Digital FUN!

【4K疑問解決】

Q:4Kテレビはゲームするのにもおすすめ?

A:豊かな臨場感で楽しめるのでイチ押しです。

4Kテレビなら、解像度の低い映像も4K相当の映像に変換する超解像技術により、今までのゲームも高解像度でプレイできます。映像に奥行き感や立体感が出て、豊かな臨場感を楽しめます。

超解像技術で今までのゲームも4K画質で楽しめる 超解像技術で今までのゲームも4K画質で楽しめる

また、4Kテレビには「ゲームモード」が搭載されています。これは、最近のテレビではほぼ標準搭載となった「倍速表示」をキャンセルするためのモードです。倍速表示がゲーム映像の動きに追いつかず、「表示遅延」を起こす場合に使用します。

「倍速表示」で動きが遅く感じるのはなぜ?

倍速表示は、映像の残像を減らすため「映像を解析して新たな映像コマを増やす」技術です。ゲーム内のキャラクターは操作によって様々な動きをするため、映像の解析が難しくなり、結果として表示遅延を起こす場合があります。

• メーカーによって異なります。

※オリジナル映像の解像度、画質によってアップコンバートされる映像品質に違いが生じる場合があります。ご了承ください。

しかもビエラなら…

アクションゲームなどの速い動きもなめらか。
ゲームの世界に没頭できます。

ビエラはHDCP2.2規格対応のHDMI2.0端子を搭載。最新の4K60p映像の入力に対応し、ゲームも高精細でスムーズな動きで楽しめます。
また、ゲームモードを使うことで、操作のタイミングが重要なアクション、レースゲームなどをダイレクトな操作感でプレイできます。

<ゲームモードの設定方法>

1.らくらくリモコンのメニューボタンを押す
2.「映像調整」を選ぶ
3.「オプション調整機能」を選ぶ
4.「ゲームモード」をオンにする

勝負の決めどころを逃さない

高画質エンジン「ヘキサクロマドライブ」で色を忠実に表現!

入力映像の色を忠実に再現します。色が明るくなりすぎたり、暗くなりすぎることなく、ゲームに熱中できます。

今までの映像

今までの映像

4Kビエラ

4Kビエラ

超解像技術「4Kファインリマスターエンジン」で解像度アップ!

様々な映像データを元に入力された映像を解析する「リマスター超解像」、映像の質感を高める「ディテール超解像」を組み合わせることで、高いレベルのアップコンバートが可能になりました。懐かしのゲーム映像も高精細に変換します。

今までの映像

今までの映像

4Kビエラ

4Kビエラ

4K有機ELビエラなら、ホラーゲームも怖さ倍増!?

有機ELパネルは、自発光なので、黒の発色に優れています。液晶では難しかった漆黒も表現。暗闇の多いホラーゲームなどは、引き締まった黒で今まで以上の緊張感、恐怖感を味わえます。

今までの映像

今までの映像

今までの映像

4K有機ELビエラ

4K対応PCゲームの大画面モニターにできる

4K出力対応のパソコンと接続ができるHDMI 2.0端子(HDCP 2.2規格対応)を搭載。テレビならではの映像処理で画像や文字の輪郭を補正できるので、ゲーム映像も滑らかに表示できます。

※4K対応パソコンとの接続は、すべてのご利用環境での動作を保証するものではありません。パソコンとの接続、設定方法についてご不明な場合は、パソコンをお買い上げの販売店にご相談ください。

4K対応パソコンもつなげられる 4K対応パソコンもつなげられる

• 画面はハメコミ合成のイメージです。
• シーン写真、機能説明写真はイメージです。
• 図は効果を説明するためのイメージです。
• 製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。

記事カテゴリー一覧

おすすめコンテンツ