プライベート・ビエラ全シリーズ共通

商品に関する
注意事項

商標

商標 商標
[商標について]

●Dolby、Dolby Audio、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。
●DTSの特許については、http://patents.dts.comをご参照ください。DTS Licensing Limited からの実施権に基づき製造されています。DTS、シンボルマークおよびDTS とシンボルマークとの複合ロゴはDTS, Inc. の登録商標です。DTS 2.0+Digital Out はDTS, Inc. の商標です。©DTS, Inc.無断複写・転載を禁じます。
●DVDロゴはDVDフォーマットロゴライセンシング株式会社の商標です。
●Blu-ray Disc™(ブルーレイディスク)、 Blu-ray™(ブルーレイ)及びその関連のロゴは、ブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
●OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
●TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
●“Wi-Fi CERTIFIED™”ロゴは、“Wi-Fi Alliance®”の認証マークです。
●Wi-Fi Protected Setup™ロゴは、“Wi-Fi Alliance®”の認証マークです。
●“Wi-Fi®”、“Wi-Fi Protected Setup™”、“Wi-Fi Direct®”、“WPA™"、“WPA2™"は“Wi-Fi Alliance®”の商標または登録商標です。
●AAC(Advanced Audio Coding)国際標準規格MPEG-2/MPEG-4のオーディオ圧縮方式の一方式。
●"AVCHD"および"AVCHD"ロゴはパナソニック株式会社とソニー株式会社の商標です。
●HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc. の商標または登録商標です。
●radiko.jpおよびradiko.jpロゴは株式会社radikoの登録商標です。
●YouTubeおよびYouTubeロゴは、Google Inc.の登録商標です。
●dTVは株式会社NTTドコモの登録商標です。
●Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、パナソニック株式会社は、これらのマークをライセンスに基づいて使用しています。その他の商標およびトレードネームは、それぞれの所有者に帰属します。
●その他、このサイトに記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、®マークは一部明記していません。

FB8/F8/Z1/TD8/T8/E8の無線LANのご利用について

本機は2.4GHz帯の周波数帯を使用しています。電子レンジの周辺や無線LAN機器等、2.4GHzの周波数帯を使用する機器がある環境では、電波干渉を起こす場合があります。他の無線機器との電波干渉を防止するため、下記事項に注意してご使用ください。

周波数表示とその見かた 周波数表示とその見かた

●家庭内の無線LANでご使用される場合は、IEEE802.11n(5GHz 使用を推奨)の無線LANブロードバンドルーター(アクセスポイント)をお選びください。また暗号化方式は「AES」にしてください。また、無線電波状況により、接続できない場合もあります。
●5GHz帯は屋内使用限定です。
●無線LANでは、LANケーブルを使用する代わりに、電波を利用して無線LANアダプターと無線アクセスポイントの間で情報のやり取りを行うため、電波の届く範囲であれば自由にLAN接続が可能であるという利点があります。その反面、電波はある範囲内であれば障害物(壁等)を越えてすべての場所に届くためセキュリティに関する設定を行っていない場合、通信内容を盗み見られる/不正に侵入されるなどの可能性があります。説明書の手順に従って、セキュリティ設定を行った状態でお使いください。

無線LAN機器使用上の注意事項

本製品の周波数帯では、電子レンジなどの産業・科学・医療機器のほか、工場の製造ラインなどで使用される移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)および特定小電力無線局(免許を要しない無線局)、ならびにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。

1 使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局及び特定小電力無線局ならびにアマチュア無線局が運用されていないことを確認してください。
2 万一、本製品から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、すみやかに場所を変更するか、または電波の使用を停止したうえ、VIERA(ビエラ)ご相談窓口にご連絡いただき、混信回避のための処置など(たとえば、パーティションの設置など)についてご相談ください。
3 その他、移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きたときは、VIERA(ビエラ)ご相談窓口へお問い合わせください。