チャーハン【自家製冷食(はやうま冷凍)】

手作りチャーハンをはやうま冷凍。パラパラ食感にするコツは?

残りものの冷やごはんでチャーハンを作って、はやうま冷凍。容器のふたを閉めずにはやうま冷凍すると、できたてのようなパラパラ食感が楽しめました。ちなみに、ふたを閉めて急凍したら、もちもち食感になりました。

休日に残りものの冷やごはんでチャーハン作り。

写真:食材

具材は卵、焼き豚、小ねぎ、ちくわ。

写真:チャーハン作り

一人分ずつ容器に小分けして、クーリングアシストルームへ。

写真:チャーハンを小分け

パラパラ食感をキープしたいなら、容器のふたは閉めずに。アツアツのまま急凍60分。

写真:小分けされたチャーハン

レンジで温めて、できたてのようなパラパラ食感に。

写真:チャーハン

チャーハンは冷凍食品もいいけれど、手作りの味はやっぱりおいしい!休日の昼食にレンジで温めて食卓に出すと、子どもたちのおかわりが止まりません。隙間時間にぱぱっと作ってストックしておくと、とても便利です。

機能について

業務用レベル※1の急速冷凍でおいしく時短「はやうま冷凍」

はやうま冷凍

すばやく冷ましてゆとりの時間を生み出す「はやうま冷却」

はやうま冷却

掲載内容は使用者の個人的な意見および感想を含んでいます。また、運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なります。

※1最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間:約28分。実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。クーリングアシストルーム内、またはパーシャル/はやうま冷凍切替室内のアルミプレートの上に置いて急凍した場合、外気温25℃、扉開閉なし(当社測定)。