お弁当のあら熱取り【あら熱取り(はやうま冷却)】

お弁当の傷みが心配な夏。あら熱取りが時短でできて、忙しい朝に大助かり!

暑い日はお弁当のあら熱をしっかり取りたいけれど、常温で冷ますと時間がかかり、ふたを開けている間にごはんが乾いてしまうことも。そこで、はやうま冷却を使って、あら熱取りの時短にチャレンジしました!

早朝から気温が高く、ムシムシ。今日も暑くなりそう。

写真:お弁当箱とおかず

ごはんが炊けた。いい香り! 

写真:ごはん

曲げわっぱにおかずを入れ、ごはんを詰めて隙間をなくす。

写真:お弁当

さあ、はやうま冷却!冷ます3分にセット。

写真:冷蔵庫操作パネル

本当に3分であら熱が取れるのか?食べて確かめるため、ごはんひと口分を追加でのせてみた。

写真:お弁当

追加した分を実食…。ごはんが程よく冷めている!

写真:お弁当

あら熱がしっかり取れているから、安心してふたを閉められるのがうれしい。

写真:お弁当

いつもより手早くお弁当が完成!はやうま冷却は、慌ただしい朝の強い味方。

写真:お弁当

何かと忙しい朝。特に夏はお弁当がなかなか冷めず困ることが多かったけれど、はやうま冷却を使えば、手早くあら熱取りができて、ごはんも乾かず、つやつやのまま。はやうま冷却のおかげで、夏のお弁当作りもばっちり乗り切れそうです。

機能について

業務用レベル※1の急速冷凍でおいしく時短「はやうま冷凍」

はやうま冷凍

すばやく冷ましてゆとりの時間を生み出す「はやうま冷却」

はやうま冷却

掲載内容は使用者の個人的な意見および感想を含んでいます。また、運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なります。

※1最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間:約28分。実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。クーリングアシストルーム内、またはパーシャル/はやうま冷凍切替室内のアルミプレートの上に置いて急凍した場合、外気温25℃、扉開閉なし(当社測定)。