アボカド【切るだけ冷凍(はやうま冷凍)】

はやうま冷凍なら、アボカドはきれいな色のまま。色止め不要で、いつでも手軽に使えます!

切った瞬間から変色との闘いがはじまるアボカド。ダイスカットしてはやうま冷凍してみたら、笑ってしまうくらい鮮やかな色合いで冷凍することができました。これなら、料理に、おつまみに、いつでも好きなときにパパッと使えそうです!

アボカドが安かった日に購入。いろんな料理に使いやすいよう、ダイスカットして、はやうま冷凍することに。

写真:アボカド

緑がとても鮮やか。変色しないように手早くカット。

写真:アボカドをカット

ラップを敷いたバットの上に並べて、急凍45分。

写真:バットに並んだアボカド

きれいな色合いのまま凍った。表面のつやが少しなくなった程度で、見た目はほとんど変わらない。

写真:凍ったアボカド

フリーザーバッグに入れて、冷凍室で保存。つや消しのような質感とかたさが、まるで模型みたい。

写真:フリーザーバッグに入ったアボカド

パラパラの状態だから、使いたい分だけ取り出せる。触ってもベタベタしないので、とても扱いやすい。

写真:凍ったアボカド

自然解凍したアボカドを使って、ハワイ風ポキ(漬け料理)を作ることに。常温に20分おいた後、ピリ辛しょうゆだれに漬けたまぐろと一緒に軽くあえる。

写真:調理中のアボカド

ハワイ風ポキ(漬け料理)は、これまで外食で楽しんでいたけれど、今はなかなか食べに行けないから、ついに自作。アボカドの緑が鮮やかで、食感もそのまま。おいしい!

写真:ハワイ風ポキ

アボカドの変色を防ぐために油や酸味の強い調味料を使ってしまうと、アボカド本来の味を楽しめないことがネックでした。はやうま冷凍なら、そのままの味で冷凍できて、色止めも不要。どんな料理にも使えて便利だなって思いました。

機能について

業務用レベル※1の急速冷凍でおいしく時短「はやうま冷凍」

はやうま冷凍

すばやく冷ましてゆとりの時間を生み出す「はやうま冷却」

はやうま冷却

掲載内容は使用者の個人的な意見および感想を含んでいます。また、運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なります。

※1最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間:約28分。実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。クーリングアシストルーム内、またはパーシャル/はやうま冷凍切替室内のアルミプレートの上に置いて急凍した場合、外気温25℃、扉開閉なし(当社測定)。