際の室内温度と異なる場合があります。特に、エアコンの運転停止後約30分間や、おそうじ運転中など、エアコンの運転状況によっては、取得される室内温度情報と実際の室内温度との誤差が大きくなる場合があります。また、本エアコンの室内ユニットの設置や使用環境によっては室内温度を誤検知し、正確な室内温度情報を取得できない場合があります。
7. 高温/低温通知サービスの利用者は、あらかじめ、ご家族など実際に本エアコンをご使用される方に、以下の事項について同意を得るものとします。
 「くらし」サービス利用規約および個人情報の取扱いに関する規定に基づき、本エアコンの操作履歴、運転情報、エラー情報等の各種データが、高温/低温通知サービスの提供のために取得、使用・利用されること。
8. 別室等の遠隔からエアコンを操作するときは、当社が別途定める「エアコン操作機能」ご利用時のお願いも必ずご確認ください。
9.高温/低温通知サービスは、熱中症や低体温症を防止したり、ご家族などの急な体調変化をお知らせしたりする緊急通報サービスではありません。
10. 当社は、高温/低温通知サービスにつき、改良、改善、不具合の補修等をする義務を負わないものとします。

視聴に関する注意事項

●金属製のドアや、アルミ箔入りの断熱材が入った壁、コンクリートやトタン製の壁、複層ガラスの窓、壁を何枚もへだてたところ、別の階で使うときなど、建物の構造や周囲環境によっては、電波が届かない場合があります。モニター部を使いたい場所の近くにチューナー部を設置する、または無線LAN中継機(別売)をお使いいただくことで受信しやすくなります。データ放送はモニター部では視聴できません。
視聴について、詳しくは接続範囲検証のページをご覧ください。

防水に関する性能・注意事項

【防水モニター部と防水リモコンの防水性能について】

●防水性能は、ヘッドホン出力端子/ACアダプター接続端子部のふたが正しく閉まった状態です。
●IPX6(噴流に対する保護等級)について:常温の水道水にて、機器から約3m離れて、内径12.5mmのノズルであらゆる方向から約100L/分の水を3分以上注水したあと、機器の機能が動作することに対応しております。 
●IPX7(浸水に対する保護等級)について:常温の水道水にて、水深1mに機器を静かに沈め、30分間放置して取り出したあと、機器の機能が動作することに対応しております。

【お風呂でご使用および洗う際のご注意】

●モニター部の端子ふた、防水リモコンの電池ふたをしっかり確実に閉じてください。ふたが開いたままご使用されるとモニター部または防水リモコン内部に浸水します。浸水による故障時は商品保証対応となりません。 
●石鹸水・シャンプーなどがかかった場合は、常温の水道水で弱めの水量で洗い流してください。
●故意に落下させたり湯船(温水)に落としたりすると、故障の原因になりますのでご注意ください。
●水のかかるおそれのある場所で、ACアダプターを使用しないでください。 
●ご使用後は、乾いた柔らかい布でふき、浴室から取り出しておいてください。
●モニター部と防水リモコン以外は、防水および防滴仕様ではありません。 
●防水性を維持するため、2年に1度はモニター部の端子ふたなどの防水に関する部品の交換(有償)をおすすめします。
●リモコンを湯船に落とした場合は、すぐに引き上げてください。

インターネット動画配信サービスに関する注意事項

●アプリのご利用には別途契約が必要な場合があります。アプリは提供事業者の都合により、予告なく変更・停止・終了する場合があります。アプリの変更や終了にかかわるいかなる損害、損失に対しても当社は責任を負いません。記載内容は発表時点の対応予定であり、アプリをご利用の際には製品本体のバージョンアップが必要な場合がございます。動画配信サービスはモニター部で直接受信となります。インターネット動画の再生状況については、お客様のネット環境によります。
●インターネットサービスのご利用には、インターネットの接続が必要です。インターネットのご利用には、FTTH(光)、CATVなどのブロードバンド回線を推奨。プロバイダーや回線事業者との契約・使用料は別途必要です。
インターネット動画配信サービスについて、詳しくは「スマートTVアプリ」スペシャルサイトをご覧ください。

●YouTubeおよびYouTubeロゴは、Google LLCの登録商標です。
●Netflix(ネットフリックス)を視聴するためには、Netflix視聴プランのメンバーシップが必要です。サービスの詳細については、公式サイトをご覧ください。
DAZNの詳細については、公式サイトをご覧ください。
dTVの詳細については、公式サイトをご覧ください。dTVは株式会社NTTドコモの登録商標です。
Hulu(フールー)の詳細については、公式サイトをご覧ください。
Paraviの詳細については、公式サイトをご覧ください。
U-NEXTの詳細については、公式サイトをご覧ください。

液晶パネルについて

モニター部の液晶パネルは非常に精密度の高い技術で作られていますが、画面の一部に画素欠けや輝点が存在する場合があります。これは故障ではありませんのであらかじめご了承ください。

商標

商標 商標

●Dolby、ドルビー、Dolby Audio及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。
DTSの特許については、こちらをご参照ください。DTS Inc. からの実施権に基づき製造されています。DTS、シンボルマーク、DTSとシンボルマークとの複合ロゴ、Digital Surround、DTS 2.0+Digital Outロゴは米国およびその他の国におけるDTS, Inc.の登録商標または商標です。©DTS, Inc.無断複写・転載を禁じます。
●DVDロゴはDVDフォーマットロゴライセンシング株式会社の商標です。
●Blu-ray Disc™(ブルーレイディスク)、 Blu-ray™(ブルーレイ)及びその関連のロゴは、ブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
●OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
●TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
●AAC(Advanced Audio Coding)国際標準規格MPEG-2/MPEG-4のオーディオ圧縮方式の一方式。
●"AVCHD"および"AVCHD"ロゴはパナソニック株式会社とソニー株式会社の商標です。
●HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc. の商標または登録商標です。
●radikoおよびradikoロゴは株式会社radikoの登録商標です。
●その他、このサイトに記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、®マークは一部明記していません。