あめ色たまねぎ【下ごしらえ冷凍(はやうま冷凍)】

あめ色たまねぎを作る前と作った後に、はやうま冷凍。このダブル使いが、時短とおいしさのカギ。

たまねぎ3個分をはやうま冷凍して炒めたら、10分であめ色に!火通りがスピーディになるおかげで、じっくり炒め続ける手間がないんです。あとは小分けしてはやうま冷凍でストック。解凍後も凝縮されたうま味や香ばしさを驚くほど実感。洋食作りで、手軽に贅沢なおいしさを楽しむことができました。

まず、たまねぎを薄切りにして、ラップを敷いたバットに入れて急凍45分。

写真:ラップを敷いたバットに薄切りされた玉ねぎが敷き詰めてあるイメージ

急凍終了後、油を熱したフライパンに冷凍たまねぎをパラパラ投入。ふたをして強火で数分放置すると、水分が出てくる!出てくる!

写真:薄切りたまねぎをフライパンで熱してるイメージ

ふたを外し水分を飛ばしながら炒めると、早くもしんなり、なべ底には焦げが!水を少量加え、木べらでそぎ落としながら炒め合わせる。

写真:フライパンでたまねぎを炒めているイメージ

時短ですっかりあめ色に。あら熱を取りラップで小分けして、バットに並べ急凍45分。終了後、フリーザーバッグに移して冷凍室へ。

写真:ラップで小分けされたあめ色になった玉ねぎがバットの上に並べられてるイメージ

後日、解凍して味見してみると、驚くほど甘くて香ばしい!うま味成分が凝縮されていることを実感。

写真:解凍されたあめ色に炒めてある玉ねぎ

このままでも十分においしいあめ色たまねぎを、チキンカレーのベースに活用。

写真:チキンカレーを煮込んでるイメージ

市販のオニオンペーストに頼らなくても絶品カレーが完成。夫が何杯もおかわりした。

写真:チキンカレー

冷凍したあめ色たまねぎをランチパスタにも活用。シンプルな材料なのに、期待を超える味わいに!

写真:あめ色玉ねぎのパスタ

たまねぎを時短であめ色に。実はこれ、夫がカレー当番のときのはやうま冷凍活用術なんです。「メイラード反応」による際立つおいしさを手間なく作れるのは魅力。市販のペーストに頼りがちな私もすっかりハマってしまいました。あめ色たまねぎを多めに仕込んでストックするにも、はやうま冷凍はもってこいですね。

機能について

業務用レベル※1の急速冷凍でおいしく時短「はやうま冷凍」

はやうま冷凍

すばやく冷ましてゆとりの時間を生み出す「はやうま冷却」

はやうま冷却

掲載内容は使用者の個人的な意見および感想を含んでいます。また、運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なります。

※1最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間:約28分。実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。クーリングアシストルーム内、またはパーシャル/はやうま冷凍切替室内のアルミプレートの上に置いて急凍した場合、外気温25℃、扉開閉なし(当社測定)。