ロールチキン (サルティンボッカ風)

ハーブの香りで、さっぱりといただけます。

この商品は、パナソニックのロティサリーグリル&スモークNB-RDX100を使用して作成しています。 材料の漬け込みをする場合、室温が高いときや一晩おくときは冷蔵庫に入れてください。

ロールチキン (サルティンボッカ風)

材料(1回分)

鶏もも肉中2枚(約500g)
A
少々
こしょう少々
白ワイン大さじ1 1/2
オリーブオイル大さじ1 1/2
たまねぎ(みじん切り)10g
セロリ(みじん切り)10g
にんにく(みじん切り)小さじ1
食パン(6枚切り)1/2枚(30g)
B
牛乳大さじ1
オリーブオイル小さじ2
少々
こしょう少々
ナツメグ少々
ローズマリー、イタリアンパセリなどのハーブ(あれば)少々
バジル3~4枚
生ハム3~4枚
小麦粉大さじ1/2
コーンスターチ大さじ1/2

つくり方

  • 1

    鶏もも肉は肉の厚みがあるところをそぎ落とす。切り込みを入れてAをまぶし、10分ほど漬け込む。(一晩おいてもよい)

  • 2

    1でそぎ落とした部分(約60~70g分)は、みじん切りにする。

  • 3

    ボウルに2、たまねぎ、セロリ、にんにく、細かくちぎった食パン、Bを加えてよく混ぜる。

  • 4

    鶏肉の皮目を下にして2枚が少し重なるように並べ、バジル、生ハム、2をのせてロール状に包み、タコ糸を巻いてしばる。小麦粉とコーンスターチを混ぜ合わせたものを表面にまぶし、余分な粉をはたいて落とす。

  • 5

    ロティかごに入れ、【ロティ・240℃】で45分に設定して焼きはじめ、30分経ったら温度を220℃に下げる。中心に竹串を刺して、透明な肉汁が出ればOK。赤い汁が出るようなら、5~10分追加焼きをする。

出典:Panasonic